クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2018年3月23日 ポイ探ニュース

「ゴルフ保険」が付帯するクレジットカードを比較!
ホールインワン保険も付帯する「JCBザ・クラス」や
「アメックス・プラチナ」を保有するのがおすすめ!

ゴルフ保険

 筆者はゴルフをしないので、プラチナカードやブラックカードに付帯する「お得に名門ゴルフ場を利用できる特典」を使う機会がない。機会があればゴルフを始めてみたいと思うが、名門ゴルフ場でプレイする記事を書くまでには、かなり長い道のりとなるだろう。
(※関連記事はこちら!⇒アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!?日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?

 とはいえ、ゴルフをプレイする人なら、クレジットカードに付帯する「ゴルフ関連の特典」を詳しく知りたいだろう。そこで今回は、クレジットカードに自動付帯する「ゴルフ保険」について解説しよう。

「ゴルフ保険」に加入しておけば、
ホールインワンなどを達成したときの「お祝い費用」も補償してくれる!

 「ゴルフ保険」とは、プレイ中のケガなどを補償する保険のこと。そして、一般的な保険と大きく異なる点は、ホールインワンやアルバトロスの保険も付帯することだろう。

 ホールインワンやアルバトロスを達成すると、達成者がパーティーを開くのが慣習となっているそうだ。正直、ゴルフをやらない筆者にとしては、なぜ、達成者がパーティーを開くのかわからないが、どうやら、同伴者や仲間などと一緒に祝ったり、記念品を作ったりしなければならないらしい。このパーティーなどでかかった費用を補償してくれる「ゴルフ保険」もあるのだ。

ゴルフ特化型のクレジットカードなら、
「ゴルフ保険」が自動付帯する!

 ゴルフに特化したクレジットカードは、やはり「ゴルフ保険」が自動付帯する場合が多い。ただし、そのようなゴルフ特化型クレジットカードは、通常のクレジットカードよりも、年会費は高い。

 特に、「GDO MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」や「CLUB ALBA A’s GOLD CARD」は、「ホールインワン保険」なども付帯するが、年会費は2万円以上と高額だ。

 主な「ゴルフ特化型クレジットカード」の年会費や補償内容は下記の通り。

「JCBザ・クラス」や「アメックス・プラチナ・カード」などの
ゴールドカードやプラチナカードなら、「ゴルフ保険」が自動付帯!

 ゴルフとは無関係のクレジットカードでも、「ゴルフ保険」が自動付帯するカードもある。

 例えば、「JALカード CLUB-Aゴールドカード」「JALダイナースカード」「JALカード プラチナ」の場合は、「ゴルフ保険」が自動付帯する。ただし、ゴルフ用品の損害、ホールインワン・アルバトロスは補償の対象外なので注意しよう。

 また、「ダイナースクラブ ビジネスカード」も「ゴルフ保険」が自動付帯する。このあたりのクレジットカードは、「そのクレジットカードの対象者層」が「ゴルフをプレイする層」と重なっているため、「ゴルフ保険」を付けているということだろう。

 また、プラチナカードも、「ゴルフ保険」が自動付帯するクレジットカードが多い。例えば、「JCBザ・クラス」「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」「ダイナースクラブ プレミアムカード」は、ホールインワン保険なども含んだ「ゴルフ保険」が付帯する。なお、そのほかの年会費が安いプラチナカードの場合は、「ゴルフ保険」が自動付帯しない。

◆「JCBザ・クラス」は招待制! まずは「JCBプラチナ」に入会しよう!
JCBプラチナ
還元率 0.5~2.5%
「JCBプラチナ」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 2万5000円
家族カード(税抜) あり(1人は年会費無料、2人目から年会費3000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
関連記事 JCBプラチナは招待不要の申込制プラチナカードで、JCBの最高峰「ザ・クラス」を目指す最短ルートに!USJのラウンジ利用や充実の旅行保険も大きな魅力!
「JCBプラチナ」の公式サイトはこちら
◆「ダイナース プレミアムカード」は招待制! まずは「ダイナースクラブカード」に入会しよう!
ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円(「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
家族カード(税抜) あり(年会費5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
関連記事 ダイナースクラブカードやプラチナカードに付帯の「高級レストランの料理が1人分無料」になるという「レストラン特典」を実際に体験してみると……
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら

 中でも、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」は、入院・通院のほか、ホールインワン・アルバトロス費用など、補償の手厚さが群を抜いている

 「ゴルフ保険」が自動付帯するクレジットカードの年会費や補償内容は、下記の通りだ。

 ホールインワンやアルバトロスが、どれくらいの確率で起こるのかわからないが、ゴルフ用品の損害などは利用価値が高いのではないだろうか。また、ゴルフは、スキーやスノーボード、自転車などに比べると、他人をケガさせる可能性が低いスポーツだと思うが、個人賠償責任も自動的に付帯しているというのは安心できるだろう。

 もちろん、前回の記事で紹介した「スキー保険」と同様に、クレジットカードを保有すると、別途で加入できるタイプの「ゴルフ保険」もある。そのような保険に加入するなら、ゴルフだけでなく、スキーや自転車などでもカバーできるように設計するといいだろう。

 以上、今回は、「ゴルフ保険」が自動付帯するクレジットカードについて解説した。

◆「JCBザ・クラス」は招待制! まずは「JCBプラチナ」に入会しよう!
JCBプラチナ
還元率 0.5~2.5%
「JCBプラチナ」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 2万5000円
家族カード(税抜) あり(1人は年会費無料、2人目から年会費3000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
関連記事 JCBプラチナは招待不要の申込制プラチナカードで、JCBの最高峰「ザ・クラス」を目指す最短ルートに!USJのラウンジ利用や充実の旅行保険も大きな魅力!
「JCBプラチナ」の公式サイトはこちら
◆「ダイナース プレミアムカード」は招待制! まずは「ダイナースクラブカード」に入会しよう!
ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円(「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
家族カード(税抜) あり(年会費5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
関連記事 ダイナースクラブカードやプラチナカードに付帯の「高級レストランの料理が1人分無料」になるという「レストラン特典」を実際に体験してみると……
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら