成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト)

インデックス投資に問題点あり! それはなぜか?
国という括りにとらわれず、
世界に投資の目線を広げるべき!

2023年5月4日公開(2023年5月4日更新)
ポール・サイ
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

個人投資家の36%が海外株など外貨建て資産の比率を1年前より増やしている

 日本経済新聞が調査会社のマクロミルを通じて、20代から70代の個人投資家、約1300人に行ったアンケート調査の結果に目を引かれました。

 それによると、海外株など外貨建て資産の比率を1年前より増やした人は36%いました。さらに若い世代ほど、外貨建て資産の比率を増やしていました。

 若い世代が外貨建て資産を増やした一番の理由は、外国企業は日本企業より期待リターンが高いからということでした。これが50代、60代になると、資産を分散したいからという理由が一番になっていました。

 このような動きが起こっていることはおおむね合理的だと思いますが、このことに関してもう少し違う視点からお話したいことがあります。今回はそのことを書いていきたいと思います。

日本の個人投資家はグローバルファンドマネジャーのような運用手法をとるべき

 フィデリティ投信には、グローバルな株式ファンドがいくつかありました。そういうファンドはMSCI World(日本を含む先進国株式の指数)またはMSCI EAFE(北米を除いた先進国株式の指数)などをベンチマークにしてファンドを運用しています。

 日本の個人投資家は日本株のファンドマネジャーの運用の仕方より、グローバルファンドマネジャーのような運用手法をとるべきだと思います。そうなると、「国」という括りは関係なくなってくると思います。

 海外投資のハードルがかなり下がった現在、グローバルファンドマネジャーと同じように、個人投資家は簡単に世界の市場へアクセスできるようになりました。なので、この新たなアクセスをフルに活用すべきだと思います。

 グローバルファンドマネジャーは常に世界を飛び回っていて、いい会社を探しています。彼らの一番の尺度は、世界で、この会社は一番いい会社かどうかということです。そのことについて考えてみましょう。

どこの国に上場しているかは重要ではない。グローバルに同業種の会社を比較して、いい会社、割安な会社に投資する

 たとえば、自動車会社だったら、トヨタ、ホンダ、テスラ、フォード、GM、VWなどを比較して、その中から買う銘柄を選びます。日本の会社が一番よくて、株価が割安なら、日本株であっても買うのです。

 ネット系企業などもこういう考え方で投資することができます。大手企業はビジネスをグローバルに展開している場合が多いので、実はどの国に上場しているかということはそこまで関係ないです。

 為替もそうです。たとえば、トヨタのようなグローバル企業の売上げは日本よりも海外の方が多いです。

 アメリカで1つよく言われているのは、アメリカのグローバル企業に投資していれば、それだけでグローバル分散、為替分散していることになるということです。

 だったら、どういう時に「国」という括りは重要になってくるのでしょうか?

インデックス投資では、なぜ精度の高い投資ができなくなってしまうのか?

 それは小型株、内需株、規制産業などに投資する時です。

 そういう株はその国の事情、たとえば金利、規制、人口動向、社会のしくみ、地政学リスクに特に影響されます。

 それと、これはある意味、規制の1つになりますが、コーポレート・ガバナンス(企業統治)の体制がどうなっているかということは「国」単位で見なければいけません。このことは小型株、内需株、規制産業だけでなく、グローバル企業にも影響します。

 先進国全体、新興国全体などを対象としたインデックスもあるものの、アメリカならS&P500、日本ならTOPIX(東証株価指数)や日経平均など、インデックスの世界では「国」という括りの存在感が強いです。

 そして、インデックス投資をしていると、グローバル企業、内需企業、規制産業、すべてセットとして買ってしまいます。インデックス投資をすると、精度の高い投資ができなくなってくるのです。

 たとえば、TOPIXに連動するインデックスファンドを買うと、内需株は欲しくなくても、グローバル競争力がある日本企業といっしょに内需株も買ってしまうことになります。

 そうなると、TOPIX連動のインデックスファンドを買うときは、日本の人口減少問題などが重要な評価ポイントになります。しかし、内需株を買わなければ、日本株を買っても、日本の人口減少問題の影響はかなり低減できます。

TOPIX 月足TOPIXチャート/月足・10年(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます

ウォーレン・バフェットが日本の商社株に投資したからといって、日本株全体を買いと思っているわけではないだろう

 「国」という括りはインデックスの縛りがある時だけは重要になってきます。インデックス投資から自分を解放していれば、「国」より、どの会社が一番いいかということに目線が変わります。

 たとえば、ウォーレン・バフェットは日本の商社株に投資しました。彼はこれから日本に強気というよりも、商社(グローバル企業)に対して強気なのだと思います。なので、ウォーレン・バフェットが日本の商社株に投資したからといって、彼がTOPIXは買いだ、日本株は内需株を含めて買いだという見方を持っていると思い込むのは間違いです。

三菱商事 月足三菱商事(8058)チャート/月足・10年(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます

インデックス投資家がいい銘柄を割安な水準で買えるチャンスを作ってくれている!

