クレジットカードおすすめ最新ニュース[2022年]
2016年2月22日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

ダイナースクラブカードやANAダイナースカードの
会員だけが読める雑誌「SIGNATURE」の中身とは?
スマホで読めるデジタル版があるのもメリット!

 ゴールドカードやプラチナカードなどを保有していると、毎月無料の情報誌が送られてくる。雑誌は一応有料となっているが、上級カード保有者の場合は無料で送られてくる。そこで、何回かに分けて、それぞれのクレジットカードで送られてくる情報誌の中身を紹介していきたい。

 これまでは、JCBの「THE GOLD」、三菱UFJニコスの「partner」、三井住友カードの「VISA」を紹介してきた。第4回目の今回は、三井トラストクラブ(旧シティカード)の情報誌「SIGNATURE(シグネチャー)」だ。

●上級会員向け情報誌の関連記事

【第1回目】
「ザ・クラス」「JCBゴールド ザ・プレミア」など、「JCBゴールド」以上の会員だけが読める雑誌とは?上級会員向け情報誌「THE GOLD」の中身を紹介!

【第2回目】
「MUFGカード ゴールドプレステージ」など、三菱UFJニコスのゴールドカード以上の会員向け雑誌「partner」は、お得な情報や割引クーポンが満載!

【第3回目】
宝塚歌劇団ファン垂涎のインタビュー記事や市川染五郎など豪華連載陣のエッセイは読み応え十分 三井住友カードの会員向け情報誌「VISA」を解説!

【第5回目】
JAL CLUB-AカードやJALカード プラチナなど、JALカードの上級会員向け情報誌「アゴラ」を紹介!航空会社ならではの充実した旅行関連記事が魅力!

「ダイナースクラブカード」の提携カードでも、
「SIGNATURE」が無料で送付される!

 「SIGNATURE」は、毎月1回発行され、1冊381円(税抜)だが、「ダイナースクラブカード」の会員であれば、どのクレジットカードを保有している場合でも、無料で送付される。例えば、「ANAダイナースカード」や「JALダイナースカード」などの提携カードを保有している人でも、「SIGNATURE」が送られてくる。
(関連記事⇒「ダイナースクラブカード」でもっとも得なのは、コスパ抜群の「銀座ダイナースクラブカード」!高還元+サービス充実で、年会費2万円超の価値あり

 基本的に、「ダイナースクラブカード」は、提携カードでも基本機能が省かれることはない。「ダイナースクラブカード」で利用できる特典は、提携カードでも利用可能となっているため、「SIGNATURE」も送付される。

 ただし、「ダイナースクラブカード」の提携カードの中でも、「ANAダイナースカード」や「JALダイナースカード」などのマイルカードは、ダイナースグローバルマイレージという特典が利用できない。ダイナースグローバルマイレージとは、貯まったポイントを様々なマイルに交換できるサービスなのだが、マイルカードの場合は、特定の航空会社のマイルにしか交換できない。

 ちなみに、「TRUST CLUB プラチナ Visaカード」の保有者向けの情報誌は、「VOLARE」となる。

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
おすすめクレジットカード!ダイナースクラブカード
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円、税抜)
家族カード あり(年会費5000円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら
ANAダイナースカード
還元率 1.5%+α
 ※ 1マイル=1.5円換算時
おすすめクレジットカード!ANAダイナースカード
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万7000円
家族カード あり(年6000円、税抜)
おすすめポイント 「Edy」へのチャージ200円につき1マイル獲得。国内外のクラブラウンジが無料で利用可能など、充実の付帯サービスが魅力!
ANAダイナースカード公式サイトはこちら

「SIGNATURE」には、ファッションや時計、
ワインなどを紹介する記事が多数

 「SIGNATURE」には毎号、特集記事があり、2015年12月号はイタリア、2016年1・2月号はブラジルの特集となっている。全体的には、ファッションや時計、ワイン関連の記事が多くなっている。読み物というよりは、パラパラと新商品を眺めるというような構成だ。

 「SIGNATURE」には、その他に旅行情報やキャンペーン情報、通販などのページがあり、全体で100ページ程度となっている。

「SIGNATURE」のデジタル版は、
スマートフォンなどでも読めるのが便利!

 「SIGNATURE」の特徴は、なんといっても、2014年に開始したデジタル版があることだろう。パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末でも読めるように最適化されており、デジタル版向けのコンテンツも用意されている。どこでも読めるというところが、他社の情報誌との大きな違いだろう。

 また、会員は、クレジットカード番号の最初の6桁、クレジットカード裏面のカードデスク番号の下4桁で認証することで、それぞれのクレジットカードにあった記事を読むことが可能だ。

 今後、他のクレジットカード会社の情報誌も「SIGNATURE」のようにデジタル媒体で見られるようになることが考えられ、さらに進めば、デジタル媒体のみになって、紙媒体がなくなる可能性もあるだろう。

 以上、今回は、「ダイナースクラブカード」の会員向け情報誌「SIGNATURE」を紹介した。

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
おすすめクレジットカード!ダイナースクラブカード
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円、税抜)
家族カード あり(年会費5000円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら
ANAダイナースカード
還元率 1.5%+α
 ※ 1マイル=1.5円換算時
おすすめクレジットカード!ANAダイナースカード
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万7000円
家族カード あり(年6000円、税抜)
おすすめポイント 「Edy」へのチャージ200円につき1マイル獲得。国内外のクラブラウンジが無料で利用可能など、充実の付帯サービスが魅力!
ANAダイナースカード公式サイトはこちら