節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術
【第20回】 2016年4月20日公開(2019年1月18日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
風呂内亜矢

クレジットカードを選ぶなら年会費無料&高還元!
人気のファイナンシャル・プランナーがおすすめする
高還元率&低コストのベストなクレジットカードは?

1

 年度初めとなる4月は、1月と並んで新しいことを始めたくなるタイミング。節約や家計管理を新たに始める絶好のチャンスです。

 それと同時に、クレジットカードの見直しをするのもおすすめです。すでにクレジットカードを所有している人で、「ずっと同じクレジットカードを持ち続けている」という人は、見直しを実行してみてはいかがでしょう。

 というのも、30代以上の人だと、「新社会人になったときに作ったクレジットカードを、もう10年以上も使っている」という人もいると思います。ですが、クレジットカード業界は年々大きく変化しているので、新しいクレジットカードに切り替えたほうが得する可能性が高いからです。

 また、新社会人になり、クレジットカードを新たに持ちたいという人も多いと思います。そこで今回は、今、持っておくべきお得なクレジットカードをご紹介します。

年会費が初年度だけでなく“永年”無料で、
ポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめ!

 まず、クレジットカードを選ぶ上で、必ず押さえておきたいポイントがあります。それは、「年会費永年無料」で、「どこで利用してもポイント還元率1%以上」のクレジットカードを選択することです(※念のため解説しておくと、ポイント還元率とは“クレジットカードを利用した際、利用した金額に応じて受けられるポイント還元やキャッシュバックの割合”です。1万円利用して100円分のポイントが獲得できるなら、還元率は1%です)。

 クレジットカードの中には、年会費がかかるものがあります。年会費の金額は、カードごとにバラつきがありますが、ゴールドカードやプラチナカードといった、一般に「上級カード」と呼ばれているクレジットカードだと、年会費1万円以上のものもザラです。上級カードではないクレジットカードでも、年会費が1000~3000円くらいかかるクレジットカードはわりとよくあります。

 入会初年度のみ年会費無料で、2年目以降は有料になるクレジットカードも少なくありません。ただ、私がおすすめしたいのは、初年度だけでなく2年目以降もずっと年会費無料のクレジットカードです。

 もちろん、年会費が有料のクレジットカードには、「旅行保険が充実している」「トラブル時などのサポートがしっかりしている」といったメリットがあったりもします。また、ポイント還元率が高いカードも目立ちます。そのため、日常の買い物のほとんどをクレジットカードで行う人は、仕組みが自分に合っているものであれば、年会費が有料のクレジットカードを保有するのも得策です。

 ただ、これまでにクレジットカードを保有したことがない人や、高額な買い物をするときや旅行のときくらいしかクレジットカードを使わない人は、年会費永年無料のクレジットカードのほうがベターでしょう。

 年会費有料のクレジットカードは、まったく使わないでいると、年会費の分だけ損をします。たとえば、年会費1万円、ポイント還元率1%のクレジットカードの場合、年間で100万円はクレジットカードを使わないと、年会費のモトが取れません。案外、ハードルが高いですよね。

 そのため、日常的にクレジットカードを使い、確実に年会費モトが取れる人以外、年会費が有料のクレジットカードはおすすめできないのです。

年会費有料&高還元率のクレジットカードは
持った後から制度改悪される恐れアリ

 近年、クレジットカードのポイント還元率競争は激化しているように見えます。クレジットカード発行会社が互いに競い合うようにして、ポイント還元率の高いクレジットカードをどんどん発行しているのです。少し前になりますが、どこで利用してもポイント還元率が1.5~2%つくようなクレジットカード(年会費は有料)も複数登場し、大変話題になりました。

 ただ、直近のクレジットカード業界を見ると、そんな高還元&年会費有料クレジットカードが新規募集を停止したり、ポイント還元率が改悪されたりする例も数多く見受けられます。思い切って還元率を高くしたのに、思いのほか集客できず、クレジットカード会社としては赤字が膨らみすぎてしまったのかもしれません。

 こうした状況を踏まえて考えると、ポイント還元率競争が激化していると言っても、すでにほとんど限界まで達しつつあるように思います。よって、やみくもに高い還元率のクレジットカードに飛びついても、後から制度が改悪され、あまりお得ではないクレジットカードに成り下がってしまうリスクも考えられます。

 そのため、私は「年会費有料で高還元率なクレジットカード」よりも、「年会費永年無料で、そこそこ還元率の高いクレジットカード」を選択したほうがベターだと考えています。

「年会費無料のカードだからサービスが悪い」は誤解
ただ、最高品質のサービスを求めるなら上級カードに

 ところで、ネットの書き込みなどで「年会費永年無料のクレジットカードはコールセンターの質が悪い」「サポートがほぼ期待できず、使い勝手が最悪」などのクチコミを見かけることがあります。

 クレジットカード会社によって差はあると思いますが、個人的には年会費永年無料のクレジットカードでサービスが特別悪い、と感じたことはありません。

 もちろん、手厚いコンシェルジェサービスなどが売りのプラチナカードなどのサポート体制と比較すれば、物足りないところはあるでしょう。しかし、最低限の用事(クレジットカードを紛失した際の問い合わせなど)には対応してもらえますし、問題のない使い方をしていれば、不快な目に遭うことは基本的にはないと思われます。
【※クレジットカードの「コンシェルジュ」に関連記事はコチラ!】
◆プラチナカードのコンシェルジュの実力は?JCB「ザ・クラス」では大相撲千秋楽やJRのチケットも手数料無料で手配できる!
◆「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」と「JCBザ・クラス」のコンシェルジュサービスを比較ホテルの予約代行を例に、具体的な使い方も解説!

