投資信託おすすめ比較[2024年]

過去1年の投資信託の年間上昇率ランキングを発表!
株・リート・債券の投資対象別9タイプを調査すると
上昇率トップは+29%、最下位は-34%もの大差が!

2016年10月27日公開(2022年3月29日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

 過去1年間、世界的な低金利&景気後退に加えて、円高という逆風が加わった厳しい日本の投資環境の中でも、好成績を上げている投資信託が存在する。現在発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、約1000銘柄の投資信託を「日本株」「グローバル株」「日本リート」「グローバルリート」「グローバル債券」など投資対象別に9タイプに分けて、その上昇率ランキング上位の銘柄を徹底分析。その中から9タイプそれぞれの上昇率ベスト&ワーストの成績を大公開!

上昇率が平均以下の成績の投資信託には要注意!
直近1年で上昇率がプラスだったのは国内外のリート型のみ!

 今回の特集では、投資信託を投資対象別に9タイプに分類し、その中でも純資産10億円以上で実績が1年以上のものを対象に調査した。その分類方法は以下のとおり。

■日本株全般・中小型株型
■グローバル株型
■新興国株型
■日本リート型
■グローバルリート型
■グローバル債券型
■新興国債券型
■ハイ・イールド債券型
■バランス型
(※為替ヘッジありの投資信託は基本的に除外。以下の上昇率などのデータは8月末時点)

 では、各タイプの直近1年間の上昇率を詳しく見ていこう。

 世界経済の低迷や円高の進行などで、投資信託の平均上昇率も全9タイプ中7タイプがマイナスという結果になった。比較的値動きが小さい債券型でも「グローバル債券型」「ハイ・イールド債券型」は10%以上のマイナスに。同じ債券型の「新興国債券型」もマイナスではあるが、「グローバル債券型」や「ハイ・イールド債券型」よりは好成績のマイナス7.4%だった。

 また、「日本株全般・中小型株型」や「グローバル株型」も平均では10%以上も下落しているが、「新興国株型」の平均上昇率はマイナス5.4%と下落率は小さかった。

 平均上昇率がプラスだったのは「グローバルリート型」と「日本リート型」の2タイプのみ。特に「日本リート型」は平均上昇率が14.1%で、最下位でも8.6%と全体的に好調だった。複数の投資対象に分散させるバランス型の平均上昇率もマイナス4.9%と振るわず。過去1年だけを見れば、株でも債券でもなくリート型に投資するのが正解だったわけだ。

「日本株型」はトップと最下位が60ポイント超の大差に!
資源やバイオなど「テーマ株」の投資信託は成績のブレが大きいので注意!

 次に、各タイプ別に上昇率のバラツキをチェックしてみよう。

 成績のバラツキが最も大きかったのは「日本株型」で、トップと最下位の差が61.1ポイントになった。前述の表では「日本株全般型」と「中小型株型」を合わせて分布図を出しているが、全体のトップは高成長のテクノロジー関連に投資する投資信託でプラス29.0%、その次が中小型株型の投資信託でプラス17.1%となっている。その一方で、最下位には1年で32.1%も下落した投資信託が……。これは地方銀行株を組み入れる投資信託で、マイナス金利の導入が大きく影響して大幅下落する結果となった。

 「日本株型」の上昇率の分布の中で最も本数が集中したのはマイナス12.2%で、これはTOPIX連動のインデックス型投資信託の成績だ。その次に多かったのは、日経平均連動のインデックス型のマイナス9.4%近辺となっている。アクティブ型でもインデックス型以下の成績の投資信託はたくさんあるので、自分が保有している投資信託の成績をチェックしてみよう。

 次にバラツキが大きかったのは「グローバル株型」で、トップと最下位の差は41ポイント。上位は資源株やSNS関連株、下位にバイオ関連株と、上位と下位にはそれぞれ「テーマ株」を投資対象とする投資信託が並んだ。しかし、調査期間を延ばして見てみると、直近1年でトップの資源株の投資信託は過去5年の成績では189銘柄中125位に低迷。一方で最下位のバイオ関連株の投資信託は過去5年の成績では189銘柄中4位と大健闘。「テーマ株」に投資する投資信託は成績のブレが非常に大きいので注意が必要だろう。なお、「グローバル株型」の平均上昇率はマイナス10.6%だが、インデックス型はマイナス9%台の成績に集中している。

 「新興国株型」もトップと最下位の成績の差が24ポイントと、「日本株型」「グローバル株型」に次いで大きいので、投資する市場がどこであれ、株に投資する投資信託は運用内容によって成績が大きく違ってくるということを肝に銘じて投資しよう。

 なお、トップと最下位の差が最も小さかったのは「ハイ・イールド債券型」で、その差は6.1ポイントだった。「新興国債券型」も13.5ポイント、「グローバル債券型」も21.2ポイントと、そもそも変動が少ない債券型は総じてトップと最下位の差が小さいというのも、改めて確認できる結果だった。

 最後に「バランス型」は、投資信託ごとに基本となる投資配分が異なるので成績の優劣を比較するのが難しいが、直近1年の上昇率では「株式の比率が低く、債券の比率が高い安定型」が上位にランクイン。下位は株式の割合が多いタイプだった。ただし、この比率による成績はもちろん相場状況次第で逆転することがある点を頭に入れておこう!

【ピックアップ記事!】
【2024年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?
つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ! 手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!
※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【2024年5月4日時点】
◆【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング

順位 投資信託本数 ※1 最低積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
2570本 2570本 2384本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の販売手数料はすべて無料で、投資信託本数の取扱本数はネット証券でトップクラス! スマホアプリ「かんたん積立 アプリ」を利用すれば、投資信託をスマホで管理可能だ。また、投資信託の月間平均保有額に応じてVポイントやPontaポイント、dポイント、PayPayポイント、JALマイルなどが貯まる「投信マイレージサービス」もお得。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になる(通常銘柄の場合)ので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。買付&積立が100円以上1円単位に引き下げられ、初心者でも気軽に始めやすくなった。投信の買付には、TポイントやPontaポイントが利用できる投信積立は三井住友カードによるクレジットカード決済「クレカ積立」がお得で、最大で決済額の0.5%ものポイントが貯まる。最近では、低コストなiDeCo(個人型確定拠出年金)にも力を入れており、無条件で運営管理手数料を無料にしている。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
2位 ◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
2549 2549本 2407 100円
【特徴・メリット】
投資信託の販売手数料はすべて無料! 投資信託の保有残高が一定の金額を超えるごとに「楽天ポイント」が貯まるサービスもお得。また「投信残高ポイントプログラム」の対象となる6ファンド(「楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンド」など」)については、保有しているだけで一定のポイントが還元されるのでお得。さらに投信積立の際に楽天カードを使うと0.2〜1%分、楽天キャッシュを使うと0.5%分の楽天ポイントが付与される。ポイントは投資信託の買付や投信積立の代金にも利用できる。投資信託の最新事情がわかる「楽天証券レポート&コラム」や、最大5銘柄の基準価額の推移を比較できる「投信スーパーサーチ」など、投資信託選びのサポートもバッチリ。ロボ・アドバイザーが銘柄選択や売買タイミングまで判断してくれる「楽ラップ」や、スマホ専用のロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」を利用可能。さらに、専用バランスファンドで手軽に積立投資ができるロボ・アドバイザー「らくらく投資」も登場。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング!SBI証券の公式サイトはこちら
3位 ◆松井証券⇒詳細情報ページへ
1885本 1885本 1864本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の取り扱い本数を着実に増やしており、現在はランキング3位まで上昇。他社に先駆けて投資信託の販売手数料無料を打ち出したのも高評価だ。さらに投資信託の残高の最大1%分のポイントが貯まるサービスもお得。他社の類似サービスと比較しても、ポイント還元率は高水準に設定されている。投資信託ページは、人気の投信や好成績の投信がすぐにわかる各種ランキング装備、スマホでの見やすさ、直接発注など機能が充実。さらに、投資信託の組み合わせに頭を悩ませる人のために「投信工房」「投信提案ロボ」「投信見直しロボ」という3つの高機能ロボアドバイザーを用意。無料のロボアドバイザーとしては、どれも非常に高い機能を備えている。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・松井証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 ※1 最低積立金額
全体 ノーロード 積立対応
4位 ◆auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)⇒詳細情報ページへ
1799本 1799本 1720本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の販売手数料はすべて無料! 信託報酬控除前のトータルリターンが見られるので、実態に合った取引コストや運用パフォーマンスがわかるのも魅力だ。また「プレミアム積立」は100円から可能。au PAYカード決済による積立なら1%ポイント還元、投資について気軽に話し合えるSNS「ファンドスクエア」も魅力。積立の銘柄選びに役立つ「セレクション」は、ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。投資信託の月間保有金額に応じて0.005〜最大0.24%分​のPontaポイントがもらえる「資産形成プログラム」も上手に活用したい。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
【株アプリに慣れていない「株初心者」には特におすすめ!】
auカブコム証券が初心者でも使いやすい操作性と機能性を両立した新アプリをリリース!
5位 ◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
1774本 1774本 1706本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の購入時手数料はすべて無料! もちろん、NISA口座での取引や「投信つみたて」による購入も手数料0円だ。クレカ積立のポイント還元率は業界トップクラスで、マネックスカードで投資信託を積立購入すると1.1%分のポイントが貰える。さらに、投資信託の保有金額の最大0.08%分のポイントがもらえるのもお得。ファンド探しに迷ったら、自分のライフプランに合ったファンド選びを手助けする「投信ポートフォリオ診断」を参考にするといいだろう。ポートフォリオの分析やリターン予測、アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION」も便利だ。ロボアドバイザーサービスは、1000円から始められる投資一任型の「ON COMPASS」と、最低投資金額が5万円で国内ETFで運用を行うアドバイス型の「Monex Advisor」が利用可能。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・マネックス証券の公式サイトはこちら
 ※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託本数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合があります。

「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
マネックス証券の公式サイトはこちら 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
SBI証券の公式サイトはこちら! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

配当&株価が10倍株!
NISA投信グランプリ
ふるさと納税

6月号4月19日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[配当&株価が10倍になる株!]
◎第1特集
配当&株価が10倍になる株!
10年持ちっぱなしで「配当が10倍」になる株や「株価10倍」になる大型優良株を発掘
・誰もが知ってる大型株・優良株で実現
・新興国に進出/AI・半導体/
高齢化・人手不足/環境・EV
・番外編:1年で株価2倍になる株


◎第2特集
ダイヤモンド・ザイ
NISA投信グランプリ2024

2回を迎える、投資信託のアワードを発表!
NISAの投信選びや保有投信のチェックに最適

・NISAで運用できる投資信託のみが対象
・個人投資家が選びやすいよう、本数は30本のみ!
・個人投資家がわかりやすい部門で表彰


◎第3特集
ふるさと納税 日本3大グルメ&生産地
返礼品60 

日本3大和牛、3大地鶏、といったブランド食品や、日本3景、3名泉のベストグルメ、大注目の魚介、フルーツの3大産地の返礼品などを紹介

◎第4特集
FXで1億円!
年億稼ぐトレーダーの「神トレ」大公開!

ドル/円が34年ぶりの安値更新など、活況の為替市場。
FX界隈では、1年で「億」を稼ぐ「年億」の個人投資家が続々誕生しています。その手法を、わかりやすくお届け


◎【別冊付録】

いつまでたっても始められない人に贈る
新NISA「超ラク」スタートBOOK
完ペキさを求めてなかなか始められないより、「ラク」に「早く」始めたほうが、結果的にオトク
なかなか始められない人向け、ぐうたら指南書


◆出遅れJリートに投資チャンス! 利回り4~5%台投資判断&オススメJリート 
◆おカネの本音:渋澤 健さん
◆10倍株を探せ! IPO株研究所
◆マンガ恋する株式相場「コンビニがGAFAの一角に!?」
◆マンガ「昭和のボロ空き家はそのまま貸せばいい!?」
◆人気毎月分配型投信100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報