クレジットカード比較
2013年3月25日 ザイ・オンライン編集部

Suicaで得する、おすすめのクレジットカードを比較!
日本全国で利用可能になった「Suica」と相性がいい
お得な“Suica系クレジットカード”はどれだ!?

 3月23日から、交通系ICカードの相互利用が開始! そう、JR東日本のSuica(スイカ)を初めとする交通系ICカード10種類のどれかを持っていれば、全国どこの鉄道でも乗ることができるようになった。
 つまりこれまでSuicaが使えなかった方も、これを期にポイントがお得に貯まるSuica機能付きクレジットカードの利用を検討できるようになるというもの。そこで今回は、主要6つのクレジットカードを比較・検証した!

※Suica搭載のビューカードのなかで、おすすめの1枚をクレジットカードの達人・岩田昭男さんが紹介する記事を2015年10月8日に公開!
Suica搭載のクレジットカードでおすすめの1枚は?「ビックカメラSuicaカード」は、実質年会費無料で「ビューカード」でもっとも高い還元率1~1.5%に!
「ビューカード」から待望のゴールドカードが登場!「ビューゴールドプラスカード」のメリットとは?女性ならルミネで得する「ルミネカード」もおすすめ

※年会費が「実質」無料で使える方法なども紹介する「『ビュー・スイカ』カード」を紹介する最新記事を2014年3月6日に公開!
【「ビュー・スイカ」カード】「実質」無料で、「モバイルSuica」年会費も無料!Suicaチャージのほか、乗車券・定期でも1.5%還元!

個性の違う、6枚の
Suica一体型クレジットカードは
生活に適したものをチョイスすべし!

 今回ご紹介するのは、Suica機能と一体になった6枚のクレジットカード。いずれもSuicaとして利用可能でオートチャージ機能付きだが、用途に応じて違いが出ている。

 クレジットカード評論家の岩田昭男氏に、その6種のカードのメリット・デメリットなどを解説していただいた。

家電好き必見!
【ビックカメラSuicaカード】

Suica機能付きクレジットカードでおすすめの「ビックカメラSuicaカード」

 自宅と会社の近くにビックカメラがあり、よく利用するという人なら、「ビックカメラSuicaカード」がオススメ。貯めたビックポイントをSuicaにチャージ出来るという点が、このカードの最大のメリットと言える。

 「ただ、以前は1000円分のビックポイントがそのまま同金額でSuicaにチャージ出来るという高い還元率が注目されましたが、現在は1500円で1000円分に改訂。お得感が減ってしまいました」

 とはいえ、年会費は初年度無料、2年目以降も「年1回」でも利用すれば年会費が無料になる「実質」年会費無料のクレジットカードで、「モバイルSuica」の年会費(税込1030円)も無料になるので、もっともお得な「Suica」系クレジットカードと言えるだろう。

※ビックポイント/1ポイント=1円相当、ビューサンクスポイント/1ポイント=2.5円相当

ビックカメラSuicaカード
還元率  0.5~1.5%
Suica機能付きクレジットカードでおすすめの「ビックカメラSuicaカード」
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降477円
(年一回の利用で次年度無料
家族カード なし
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
ビックカメラSuicaカード公式サイトはこちら!

『お客様感謝デー』などのサービスデーがお得!
【イオンSuicaカード】

 よくイオングループ系列店で買い物をするという方には「イオンSuicaカード」。年会費無料でイオングループの商品と交換出来るイオンときめきポイントが、200円ごとに1ポイント加算されるという。

 「また、ミニストップやファミリーマートで使えるWAONポイントやJALマイレージバンクのマイル、ドコモポイントへの移行も可能。さらに毎月20日と30日に開催される『お客様感謝デー』では、イオングループで利用すると商品が5%オフで買えたり、イオンときめきポイントが2倍になる日などもあって、一般家庭にはかなりお得に使えるでしょう」

※イオンときめきポイント/1ポイント=1円換算

イオンSuicaカード
還元率  0.2~0.5%
Suica機能付きクレジットカードでおすすめの年会費無料でイオングループの商品と交換出来るイオンときめきポイントが、200円ごとに1ポイント加算される「イオンSuicaカード」
発行元  イオンクレジットサービス
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード なし
ポイント付与対象の
 電子マネー
Suica、モバイルSuica、WAON
イオンSuicaカード公式公式サイトはこちら

利用できる店舗数が最多!
【「ビュー・スイカ」カード】

Suica機能付きクレジットカードでおすすめの駅ナカの飲食店はもちろん、その他加盟店でもポイントを貯めることが可能な「『ビュー・スイカ』カード」

 駅ナカの飲食店はもちろん、その他加盟店でもポイントを貯めることが可能。さらに利用額に応じてボーナスポイントも溜まるのだ。ショッピングや食事、公共料金などのお支払いで年間30万円以上支払えば、最大で1750円相当のビューサンクスポイント700ポイントも加算される「『ビュー・スイカ』カード」。

 「このカードを発行している(株)ビューカードは、元々JR東日本の一事業部なので、利用出来る店舗が多いのが魅力です。現在、JR東日本のみどりの窓口で定期券や切符など1000円ごとの買い物につき、ビューサンクスポイントが6ポイント加算されるのも魅力。相互利用が始まれば、全国のみどりの窓口で加算できるようになる可能性が高いと私は見ています。年会費は477円(税抜)かかりますが、Suicaにチャージするだけでボーナスもつきますから、あっという間に500円は取り返せますね」

※ビューサンクスポイント/1ポイント=2.5円相当

「ビュー・スイカ」カード
還元率  0.5~1.5%
Suica機能付きクレジットカードでおすすめの駅ナカの飲食店はもちろん、その他加盟店でもポイントを貯めることが可能な「『ビュー・スイカ』カード」
発行元  ビューカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 477円
家族カード あり(年会費477円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
「ビュー・スイカ」カード公式公式サイトはこちら

※関連記事はコチラ⇒【「ビュー・スイカ」カード】「実質」無料で、「モバイルSuica」年会費も無料!Suicaチャージのほか、乗車券・定期でも1.5%還元!