 ポイント還元率に話を戻します。還元率については、今は「1%」が一つの基準と考えていいでしょう。少し前までは、年会費永年無料のクレジットカードというと、「0.5%」程度が平均でした。今でもポイント還元率0.5%程度の年会費永年無料クレジットカードは多いですが、なかには年会費永年無料でも、ポイント還元率1%以上のクレジットカードがあるので、そちらを選択したほうがお得です。

 なお、どこか特定の場所で利用したときのみ、ポイント還元率が1%以上になるクレジットカードもよく見かけます。それでもいいのですが、日常的にクレジットカードを利用してポイントを貯めたいのであれば、“基本的にどこで利用しても1%”のクレジットカードを選択してください。

 ここまでに挙げてきた基準(年会費永年無料、どこで利用しても還元率1%以上)を満たしているクレジットカードは、それほど多くはありません。その中で、私のおすすめしたいクレジットカードは以下のとおりです。

■風呂内さんがおすすめする、高還元&年会費無料のクレジットカードベスト5
還元率 還元方法 年会費 国際ブランド カード
フェイス
◆楽天カード
1.0% 100円=1ポイント
(楽天スーパーポイント)
永年無料 VISA
Master
JCB
楽天カードの公式サイトはこちら
【楽天カードのメリット】
通常還元率1.0%に加えて、「楽天市場」や「楽天ブックス」で買い物する際には、いつでもポイント3倍=還元率3.0%の高還元に! また、「楽天Edy」チャージ分もポイントが貯まるほか、街中では「楽天ポイントカード」としても利用可能!(※ただし、「楽天市場」利用時の還元率3.0%のうち、1.0%は期間限定ポイント)
【関連記事】【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀メインカード編)
風呂内さんがおすすめする、高還元&年会費無料のクレジットカードベスト5の楽天カード公式サイトはこちら
◆リクルートカード
1.2% 100円=1.2ポイント
(リクルートポイント)
永年無料 VISA
Master
JCB
リクルートカードの公式サイトはこちら
【リクルートカードのメリット】
通常還元率1.2%に加えて、「じゃらん」なら還元率3.2%、「ポンパレモール」なら還元率4.2%に! 貯まった「リクルートポイント」は「じゃらん」や「ホットペッパー」など、リクルートのサービスで利用できるほか、「Pontaポイント」に等価交換できるので、ローソン利用者にもおすすめ。「VISA」を選べば「nanaco」「楽天Edy」「モバイルSuica」「SMART ICOCA」チャージ分にもポイントが貯まる点も魅力。
【関連記事】dカードはdポイントを貯める最強カードじゃない!?「dカード+リクルートカード」を併用しつつ、電子マネーを活用して「dポイント」を貯める裏ワザ
風呂内さんがおすすめする、高還元&年会費無料のクレジットカードベスト5!リクルートカードの公式サイトはこちら
◆Yahoo! JAPANカード
1.0% 100円=1ポイント
(Tポイント)
永年無料 VISA
Master
JCB
Yahoo! JAPANカードの公式サイトはこちら
【Yahoo! JAPANカードのメリット】
通常還元率1.0%に加えて、「Yahoo!ショッピング」では還元率3.0%の高還元に! 貯まるポイントは「Tポイント」で、「Tカード」機能も搭載しているので、「Yahoo!ショッピング」などのネット通販だけでなく、TSUTAYAやファミリーマートなど街中でも使い道には困らない。「JCB」なら交通系電子マネーの「モバイルSuica」や「SMART ICOCA」はもちろん、「nanaco」チャージ分のポイントも貯まるのでおすすめ。
【関連記事】「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!
風呂内さんがおすすめする、高還元&年会費無料のクレジットカードベスト5!のYahoo! JAPANカード公式サイトはこちら
◆P-oneカード<Standard>
1.0% 請求時に自動的に
1%割引
永年無料 VISA
Master
JCB
P-oneカード<Standard>の公式サイトはこちら
【P-oneカード<Standard>のメリット】
カード決済後、利用金額の請求時に自動的に1%オフになる、ポイント交換の手間も不要で節約効果が高いキャッシュバック型カード。さらに、ポケットカードが運用していて「Yahoo!ショッピング」や「ニッセン」などもある「P-oneモール」だと、キャッシュバック以外に最低でも1000円=1ポイント(=3円)貯まるので、ネットショッピングで還元率1.3%に(銀行口座にキャッシュバック可能。ただし、ポイント交換が必要)。
【関連記事】【P-oneカード<Standard>】利用金額の1%を自動的に請求金額から割引!手間なく、支出を減らせる節約系カードの元祖!
風呂内さんがおすすめする、高還元&年会費無料のクレジットカードベスト5!P-oneカード<Standard>公式サイトはこちら
◆レックスカード
1.25% 2000円=25ポイント
(最低1500ポイントから請求額に充当)
永年無料 VISA、Master レックスカードの公式サイトはこちら
【レックスカードのメリット】
還元率1.25%で、貯まったポイントはカード利用額に充当できるキャッシュバック型。年会費無料ながら、最大2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯(旅行代金をカードで支払わなくても補償される)なのが他の年会費無料カードにはない大きなメリット。ただし、ポイントの最低交換単位は1500ポイント、有効期限は2年、電子マネー「nanaco」「楽天Edy」チャージ分のポイントはつかないので注意。
【関連記事】海外旅行保険が「自動付帯」にもかかわらず、年会費無料のお得なクレジットカードはコレだ!「利用付帯」と「自動付帯」のカード活用法
風呂内さんがおすすめする、高還元&年会費無料のクレジットカードベスト5!レックスカードライトの公式サイトはこちら


