チャートで探せ!上がる株
【第34回】 2013年4月30日 ザイ・オンライン編集部

無敵に思えるボリンジャーバンドにも弱点が! ディー・エヌ・エー(2432)で調べてみっか!の巻

MACDなどのオシレーター系指標との併せワザが効果的なのだ!

ボリンジャーの弱点をMACDがカバーしてくれる!

 愚かモノさんの場合はその性格が株式投資をやるうえで致命的だと思いますが、ボリンジャーバンドの弱点はカンタンに克服できるんですよ! オシレーター系指標と併用すれば、それぞれのよさを生かして確度の高い判断を下せます

 オシレーター系っていうと、ストキャスティクスとかMACDみたいなヤツだね。でも、実際にどーすりゃいいのよ? 手取り足取り教えろー!

 殿様みたいに偉そうですね。じゃあ、今回も実例を見ながら説明しましょう。下のチャートはディー・エヌ・エー2432)の株価の推移を示したもので、あえて今年4月10日までの表示にとどめています。

ディー・エヌ・エー(2432) 2013年1月8日~4月10日・日足 チャート:アイチャート チャート提供:インベストラスト 以下同

 ひゃー、この相場全体の上昇に逆行して見事な下げっぷりじゃん! 陰線がすごく多いなあ。

 ボリンジャーバンドを示したのが下のチャートです。確かに陰線連発で下げ続けてきたものの、次第にボリンジャーバンドの幅が狭くなってきて、そろそろ反発しそうな気配も漂ってきていますよね?

ディー・エヌ・エー(2432) 2013年1月8日~4月10日・日足 ボリンジャーバンドを表示

 まあそう言われれば確かにそうだけど、とはいえ、幅の狭まり方もさほどじゃなさそうだし、まだ反発を狙うのは時期尚早なんじゃねぇーの?

 愚かモノさんの口から四文字熟語が飛び出すとは意外でしたが、確かにそのとおりです。そこで、以前にレクチャーしたMACDも表示してみることにしましょう。

ディー・エヌ・エー(2432) 2013年1月8日~4月10日・日足 ボリンジャーバンド+MACD

 おやや? 4月10日に、緑色のMACD線が赤色のシグナル線を下から上に抜けそうだよね。これって、ゴールデンクロス間近ってこと!?

 おー、そのとおりです。第28回(「MACDは最強のオシレーター系なのか!? 日経平均と新日鉄住金(5401)で確認するぜの巻」)でやりましたよね。よく覚えてましたねえ~。

 当然じゃん!(実はたまたま昔の回を読み返していた)。じゃあさあ、これを見て買っていたら、どうなったの?

 では、4月11日以降の株価の推移も表示してみましょうか。どうです? 見事に大反発してますよね。

ディー・エヌ・エー(2432) 2013年1月7日~4月26日前場・日足 ボリンジャーバンド+MACD

 うひょー、すげー上げっぷりじゃん。4月12日から25日まで陰線が2つしかないし、1σと2σの間でバンドウォークしてる! これって強気のサインだよね?