クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2016年12月22日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

富裕層向けクレカ「ラグジュアリーカード」が上陸!
日本初のMastercard最高位のクレジットカードで、
ゴールドカードは純金メッキが施された豪華仕様!

「ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)」

 2016年11月1日(火)に、日本でも、アメリカの富裕層向けクレジットカード「ラグジュアリーカード(LUXURY CARD)」の発行が開始された。「ラグジュアリーカード」は、カードが金属で作られており、Mastercardの最高ランクである「World Elite」のクレジットカードだ。「World Elite」のクレジットカードは、日本では「ラグジュアリーカード」以外に存在しない。
【※ラグジュアリーカードの最新の関連記事はこちら!】
「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード! コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ

 「ラグジュアリーカード」は、特許を取得した製造方法により、金属製のクレジットカードにも関わらず、ICチップが埋め込まれており、一般的なクレジットカードと同じ厚みとなっている。そのため、ATMやコインパーキングなどでも問題なく使えるそうだ。また、Mastercardのロゴには、箔ロゴが使われており、これも日本では初めてのデザインとなる。

 「ラグジュアリーカード」のラインナップは、「チタンカード」「ブラックカード」「ゴールドカード」の3種類だ。その中でも一番グレードが高いのは、カードの表面を24金でコーティングした「ゴールドカード」となる。

 日本人の感覚では「ゴールドカード < ブラックカード < チタンカード」だが、「ラグジュアリーカード」の場合は、「チタンカード < ブラックカード < ゴールドカード」というグレードの高さになっている。

 「ラグジュアリーカード」は、すでにニュースリリースでスペックが公開されているが、今回は、ニュースリリースで公開されていない仕様について紹介したい。

ラグジュアリーカード(チタン)
還元率 1.0%
「ラグジュアリカード(チタン)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) 1万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 クレカのコンシェルジュをさらに便利に使う方法!「エポス」や「ダイナース」のプラチナカードなら、メールでもコンシェルジュデスクに問い合わせ可能!
「ラグジュアリカード(チタン)」の公式サイトはこちら
ラグジュアリーカード(ブラック)
還元率 1.25%
「ラグジュアリカード(ブラック)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 10万円
家族カード(税抜) 2万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード!コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ
◆「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!
「ラグジュアリカード(ブラック)」の公式サイトはこちら
「ラグジュアリーカード」だけの豪華な付帯サービスを体験しよう!
「ラグジュアリーカード(ブラック)」の公式サイトはこちら!

「ラグジュアリーカード」の仕様・その1
利用できるコンシェルジュサービスは?

 ブラックカードやプラチナカードで一番利用が多い特典は、コンシェルジュサービスだろう。コンシェルジュサービスの良し悪しで、プラチナカードやブラックカードの使い勝手が大きく違ってくる。
(※関連記事はこちら!⇒プラチナカードのコンシェルジュの実力は? JCB「ザ・クラス」では大相撲千秋楽やJRのチケットも手数料無料で手配できる!

 「ラグジュアリーカード」のコンシェルジュサービスは、Mastercardのコンシェルジュデスクを利用するのではなく、アメリカの「ラグジュアリーカード」と同様に、独自(外注と言えば外注ではあるが)のコンシェルジュデスクを用意している。日本国内で、24時間365日サービスを提供するようだ。

「ラグジュアリーカード」の仕様・その2
家族カードの年会費は?

 ブラックカードやプラチナカードの家族カードは、年会費無料の場合が多い。しかし、「ラグジュアリーカード」は金属製カードということもあり、家族カードも年会費が高額になっている。「ラグジュアリーカード」のゴールドカードの家族カード年会費は5万円(税抜)で、グレードが一番低いチタンカードでも1万5000円(税抜)だ。
(※関連記事はこちら!⇒クレカの家族カードのメリットや発行条件を解説!家族が使った分のポイントまで合算できる上に、旅行保険やラウンジなどの特典も家族で利用可能!

「ラグジュアリーカード」の仕様・その3
ポイントプログラムは?

【※編集部 追記】
2019年4月1日より「ラグジュアリーカード」のポイントプログラムが改善されました。複雑だった「海外利用特典」や「ボーナスポイント制度」が廃止され、国内・海外利用ともに「チタン」は還元率1.0%、「ブラック」は還元率1.25%、「ゴールド」は還元率1.5%に大幅アップし、これまで以上にお得なクレジットカードとして生まれ変わりました。

 「ラグジュアリーカード」の利用で貯まるポイント名は、ラグジュアリーカードポイントで、1000円につき2ポイント貯まる。1ポイント=5円相当なので、還元率は0.5%だ。

 「ラグジュアリーカード」にはボーナスポイントの制度があり、前年度の利用金額に応じて、通常獲得ポイントの最大2倍のポイントが別途付与される。通常獲得ポイントの2倍のボーナスポイントを獲得できるのはゴールドカードだけで、年間利用額が200万円以上の場合に、2倍分のポイントが一気に付与される仕組みとなる。

 例えば、4月から翌3月までに、ゴールドカードの合計利用額が200万円を超えた場合、通常ポイントは毎月貯まり、翌4月以降に2倍分のポイントが一気に付与される。

 ラグジュアリーカードポイントは、ANAとJALのそれぞれのマイルに交換できる。ラグジュアリーカードポイントをマイルに交換する場合、交換手数料はかからず、交換上限もない。ただし、1ポイント=3マイルでの交換となるため、交換レートはそれほど高くはない。

「ラグジュアリーカード」の仕様・その4
付帯する会員ステータスは?

 「ラグジュアリーカード」の特典の中でも面白いのは、ハワイアン航空のエリート会員資格が付帯することだ。同特典はブラックカード以上に付帯し、ブラックカードの場合は「Pualani Gold」、ゴールドカードの場合は「Pualani Platinum」の会員資格がそれぞれ付帯する。

 ハワイアン航空はANAと提携をしている。ただし、ハワイ諸島のみでの提携となっているため「羽田⇔ホノルル」や「成田⇔ホノルル」などのフライトでは、ANAマイルを貯めることはできない。

 また、「ラグジュアリーカード」は、アメリカのレンタカー会社「National Car Rental」の「エメラルドクラブ エグゼクティブステータス」が付帯し、車種のアップグレードなどの特典が利用できる。

 そのほかにも、新生銀行ステップアッププログラムの「プラチナステータス」やザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドの「リーダーズ会員」が付帯する。

新生銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日、何回でも無料  同行あて:無料
 他行あて:
月1~10回無料
 以降97~285円
(※)
【新生銀行のメリット】
提携コンビニATMの出金手数料が、24時間365日、いつでも何回でも無料! 他行への振込手数料も最大で月10回まで無料(「新生プラチナ」の場合)と割安。短期間で利息がつく「2週間満期預金」で、すぐに使う予定のない普通預金のお金をかしこく運用できる。
 ※「新生ステップアッププログラム」のステージによって、無料振り込みの回数および振込手数料は異なります。
新生銀行の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒【新生銀行の金利・手数料・メリットは?】コンビニATMの出金手数料がいつでも何回でも無料!ステージによっては振込手数料も月10回まで0円に

「ラグジュアリーカード」の仕様・その5
利用できるレストラン特典は?

 「ラグジュアリーカード」のブラックカードとゴールドカードでは、予約が取りにくいレストランでも予約できる「ラグジュアリーテーブル」というレストラン特典を利用できる。

 ラグジュアリーテーブルで予約したレストランを利用する際、台数に限りはあるが、往路または復路にリムジンが利用できる特典も用意されているとのこと。ただし、リムジンの特典を利用できるのも、ブラックカードとゴールドカードのみとなっている。ちなみに、ブラックカードよりもゴールドカードのほうが、利用できるリムジンの車種が良いとのことだ。

 また、コース料理が通常よりもランクアップするダイニング特典も用意されている。もちろん、Mastercardの「Taste of Premium」が利用できるため、2名以上のコース料理予約で1名が無料となるサービス「招待日和」も利用可能だ。
(※関連記事はこちら!⇒ダイナースクラブカードやプラチナカードに付帯の「高級レストランの料理が1人分無料」になるという「レストラン特典」を実際に体験してみると……

ラグジュアリーカード(ブラック)
還元率 1.25%
「ラグジュアリカード(ブラック)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 10万円
家族カード(税抜) 2万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード!コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ
◆「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!
「ラグジュアリカード(ブラック)」の公式サイトはこちら
「ラグジュアリーカード」だけの豪華な付帯サービスを体験しよう!
「ラグジュアリーカード(ブラック)」の公式サイトはこちら!

「ラグジュアリーカード」の仕様・その6
ホテルや旅館で利用できる特典は?

 「ラグジュアリーカード」は、VIPホテル&トラベルプログラムが用意されており、世界中の3000軒を越す高級宿泊施設で、部屋のアップグレード特典などを利用できる。

 また、前述したように「ラグジュアリーカード」には、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドの「リーダーズ会員」が付帯するため、対象ホテルでは、部屋のアップグレードやウェルカムフルーツ、レイトチェックアウトなどの特典を利用可能だ。
(※関連記事はこちら!⇒「一休.com」の上級会員が使えるホテル特典を解説! 部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなど、お得で便利なサービスを無料で利用できる!

「ラグジュアリーカード」の仕様・その7
利用できる空港ラウンジ特典は?