 これらはすべて「年会費が無料で、どこで利用しても還元率1%以上」のクレジットカードです。

 次に、各クレジットカードを簡単に紹介していきます。

5枚のカードの年会費、還元率以外の共通点は
貯まったポイントの使いやすさ!

  これら5枚のクレジットカードは、どれも先に挙げた「年会費永年無料」「どこで利用してもポイント還元率1%以上」という基準を満たしたうえで、「ポイントが使いやすい」という共通点もあります。

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2019年2月1日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(「イオン銀行Myステージ」の
「シルバーステージ」の場合)
0.02% 0.02% 0.02%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「シルバーステージ」になれば、普通預金金利が定期預金並みの0.10%に! しかも、「シルバーステージ」になるには、年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有、「イオン銀行」のインターネットバンキングに登録、「イオンカードセレクト」のクレジット機能またはWAON機能で月に1回以上決済といった、簡単かつノーリスクな条件をクリアするだけ。「シルバーステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料は月2回まで、他行あて振込手数料も月1回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須 簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.03% 0.03% 0.04%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
「普通預金金利が5倍になることも! 低コスト&多彩なメニューのネット銀行とは? 
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
楽天銀行の口座開設はこちら!
◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(カブドットコム証券口座保有者の
「じぶん銀行自動引落<口座振替>
※リアル版」適用時)
0.15%
(「デビュー応援プログラム」
適用時)
0.03% 0.03%
【じぶん銀行おすすめポイント】
KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資してできたネット銀行。コンビニATMからの出金手数料が最大月11回まで無料のうえ、三菱UFJ銀行への振込み手数料が何回でも無料なので、三菱UFJ銀行を使っている人にもおすすめ! また、スマホ取引の使い勝手にも注力している。
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱UFJ銀行の共同出資でできたネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月15回まで無料に!
じぶん銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.15% 0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.20%
(「特別金利キャンペーン」
適用時)
0.02% 0.02%
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.20%
(「100万円上限定期預金
<ミリオくん>」の場合)
0.20% 0.25%
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)なら、ATM出金手数料がいつでも何回でも無料、ファミリーマート(E-net)なら、最低でも月10回まで無料でお得。他行あて振込手数料も最低で月7回まで無料なので、月に何回も振込をする人におすすめ!
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%(※1) 0.03%(※2) 0.03%(※2) 0.025%
【東京スター銀行銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」金利0.10%~の「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。※2「スターワン円定期預金+」(店頭・テレホンバンク限定、6カ月複利)の場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2019年2月1日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「じぶん銀行」で新規に口座開設をすると
1年もの定期預金金利が0.15%に! ATM手数料
は最大で月11回まで無料!⇒関連記事はこちら

じぶん銀行の公式サイトはこちら!
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン ソニー銀行の住宅ローン 住信SBIネット銀行の住宅ローンは全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯! インヴァストカードはポイントが自動的にETFに積立投資される新世代カード 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2019年最強日本株
億り人の投資法
確定申告大特集

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年 最強日本株6大番付 】

最強日本株」の選び方!
日経平均高安値の予測
高配当株 JT vs 三井住友FG
株主優待株 ヤマダ電機 vs フォーシーズHD
割安株 三井物産 vs 三菱ケミカルHD
10万円株 ソースネクスト vs ヤマシンフィルタ
大型株 NEC vs リクルート
中小型株 ワークマン vs MTG

億り人が語る2019年の勝ち戦略
2018年アノ相場勝てたワケ
2019年
勝ち戦略
億り人の投資法を大公開!

確定申告大特集
・給与などの所得や控除
ふるさと納税で寄附した人
投資信託得&損した人
投信分配金
配当を得た人
FX先物取引得&損した
医療費市販薬代がかかった人

●あと100万円をつくる節約&副業ワザ
●大型株&中小型株の最強日本株投信番付10

【別冊付録1】
・2019年に
NISAで勝つ8つのワザ

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング