「勝者のゲーム」と資産運用入門

株価下落や円安など激動の2022年上半期が終了。
マーケットを振り返り、今後の投資戦略を考える。
更なる株価下落とその後到来する金融相場に備えよ!太田忠の勝者のポートフォリオ 第39回

2022年7月6日公開(2022年7月6日更新)
太田 忠
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

米国株の下落幅、円安、高インフレなど2022年上半期は記録づくめ

 史上最速の梅雨明けで、夏本番―。早くも今年1年の半分が経過し、後半戦に突入した。毎年、年央と年末に私は自分の活動を振り返りフェイスブックに忘備録の形で記述するのだが、この半年間は9つの項目で自分なりにいろいろ前進があった。「自分の振り返り」は自分が目指す将来の実現を加速させるためのエンジンになるので、皆さんにもぜひともお勧めしたい。

 さて、今回のテーマは「2022年上半期のマーケットを振り返る」である。2022年上半期の金融市場は歴史的な激動となった。円相場は対ドルで22円の円安と40年ぶりの下落幅、米国株は20%安と52年ぶりの下げ相場。そしてロシアによる理不尽なウクライナ侵攻が起こり、欧米では1970~80年代以来の高インフレ。低インフレ・低金利の環境に慣れきっていた私たちに大きなショックをもたらしている。

ドル円は137円まで下落。上半期の下落幅としては1982年以来の大きさ

 まずは為替相場。金融政策の方向性が180度異なる日米の中央銀行。10年国債の利回り差は、昨年末の1.4%から2.9%に広がった。拡大幅は上半期では35年ぶりの記録である。金利差拡大を背景に円相場は6月29日水曜日に24年ぶりとなる137円台まで下落し、上半期の下落幅としてはプラザ合意でドル高が是正される直前に経験した1982年以来の大きさとなった。ちなみに昨年末の為替は115円台である。

  米アップル社のiPhoneが7月1日から大幅値上げされたとのニュースが大きく取り上げられているが、これは別にアップルが本国で値上げをしているわけではなく、円の価値が下がったため日本人が割高で買わなければならない状況になったということである。1ドル買うのに半年前は115円出せばよかったのが、今や137円出さなければ1ドルを買えない。輸入品はすべからくこのような形になっているので、日本人は買いたいものが買えない構図に追い込まれている。

ナスダックは29%安と過去最大の下げ。債券も下落し、株式ヘッジの役割を果たせず

 次にインフレ問題だ。米国は景気回復でゼロ金利政策をおこなう必要がなくなり、昨年11月からテーパリングを開始。徐々に金利を上げていく段階になって「コロナ禍からの急速な経済再開」でモノやサービスへの需要が高まり、供給が追いつかない状況でインフレが始まった。その後、ロシアによるウクライナ侵攻で原油高・穀物高が拍車をかけて、インフレが一気に加速した。国際商品の総合的な値動きを示すリフィニティブ・コアコモディティーCRB指数は今年1~6月に29%上昇。これは2008年上半期と並ぶ最大級の上昇である。欧州のガス価格は98%上昇、米国のガソリン価格は72%上昇と市民生活を直撃している。

 このようなインフレが加速する環境では、欧米の中央銀行はインフレ退治目的で政策金利の引き上げを急がざるを得ず、それが株式市場にとって逆風となった。世界株指数は18%下落、S&P500指数は20%下落、そしてハイテク・グロース企業が主体のナスダック指数は29%安と上半期で過去最大の下げとなった。日経平均は8%安と底堅いが、グローバルベースを基準としたドル建てでは23%安となっており、海外投資家からするとかなりの下げとなっている。

 ゼロ金利、マイナス金利下では「債券バブル」と呼ばれるほど国や企業の債券発行が増えて、投資家はこぞって買った。だが今年は一転して金利が急上昇し、国債や社債など幅広い債券を含むブルームバーグ債券指数は何と11%もの下落。上半期としては1990年以降最大の下げだ。要するに「株がダメなら債券でリスクヘッジ」というキャッチフレーズは全く機能せず、債券投資がリスク分散の役割を果たしていないのである。

来るべき下落局面を味方につけ、その後いずれやってくる金融相場で花開くよう準備

 私が投資助言をおこなっているダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチの『太田忠の勝者のポートフォリオ』の今年の上半期のパフォーマンスは、-2.3%(Topix-6.1%。日経平均-8.3%、マザーズ-33.0%)。2021年10月よりスタートし、大きな逆風が続く中で累計パフォーマンスは-3.3%(Topix-7.8%、日経平均-10.4%、マザーズ-41.3%)。おかげさまで指数を大きくアウトパフォームしているが、これはひとえに「グロース敬遠、バリュー特化」という戦略をとってきたからだ。6月中旬から「日本市場は逆金融相場入り」と判断し(第37回コラム参照)、キャッシュポジションを急激に増やした。来るべき下落局面を味方につけ、いずれやって来る金融相場で大きく花開くように準備している。

 ところで前回の第38回コラムの最後で私はこう述べた。先々週の急反発の局面において「三菱重工業のような一貫して上昇していた銘柄が大きく下げ(バリュエーションはまだ割安)、その一方でこれまで一貫して売られていたグロースや新興銘柄が買われる(バリュエーションはまだ割高)動きが出た」ことに関しては、先週はまた元に戻ったとの印象だ。やはり、逆金融相場においては「グロースや新興銘柄は割高感から売られやすい」というのが定番であり、「景気減速下では景気敏感株よりも健闘するとの思惑」に至るまでの動機づけは起こっていない。先々週の現象は、とりあえず「打ち上げ花火的な単発的動き」というのが私の見解である。

●太田 忠

DFR投資助言者。ジャーディン・フレミング証券(現JPモルガン証券)などでおもに中小型株のアナリストとして活躍。国内外で6年間にわたり、ランキングトップを維持した。プロが評価したトップオブトップのアナリスト&ファンドマネジャー。現在は、中小型株だけではなく、市場全体から割安株を見つけ出す、バリュー株ハンターとしてもメルマガ配信などで活躍。

 この連載は、ワンランク上の投資家を目指す個人のための資産運用メルマガ『太田忠 勝者のポートフォリオ』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、メルマガ配信の他、無料期間終了後には会員専用ページで「勝者のポートフォリオ」や「ウオッチすべき銘柄」など、具体的なポートフォリオの提案や銘柄の売買アドバイスなどがご覧いただけます。

 

国内外で6年連続アナリストランキング1位を獲得した、
トップアナリスト&ファンドマネジャーが
個人投資家だからこそ勝てる

「勝者のポートフォリオ」を提示する、
資産運用メルマガ&サロンが登場!

老後を不安なく過ごすための資産を自助努力で作らざるを得ない時代には資産運用の知識は不可欠。「勝者のポートフォリオ」は、投資の考え方とポートフォリオの提案を行なうメルマガ&会員サービス週1回程度のメルマガ配信+ポートフォリオ提案とQ&Aも。登録後10日間は無料!

太田忠の勝者のポートフォリオ

10日間無料 詳細はこちら※外部サイトに移動します


「勝者のゲーム」と資産運用入門 バックナンバー

»もっと見る

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!
>>
【重要】サーバーメンテナンスに伴うサービスの一時停止のお知らせ


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報