クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]

「YOSHIKIカード(ゴールドカード)」を保有すると、
ライブやディナーショーのチケットがほぼ確実に入手
できる!?「YOSHIKIカード」の先行予約の実態とは?

2019年6月12日公開(2019年6月7日更新)
ポイ探ニュース
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
YOSHIKIカード

 三井住友カードが「X JAPAN」のYOSHIKIと提携して発行しているクレジットカードがある。YOSHIKIの写真を使った券面デザインとなっている、Visaブランドの一般カード「UNDERGROUND KINGDOM VISAカード」とゴールドカード「UNDERGROUND KINGDOM VISAカード VIP」だ。

 また、サンリオのハローキティとコラボした「Yoshikitty(ヨシキティ)」のイラストが描かれた券面デザインとなっている、Mastercardブランドの「UNDERGROUND KINGDOM マスターカード」も発行している。

 これらのクレジットカードは、貯めたポイントでYOSHIKIと直接会える特典などが用意されており、一般的には「YOSHIKIカード」と呼ばれている。

 ちなみに「X JAPAN」のメンバーであるToshiは、サンリオのマイメロディとコラボレーションして「Toshl・MYMELODY」のキャラクターグッズも出していたそうだ。おそらく、X JAPANとサンリオはつながりがあるのだろう。
【※関連記事はこちら!】
「PUROPASS(ピューロパス)」でアトラクションに優先搭乗して、サンリオピューロランドを堪能したいなら「セディナプラチナカード」の活用がおすすめ!

「Toshl・MYMELODY」のキャラクターグッズ

 一般カードの「UNDERGROUND KINGDOM VISAカード」と「UNDERGROUND KINGDOM マスターカード」の年会費は初年度無料、2年目以降は1250円(税抜)で、ゴールドカードの「UNDERGROUND KINGDOM VISAカード VIP」の年会費は1万円(税抜)となっている。

 また、三井住友カード発行のクレジットカードなので、「WEB明細サービスの利用」や「マイ・ペイすリボの登録・利用」で年会費割引を受けられる。それぞれ利用した場合は、「UNDERGROUND KINGDOM VISAカード」と「UNDERGROUND KINGDOM マスターカード」の場合は年会費無料になり、「UNDERGROUND KINGDOM VISAカード VIP」の場合は年会費が6000円(税抜)割引されて、年会費4000円(税抜)となる。
【※関連記事はこちら!】
プラチナカードの年会費が実質3分の1以下に!?招待不要でつくれる「三井住友プラチナカード」の年会費5万円を劇的に安くする裏ワザを大公開!

■「YOSHIKIカード」の年会費
  UNDERGROUND
KINGDOM
VISAカード
UNDERGROUND
KINGDOM
マスターカード
UNDERGROUND
KINGDOM
VISAカード VIP
年会費
(税抜)
本会員 初年度無料、
2年目以降1250円
初年度無料、
2年目以降1250円
1万円
家族会員 初年度無料、
2年目以降400円
初年度無料、
2年目以降400円
1人目無料、
2人目から1000円
割引特典を
使った場合の
年会費
(税抜)
WEB明細書

マイ・ペイすリボ
無料 無料 4000円
マイ・ペイすリボのみ 無料 無料 5000円
WEB明細書のみ 750円 750円 9000円

キャンペーンなどを活用してポイントを貯めれば、
YOSHIKIのピアノ生演奏を聞くのも夢じゃない!

 「YOSHIKIカード」の利用で貯まるポイントは、三井住友カードの独自ポイント「ワールドプレゼント」で、利用額1000円につき1ポイント貯まる。ポイントの有効期限は通常2年間で、ゴールドカードの保有者の場合は3年間になる。

 「YOSHIKIカード」で1万ポイントを貯めると、YOSHIKIと2ショット写真を撮影でき、その写真に本人のサインを書いてもらえる特典に交換できる。また、1万2000ポイントで、スタジオで未発表曲をYOSHIKIと一緒に試聴できる特典、1万5000ポイントで、スタジオでYOSHIKIがピアノを生演奏&それを収録したCDに直筆サインを書いてプレゼントしてもらえる特典に交換できる。ただし、基本的にアーティスト側の都合を優先するので、会う場所などは指定され、海外の場合は渡航費を自分で支払わなければならない。

 ポイントを貯めるだけで、YOSHIKIクラスのアーティストと直接会えるのは「YOSHIKIカード」くらいだろう。とはいえ、1万5000ポイント貯めるとなると、単純計算で「15000×1000=1500万円」も使う必要がある。しかも、一般カードの場合はポイントの有効期限が2年間なので、2年以内に合計1500万円という大金を「YOSHIKIカード」で決済しなければならないので非常に大変だ。しかし、「マイ・ペイすリボ」の利用でポイント2倍、ネットショッピングモール「ポイントUPモール」のポイント20倍の商品などを効率よく利用すれば、決して手の届かない数字ではないだろう。

 たとえば、「ポイントUPモール」内のPCショッピングサイト「NEC Direct」は、2019年5月6日まで、貯まるポイントが「3倍⇒20倍」にアップしていた。

 たとえば、「NEC Direct」で購入できるパソコン「LAVIE Direct DA(H)」に、選択できるオプションをすべて最上位にすると、価格は34万5800円(税抜)となる。

 「ポイントUPモール」の利用で上乗せして付与される19倍分のポイントは、税抜の商品価格で計算されるプレミアムポイント。したがって、獲得できるポイントは、通常分の373ポイントに、プレミアムポイント6555ポイントを加えて、合計6928ポイントとなる。このパソコンを2台購入すれば、それだけで1万3856ポイントが貯まる計算になる。

 さらに、例に挙げた「LAVIE Direct DA(H)」は、セキュリティソフトが付属していないので、これもつければ、さらに獲得ポイントがアップする。シマンテックのセキュリティソフト「ノートン」も同時期にポイント20倍キャンペーンを開催していたので、「3台まで3年契約」を購入すれば+180ポイントの獲得。また、日比谷花壇も期間限定でポイント16倍になっていたので、5000円の花を2つ購入で+160ポイントを獲得できた。

 これだけで合計1万4196ポイントを獲得できるので、さらに「YOSHIKIカード」で電気料金やガス料金、水道料金、スマホ料金などを支払っていれば、1年間で合計1万5000ポイントは貯まるだろう。つまり、上手くキャンペーンなどを活用すれば、毎年、YOSHIKIに会えるほどのポイントを貯めることだって可能なのだ。ただし、いつ会えるかはアーティストの都合もあるので、実現まで数年かかることもあるようだが……。

「YOSHIKIカード」のゴールドカードを利用すれば、
ライブやディナーショーなどの抽選で格段に有利になる!?

 ここまでの特典の説明については「YOSHIKIカード」のWebサイトを読めばわかるが、実際に「YOSHIKIカード」がどんなクレジットカードなのか保有者に聞いてみた。

 まず、「X JAPAN」には、グループ全体の公式ファンクラブが存在しないらしい。そのため「X JAPAN」のライブチケットを入手するには、それぞれのメンバーのファンクラブに会員登録して、先行予約で購入することになるそうだ。

 その中でもチケット購入に有利なのが、YOSHIKIのファンクラブである「YOSHIKI mobile」と「YOSHIKI CHANNEL」とのこと。しかし、「YOSHIKIカード」の保有者は、これよりも優先的にチケットを購入できるそうだ。

 たとえば、年に1回開催されるYOSHIKIのディナーショーのチケットは、ファンクラブの「YOSHIKI mobile」と「YOSHIKI CHANNEL」よりも、「YOSHIKIカード」のほうが1週間早く受付が開始される。当選発表も早いので、落選したら「YOSHIKI mobile」などで再度申し込めば、当選するチャンスも広がる。

 また、同じ「YOSHIKIカード」でも、基本的に一般カードよりもゴールドカード(VIP)のほうが優先されるようだ。というのも、ディナーショーに毎年参加している人によると「一般カードで応募した人から落選したという話は聞くが、ゴールドカードで応募した自分は、キャパシティが400弱ほどしかないディナーショーに一度も落選したことがない」とのこと。

