クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]

「マネパカード」が海外でも国内でも利用可能に!
還元率が1%~1.5%とお得なプリペイドカードだが
チャージや限度額の変更に時間がかかるデメリットも

2016年9月3日公開(2017年11月6日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 海外のみで利用できることが特徴だった、トラベルプリペイドカードの「マネパカード」が、2016年6月より、日本国内でも利用できるようになった。

 「マネパカード」は、事前に日本国内でチャージすることで、海外のATMで現地通貨を引き出せるプリペイドカードだ。また、MasterCardの国際ブランド付きなので、クレジットカードのように、決済に使うこともできる。
(関連記事⇒デビットカードとプリペイドカードのメリットとは?クレジットカード同様に使えて、使いすぎも防げる「国際ブランドつき」デビット&プリペイドカード!

 「マネパカード」は、年会費無料のプリペイドカードにもかかわらず、ICチップが搭載されており、チャージ・利用などでメールを送信してくれる上に、カードショッピング保険が付いている。

 「マネパカード」を国内で利用した場合、利用額の1%分がキャッシュバックされる。さらに、マネーパートナーズのFX口座を保有している場合は、キャッシュバック率が1.2%になり、月間100万通貨以上のFX取引を行った場合は、翌月のキャッシュバック率が1.5%まで上昇する。

 この「マネパカード」を日本国内で利用する場合、デメリットはあるのだろうか? 早速、使ってみたのでレポートしたい。

「マネパカード」は、15歳以上なら誰でも保有可能!
さらに、プリペイドカードなので審査なし!

 「マネパカード」は、日本在住の15歳以上であれば、誰でも申し込みすることができる。もちろん、プリペイドカードなので審査はない。

 マネーパートナーズのWebサイトから「マネパカード」に申し込むと、口座番号、初期パスワード、専用振込口座が書かれている「口座開設通知書」が届く。口座番号といってもFX口座ではなく、ログインIDのことだ。

 「口座開設通知書」の到着後、1週間ほどで「マネパカード」が届いた。

「マネパカード」にチャージする場合は、
振込手数料が無料の銀行を使うのがおすすめ

 「マネパカード」へのチャージは、FX口座からチャージするか、専用振込口座に振り込むかのどちらかだ。

 筆者の場合、「SBIゴールドカード」を申し込んで、住信SBIネット銀行のランクが4になり、他行あての振込手数料が月15回まで無料になったので、住信SBIネット銀行から振り込むことにした。
(関連記事⇒住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

SBIゴールドカード
還元率 0.6~1.2%
SBIレギュラーカード
SBIレギュラーカード公式サイトはこちら
発行元 SBIカード
国際ブランド MasterCard
年会費(税抜) 2500円
(年間100万円以上の利用で翌年度は無料)
家族カード(税抜) あり
(1枚目は年会費無料、2枚目以降1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA

 

 住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
  (※)、以降は142円
【住信SBIネット銀行のメリット】コンビニATM出金手数料と他行あての振込手数料がそれぞれ最大15回まで無料(ランク4の場合)。さらに、「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利を大幅に引き上げ!
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら

 「マネパカード」のWebサイトにログインすると、「カード専用振込口座(入金)」とある。この口座に振り込んでも、入金金額が反映されるまで、最大2時間ほどかかるとのことだ。今回は、試しに1000円振り込んでみた。


「マネパカード」の会員専用サイト。
拡大画像表示

「カード専用振込口座」に1000円を入金。
拡大画像表示

 そして、振込から1時間ほどで、「未チャージ残高」に反映され、メールが届いた。

「未チャージ残高」のままでは、
「マネパカード」を利用できない

 この「未チャージ残高」のままでは、「マネパカード」を利用することはできない。「カード専用振込口座」に入金した未チャージ残高を「マネパカード」にチャージする必要があるのだ。

 「マネパカード」のWebサイトにログインし、メニューの「チャージ/ペイバック」を選択し、「チャージ」タブを選択。「JPY(日本円)」を選択し、「最大額」をクリックすると、「未チャージ残高」の金額がすべて反映されるので、「確認」をクリック。チャージ金額を確認し、「確定」をクリックするとチャージ完了だ。

チャージ通貨とチャージ金額を確認し、「確定」をクリックするとチャージ完了。
拡大画像表示

 ただし、すぐにチャージされるわけではなく、最大20分ほどかかるようだ。チャージ残高は、「カード情報(明細・残高・停止)」の「チャージ残高照会」から「照会」ボタンをクリックすることで確認できる。

 チャージの操作後に確認した時点では反映されていなかったが、10分ほど経ったところでメールが届き、「マネパカード」のチャージ残高に1000円が反映された。

「マネパカード」のチャージ残高に1000円が反映された。

「マネパカード」に1000円チャージしたのに使えない!

 これで、ようやく「マネパカード」に1000円をチャージできたため、早速、使ってみることにした。

 筆者は、プリペイドカードをショッピングで試すときには、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入している。

 一般加盟店やネットショッピングで1000円ぴったりの買い物をするのは難しいが、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」であれば、15円以上、1円単位で購入することができる。中途半端な金額でも、Amazonで買い物をした際に消費されるため、使い勝手も良い。さらに、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」は、購入後、すぐに自分のアカウントにチャージされる。メールタイプなどのように、わざわざコードを入力する必要もない。
(関連記事⇒Amazonギフト券での買い物でもJALマイルを獲得!マイルの明細を確認して、公式サイトに記載がない、お得なマイル・ポイント獲得条件を発見しよう!

 早速、「マネパカード」で1000円分の「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入したのだが、「お支払拒否による注文キャンセルのお知らせ(Amazonギフト券チャージタイプ)」というメールが届いた。

 マネーパートナーズのWebサイトをよく見ると、「口座開設当初は日本国内での利用が0円に設定されている」との記載があった。つまり、「マネパカード」に1000円チャージされているものの「1回の利用限度額」や「1日の利用限度額」などが0円になっているため、支払えないというわけだ。

「マネパカード」の限度額を変更しても、すぐには使えない

 再度、マネーパートナーズのWebサイトにログインし、メニューの「カード情報(明細・残高・停止)」から「各種変更TOP」をクリック。「利用限度額変更」をクリックし、「1回の利用限度額」「1日の利用限度額」「1ヶ月の利用限度額」をそれぞれ設定した。


「1回の利用限度額」「1日の利用限度額」「1ヶ月の利用限度額」をそれぞれ設定しないと、「マネパカード」は使えない
拡大画像表示

 しかし、この反映も、設定した日の翌日0時に反映されるとのことで、すぐには「マネパカード」を使うことができない。

 0時を過ぎたので、もう一度、1000円分の「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入することにした。今回は正常に処理され、1000円分の「Amazonギフト券」がアカウントに登録された。

「マネパカード」は、使えるまでに時間がかかるので、
FX口座を保有していない場合は、メリットが少ない

 「マネパカード」は、年会費無料、セキュリティ機能が充実、ショッピング保険も付帯、とメリットが多いが、利用できるまでには時間がかかるというデメリットもある。チャージするだけで最大2時間30分ほどかかり、さらに、限度額変更は翌日0時まで反映されない。

 もちろん、限度額変更は事前に行うことができるが、急な買い物で残高がなくなったときなどに、すぐにチャージできないため、かなり計画的に使わなければならないだろう。

 マネーパートナーズのFX口座を保有しているのであれば、「マネパカード」の保有を検討してもいいだろう。しかし、FX口座を保有していない人が「マネパカード」を使うのであれば、同じくキャッシュバック率1%のクレジットカードである「P-oneカード<Standard>」を使ったほうがいいだろう。
(関連記事⇒クレジットカードを選ぶなら年会費無料&高還元!人気のファイナンシャル・プランナーがおすすめする高還元率&低コストのベストなクレジットカードは?

 以上、今回は、海外プリペイドカード「マネパカード」が国内でも利用できるようになったことを解説した。

P-oneカード<Standard>
還元率 1.0%
おすすめクレジットカード!P-oneカード
P-oneカード公式サイトはこちら
発行元 ポケットカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード(税抜) あり(初年度無料。2年目以降、管理費として年200円)
ポイント付与対象の
電子マネー

 

SBIゴールドカード
還元率 0.6~1.2%
SBIレギュラーカード
SBIレギュラーカード公式サイトはこちら
発行元 SBIカード
国際ブランド MasterCard
年会費(税抜) 2500円
(年間100万円以上の利用で翌年度は無料)
家族カード(税抜) あり
(1枚目は年会費無料、2枚目以降1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA

 

 住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
  (※)、以降は142円
【住信SBIネット銀行のメリット】コンビニATM出金手数料と他行あての振込手数料がそれぞれ最大15回まで無料(ランク4の場合)。さらに、「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利を大幅に引き上げ!
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年9月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群! また、2019年7月1日~12月31日の期間に新規入会すると、入会後3カ月間は最大10倍のポイントが貯まる(=還元率5.0%)、お得なキャンペーンを実施中!「JCB CARD W」史上、もっともお得なキャンペーンになっているので、入会するなら今がチャンス!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! SPGアメリカン・エキスプレス・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500診断
全銘柄の理論株価
3000円でできる投資

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人気株500診断/3000円でできる投資

月3000円からできる投資大全集!
・日本株ー1株や金額指定で積立も可
・米国株ー1株から買え手数料も激下げに
・投信ー1本だけで分散もできる優れモノ
・金ー
景気の後退懸念で人気沸騰中
・FX-外貨投資でコツコツ金利を稼ぐ
・仮想通貨ー低コストでできる新しい投資対象

人気の株500+Jリート14の激辛診断
・2019年秋の
イチオシ株
10万円株7銘柄
高配当株7銘柄
・気になる人気株
儲かる株の見つけ方 

全上場3739銘柄の最新理論株価
・必見!理論株価より株価が割安な株ベスト10

オススメ投信リスト&証券会社徹底比較
iDeCoで買うのはこの投信1本だけでOK!

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[特別編]

【別冊付録】
株価10倍は当り前!米国株はスゴイ!
いま買いの米国株10!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報