節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

「年収の壁」は年収100万~150万円の5段階に変更!
5つの壁の中でも、社会保険への加入が義務づけられる
場合がある「106万円の壁」「130万円の壁」に注意

2019年2月7日公開(2019年2月6日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 夫婦ともに「正社員」としてフルタイムで働いている家庭にはあまり関係ないことですが、夫婦のどちらかが「パート」や「アルバイト」などで働く場合、注意しておきたいのが「年収の壁」です。

 税金や社会保険などに詳しくない方でも、一度くらいは「103万円の壁」といった言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか? この場合の「壁」とは、その金額を超えてしまうと、税金や社会保険、各種控除に影響が出る、節目の年収のことを指しています。

 「年収の壁」は何種類もあるので、ちょっと複雑な印象があるかもしれません。また、毎年の税制改正によって、少しずつ変化もしています。

 ちなみに、最もメジャーだった「103万円の壁」は、税制改正によって、2018年からはそれほど重要な「壁」ではなくなりました。そこで、ここからは2019年1月時点で最新の「年収の壁」について、なるべく簡潔に、わかりやすく解説していきたいと思います。

【年収100万円の壁】
100万円以下は「住民税」非課税、超えると「住民税」がかかる

 現時点で存在している主な「年収の壁」は、「100万円の壁」「103万円の壁」「106万円の壁」「130万円の壁」「150万円の壁」の5種類です。まずは、「『100万円の壁』とは何か?」というところから解説していきましょう(※なお、以下では、その世帯の主要な稼ぎ手を「世帯主」、世帯主とともに、「パート」や「アルバイト」などで家計を支える人を「配偶者」と表現します)。

 「年収100万円の壁」とは、「住民税」が発生するか否かの節目の年収を指します。「住民税」は、一定以上の収入がある人に対して課せられる税金で、自治体ごとに多少異なりますが、原則的には「年収93万~100万円を超えた人」が、課税対象となります。

 年収100万円まで「住民税」が非課税になる自治体の場合、配偶者の収入が年収100万円以下であれば、「住民税」は発生しません。しかし、年収100万円を少しでも超えると、「住民税」を課せられます。たとえば年収101万円の場合は、「住民税」はおおむね7000円程度となるでしょう。

 「年収100万円の壁」を超えた場合、負担がそこまで大きくないと見なされているのか、その他の「壁」と比べて、「年収100万円の壁」はあまり意識されない風潮があります。しかし、パート・アルバイトを始めてから「あれ?『住民税』の納税通知書が届いたけど、何で?」と驚かずに済むように、頭の片隅には止めておきたいものです。

【年収103万円の壁】
103万円以下は「所得税」非課税、超えると「所得税」がかかる

 続いては、「年収103万円の壁」です。2018年以降の「年収103万円の壁」は、「所得税」が発生するか否かの節目の年収を指しています。

 2017年までは、世帯主の年収にかかわらず、配偶者の年収が103万円以下であれば、世帯主には満額にあたる38万円の「配偶者控除」が適用されていました。逆に言うと、配偶者の年収が103万円を超えた場合には、世帯主の「配偶者控除」が目減りしていたわけです。

 なお、「配偶者控除」は所得のない、あるいは所得の少ない配偶者を持つ人(世帯主)の税金を安くする制度です。そして「配偶者特別控除」とは、「配偶者控除」の設定している条件よりも所得がやや高い配偶者を持つ人に対し、税金を安くする制度です。
【※関連記事はこちら!】
⇒「配偶者控除」と「配偶者特別控除」は2018年にどう変わったのかをわかりやすく解説! 大幅な改正で得する人、損する人を世帯主・配偶者の年収別に紹介

 2017年までの仕組みだと、配偶者が年収103万円を超えて働いた場合、年収次第では世帯主の「配偶者控除」の控除額が大きく目減りしてしまい、配偶者が年収103万円以下に抑えて働いたときよりも、手元に残るお金が減ってしまうケースがありました。

 しかし、2018年からは、「配偶者控除」と「配偶者特別控除」の制度変更によって、配偶者の年収が150万円以下なら、満額38万円の控除が受けられることになっています(※世帯主の年収が1120万円以下の場合)

 よって、「配偶者控除」の側面から見た「年収103万円の壁」は存在しなくなったのですが、依然として配偶者の年収が103万円以上になると、「所得税」が課せられるようになることに変わりはありません。

 「所得税」は103万円を超えた分の収入に対して課せられるので、年収104万円であれば、課税される部分(課税所得)は1万円です。課税所得が195万円以下の場合、適用される所得税率は5%です。ということは、年収104万円の場合の最終的な所得税額は500円と計算できます。

 このように、年収103万円を多少超えたとしても、所得税額はさして高額にはならず、配偶者控除の控除額にも関係がなくなったので、2018年からは「年収103万円の壁」は“あってないようなもの”になっていると言ってもいいかもしれません。

 ただし、世帯主の勤務先に「配偶者手当(家族手当・扶養手当)」の制度がある場合、支給の条件として、「配偶者の収入=103万円以下」としている例がよく見られます。その場合は、引き続き「年収103万円の壁」を意識しつつ、働き方を調整したほうが良さそうです。

【年収106万円の壁】
年収が106万円を超えると勤務先によっては社会保険に加入できる

 続いては、「年収106万円の壁」です。配偶者の年収が106万円(月収8万8000円)を超えた場合、勤務先によって異なるものの、その配偶者は世帯主の扶養から外れ、自分自身で勤務先の厚生年金と健康保険への加入を義務付けられる場合があります(※「年収106万円の壁」と言われるものの、実際には月収ベースで見るほか、勤務時間や勤務日数といった諸条件から加入義務の有無が判定されます)。

 厚生年金と健康保険は、自分と勤務先が折半する形で保険料を負担します。自己負担が生じる分、毎月の手取りは減ることになるため、たとえば「年収105万円のときよりも年収110万円のときのほうが、手取りが減っている!」といったことが起こってしまいます。

 月々の手取りが減ってしまうのは痛手ですが、配偶者が自分で厚生年金と健康保険に加入すれば、将来的に支給される年金は増えます。また、病気やケガで仕事を休まざるを得なくなったとき、健康保険から「傷病手当金」が支給されるなど、保障が手厚くなるというメリットもあります。

 今のところ、「年収106万円以上(月収8万8000円以上)」を節目として、従業員を社会保険に加入させる義務を帯びているのは、「従業員が501人以上の企業」に限定されています。しかし、従業員数が少ない企業でも、年収106万円以上の従業員を社会保険に加入させているところはあるので、勤務先に確認してみましょう。

【年収130万円の壁】
年収130万円を超えると世帯主の「扶養」から外れる!

 5つある壁のうち、多くの人にとって最も影響が大きいと思われるのが、次に紹介する「年収130万円の壁」です。「年収130万円の壁」は、配偶者が世帯主の扶養対象となるか否かの分かれ目となる年収です。

 配偶者の年収が130万円以下であれば、世帯主の扶養対象と見なされます。世帯主が勤務先の厚生年金・健康保険に加入している場合、扶養対象の配偶者は、自分で社会保険に加入しなくても、世帯主の社会保険の被保険者になれます。

 しかし、年収が130万円(月収10万8334円)を超えて扶養から外れれば、配偶者は自分で社会保険に加入する必要が出てきます(※「年収130万円の壁」と言われるものの、実際には月収ベースで見るほか、勤務時間や勤務日数といった諸条件から加入義務の有無が判定されます)。

 前述のように、勤務先の規定で、年収106万円以上の配偶者が自身で社会保険に加入しているパターンもあるでしょうが、「年収106万円の壁」には引っかからなかった人も、「年収130万円の壁」を超えたときには、必ず自分で社会保険に加入しなければならないのです。

 勤務先に厚生年金・健康保険の制度があれば、それに加入します。なければ、国民年金・国民健康保険に加入します。原則として、勤務先が保険料を折半で支払ってくれる厚生年金・健康保険のほうが、自己負担は少なくて済みます。

 「年収106万円の壁」のときと同じく、「年収130万円の壁」も超えると社会保険料が差し引かれる分、手取りが減ってしまいます。年収次第ですが、パート・アルバイトであっても、年間で数万~10万円以上は減ることになるので、給与明細を見てショックを受けるかもしれません。

 「将来の年金が増える」などのメリットよりも、月々の手取りを増やすことを優先したい人の場合、ほんのわずかに年収130万円の壁を超えるくらいなら、超えないように調節するか、もしくは逆に年収200万円超など、大幅な収入増を目指すのがベターだと考えます。

【年収150万円の壁】
年収150万円までは「配偶者特別控除」の恩恵をフルで受けられる

 最後は「年収150万円の壁」です。配偶者の年収が150万円までに収まっていれば、世帯主は満額38万円の「配偶者特別控除」を受けることができます。前述のように、従来は配偶者の年収が103万円までとされていたところ、2018年からは150万円までと改正されました(※世帯主の年収が1120万円以下の場合。1220万円超の場合は配偶者控除・配偶者特別控除の対象外)。

 配偶者特別控除は、配偶者の年収が201万円以下であれば適用されますが、年収150万円以上になると段階的に控除額が減少していきます。配偶者の年収が上限ギリギリの200万円近くになると、配偶者特別控除は数千円程度にまで減ってしまうので、そこまで行ったらもう控除のことはあまり気にしなくてもいいかもしれません。

 さて、ここまで駆け足で「年収100万円の壁」「年収103万円の壁」「年収106万円の壁」「年収130万円の壁」「年収150万円の壁」という、5つの「年収の壁」について解説してきました。

 最近では、医療費の増大や年金制度の行き詰まりなどを背景に、政府が社会保険加入者の増加を目指す動きを見せており、引き続き、制度を微調整していく可能性は十分にあるでしょう。就業時間を調整しながら働いているパート主婦(主夫)の方は、今後も関連ニュースにアンテナを張っておいたほうがよさそうです。

(取材/元山夏香)

FP・風呂内亜矢さんの新刊が発売中!(2018年6月15日発売)
『最強で超ラクなマネー術 ほったらかしでもなぜか貯まる!』
『最強で超ラクなマネー術 ほったらかしでもなぜか貯まる!』

お金の管理に苦手意識があり、貯金できない人も多い今の時代。その一方で、マネー情報はあちこちに氾濫し、何から手をつければいいか、混乱している人も多いはず。そこで本書では「お金を貯めたい」と思った人がまず何をすべきか、ほったらかしでも貯まる仕組みはどうやったら作れるか、というマネー術を具体的に紹介。お金の初心者はもちろん、ちょっとステップアップしたい人にも適した内容で、「お金の参考書」として役立つはずだ。(主婦の友社)

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2019年4月15日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「シルバーステージ」の場合)
0.02% 0.02% 0.02%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「シルバーステージ」になれば、普通預金金利が定期預金並みの0.05%に! しかも、「シルバーステージ」になるには、年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有、「イオン銀行」のインターネットバンキングに登録、「イオンカードセレクト」のクレジット機能またはWAON機能で月に1回以上決済といった、簡単かつノーリスクな条件をクリアするだけ。「シルバーステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料は月2回まで、他行あて振込手数料も月1回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須 簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.15%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.03% 0.03% 0.04%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
「普通預金金利が5倍になることも! 低コスト&多彩なメニューのネット銀行とは? 
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
楽天銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.05% 0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.20%
(「100万円上限定期預金
<ミリオくん>」の場合)
0.20% 0.25%
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)なら、ATM出金手数料がいつでも何回でも無料、ファミリーマート(E-net)なら、最低でも月10回まで無料でお得。他行あて振込手数料も最低で月7回まで無料なので、月に何回も振込をする人におすすめ!
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%(※1) 0.025% 0.025% 0.025%
【東京スター銀行銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」金利0.10%~の「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2019年4月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月3回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 住信SBIネット銀行の住宅ローンは全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯! 「三井住友カード」の最大10,000円プレゼントキャンペーン! インヴァストカードはポイントが自動的にETFに積立投資される新世代カード 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

反撃の最強株95
日本株最新予想! 
人気の株主優待株

6月号4月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

 

底値で買うチャンス!反撃の最強株95銘柄】

日本株最新予想! プロ5人が日経平均を予想
・「秋までに2万4000円も」
底値買い儲けた個人投資家の(秘)テク! 
・メリハリの効いたリスク管理が重要!
・勝率よりも、伸び率で勝負!
反撃の95銘柄! 
・データで裏付け!
攻守に強い最強株
好業績株を楽々チャートで発掘 
上方修正常連
控えめ予想株
・国内で稼ぐ不景気でも強い株
・東証1部残留に賭ける崖っぷち株
10万円以下で買える連続増配株

人気の株主優待株100
・  買っていい × 買ってはダメ を辛口診断
優待株で儲ける方法&銘柄ベスト
値上がり益に的を絞る3週間勝負! 

読者の投信や運用をズバリ! 
投信のお悩み相談室

儲けている兼業トレーダーに聞く!
・毎月1万円FXで稼ぐ方法

【別冊付録・1】
実施全1495銘柄を完全収録!
 株主優待完全カタログ

オトクで楽しい優待ライフを始めよう!
初心者も安心の3ステップをチェック! 
3大ランキングでオトクな優待株を発掘!

【別冊付録・2】
・はたらくおかねの教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報