 いい会社なのに、その会社が存在する国によっては、株価が割安になっていることがあります。それはある意味、インデックス投資家が作ってくれているチャンスだと思います。

 日本株全体に弱気ムードが漂っていると、インデックスごと売る投資家もいますので、いい会社なのに、割安になってしまうこともあります。ウォーレン・バフェットが買っている日本の商社はこのケースに当てはまっているのかもしれません。

 結論をまとめますと、世界に投資の目線を広げるべきです。グローバルにいい事業を展開していて、割安な会社を買うべきです。たまたまマクロ状況が良くない国にいるだけのグローバル企業を投資対象から外すべきではないと思います。

 内需系銘柄などに投資するときについては「国」という目線で物事を考える必要があるものの、大切なことは、個人投資家でも「国」とインデックス投資の縛りから自分を解放して、資産運用することではないかと考えます。

 

●ポール・サイ  ストラテジスト。外資系資産運用会社・フィデリティ投信にて株式アナリストとして活躍。上海オフィスの立ち上げ、中国株調査部長、日本株調査部長として株式調査を12年以上携わった後、2017年に独立。40代でFIREし、現在は、不動産投資と米国株式を中心に運用。UCLA機械工学部卒、カーネギーメロン大学MBA修了。台湾系アメリカ人、中国語、英語、日本語堪能。米国株などでの資産運用を助言するメルマガを配信中。

※メルマガ「ポール・サイの米国株&世界の株に投資しよう!」募集中! 米国株&世界の株分析毎週届き、珠玉のポートフォリオの提示も! 登録から10日以内の解約無料。


「はじめてのNISA」は、野村アセットが“低コスト”を 追求した投資信託! 信託報酬率に加え、総経費率でも 業界トップクラスの低コストを期待できる理由とは!?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

NISAの株の学
株500激辛診
米国株150診断

5月号3月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭インタビュー
87歳のデイトレーダーシゲルさん登場
「デイトレより稼げてオモロイもんはない!」

◎第1特集
株・投信 の基礎と誰でもできる10の儲け方
NISAの株&投信の学校

●株の学校
[基礎編]
株の3つの儲け方&NISAのメリット
買いたい人が多いと株価は上がる
・会社の規模で値動きが違う
・株を保有する期間で戦路は変わる
・年4回の決算で株価が動く

[儲け方編]
長く稼ぎ続ける会社を買う
ずっと人気が続く株を買う
・為替で儲かる株を買う
・配当が増える株を買う
・自社の株を買う会社を狙う
・モノがもらえる会社を買う
・情報を隠さない株を買う 
・買いやすくなった株を買う 

●投信の学校
[基礎編]
積立OK! 投信で世界に分散しよう

[儲け方編]
長期で成長してきた指数を買う
・定期的に分配金収入を得る

プロ厳選!儲け方別買いの株+投信付き


◎第2特集
買っていい10万円株は97銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
期待の出遅れ株/来期も増配予想の高配当株/半導体・AI関連株
●儲かる株の見つけ方[2]5大ランキング
来期に営業利益が大きく伸びる株/“稼ぐ力”が強い高ROEの株/
配当利回りが高い株/少額で買える株/理論株価と比べて割安な株
●儲かる株の見つけ方[3]セクター別の指標平均
石油・石炭が配当利回り1位に!
●2024年新春のイチオシ株
10万円株7/高配当株7/株主優待株7
●気になる人気株売り×買い分析
大型株393/新興株86/Jリート10


◎第3特集
人気の米国株150診断
儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
●プロが大予測!大統領選後米国株はどうなる?
●GAFAM+αのBig8中3社が脱落!AIブームに乗る激アツ22社!
●出遅れ超有名株&買いの高配当株
●人気の125銘柄「買い」「売り」診断


◎【別冊付録】

上場全3905社の最新理論株価
増益割安株は1254銘柄


◆芸人がゴミ清掃員に!?富豪と一般人の差ってゴミに出ます!
◆日本株の大幅上昇でIPO株も環境が好転
◆“もしトラ”で世界は地獄に!?
◆高額な負担に見合う?地震保険の誤解本当に必要か再検証
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報