超成長株投資で資産10倍計画!

IDEC(6652)の株価は3年で2倍に。
ニッチな分野で高いシェアを確保し、
真のグローバル企業を目指す!
山本潤の超成長株投資の真髄 第44回

2019年12月11日公開(2019年12月11日更新)
山本 潤
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 IDEC株式会社(6652)はグローバルに安全ソリューションなどを提供する企業です。利益構成ではHMIソリューション(Human-Machine-Interface)セグメントがメインです。

 売上600億円、営業利益率は10%程度です。

 現場で機械やロボットが暴走すると非常に危険です。たとえば、電車には緊急停止ボタンがあります。仮に、ボタンを押しても作動しなければ大惨事になります。安全スイッチは命の最後の防波堤です。電車に限らず、停止ボタンは品質がすべてです。絶対に壊れない、絶対に作動するように念には念をいれた工夫がなされているのが同社の製品群です。

 みなさんはボタンやスイッチというと、やや地味なイメージを持たれるかもしれません。カタログ販売でボタンやスイッチは単品でもちろん買うことはできます。しかし、同社は、そうした代理店経由の単品ビジネスではありません。

 利益率が二桁ということは、参入の障壁が存在します。

 

IDECが国際規格づくりに参画しているメリットとは?

1)スイッチ類には国際規格があります。その国際規格をつくりにIDECは参画します(規格参画: 粗悪な新興国の地場メーカーを排除することができる)。
 
2)規格に沿った形状の工夫などを製品開発に生かします。そして国際特許も出願します(知財戦略:機構部品のよさは、形状で特許がとれることにあります。非常に強力な特許となります)。

3)製造現場における安全とは何か。ひとつひとつをしっかり定義をして、セーフティアセッサの資格を創出し試験を実施、受験者に資格認定します(資格作りと有資格者のマンパワーの確保)。

4)業界や協会を説得し、資格者が安全ソリューションを販売する業界ルールを築く(安物の粗悪品を現場から排除するため)。

 社員は、命を守る仕事に携わるわけですから、とてもやりがいがあるはずです。また、資格を持つことは専門家の証です。仕事に誇りも生まれるでしょう。

 顧客の工場の設計段階で、安全に十二分に配慮しているかを認定する有資格者の社員がソリューションを提案します。提案の中に、同社の高シェア商品群の販売も含んでいるため、単品商売にはならないのです。昨今は、人と協調する作業ロボットも普及し、人件費の高騰する地域で省人化への投資は盛んです。

 このような規格策定、特許出願、資格試験の実施と有資格者の確保、業界秩序の維持、ソリューション提案というビジネスの勝ちパターンが存在する企業です。わたしはブルーオーシャンを意識してつくっている企業であると評価しました。

 ニッチな分野で高いシェアを誇る日本企業らしい企業です。

 株価は3年で2倍になっています。その理由は、欧州におけるM&Aです。APEM社を2017年に購入しました。買収により海外の売上が国内売上を上回るようになりました。同じスイッチ/ボタン/レバーの領域ながら、地域が重ならないこと、顧客が重ならないことで、クロスセルの相乗効果が見込まれます。売上も利益も非連続的な成長をこの2年で遂げました。

今後のIDECに期待できる2つのポイント

 今後のIDECの動向には二つの注目点があります。

 ひとつは、APEMの買収効果の継続です。IDEC拠点と重なる部分は統廃合が進みました。日本の顧客にAPEM商品を売ることができます。そして、IDEC商品をAPEM顧客に売ることができます。

 もうひとつは、ソリューション提案の領域が広がることです。協調ロボットシステムの提案をIDECは始めています。協調ロボットは世界中にメーカーがありますが、いろいろなメーカーのロボットを組み合わせたソリューションを提案しています。

 セクターとしては機械で、省人化投資の恩恵を受けます。中期計画では真のグローバル企業を目指し1000億円の売上と利益率15%を目標としています。

 今期は米中貿易摩擦など、世界的に設備投資が冷え込みましたので減益となります。
来期以降、顧客の投資マインドの回復によって、再び、業績の拡大が見込まれると考えます。

 

(DFR投資助言者 山本潤)

 

IDEC​の投資判断、目標株価はメルマガ会員ページで公表しています。

この連載は、10年で資産10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページでさらに詳しい銘柄分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます。

IDEC(6652) /日足・6カ月 (出典:SBI証券公式サイト)

 

短期的な銘柄推奨メルマガとは違う、
資産を長期的に増やすためのノウハウと
具体的なポートフォリオを提示する株式サロン登場!

「超成長株投資の真髄」は、メールマガジンとオンライン株式サロンがセットになった画期的なサービス!

運用会社で日本株のファンドマネジャーを20年務めた山本潤氏が日本株の成長株発掘の方法について、実際の銘柄なども例に挙げながら、売り時、買い時を伝えてくれます。登録後10日間は無料!

山本潤の10年で10倍を目指す 超成長株投資の真髄

10日間無料 詳細はこちら※外部サイトに移動します


ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2020年「株」全予測
人気の株500銘柄
激辛診断!

2月号12月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

【2020年「株」全予測株500銘柄激辛診断!

プロ100人に聞く2020年「株」大予測&儲け方
東京オリンピック後、
日経平均は2万6000円
・[PART1]

日経平均と為替の高値・安値を大公開
日本株&ドル円を大予測!
・[PART2]
2019年に好不調だった株もおさらい
2020年に上がるテーマ&株!
・[PART3]
NYダウの高値・安値や
米大統領選後はどうなる
米・中国株の予測と上がる株!
・[PART4]
低コスト投信の最新データや勝ち戦略
人気&買いの投資信託を分析!

人気の株500銘柄 「買い」「売り」激辛診断!
買っていい「10万円株」が82銘柄も!

桐谷さん+有名投資家5人のゆく年くる年
桐谷さんの2019年に儲けた株&損した株&2020年の戦略
億超え投資家6人の2019年の成績&2020年の戦略

●2019年読者の投資の大反省会
儲けた&損した株TOP5
成功&失敗の理由
・株以外の
投資成績
2020年の投資戦略

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
上場全3752銘柄の理論株価
3月期企業の中間決算を経て理論株価も刷新

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報