クレジットカードの達人!ゴールド&プラチナカード比較
【第28回】 2016年7月5日 岩田昭男 [消費生活評論家]

ドコモの「dポイント」はドコモ利用者以外も得する
共通ポイント! ローソンのほか、ネットでもお得な
「dポイント」のメリット・デメリットを詳しく解説


【※2018年5月、「dポイントクラブ」が大幅リニューアル!「dポイントクラブ」の最新の内容は下記の記事を参照してください!】
ドコモの「dポイントクラブ」がリニューアル!クレジットカード「dカード」の保有による優遇やdポイント付与条件など、変更点をまとめて解説!


 今回から2回にわたって、「dポイント」と「dカード」、「dカード GOLD」について解説したいと思います。

「dポイント」は2015年12月に登場した、新しい共通ポイントです。その「dポイント」を効率的に貯められるクレジットカードが、「dカード」と「dカード GOLD」です。クレジットカードに限らず、誰でも無料で作れる「dポイントカード」によっても、「dポイント」を貯めることは可能です。


dカード」や「dカード GOLD」については次回解説するとして、今回はまず、「dポイント」について説明していきましょう。「dポイント」については、最近でもテレビCMが放送されているので、名前を知っている方は多いと思います。

 しかし、「ドコモだから自動的に『dポイント』が貯まっているけど、何に使えばいいかわからない」という人も少なくないでしょうし、「『dポイント』は、ドコモのポイントだから関係ない」と勘違いしているソフトバンクやauのユーザーも多いのではないでしょうか?

 確かに、「dポイント」となる前の名称は「ドコモポイント」で、「ドコモポイント」はドコモユーザーのためのポイントでした。

 しかし、「dポイント」に名称を変更すると同時に、ポイントの中身も大きく変化し、現在の「dポイント」は「Tポイント」や「Ponta」「楽天スーパーポイント」などと同じように、ドコモユーザー以外も得する“共通ポイントサービス”へと進化しているのです。

 そこで、改めて「dポイント」の使い勝手はどうなのか。そもそも、どんな特徴やメリットがあるのかなど、詳しく見ていきましょう。

「dポイント」は「dアカウント」を取得すれば、
ドコモ利用者以外でも貯められる・使える共通ポイント!

 まずは、以下に「dポイント」の主な特徴をまとめてみます。

【dポイントの主な特徴】
①ドコモ回線を所有していない人でも、「dアカウント」を発行すれば、「dポイントクラブ」に加入できる。
 ※2018年5月にリニューアルした「dポイントクラブ」の最新情報はこちら!

 ⇒ドコモの「dポイントクラブ」がリニューアル!クレジットカード「dカード」の保有による優遇やdポイント付与条件など、変更点をまとめて解説!
②ドコモ回線を所有していない人でも、「dカード」「dカード GOLD」「dポイントカード」のいずれかを保有していれば、街中の「dポイント加盟店」やネットの「dケータイ払いプラス加盟店」で、原則1%の還元率で貯められ、使うことも可能。
③「dポイント」が貯まる「dカード」「dカード GOLD」などで決済すると、ローソンで割引が受けられる。
④ドコモユーザーなら、携帯電話料金を支払うだけで自動的に毎月貯まる。
⑤ドコモユーザーなら携帯電話料金の支払いにも「dポイント」を使える。
⑥ドコモユーザーなら「Ponta」や「JALマイル」などと相互交換ができる。


 順に、詳しく解説していきましょう。

 最初に①の「ドコモ回線を所有していない人でも、『dアカウント』を発行すれば『dポイントクラブ』に加入できる」という点。これが従来の「ドコモポイント」とは大きく異なる特徴です。

 ドコモのユーザーであれば、特に断らなければ「dポイント」のポイントプログラムである「dポイントクラブ」に自動加入することになります。なお、「dポイントクラブ」は入会金も年会費も一切発生しません。

