クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2018年4月8日 ポイ探ニュース

プラチナカードの中でも、年会費2万円と格安な
「Orico Card THE PLATINUM」の魅力を解説!
ポイントが貯まりやすいうえに、お得な特典も付帯!

 先日、「楽天ブラックカード」の国際ブランドを「Mastercard」から「JCB」に切り替えたのだが、それと同時に「Orico Card THE PLATINUM」に申し込んだ。
(※関連記事はこちら!⇒「楽天ブラックカード」の国際ブランドは、JCBとMasterのどちらを選ぶべき?コンシェルジュデスクや手荷物宅配サービスなど、付帯特典を比較して検証!

Orico Card THE PLATINUM
還元率 1.0~3.5%
「Orico Card THE PLATINUM」のカードフェイス
発行元 オリコカード
国際ブランド Master
年会費(税抜) 1万8519円(税込2万円)
家族カード あり(3人まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、
iD、QUICPay、au WALLET
関連記事 「Orico Card THE PLATINUM」は割安な年会費、高還元率+付帯サービスも充実のプラチナカード!使い方次第で「Orico Card THE POINT」より得!?
「Orico Card THE PLATINUM」の公式サイトはこちら

 なぜ、「Orico Card THE PLATINUM」に申し込んだのかというと、筆者は、本コラムで紹介するクレジットカードは、プラチナカードやブラックカードでも、基本的には自身で保有して、実際に使ってみてからレポートすることにしているからだ。

 しかし、今回、「楽天ブラックカード」の国際ブランドをMastercardからJCBに切り替えたことで、「楽天ブラックカード(Mastercard)」の付帯特典である「Mastercardコンシェルジュデスク」が使えなくなってしまった。

 現状、「Mastercardコンシェルジュデスク」の使い勝手は悪い。そのため、国際ブランドをMastercardからJCBに変更をしたのだが、今後、「Mastercardコンシェルジュデスク」が使いやすくなる可能性もある。しかし、「楽天ブラックカード(Mastercard)」を解約してしまったため、今後、「Mastercardコンシェルジュ」を実際に使っての検証ができなくなってしまった。
(※関連記事はこちら!⇒クレジットカードのコンシェルジュのレベルを調査!「アメックス・プラチナ」や「MasterCard」などのコンシェルジュで新幹線のチケットを頼んだ結果は?

 そこで申し込んだのが、「Orico Card THE PLATINUM」だ。「Orico Card THE PLATINUM」の国際ブランドはMastercardのみで、コンシェルジュデスクも「Mastercardコンシェルジュデスク」となる。したがって、今後、「Mastercardコンシェルジュデスク」の使い勝手が向上したら、「Orico Card THE PLATINUM」のコンシェルジュデスクを使って検証してみればいいというわけだ。

「Orico Card THE PLATINUM」は、空港ラウンジを使える
「ラウンジ・キー」が付帯する貴重なクレジットカード!

 これだけだと、「『楽天ブラックカード』の国際ブランドを変更しなければよかったのでは?」という話になってしまう。

 しかし、「Orico Card THE PLATINUM」に申し込んだ理由は他にもある。それは、国際線の空港ラウンジを使える「ラウンジ・キー」が付帯することだ。

 国際線の空港ラウンジを使えるプラチナカード特典と言えば、「プライオリティ・パス」が一般的だろう。この「プライオリティ・パス」と同様の特典が、「ラウンジ・キー」だ。
(※関連記事はこちら!⇒「プライオリティ・パス」をもっとも安く入手できるクレジットカードは「楽天プレミアムカード」か?空港ラウンジを無制限で利用できるお得なカード比較

 「楽天ブラックカード」の場合は「プライオリティ・パス」が付帯するが、「Orico Card THE PLATINUM」の場合は「ラウンジ・キー(LoungeKey)」が付帯する。ちなみに、現在、「ラウンジ・キー」を利用できるクレジットカードは、「Orico Card THE PLATINUM」と「ジャックスカードプラチナ」のみとなっている(「SBIプラチナカード」と「SBIワールドカード」でも利用できたが、すでに発行が終了している)。

 この「ラウンジ・キー」の登録方法や使い勝手を紹介するには、「ラウンジ・キー」が使えるクレジットカードを保有しなければならない。そこで、「Orico Card THE PLATINUM」を保有して、いつでも「Mastercardコンシェルジュデスク」と「ラウンジ・キー」のそれぞれを使えるようにしたのだ。

Orico Card THE PLATINUM
還元率 1.0~3.5%
「Orico Card THE PLATINUM」のカードフェイス
発行元 オリコカード
国際ブランド Master
年会費(税抜) 1万8519円(税込2万円)
家族カード あり(3人まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、
iD、QUICPay、au WALLET
関連記事 「Orico Card THE PLATINUM」は割安な年会費、高還元率+付帯サービスも充実のプラチナカード!使い方次第で「Orico Card THE POINT」より得!?
「Orico Card THE PLATINUM」の公式サイトはこちら

「Orico Card THE PLATINUM」なら、
誕生月の利用で+1.0%も還元率アップ!

