節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

「ふるさと納税」で失敗しがちな3つの具体例を紹介!
ワンストップ特例申請書を紛失、クレジットカードの
名義が寄付申請人と違うなど、陥りやすいミスに注意

【第45回】 2018年3月9日公開(2018年3月9日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

人気の「ふるさと納税」の特徴と最新の動向をおさらい

 今やすっかりおなじみになった「ふるさと納税」。この連載でもすでに何度か取り上げていますが、今回はふるさと納税でありがちな失敗と、その予防法を紹介したいと思います。

 まずは、ふるさと納税について簡単におさらいしておきましょう。ふるさと納税とは、全国でおよそ1800ある地方自治体から、好きな自治体・応援したい自治体を任意で選んで寄付をし、寄付金額のうち2000円を超える部分は、全額が所得税から還付されたり住民税から控除されたりするとてもお得な制度です。

 自己負担が2000円で済む寄付金額には、所得などに応じて上限があります。しかし、少額の自己負担で各地の名産品など、さまざまなお礼の品(返礼品)を受け取れるため、大人気になっています。

 自治体も多くの寄付を集めようと、パソコンや家電などの豪華な返礼品や金券など換金性が高い返礼品を用意するといった事態になり、返礼品競争が過熱しました。そのため2017年4月には総務省から各自治体あてに、ふるさと納税の還元率(寄付金額に対するお礼の品がどれだけの返戻率でもらえるのかを示した数値)を3割以下に収めるように通達がなされています。

ふるさと納税で見落としがちな失敗は3点ある!

 その後、実際に返礼品の見直しを行った自治体も多く、一時は「この通達がふるさと納税ブームに水を差すのでは?」と危ぶむ声も聞かれました。しかし、対応は自治体によってまちまちであり、いまだに還元率が5割を超える返礼品も存在するようです。

 とはいえ、年度の変わる3月末に内容の見直しが行われる可能性もあり、今お目当ての返礼品がある場合は、早めに寄付をしたほうがよいかもしれません。

 そんなふるさと納税ですが、意外と見落としがちな注意点があることをご存じでしょうか? うっかり必要な手続きをしそびれてしまうと、結果的にまったく得しない場合もあります。

 ふるさと納税をしている人の失敗談で、実際によく見聞きするのは、主に次の3つです。

(1)「ワンストップ特例制度」の用紙を破損・紛失してしまった
(2)「ワンストップ特例制度」申し込み時にマイナンバーの提出を忘れたり、送り損ねたりした
(3)寄付する名義と、決済クレジットカードの名義が異なっていた

 順に解説していきましょう。

【失敗しやすいポイント1】
「ワンストップ特例制度」の用紙を破損・紛失してしまった

 ふるさと納税による税制上の優遇を受けるには、以下のいずれかの手続きが必要です。

(1)確定申告を行う 
(2)「ワンストップ特例制度」を利用する 

 (2)のワンストップ特例制度は、本来、確定申告を行う必要がない会社員などを対象としたもの。利用するには、寄付した年の翌年1月10日までに、「ワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る申告特例申告書)」を、寄付先自治体に提出します。きちんと提出できれば、自分で確定申告を行う必要がなくなります。

 なお、ワンストップ特例が利用できるのは「寄付先が5自治体以内」の人のみ。また、「税額控除を住民税のみから行う(※所得税からの還付はないが、その分も住民税から減税する)」という特徴もあります。

 ワンストップ特例制度を利用する際にやりがちなのが、「ワンストップ特例申請書」をなくしたり、破損したりしてしまうことです。申請書は、寄付の時点で申し込むと送付してもらえますが、うっかりなくしてしまうこともあるかもしれませんね。それが仮に年末年始だと、「自治体にこれから改めて申請しても、1月10日の自治体への提出期限に間に合わない」とあきらめてしまう人も多いと聞きます。

 しかし、実はこのワンストップ特例申請書は、全国各地でフォーマットが統一されており、必ずしもその自治体から送付された用紙を使わなければいけない決まりはありません。必要事項がきちんと記入されていれば、その自治体が用意した用紙でなくとも受け付けてもらえます。

 総務省がアップロードしている申請書でもいいですし、「ふるさとチョイス」「さとふる」といったふるさと納税ポータルサイトの専用ページからも用紙はダウンロードできますので、あきらめずに探してみてください。

 また、ワンストップ特例を申し込んだ会社員の方が、各種保険料控除の書類などを勤務先に提出し忘れて年末調整ができず、自力で確定申告をしなければならなくなるケースもあります。

 確定申告をすることになったら、すでに提出しているワンストップ特例の申請は無効になるので、確定申告時にふるさと納税の寄付金控除も一緒に申告しなければなりません。

(※関連記事はこちら!)
⇒「ふるさと納税」をした人で、確定申告が必要な人、不要な人の違いを紹介! ワンストップ特例の申請をしていても、申告が必要な場合があるので要注意!

 その際、自治体から送付されたふるさと納税の「寄付受領証明書」が必要になりますが、一度ワンストップ特例を申請している人だと、証明書を使用しないと思ってなくしてしまった・処分してしまったというパターンになりがち。こうなると、再発行ができるかどうかの問い合わせを各自治体に行うなど、手間がかかってしまいます。

 こういった事態に陥らないよう、ふるさと納税の関連書類専用の保管場所を決め、自治体から何らかの書類が送られてきたら、すぐにそこに保管する習慣をつけるとよいでしょう。

【失敗しやすいポイント2】
ワンストップ特例申請時にマイナンバーの提出を忘れた

 ワンストップ特例制度では、2016年1月1日より「マイナンバー」が必要になりました。具体的には、ワンストップ特例申請書にマイナンバーを記入したうえで、身分を証明する書類のコピーを添えて提出することになります。

 この際、個人番号カードを持っている人は表・裏をそれぞれコピーすればいいのですが、個人番号カードを持っていない場合は「通知カード」のコピーに加え、運転免許証・パスポート・身体障害者手帳・特別永住者証明書など、指定された書類もコピーする必要があります。

 また、「個人番号カード」「通知カード」のどちらもない場合は、運転免許証などに加え、「個人番号が記載された住民票の写し」も必要です。

 面倒なのは、マイナンバー関連書類を寄付した自治体に毎回送らなければならない点です。一度寄付した自治体でも、寄付するたびごとに送らなければなりません。そのため、寄付の回数が多いとかなり手間がかかりますし、手続きが増えるほど、送り損ねなどのミスも起こりやすくなるようです。

国税庁のホームページでは、所得税の申告に関する書類をweb上でスムーズに作成できるコーナーを用意している。
拡大画像表示

 寄付回数や寄付先が多い場合は、ワンストップ特例よりも、一括して申告できる「確定申告」の方が、手間を省けてミスも回避しやすくなるのでおすすめです。

 特に会社員などは確定申告と聞くと「めんどう」「難しそう」と尻込みする人も多いですが、国税庁がwebで確定申告書を作成できる「所得税(確定申告書等作成コーナー)」を用意しており、画面の指示に従って入力するだけで簡単に必要な書類を作ることができますので、ぜひ活用してください。

【失敗しやすいポイント3】
寄付する名義と、決済するカードの名義が異なるのはNG!

 忙しい夫に代わり、妻が好みの自治体を選んで、夫名義で寄付をするという話もよく聞きます。その際、やってしまいがちなミスが、クレジットカードで寄付金の支払いをする場合に、「夫の名義で寄付したのに、妻名義のクレジットカードで決済してしまう」というもの。

 同一の家計から処理しているので問題ないように思えるかもしれませんが、日本の税制は家族主義ではなく個人主義なので、あくまで納税者(=ふるさと納税により税制のメリットを受ける人)が寄付をしたことを証明できなければなりません。

 そのため、夫の名前で寄付をするなら、夫名義のクレジットカードで決済する必要があります。寄付人とクレジットカードの名義人が異なると、控除や還付が受けられない可能性もあるので注意しましょう。