 ライブチケットも同様に、1万5000人規模の幕張メッセでのスタンディングライブの場合、ゴールドカードで応募すると、十数番台から数百番台の整理番号が当選するという。しかも、ゴールドカードの家族カードで家族会員分を応募しても、200~1000番台の整理番号をゲットできたそうだ。スタンディングライブは整理番号順での入場なので、番号が若いほどいい場所を確保できる確率が上がる。

 横浜アリーナでのライブでも、ゴールドカードならアリーナ席の前方が当たりやすく、抽選に外れることはほとんどないという。

 「YOSHIKIカード」の保有者の感覚では、ゴールドカードの家族カード会員と一般カード会員を比べると、ゴールドカードの家族カード会員のほうが優先されている印象があるそうだ。

 「X JAPAN」やYOSHIKIのファンなら、チケットが当選しやすいと言われているゴールドカード「UNDERGROUND KINGDOM VISAカード VIP」の保有は必須といってもいいだろう。

 ちなみに、「YOSHIKIカード」の保有者によると、ディナーショーではチャリティーオークションが開催されており、ツーショット撮影権が出品されるそうだ。このオークションに参加して、ツーショット撮影権を100万円ほどで落札するのが、もっとも安上がりにYOSHIKIと写真を撮れる方法ではないかとのことだった。

「楽天カード(YOSHIKIデザイン)」の実力は?

 また、2018年秋から、年会費無料の「楽天カード(YOSHIKIデザイン)」も発行が始まっている。「楽天カード(YOSHIKIデザイン)」も「YOSHIKIカード」と同様に、イベントの先行抽選に応募できるそうだ。ただし、先ほど話を聞いた筆者の知人は「YOSHIKIカード」のゴールドカード保有者なので、一般カードである「楽天カード(YOSHIKIデザイン)」は活用しておらず、ファンクラブなどと比べて、どれほど抽選で優先されるのかわからないとのことだった。

楽天カード(YOSHIKIデザイン)
還元率 1.0~3.0%
楽天カード(YOSHIKIデザイン)の券面デザイン
発行元 楽天カード
国際ブランド Master
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【メインカード部門】
楽天カード公式サイトはこちら

 今のところ、その知人は「楽天カード(YOSHIKIデザイン)」の特典で、ライブなどの抽選を申し込んだことがないそうだが、もし「UNDERGROUND KINGDOM VISAカード VIP」と同等となる「楽天ゴールドカード(YOSHIKIデザイン)」が誕生したら、試してみるそうだ。

 もし「楽天ゴールドカード(YOSHIKIデザイン)」が出るなら、その知人はカード名に「クリスタル」をつけてほしいと言っていた。YOSHIKIはクリスタルドラムやクリスタルピアノを愛用しているので、これらを演奏している姿が券面デザインになった「楽天クリスタルカード(YOSHIKIデザイン)」が出れば、ファンからの申し込みが殺到するに違いない。

 以上、今回は、「YOSHIKIカード」の年会費や特典などについて解説した。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
2019年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年6月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら


 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株・投信・貯蓄で実現
人生で必要な
1億円の作り方

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人生で必要な1億円の作り方

●貯金テク 株・投信のしくみ。
勝ち組のワザを解説! 
・貯蓄? 投資?
人生で必要なお金の仕分け
最高6億円も! 株でお金を作った6人のワザ
投資信託お金を作った6人のワザ 
節税効果でより増える! iDeCoやNISAを使いこなせ

●気軽に投資できて儲
けやすい5万円株54銘柄
ライザップ、ZOZO、レオパレスは売りか買いか?
桐谷さん厳選!
オトク度が高い優待株9銘柄
・減配リスクが小さくて
安心な高配当株18銘柄
・短期で大化けもあり
値上がりを狙う株27銘柄

●ザイ独自の1万人アンケートを実施! 

億を作った勝ち組563人の必勝法!
勝ち組/負け組ってどんな人?
勝ち組の資産、運用法、投資先、生活習慣など大解剖!

別冊付録・1
266社のおみやげリスト付き! 
株主総会ガイド! 2019年版
・総会みやげセレクト10
・総会でわかる 良い株・悪い株
・今年の総会の見どころは

別冊付録・2
・リスクにビビるな! おかねをまもる教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報