 さて、「Orico Card THE PLATINUM」の付帯特典は軽く紹介したが、もう少し詳しく解説していこう。
(※関連記事はこちら!⇒「Orico Card THE PLATINUM」は割安な年会費、高還元率+付帯サービスも充実のプラチナカード!使い方次第で「Orico Card THE POINT」より得!?

 「Orico Card THE PLATINUM」は、通常還元率1%のクレジットカード。さらに、ポイントサイト「オリコモール」を経由して買い物した場合は、+1%分のポイントが加算される。もちろん、オリコモールのポイントも別途で獲得可能だ。なお、これらの還元率は、年会費無料の「Orico Card THE POINT」と同じとなっている。

【「Orico Card THE POINT」は、2020年の最優秀“年会費無料カード”!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!【年会費無料カード部門】

 また、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」と「Orico Card THE PLATINUM」の場合は、電子マネーの「iD」や「QUICPay」の利用で+0.5%分のポイントが貯まり、「Orico Card THE PLATINUM」と「Orico Card THE WORLD」の場合は、海外利用分はポイントが加算される。そして、「Orico Card THE PLATINUM」だけ、誕生月の利用分は+1%分のポイントが加算される特典が用意されている。
(※関連記事はこちら!⇒Orico Card THE POINTのゴールド&プラチナは、Apple Payで利用すると1.5%還元の最強カード!さらに「Amazon」や「楽天市場」でもお得!

 それぞれの「Orico Card」の特典をまとめると、下記の通りだ。

■それぞれの「Orico Card」の特典を比較!
  Orico Card
THE POINT
Orico Card
THE POINT PREMIUM GOLD
Orico Card
THE WORLD
Orico Card
THE PLATINUM
年会費(税込) 無料 1950円 9800円 2万円
基本ポイント  1.0%
入会6ヶ月間  +1.0%
オリコモール利用の上乗せ +0.5% +1.0% +0.5% +1.0%
iD・QUICPay利用の上乗せ +0.5% +0.5%
海外利用の上乗せ +1.0% +0.5%
誕生日月の上乗せ +1.0%
国際ブランド Master
JCB 
Master
JCB 
Master Master

「Orico Card THE PLATINUM」なら、レストラン特典や
手荷物無料宅配サービスなど、お得な特典を利用できる!

 次に、ポイント加算以外の付帯特典を見てみよう。「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」の場合は、チケットや宿泊施設、レストランなどの割引特典を使える福利厚生サービス「Orico Club Off」を利用できるが、「Orico Card THE PLATINUM」の場合は、さらにグレードの高い「Orico Club Off VIP」を利用できる。

 実際に「Orico Club Off」にログインしてみると、上記画像の通り、会員種別が「VIP会員」となっていた。「Orico Club Off」のVIP会員になると、一部の優待割引をさらにお得なVIP会員料金で利用できる。通常なら、VIP会員は月額500円(税抜)かかるサービスなのだが、「Orico Card THE PLATINUM」を保有すれば無料になる。つまり、もともと「Orico Card THE PLATINUM」の年会費に、VIP会員の利用料金が含まれているというわけだ。

 さらに、「Orico Card THE PLATINUM」には、「国際線手荷物宅配サービス」が付帯する。このサービスを利用すると、海外旅行の出国・帰国時に、スーツケースなどの手荷物を2個まで「空港⇔自宅」に無料で配送してもらえる
(※関連記事はこちら!⇒「国際線手荷物無料宅配サービス」が付帯しているクレジットカードで、海外旅行の道中を楽ちんに!手ぶらで海外旅行に行けるカードの特典の利用法!

 このほかにも、「Orico Card THE PLATINUM」なら、対象レストランのコース料理を2名以上で予約すると、1名分が無料になる「Taste of Premium ダイニング by 招待日和」も利用可能だ。
(※関連記事はこちら!⇒ダイナースクラブカードやプラチナカードに付帯の「高級レストランの料理が1人分無料」になるという「レストラン特典」を実際に体験してみると……

 最後に、「Orico Card THE PLATINUM」の年会費は、“税込価格”で2万円という点にも触れておきたい。一般的なクレジットカードの年会費は“税抜価格”となっているため、年会費2万円(税抜)のクレジットカードの場合は、消費税8%だと2万1600円、消費税10%だと2万2000円と、約2000円の差が出る。2000円分をポイントや付帯特典で回収するのはなかなか大変なので、税込で年会費2万円というのは、「Orico Card THE PLATINUM」のメリットと言える。

 以上、今回は、「Orico Card THE PLATINUM」の付帯特典について解説した。

Orico Card THE PLATINUM
還元率 1.0~3.5%
「Orico Card THE PLATINUM」のカードフェイス
発行元 オリコカード
国際ブランド Master
年会費(税抜) 1万8519円(税込2万円)
家族カード あり(3人まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、
iD、QUICPay、au WALLET
関連記事 「Orico Card THE PLATINUM」は割安な年会費、高還元率+付帯サービスも充実のプラチナカード!使い方次第で「Orico Card THE POINT」より得!?
「Orico Card THE PLATINUM」の公式サイトはこちら
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
 (オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)
還元率 1.0~2.5%
「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」のカードフェイス
発行元 オリコカード
国際ブランド Master、JCB
年会費 1806円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、
iD、QUICPay、au WALLET
「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」の公式サイトはこちら