 そして、ドコモユーザー以外でも、ドコモのサイト上などから「dアカウント」を発行することで、「dポイントクラブ」への入会が可能です。「dアカウント」とは、ドコモが提供するサービス利用時に必要な共通IDのこと。以前は「docomoID」という名称でしたが、現在はドコモユーザー以外でも保有できる「dアカウント」という名称に変わっています。

「dポイントクラブ」に入会するだけで、飲食店や映画館などでさまざまなサービスが受けられるようになります。


【※2018年5月、「dポイントクラブ」が大幅リニューアル!「dポイントクラブ」の最新の内容は下記の記事を参照してください!】
ドコモの「dポイントクラブ」がリニューアル!クレジットカード「dカード」の保有による優遇やdポイント付与条件など、変更点をまとめて解説!


ローソンなどの加盟店で「dカード」決済を選ぶと
最大で5%分もの還元が受けられる!

 続いて特徴②の「『dカード』『dカード GOLD』『dポイントカード』のいずれかを保有していれば、街中のお店(dポイント加盟店)やネットショッピング(dケータイ払いプラス加盟店)で貯められ、使うこともできる」という点。

 ドコモユーザーなら、クレジットカードなどがなくても携帯料金の支払いで「dポイント」が貯まりますが、街中で貯めたり、ネットショッピングで貯めたりしたい場合には、クレジットカードやポイントカードが必要になります。もちろん、ドコモユーザー以外の人も必要です。

無料で簡単に発行してもらうことができる「dポイントカード」。

 クレジットカードの「dカード」と「dカード GOLD」は、どこで使っても「dポイント」が貯まりますが、誰でも作れるポイントカードである「dポイントカード」は、街中の「dポイント」加盟店でのみ「dポイント」が貯まります。ちなみに、この「dポイントカード」はドコモショップやローソンなどで申し込めば無料で発行してもらえます。

 ただし、「dカード」は初年度年会費が無料で、2年目以降も年1回でも利用すれば次年度の年会費が無料になる「実質」年会費無料のクレジットカードで、「dポイントカード」よりもメリットが多いので、ドコモユーザー以外の人でも「dカード」をつくっておいたほうがお得になるのでおすすめです。

【※編集部 追記】
2019年9月16日以降の申し込み分から、「dカード」の年会費が永年無料になりました。

 気になる街中の「dポイント」の加盟店ですが、現時点では以下のとおりです(※ただし、全店舗が対象ではない場合もあるので、利用したい店舗で使えるかどうかは確認が必要です)。

【dポイントを使ったり貯めたりできる主な街中の店舗】
◆ローソン
◆タワーレコード
◆伊達の牛たん本舗
◆イオンシネマ
◆オリックスレンタカー
◆BLUE SKY(空港内のお土産などを取り扱うショップ)
◆高島屋


 代表的な加盟店であるローソンは、すでに共通ポイントの「Ponta」と提携しています。1回の買い物で「dポイント」と「Ponta」の両方を貯めることはできないので、両方貯めている人はどちらかを選び、レジにてクレジットカードなり、ポイントカードなりを提出します。提携というと仲が良さそうではありますが、「dポイント」と「Ponta」はライバル同士ということになりますね。

 なお、先ほど挙げた「dポイント」の特徴③にあるように、ローソンで「dカード」「dカード GOLD」により決済すると、3%割引になります(この特徴③については、次回詳しく解説します)。

 さらに、「dカード」や「dカード GOLD」を加盟店で使うと、貯まるポイントもアップします。仮に、ローソンでの買い物時に「dカード」を使ったとすると、3%割引になった上に、通常の還元率1%に加えて、加盟店ポイントがさらに1%加わるため、合計すると5%分も得できます(「dカード」の加盟店ポイントについては、次回ご紹介します)。

2016年4月より、dポイント加盟店に高島屋が追加
7月末までポイントアップキャンペーンも実施中

 また、2016年4月には、百貨店大手の高島屋が「dポイント」と提携しています。百貨店といえば、先だって三越伊勢丹グループ(三越・伊勢丹・岩田屋・丸井今井・JR 京都伊勢丹)が「Tポイント」と提携。2016年5月25日より、店頭で「Tカード」を提示のうえ、現金もしくは各種クレジットカード(エムアイカードを除く)で決済すると、200円(税抜)につき1ポイント貯まるようになったばかりです。

 三越伊勢丹グループばかりでなく、やはり大手百貨店である大丸も、共通ポイントの「楽天スーパーポイント」と提携し、大丸での買い物で楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりできるようになっています。

 高島屋も、こうした業界の動きを受けて、「dポイント」との提携に踏み切ったのでしょう。ちなみに、現在高島屋では「dカード」などで決済すると、通常よりポイントが多く還元されるキャンペーンを実施中(2016年7月末まで)。高島屋をよく利用する人はチェックしてみてください。

高島屋では、2016年7月末までの限定で、ポイントアップキャンペーンを実施。「DCMX」での決済も対象となっている。
拡大画像表示

 ただ、どんどん増加しているとはいえ、街中の店舗では、まだ「dポイント」に対応しているところが多くはありません。街中の店舗よりは、ネットショップのほうがまだ充実しています。ネットショッピングでは、「ドコモケータイ払い」や「dケータイ払いプラス」の加盟店で「dポイント」を貯めたり使ったりできます。

 なお、「ドコモケータイ払い」とは、ショッピングの代金をドコモの携帯料金と一緒に引き落としてもらう決済方法です。「dケータイ払いプラス」とは、ドコモユーザー以外でも、クレジットカードや「dポイント」で決済ができ、買い物した金額に応じて、1%の還元率で「dポイント」が貯まるという決済サービスです。

 ネットショッピングで「dポイント」が貯まる加盟店は数が多いですが、下の画像を参考にしてみてください。

「dケータイ払いプラス」加盟店リスト。加盟店数はどんどん増加している。
拡大画像表示

 これでも、他の共通ポイントと比較すると加盟店は少ないですが、さらに拡大していくことは間違いないため、それほど心配しなくていいと思います。

街中でコツコツ「dポイント」を貯めることで
ドコモの携帯料金を安くすることができる!

 次に、「dポイント」の特徴④の「ドコモユーザーなら、携帯電話料金を支払うだけで自動的に毎月貯まる」という点について。

 ドコモユーザー以外でも貯められるポイントになった「dポイント」ですが、ドコモの携帯電話料金を支払うだけで貯められるので、「dポイント」はドコモユーザーが最も貯めやすいという点は変わりありません。ドコモの携帯電話料金は、ドコモのクレジットカード(「dカード」「dカード GOLD」、かつての「DCMX」など)以外で支払っても、「dポイント」が貯まります。

 ドコモユーザーにとってさらに便利になったのは、⑤にあるように、「dポイント」を携帯電話料金の支払いに充当できるようになった点です。3000ポイントから100ポイント単位で充当できます。「ドコモポイント」時代は、これができませんでした。「ドコモポイント」の使い道といえば、通常は携帯電話本体や付属品の購入時に利用するか、故障修理代金に充当するくらいだったのです。

 ドコモユーザーであれば、毎月携帯料金を支払うだけで「dポイント」が貯まり、なおかつ、貯まったポイントを携帯電話料金に充当したり、条件を満たせば一部店舗での割引まで受けられる(特徴③にあるように、ローソンで「dカード」や「dカード GOLD」などで決済すると、3%割引あり)という点で、「dポイント」はその他の共通ポイントとは毛色の違う、ユニークな共通ポイントと言えます。

 ちなみに、ドコモの携帯電話契約件数は、2016年春時点で7000万件を突破しています。ドコモのユーザーは、同業他社と比較すると、長期間保有し続けている中高年層の占める割合も多いようです。このことから、「dポイント」は中高年層にとっても貯めやすい共通ポイントとも定義づけられるかもしれません。

 その他の共通ポイントは、コンビニやネットショップを中心に、最近では実に多様な場所で貯めることができますが、そういった場所を利用しない人でも、「dポイント」は毎月着実に貯められるからです。

他のポイントと相互交換も可能だが、
ドコモユーザー限定のサービスなので要注意

 最後に「dポイント」の特徴⑥の「PontaポイントやJALマイルなどと相互交換ができる」という点。「dポイント」は交換できる提携ポイントがまだ少ないものの、「Ponta」や「JALマイル」と交換すれば使い道が大きく広がります。

 特に「Ponta」は、ビックカメラ、ケンタッキー、大戸屋、昭和シェル石油など、多様な加盟店で利用できるので便利です。また、「Ponta」はリクルートの各サービス利用時にもポイントを適用できるようになります。

 ただし、「dポイント」の相互交換には以下の注意点があります。

【dポイントとその他のポイントを交換する際の注意点】
◆ドコモ回線契約者以外は交換できない。
◆「Ponta」の場合、「dポイント」5000ポイント以上から交換できるが、別途手数料として250ポイント必要になる。
◆「Ponta」の場合、月1回しか交換できない。「JALマイル」の場合、1カ月あたり4万ポイント(=2万マイル)が1カ月あたりの交換の上限。


 特にデメリットなのは、ドコモユーザー以外は交換できない点。ドコモユーザー以外で「dポイント」を貯めようとしている人は、注意するべきです。また、「dポイント」を「Ponta」に交換するには、手数料がかかる上に5000ポイント以上から、という点もネックです(ちなみに、「Ponta」から「dポイント」に交換する際は、手数料がかからず、100ポイントから交換できます)。

 この仕組みを見ていると、ドコモ側はあまり「dポイント」を他のポイントと交換してほしくないのかな、という気もしてきます。ただ、このままでは使い勝手が悪いので、少なくとも「5000ポイント以上から交換可能」というハードルくらいは、今後引き下げられる可能性もゼロではないと思います。

 さて、ここまでのところで「dポイント」の特徴、及びメリット・デメリットは掴めたでしょうか? もう一度「dポイント」の特徴をおさらいします。

【dポイントの主な特徴】
①ドコモ回線を所有していない人でも、「dアカウント」を発行すれば、「dポイントクラブ」に加入できる。
 ※2018年5月にリニューアルした「dポイントクラブ」の最新情報はこちら!

 ⇒ドコモの「dポイントクラブ」がリニューアル!クレジットカード「dカード」の保有による優遇やdポイント付与条件など、変更点をまとめて解説!
②ドコモ回線を所有していない人でも、「dカード」「dカード GOLD」「dポイントカード」のいずれかを保有していれば、街中の「dポイント加盟店」やネットの「dケータイ払いプラス加盟店」で、原則1%の還元率で貯められ、使うことも可能。
③「dポイント」が貯まる「dカード」「dカード GOLD」などで決済すると、ローソンで割引が受けられる。
④ドコモユーザーなら、携帯電話料金を支払うだけで自動的に毎月貯まる。
⑤ドコモユーザーなら携帯電話料金の支払いにも「dポイント」を使える。
⑥ドコモユーザーなら「Ponta」や「JALマイル」などと相互交換ができる。


 今回は、肝心の特徴③について詳しく解説していませんが、それは次回、「dポイント」を効率的に貯められるクレジットカード「dカード」と「dカード GOLD」の解説の中で触れていきたいと思います。

【「dカード」「dカード GOLD」を解説する後編はこちら!】
「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード!ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!


(取材・構成/元山夏香)


【※2018年5月、「dポイントクラブ」が大幅リニューアル!「dポイントクラブ」の最新の内容は下記の記事を参照してください!】
ドコモの「dポイントクラブ」がリニューアル!クレジットカード「dカード」の保有による優遇やdポイント付与条件など、変更点をまとめて解説!