電車通勤&海外出張が多いビジネスマンに!
【JALカードSuica】

 普段、電車通勤でSuicaを日常的に使い、海外出張でJALをよく利用するというビジネスマンには、JALマイレージバンクもビューサンクスポイントも貯まる「JALカードSuica」がいいだろう。

 「JALカードSuicaは、簡単に言うと『ビュー・スイカ』カードにJALのマイルが加算される機能が付いたカード。JR東日本できっぷ・定期券を購入したり、Suicaへの入金(チャージ)をこのカードで決済すると、1000円ごとにビューサンクスポイント6ポイント加算されるという点は、『ビュー・スイカ』カードと一緒です。その上、View加盟店200円ごとの利用でJALマイレージバンクが1マイルつくというのも特徴ですね。ただ、ビューサンクスポイントが600ポイントで1000マイルに移行出来るのですが、定期券としてSuicaを利用するだけではマイルがつきません。買い物などもこれで済ませないと使い勝手のよさを感じられないかもしれませんね」

※ビューサンクスポイント/1ポイント=2.5円相当、マイル/1マイル=1円相当

JALカードSuica
還元率 0.5~1.5%
(JALカードショッピングマイル・プレ
 ミアム加入時、1マイル=1.5円換算)
Suica機能付きクレジットカードでおすすめの電車通勤&海外出張が多いビジネスマンに!「JALカードSuica」
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(JALカードショッピングマイル・プレ
 ミアム/年間2000円)
家族カード なし
ポイント付与対象の
 電子マネー
Suica、モバイルSuica
JALカードSuicaカード公式公式サイトはこちら

SuicaチャージだけでANAマイルが貯まる!
【ANA VISA Suicaカード】

 「ANA VISA Suicaカード」なら効率よくマイルも貯められてお得。ただしマイルへ移行するコースが通常5マイルコースと、移行手数料として6000円(税抜)かかる10マイルコースの2つに別れているのが気になるところ。

 「やはり手数料を取られるのが嫌という人は、5マイルコースにする方がいいでしょう。このカードのメリットはSuicaにチャージするだけでマイルが貯まるという点ですね。さらに、ANAの飛行機に搭乗すると25%のボーナスマイルもつきます。ですから飛行機ではANA、電車ではJRを多く利用するという方は、こちらのカードを利用するのがいいでしょう。しかし100円=1マイルという高い還元率も魅力的ですが、家族のマイルも加算出来る、いわゆる家族カードは発行されていないので、単身者向きと言えるでしょうね」

※マイル/1マイル=1円相当

ANA VISA Suicaカード
還元率 1.5%
(10マイルコース加入時、
  1マイル=1.5円換算)
SuicaチャージだけでANAマイルが貯まる!Suica機能付きクレジットカードでおすすめの「ANA VISA Suicaカード」
発行元 三井住友VISAカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(10マイルコース/年間6000円、
  最大1250円の割引制度あり)
家族カード なし
ポイント付与対象の
 電子マネー
Suica、モバイルSuica
ANA VISA Suicaカード公式公式サイトはこちら

“Suica系クレジットカード”で賢く得をするには、岩田氏の指南通り自分のライフスタイルと照らし合わせて、どれが最も適したカードかを考えることが重要になってきそうだ。

■ザイ・オンライン編集部おすすめ!「Suica」で得するクレジットカード一覧
カード名 年会費(税抜) 還元率 ポイントを「Suica」に
チャージする方法
ビックカメラSuicaカード 初年度無料、
2年目以降477円
(ただし、年1回の
利用で次年度無料
1.0~1.5%
(Suicaチャージ分は
還元率1.5%
ビューサンクスポイント
400ポイントから交換可能
(400ポイント=1000円分)
「ビュー・スイカ」カード 477円 0.5~1.5%
(Suicaチャージ分は
還元率1.5%
ビューサンクスポイント
400ポイントから交換可能
(400ポイント=1000円分)
イオンSuicaカード 永年無料 0.2~0.5%
(Suicaチャージ分は
還元率0.25%)
Suicaポイントクラブ登録後、
Suicaポイント100ポイントから
交換可能(100ポイント=100円分)
JALカードSuica 初年度無料、
2年目以降2000円
(JALカードショッピング
マイル・プレミアムは
別途年2000円)
0.5~1.5%
(Suicaチャージ分は
還元率1.5%)
Suicaポイントクラブ登録後、
Suicaポイント100ポイントから
交換可能(100ポイント=100円分)
ANA VISA Suicaカード 初年度無料、
2年目以降2000円
(10マイルコースは
別途年6000円)
0.5~1.5%
(Suicaチャージ分は
還元率1.5%)
Suicaポイントクラブ登録後、
Suicaポイント100ポイントから
交換可能(100ポイント=100円分)

 (取材・文/昌谷大介、照井琢磨・A4studio)

ビックカメラSuicaカード
還元率  0.5~1.5%
ビックカメラSuicaカード詳細はこちら
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降477円
(年一回の利用で次年度無料
家族カード なし
ポイント付与対象の
 電子マネー
Suica、モバイルSuica
ビックカメラSuicaカード公式サイトはこちら

◆クレジットカードのおすすめ情報&高還元でお得なおすすめカード情報が満載!
クレジットカードおすすめ比較(http://diamond.jp/category/z-creditcard)