世界投資へのパスポート
2018年8月20日公開(2018年8月20日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

テンセント・ショックで中国のネトゲ株が低調な今、
ゲーム・ストリーミング関連株の「フヤ」に妙味が!
世界的流行の兆しを見せる「eスポーツ観戦」とは!?

中国の大手ネット企業「テンセント」が
13年降りの減益を発表!

 先週、中国の大手ネット企業テンセントが、第2四半期決算を発表しました。「はっ」と息を呑む、悪い決算でした。

 純利益は予想186億人民元を下回る178.7億人民元、売上高も予想780億人民元を大幅に下回る736.8億人民元でした。テンセントが減益になったのは、実に13年ぶりのことです。

 テンセントは、色々なネット関連サービスを展開していますが、中核事業はゲームです。

 オンラインゲームを取り締まる監督当局で、最近人事異動がありました。その関係で認可の事務が一旦ストップしています。テンセントの場合、人気ゲーム『パブジー』のゲーム内でのアイテム販売の許可が下りず、収益機会を逃しました。

 なお今回は、テンセントだけが当局から意地悪されているというわけではなく、遅れは他社でも同様だそうです。過去にも同様の事が何度か起き、その度ごとに業界はそれを乗り越えてきました。したがって、今回も一過性の問題だと考えられます。

 ただテンセントの場合、次のドル箱になると期待されていた『モンスター・ハンター』も承認が宙ぶらりんになっているので、アナリストのコンセンサス予想はしばらく下がり続けると覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 別の言い方をすれば、株価が出直すには未だ早いということです。

中国のネトゲ関連株が落ちる中
ゲーム・ライブストリーミング関連への影響は軽微

 そこで、「今回の中国のネトゲ関連株の下落で、他に何か買える銘柄は無いだろうか?」ということを考えてみたいと思います。

 私は、ゲーム・ライブストリーミング関連株が面白いと思います。ゲーム・ライブストリーミングとは、ゲームの実況中継を指します。この分野ではアマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)傘下のトウィッチ(Twitch)という企業が有名です。

 典型的なゲーム・ライブストリーミングでは、ゲームに詳しいブロードキャスターと呼ばれる解説者がチャンネルを設け、そこで現在進行中のゲームを実況・解説します。ブロードキャスターは、必ずしもカリスマ的に上手いゲーマーである必要はありません。でもテレビのプロ野球解説者と同じで、専門分野での深い知識と洞察を必要とされます。

 このようにゲーム・ライブストリーミングは市民権を得て来ているのです。いや、将来は野球やサッカーよりも、eスポーツの観戦のほうが市場としては大きくなるかもしれません!

 eスポーツとは、マルチプレーヤー・ビデオゲームで参加者が勝敗を競うことを指します。既にeスポーツは世界的に流行していますが、中国の場合、こんにち2.29億人のeスポーツ参加者が居ます。別の言い方をすれば、中国のゲーム人口のうち35%がeスポーツに参加しているのです。

 ゲーム・ライブストリーミングは、トーナメントのようなイベントをきっかけに盛況となります。また、「ブロードキャスターたちがどれだけ活発に実況するか?」に左右されます。したがって。今回テンセントが躓いたような当局からの認可のタイミングの問題は直接関係しません。

 市場調査会社フロスト&サリバンによれば、2015年から2017年にかけてのeスポーツ人口の年間平均成長率は24.6%でした。さらにeスポーツ人口は2022年にかけて5.37億人に増えると見込まれています。

 次にeスポーツの市場規模ですが、2017年の時点で116億ドルでした。また2015年から2017年の3年間の年間平均成長率は40.6%でした。2018年から2022年にかけての予想年間平均成長率は23.0%と見込まれており、2022年の時点での市場規模は326億ドルになると予想されています。

中国No.1のゲーム・ライブストリーミング企業である
「フヤ」に注目!

 さて、銘柄ですが中国No.1のゲーム・ライブストリーミング企業は、フヤ(ティッカーシンボル:HUYA)です。同社の売上高は、主にライブストリーミング中に販売されるバーチャル・アイテムから上がっています。加えて広告収入もあります。

 フヤは、ライブストリーミングのブロードキャスターとの関係を重視しています。誰でもがフヤのプラットフォーム上でブロードキャスターとして登録することができ、ライブストリーミングを始めることができます。2017年末の時点で61万人がブロードキャスターになりました。

 ブロードキャスターは、ライブストリーミング中に販売したバーチャル・アイテムの収入をフヤと折半します。

フヤの第2四半期決算は
来期のガイダンスが今ひとつ

 先週発表されたフヤの第2四半期決算は、EPSが予想0.29人民元に対し0.37人民元、売上高が予想9.9億人民元に対し10.4億人民元、売上高成長率は前年同期比+125.0%でした。

 月次アクティブユーザー(MAU)は前年同期比+10.8%の9150万人、モバイルMAUは前年同期比+24.7%の4270万人でした。課金ユーザーは前年同期比+40.7%の340万人でした。

 第3四半期売上高は、予想12.2億人民元に対し新ガイダンス11.9〜12.2億人民元が提示されました。

 今回発表された業績のうち、来期のガイダンスだけが落胆すべき内容でした。しかし、フヤが急成長することへの投資家の期待が極めて高かった関係で、このちょっと弱いガイダンスを見て株価は暴落しました。

【今週のまとめ】
ゲーム・ライブストリーミングという
新しいジャンルの今後の成長に期待!

 先週、中国を代表するネット企業、テンセントが悪い決算を出し市場関係者を「あっ!」と言わせました。現在、中国のネット企業を巡るセンチメントは悪いです。

 しかし、ゲーム・ライブストリーミングという新しいジャンルは、新製品サイクルに無関係です。eスポーツの観戦は今、世界的に流行の兆しを見せています。フヤはこのトレンドに乗った企業なので、株価が低迷している現在は良い仕込み場だと思います。

■フヤ(HUYA)チャート/日足・6カ月
フヤ(HUYA)チャート/日足・6カ月フヤ(HUYA)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示
【関連記事】
「トルコショック」の発生により、日経平均株価もマザーズ指数も急落! 今は安易な押し目買いを避けMACDとシグナルの「ゴールデンクロス」を待とう!
"年金制度は破綻する"はウソ! ただし、減額や支給年齢のさらなる引き上げはありえるので、「ねんきん定期便」で将来の年金を確認できるようにしておこう
【2018年10月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード OricoCard THE POINTは「Apple Pay」対応クレジットカードの中で 還元率は最高レベル!  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待 ベスト140
2年で3倍上がる株
Jリートは今買いドキ

12月号10月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【SNS投資家と読者が選出!株主優待アワード 】

株主優待アワード2018-19年
権利確定月別ベスト140銘柄
利回り
&購入額ランキングベスト30
優待
+配当利回り5%以上は29社
5万円未満で買える株
10社!
桐谷さんと優待満喫デート!
株主優待品プレゼント

●"モノ言う株主"村上世彰さんが語る
人生を豊かにするお金との付き合い方

Jリート入門
利回り+値上がりで総合利回り7%もラクラク
不動産を持たず家賃収入!
・いま買うべき6つの理由
・リート7分類の特徴は?
・注目のJリート21本

独占企業株
株価3倍!
医療機器:ニッチな市場の独占企業
省人化:独自技術で他社を寄せ付けない会社
インバウンド:素材メーカー

●上昇相場でも下落相場でも勝てる!
日本株型&米国株型のブルベア投信攻略法

【別冊付録1】
人気15銘柄もの売り時&買い時もズバリ! 
株価チャートがスラスラわかる本

【別冊付録2】
不動産投信で勝ち組シニアを目指せ! 


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング