成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト)

なぜ、バフェットは日本の商社株に投資したのか?
バフェットは銀行株をまだ買わない。
バークシャーの株主総会でわかったことは?

2023年5月11日公開(2023年5月10日更新)
ポール・サイ
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

 先週末の5月6日、ウォーレン・バフェットが率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが株主総会を開催しました。私も現地へ行って参加したかったのですが、時間がなく、インターネットでライブ配信を見ることにしました。かなりの盛況で、いつかは現地で参加したいと思いました。

 今回はバークシャーの株主総会の内容から、日本の個人投資家が投資戦略の参考にできるポイントをご紹介したいと思います。

バークシャー・ハザウェイの株主総会配信サイト(米CNBC)バークシャー・ハザウェイの株主総会配信サイト(米CNBC)

1.銀行クライシスはまだ解決していません

 銀行は人の心理に左右されることが多いです。政治家や規制当局のコミュニケーションが悪かったとバフェットは言っていました。しかし、バフェットは政治家や規制当局が銀行システムを破綻させるわけはないと思っています。

 預金者は心配ないですが、銀行株に投資するかどうか、タイミングはまだ来ていないというニュアンスのことを言っていました。私も銀行の問題はしばらく解決しないと思っています。

 いつもこういうクライシスになると、バフェットはいいディールをするはずです。今まではそうでした。しかし、今回は彼が意外におとなしかったです。銀行株に投資するタイミングはまだ来ていないと思います。これから預金が流出するリスク、預金コストが上がるリスクはまだ高いと思います。

2.過度に悲観視されている石油業界にいい投資先はあります

 地球温暖化については、まだわからないところが多いです。

 石油を含む化石燃料の依存度はいまだに高いので、再生可能エネルギーは石油を節約するというぐらいの考え方で見るべきです。

 シェールオイルの油井は、その約半分が生産できる期間が短いのです。それらは1年ちょっとで枯渇します。テクノロジーが進歩しないと、生産できない原油が結構あるということです。なので、新しく生産できる油井が見つからなければ、アメリカの原油生産量は一気に半分になります。

 アメリカが十分な量の原油を生産できるのは、長期的に約束されたことではないのです。原油の生産、エネルギー政策は政治問題化されていて、必ずしも合理的ではない政策が行われています。このような状況の中、バークシャーは合理的なことをすると言いました。

 これらのことから、個人投資家はどう投資戦略を考えればいいのでしょうか?

 私は石油株、エネルギー株を持つことを考えるべきだと思います。地球温暖化の懸念などで、石油株は過度に悲観視されています。

 バフェットはそこにチャンスがあるという考え方なので、米国では石油会社へ投資しています。日本では同じ理由で商社に投資しました。

3.商業用不動産は心配です

 商業用不動産(CRE)向けの融資はかなりたくさんあり、アメリカの都心の空洞化によって、不良債権がたくさん出そうだとバフェットは話していました。

 私はストックボイス社の経済・マーケット番組「WORLD MARKETZ」で先日、同じことを話しました。特にオフィスは良い状況ではありません。このことは銀行にとって良くないのと、REIT(不動産投資信託)にとっても良くないです。REITと地銀はとりあえず様子見するべきだと思います。

[参考記事]
米大手銀行(JPモルガンなど)の決算発表開始! 金利が魅力的なMMFに、銀行の預金が流れ込み、地銀だけでなく大手銀行にもダメージ!

4.バフェットの日本への投資から示唆されるポイントは?

 バフェットは地政学的なことについて結構語っていました。

 アメリカと中国が戦争するといいことがない、バカだと言いました。そうしたことを言いながら、台湾のTSMCに投資していましたが、1ヵ月ほどで売却しました。特に個別具体的な理由はなく、リスク感覚による決断と言っていました。

 そして、台湾よりも日本の会社を保有した方が安心だと話していました。バークシャーは日本の商社株をたくさん持っています。その1つの大きな理由は、日本円でかなり低コストの資金を調達しながら、その資金で購入した商社株のバリュエーションは低く、配当利回りはいいということで、鞘を稼げるということでした。

 私から見ると、この話には個人投資家にとって2つのポイントがあります。

 地政学的なリスクはあります。その点は台湾より日本の方が安心ですが、日本が安泰と言えるわけでもありません。商社などのグローバル企業に投資した方が、分散ができていいと思います。

 それと、バフェットは低コストで日本円を調達できているということがポイントです。なので、日本円でグローバル企業を安く買えるならばいいと思います。日本のみなさんの多くは、日本円の保有比率が高いと思いますが、そのような人は為替のリスク分散という意味で、海外投資、グローバル分散投資をすべきだと思います。

 結論を言うと、バフェットからのヒントを受けて言えることは、銀行、不動産(特にオフィス)は避けながら、石油・資源業界を過度に悲観視せず、グローバル投資によって、為替リスクをヘッジし、リスク分散を図るべきということです。

 

●ポール・サイ  ストラテジスト。外資系資産運用会社・フィデリティ投信にて株式アナリストとして活躍。上海オフィスの立ち上げ、中国株調査部長、日本株調査部長として株式調査を12年以上携わった後、2017年に独立。40代でFIREし、現在は、不動産投資と米国株式を中心に運用。UCLA機械工学部卒、カーネギーメロン大学MBA修了。台湾系アメリカ人、中国語、英語、日本語堪能。米国株などでの資産運用を助言するメルマガを配信中。

※メルマガ「ポール・サイの米国株&世界の株に投資しよう!」募集中! 米国株&世界の株分析毎週届き、珠玉のポートフォリオの提示も! 登録から10日以内の解約無料。


ポール・サイ 米国株&世界の株に投資しよう!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

NISAの株の学
株500激辛診
米国株150診断

5月号3月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭インタビュー
87歳のデイトレーダーシゲルさん登場
「デイトレより稼げてオモロイもんはない!」

◎第1特集
株・投信 の基礎と誰でもできる10の儲け方
NISAの株&投信の学校

●株の学校
[基礎編]
株の3つの儲け方&NISAのメリット
買いたい人が多いと株価は上がる
・会社の規模で値動きが違う
・株を保有する期間で戦路は変わる
・年4回の決算で株価が動く

[儲け方編]
長く稼ぎ続ける会社を買う
ずっと人気が続く株を買う
・為替で儲かる株を買う
・配当が増える株を買う
・自社の株を買う会社を狙う
・モノがもらえる会社を買う
・情報を隠さない株を買う 
・買いやすくなった株を買う 

●投信の学校
[基礎編]
積立OK! 投信で世界に分散しよう

[儲け方編]
長期で成長してきた指数を買う
・定期的に分配金収入を得る

プロ厳選!儲け方別買いの株+投信付き


◎第2特集
買っていい10万円株は97銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
期待の出遅れ株/来期も増配予想の高配当株/半導体・AI関連株
●儲かる株の見つけ方[2]5大ランキング
来期に営業利益が大きく伸びる株/“稼ぐ力”が強い高ROEの株/
配当利回りが高い株/少額で買える株/理論株価と比べて割安な株
●儲かる株の見つけ方[3]セクター別の指標平均
石油・石炭が配当利回り1位に!
●2024年新春のイチオシ株
10万円株7/高配当株7/株主優待株7
●気になる人気株売り×買い分析
大型株393/新興株86/Jリート10


◎第3特集
人気の米国株150診断
儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
●プロが大予測!大統領選後米国株はどうなる?
●GAFAM+αのBig8中3社が脱落!AIブームに乗る激アツ22社!
●出遅れ超有名株&買いの高配当株
●人気の125銘柄「買い」「売り」診断


◎【別冊付録】

上場全3905社の最新理論株価
増益割安株は1254銘柄


◆芸人がゴミ清掃員に!?富豪と一般人の差ってゴミに出ます!
◆日本株の大幅上昇でIPO株も環境が好転
◆“もしトラ”で世界は地獄に!?
◆高額な負担に見合う?地震保険の誤解本当に必要か再検証
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報