クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]

「楽天カード」はカード利用額をポイントで支払える
“キャッシュバック型カード”としても最強! 効果的
に節約できる「ポイントで支払いサービス」を解説!

2018年12月2日公開(2019年2月14日更新)
ポイ探ニュース
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
「楽天カード」の「ポイントで支払いサービス」

 2018年9月12日より、「楽天カード」の利用金額を楽天スーパーポイントで支払える「ポイントで支払いサービス」が始まった。
【※関連記事はこちら!】
「楽天カード」の利用額を楽天スーパーポイントで支払える「ポイントで支払いサービス」が開始!楽天カードが“最強のキャッシュバック型カード”に?

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、Amex
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家がおすすめする最優秀カードが決定!2019年版、最強のクレジットカードを公開!(メインカード&年会費無料カード部門)
定番中の定番「楽天カード」の実力を改めて検証!「楽天Edy」や「Rポイントカード」との併用、キャンペーンの活用でますますお得に使える!
楽天カード公式サイトはこちら

 「楽天カード」の還元率は1%なので、5000円を支払った場合は50円分のポイントを獲得できるが、この「ポイントで支払いサービス」を利用すれば、獲得した50ポイントを支払いに充当できるので、実際の請求は4950円になるというわけだ。

 請求額とポイントの確定はタイムラグがあるため、完全な”キャッシュバック型クレジットカード”とは言えないが、それに近い使い方ができるだろう。
【※関連記事はこちら!】
クレジットカードで節約するなら、ポイントが自動でキャッシュバックされる年会費無料カードを使おう!貯めたポイントで無駄なく節約&増やす時代が到来!

 ちなみに、貯めたポイントをカード利用額に充当できるクレジットカードは他にもあるが、ポイントをカード利用額に充当すると、ポイントの価値が下がってしまう場合が多い。

 たとえば、「セゾンカード」で貯まる永久不滅ポイントは、通常「1ポイント=5円相当」の価値があるが、カード利用額に充当する場合は「200ポイント⇒900円」なので、「1ポイント=4.5円相当」に価値が下がってしまう(※利用額1000円につき1ポイント貯まるカードなので、還元率は0.45%)。

 また、「三井住友カード」で貯まるワールドプレゼントも、通常は「1ポイント=5円相当」だが、カード利用額に充当する場合は「200ポイント⇒600円」なので、「1ポイント=3円相当」と、かなりポイントの価値が下がってしまう(※利用額1000円につき1ポイント貯まるカードなので、還元率は0.3%)。

 一方、「楽天カード」の「ポイントで支払いサービス」の場合は、「1ポイント=1円」の等価で充当できる。他のクレジットカードとは違って、ポイントの価値が下がらないのは大きなメリットだ(※利用額100円につき1ポイント貯まるカードなので、還元率は1.0%)。

 さらに、「ポイントで支払いサービス」を利用した場合も、ポイント充当前の利用額に対してポイントが付与される。たとえば、10万円の支払いに対して1万ポイントを充当した場合、現金の支払いは9万円となるが、獲得できるポイント数は1000ポイント(ポイント充当前のカード利用額10万円の1%分)となる。これも楽天スーパーポイントの特徴だ。

「ダイヤモンド会員」なら、月に最大50万ポイントまで充当できる!

 しかし、「楽天カード」の「ポイントで支払いサービス」は、利用にあたって条件がある。

 充当できるポイントは通常ポイントのみで、期間限定ポイントや他社から交換したポイントは利用できない。また、1カ月間に充当できる回数は5回までで、1回の手続きで利用できるポイント数は、ダイヤモンド会員の場合は最小50ポイント、最大50万ポイント、それ以外の会員の場合は最小50ポイント、最大3万ポイントとなっている。そして、1カ月間に充当できるポイントの上限は、ダイヤモンド会員の場合は50万ポイント、それ以外の会員の場合は10万ポイントとなる。

■「ダイヤモンド会員」とその他会員の 「ポイントで支払いサービス」利用条件
  ダイヤモンド会員 それ以外の会員
1カ月に「ポイントで支払いサービス」を
利用できる回数
月5回まで
1回の手続きで
利用できるポイント数
50~50万ポイント 50~3万ポイント
1カ月に
利用できるポイント数
50万ポイントまで 10万ポイントまで

 なお、「ポイントで支払いサービス」の対象になっているのは、カードショッピング利用代金、包括信用購入あっせんの手数料、カード年会費、カード切替手数料、その他の費用となり、カードキャッシングの融資金や利息については対象外となっている。

 また、「ポイントで支払いサービス」を利用できるのは毎月12日~20日22時の期間となるが、「楽天カード」の引き落とし口座に設定している金融機関によっては、15日22時までとなるので注意が必要だ。たとえば、楽天銀行住信SBIネット銀行などは「20日22時まで」利用できるが、大和ネクスト銀行などは「15日22時まで」となっている。

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、Amex
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家がおすすめする最優秀カードが決定!2019年版、最強のクレジットカードを公開!(メインカード&年会費無料カード部門)
定番中の定番「楽天カード」の実力を改めて検証!「楽天Edy」や「Rポイントカード」との併用、キャンペーンの活用でますますお得に使える!
楽天カード公式サイトはこちら

「楽天カード」の「ポイントで支払いサービス」の使い方を解説!