 「ラグジュアリーカード」には、国際線の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが付帯する。会員ステータスは最高ランクの「プレステージ」だが、同伴者も空港ラウンジを利用する場合は、同伴者1名につき32米ドルかかる。ブラックカードやプラチナカードでは、同伴者が数名まで無料となるカードが多いため、「ラグジュアリーカード」のプライオリティ・パス特典は使い勝手が微妙だ。
(※関連記事はこちら!⇒「プライオリティ・パス」をもっとも安く入手できるクレジットカードは「楽天プレミアムカード」か? 空港ラウンジを無制限で利用できるお得なカード比較

 また、2016年11月には、ニューヨークに「ラグジュアリー・ラウンジ」を新設しており、今後は世界各都市にも展開する予定となっている。

「ラグジュアリーカード」の仕様・その8
「World Elite」の特典は?

「ラグジュアリーカード」のチタンカード、ブラックカード、ゴールドカード上から、チタンカード、ブラックカード、ゴールドカード。

 日本では、Mastercardの会員ランク「World」のクレジットカードとして「SBIワールドカード」「ポルシェカード」「TRUST CLUB ワールドカード」のそれぞれがすでに発行されている。

 しかし、「ラグジュアリーカード」は、チタンカード、ブラックカード、ゴールドカードのそれぞれが、「World」よりもランクが高い「World Elite」のクレジットカードとなる。カードの裏面を確認すると、「ラグジュアリーカード」の中で一番グレードが低いチタンカードでも「World Elite」の表記を確認できる。

 では、「World Elite」のクレジットカードには、どのような特典が付帯するのだろうか? MastercardのWebサイトを確認すると「World Elite」 のページが新しく準備されていた。しかし、用意されているコンテンツは「World」と同じだ。

 現時点では、「World Elite」としての特典は決まっておらず、2017年以降の提供となるとのことだ。

 「ラグジュアリーカード」の詳細をまとめると、下記の通り。

■「ラグジュアリーカード」のスペック
  ゴールドカード ブラックカード チタンカード
年会費(税抜 本会員 20万円 10万円 5万円
家族会員 5万円 2万5000円 1万5000円
ポイントプログラム ラグジュアリーカードポイント
ポイント付与率 1000円につき1ポイント
1ポイントの価値 5円相当
マイル交換レート 1ポイント=3マイル(JALとANAそれぞれ)
ボーナスポイント 前年度200万円の利用で
200%のポイントを
別途獲得
前年度150万円の利用で
100%のポイントを
別途獲得
前年度100万円の利用で
50%のポイントを
別途獲得
ハワイアン航空
会員ステータス
Pualani Platinum Pualani Gold HawaiianMiles
(一般会員)
プライオリティパス プレステージ会員(同伴者1名につき32米ドル)
National Car Rental エメラルドクラブ エグゼクティブステータス
新生銀行ステップアップ
プログラム
プラチナステータス
ザ・リーディングホテルズ・
オブ・ザ・ワールド
リーダーズクラブ会員

 「ラグジュアリーカード」は、チタンカードとブラックカードならば、それぞれ誰でも申し込み可能だが、ゴールドカードのみインビテーションでの入会となる。

 筆者も「ラグジュアリーカード」のどれかのカードを申し込み、実際にコンシェルジュサービスの使い勝手などをレポートする予定だ。
(※関連記事はこちら!⇒本物の純金を使った「ゴールドカード」をゲット!金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」のゴールドカードは年会費20万円にふさわしい豪華仕様

 以上、今回は、金属製のクレジットカード「ラグジュアリーカード」のポイントプログラムや付帯する特典などについて解説した。
【※ラグジュアリーカードの最新の関連記事はこちら!】
「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード! コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ

【※編集部 追記】
2019年4月1日より「ラグジュアリーカード」のポイントプログラムが改善されました。複雑だった「海外利用特典」や「ボーナスポイント制度」が廃止され、国内・海外利用ともに「チタン」は還元率1.0%、「ブラック」は還元率1.25%、「ゴールド」は還元率1.5%に大幅アップし、これまで以上にお得なクレジットカードとして生まれ変わりました。
ラグジュアリーカード(チタン)
還元率 1.0%
「ラグジュアリカード(チタン)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) 1万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 クレカのコンシェルジュをさらに便利に使う方法!「エポス」や「ダイナース」のプラチナカードなら、メールでもコンシェルジュデスクに問い合わせ可能!
「ラグジュアリカード(チタン)」の公式サイトはこちら
ラグジュアリーカード(ブラック)
還元率 1.25%
「ラグジュアリカード(ブラック)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 10万円
家族カード(税抜) 2万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「ラグジュアリーカード」は、日本で最高峰レベルの特典&年会費を誇る富裕層向けクレジットカード!コスパの高さでは年会費5万円の「チタン」がおすすめ
◆「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!
「ラグジュアリカード(ブラック)」の公式サイトはこちら
「ラグジュアリーカード」だけの豪華な付帯サービスを体験しよう!
「ラグジュアリーカード(ブラック)」の公式サイトはこちら!

■おすすめのプラチナカードはコチラ!
【プラチナカードおすすめ比較】プラチナカードを比較して選ぶ!お得な「おすすめプラチナカード」はコレだ!