 さて、今回は、ふるさと納税で寄付をする時に特に忘れがち・見落としがちなポイントを重点的に解説しました。すでにふるさと納税はおなじみになっている人も多いと思いますが、ぜひもう一度注意点を確認して、しっかりとお得を享受してください。

(取材/麻宮しま)

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2021年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
2021年3月1日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「ゴールドステージ」の場合)
0.01% 0.01% 0.01%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「ゴールドステージ」になれば、普通預金金利が0.05%に!「ゴールドステージ」になるには、イオン銀行スコアが100点必要なので、「イオンカードセレクト」の保有(+10点)、インターネットバンキングの登録(+30点)、最低1000円からの投信自動積立の口座振替(+30点)、最低500円からの外貨普通預金積立の口座振替(+30点)といった条件をクリアするのがおすすめ。さらに、「ゴールドステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料と他行あて振込手数料がそれぞれ月3回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.10%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%(※1) 0.015% 0.015% 0.015%
【東京スター銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込や年金受取の口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」金利0.25%の「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。※2「スターワン円定期預金+」(店頭・テレホンバンク限定、6カ月複利)の場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込や口座振替などで「楽天ポイント」も貯まる!
「楽天カード」は「楽天銀行」とセットで使うことで楽天市場の還元率が1%アップ!さらに「楽天ゴールドカード」+「楽天銀行」なら還元率が常時6%以上に!
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
楽天銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆auじぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%(※1) 0.05% 0.03% 0.03%
【auじぶん銀行おすすめポイント】
KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資してできたネット銀行。auカブコム証券と口座を連動させれば、普通預金金利が0.001%⇒0.10%と、100倍もアップ! しかも、コンビニATMからの出金手数料が最大月11回まで無料のうえ、三菱UFJ銀行への振込み手数料が何回でも無料なので、三菱UFJ銀行を使っている人にもおすすめ! また、スマホ取引の使い勝手にも注力している。
※1 auカブコム証券口座保有者の「auマネーコネクト」適用時。
【関連記事】
【auじぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱UFJ銀行の共同出資でできたネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月15回まで無料に!
じぶん銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.02% 0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.20%(※1) 0.15%(※1) 0.20%
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブン(セブン銀行)やミニストップ(イオン銀行)、ファミリーマート(E-net)のATMなら、出金手数料が最低でも月10回まで無料でお得なほか、他行あて振込手数料も最低で月7回まで無料なので、月に何回も振込をする人にもおすすめ!
※1 「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の場合。
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2021年3月1日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月3回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!

 
 

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

買いの10万円株
本当に強い株
老後のダンドリ

4月号2月19日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[買いの10万円株/本当に強い株/老後のダンドリ]

◎巻頭企画
最新決算で判明! 本当に強い株36銘柄
●追い風継続
●不況でも成長
●高配当好業績

◎第1特集
5万円株は48銘柄!
いま買いの10万円株132銘柄

高配当の5万円株ベスト100銘柄
複数持って利回り安定!
ほとんど利回り3%以上!

桐谷さんオススメの高利回りな優待株
高成長のテーマ株24銘柄
●過去10年で最高益の好業績株
●業績が急回復中の株
●10倍期待のIPO株

◎第2特集
旬の食材を旬の時期に!
ふるさと納税2021年年間計画
●品切れ必至の人気フルーツ&野菜先回り計画カレンダー
●ラクラク旬が届く定期便8
●返礼品カタログ33
果物・野菜・果物・魚介類・肉
●おうち時間が充実の返礼品10

◎第3特集
6タイプの利回りが改善!
毎月分配型投信100本の本当の利回り

◎第4特集
2021年絶対定価で買わない!宣言
すぐできるオトクワザ88
・クレカとスマホを整える
・情報はマメにチェック!
・商品券も組み合わせる!ほか

◎【別冊付録】
老定年前後の不安を解消!
800万円も差がつく! 老後のダンドリ確認BOOK
手取りを増やすワザが満載
退職金・失業手当・年金・健康保険・税金

裏はチェックリストに!

◎連載にも注目!
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報