 では、実際に「ポイントで支払いサービス」を使ってみよう。筆者は、楽天スーパーポイントの通常ポイントを楽天証券での投資に使っているため、ほとんど貯まっていないが、今回、新たに通常ポイントを64ポイント獲得できたので、このうち50ポイントを「ポイントで支払いサービス」で使ってみることにした。
【※関連記事はこちら!】
クレジットカードのポイントを投資で増やす時代に!還元率1.0%のインヴァストカードや楽天カードで貯めたポイントを運用して、還元率をアップさせよう

 まずは、会員サービス「楽天e-NAVI」にログイン。トップページの「○月度お支払い内容」の下にある「お支払い関連サービス」に、「ポイントで支払い」のアイコンがあった。

 この「ポイントで支払い」をクリックすると、支払金額と利用可能ポイント数が表示された。なお、前述の通り、利用できるのは通常ポイントのみ。

 筆者の9月分のカード利用額は2724円だった。そこで、「ご利用ポイント数」に50と入力し、「確認画面へ」ボタンをクリック。確認画面で「申し込む」ボタンを押すと受付完了メッセージが表示された。この内容は、同時に送信されるメールでも確認できた。

 メニューの「お支払い」を確認すると、カード利用額の確定金額から50円が引かれており、その下に「ポイント支払い額」が50円と表示されていた。

 その下には、今回の「利用獲得ポイント」として27ポイントの表示があった。「楽天カード」は、100円につき1ポイント貯まるクレジットカードなので、50ポイント充当後の2674円に対してではなく、ポイント充当前の2724円に対してポイントが付与されたことになる。

 ちなみに、「楽天PointClub」のポイント履歴を確認したところ、「ポイントで支払いサービスでポイント利用」との表記があった。

楽天スーパーポイントの通常ポイントは、楽天市場よりも
「ポイントで支払いサービス」で使ったほうがお得!

 「楽天カード」の「ポイントで支払いサービス」を利用するのであれば、楽天スーパーポイントを楽天市場などでは利用しないほうがいい。

 たとえば、「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」などを活用して、楽天市場での獲得ポイントが通常の13倍となっている場合、1000円の商品を購入すると、獲得予定ポイントは130ポイントとなる。

 しかし、同じ条件で、楽天スーパーポイントを400ポイントを使って1000円の買い物をした場合は、獲得予定ポイントは110ポイントに減ってしまう。

 なぜ、獲得ポイント数が20ポイントも異なるのか検証するために、「楽天スーパーポイント未使用時」と「楽天スーパーポイント使用時」のポイント内訳を比較してみよう。

■楽天市場利用時、楽天スーパーポイントの使用有無での取得ポイントの差
  楽天スーパーポイント未使用 楽天スーパーポイント使用
通常購入分(1倍) 10ポイント 10ポイント
楽天プレミアムカード・
楽天ゴールドカード(+4倍)
40ポイント 24ポイント
楽天銀行+楽天カード(+1倍) 10ポイント 6ポイント
楽天証券(+1倍) 10ポイント 10ポイント
楽天モバイル(+2倍) 20ポイント 20ポイント
ショップポイントアップキャンペーン 40ポイント 40ポイント
合計 130ポイント 110ポイント

 このように、楽天スーパーポイントを使って買い物した場合は、SPUの「楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード(+4倍)」と「楽天銀行+楽天カード(+1倍)」で獲得できるポイントが少なくなってしまうのだ。
【※関連記事はこちら!】
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」は「楽天銀行」とセットで使うことで楽天市場の還元率が1%アップ!さらに「楽天ゴールドカード」+「楽天銀行」なら還元率が常時6%以上に!

 つまり、「400ポイントを直接使った場合」と「『ポイントで支払いサービス』で400ポイントを使った場合」は、それぞれ支払い額は実質的に同じだが、獲得できるポイント数に差が出るので、楽天市場などでは、ポイントを直接使って買い物するよりも、「ポイントで支払いサービス」を使ったほうが得するというわけだ。

 なお、期間限定ポイントの場合は「ポイントで支払いサービス」に利用できないので、「楽天ペイ(アプリ決済)」などで使っていいだろう。
【※関連記事はこちら!】
決済アプリ「楽天ペイ」で楽天ポイントを2重取り!クレジットカードのポイントが貯まるのはもちろん、200円につき1楽天スーパーポイントを獲得できる!

 以上、今回は、「楽天カード」の「ポイントで支払いサービス」について解説した。

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、Amex
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家がおすすめする最優秀カードが決定!2019年版、最強のクレジットカードを公開!(メインカード&年会費無料カード部門)
定番中の定番「楽天カード」の実力を改めて検証!「楽天Edy」や「Rポイントカード」との併用、キャンペーンの活用でますますお得に使える!
楽天カード公式サイトはこちら

■楽天市場で買い物するなら「楽天ゴールドカード」を使うのがもっともお得!
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!

楽天ゴールドカード
還元率 1.0~5.0%
「楽天ゴールドカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 2000円
家族カード(税抜) あり(年会費500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家がおすすめする最優秀カードが決定!2019年版、最強のクレジットカードを公開!(メインカード部門)
「楽天ゴールドカード」の公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年8月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群! また、2019年7月1日~12月31日の期間に新規入会すると、入会後3カ月間は最大10倍のポイントが貯まる(=還元率5.0%)、お得なキャンペーンを実施中!「JCB CARD W」史上、もっともお得なキャンペーンになっているので、入会するなら今がチャンス!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SPGアメリカン・エキスプレス・カード じぶん銀行住宅ローン 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報