超成長株投資で資産10倍計画!

ツムラ(4540)の株価は直近は低迷も
中国市場への拡大と配当利回り2%台は
買い判断も山本潤の超成長株投資の真髄 第46回

2020年1月15日公開(2022年3月29日更新)
山本 潤
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

漢方薬のトップメーカーとして成長余地大

 ツムラは漢方薬のトップメーカーです。1980年から株価は5倍になりました。株価が低迷した2001年の底値からは10倍になっています。薬の使用量は高齢化社会の到来で増えており、売上は一桁成長ですが増収基調をキープしています。ただし、漢方薬の原材料となる中国産の生薬の輸入コストが上昇基調のため、営業利益は10年間200億円の壁を越えられないでいます。売上は伸びているものの、利益率はこの数年、マイルドな悪化傾向が見られます。

 製薬市場の中で、漢方薬の占める割合は非常に低いものがあります。隣国中国では1/3が漢方薬です。しかし日本では10兆円の製薬市場で漢方薬はわずか1500億円(全体の1.5%程度)にすぎません。日本では漢方薬を処方できる技術を有する医者が少数であることが要因のひとつです。薬で「儲ける」開業医のビジネスにおいて、漢方のような単価が低い薬はビジネスに甘みがないことも普及が低い理由かもしれません。

 高齢化の進む日本において医療費が膨張すれば国家財政を大きく圧迫してしまいます。そこで、薬価の改定が頻繁となり、製薬会社の日本事業の先行きを暗くしています。大手製薬会社は日本での製薬を諦め、国外での事業を育てようとしています。

 政府としては、ジェネリック(後発医薬品)比率を大きくする方針を掲げていますが、ジェネリックについても薬価改定の対象であり、製品価格の下げ圧力は業界全体の収益の圧迫要因となっています。

 そんな中で、漢方の需要は毎年4%から5%程度の数量増加を達成しているのです。漢方は歴史が長く副作用も軽い、さらに価格も低いことが再評価されつつあり、漢方薬を扱うことができる医師の数がじわりと増えているからです。ざっくりといえば、漢方薬の値段は、西洋薬の価格の1/4です。安いものを使う方が国家の財政にとってはよいのです。漢方が処方できる医師の数は年々、増加傾向にあるため、今後も漢方の数量増のペースは継続する可能性が高いと思います。

 問題は生薬のコスト悪化です。漢方は100以上の種類の生薬から作られますが、日本で育てることができるものは30程度に限られます。中国の人件費が急速に上がる中で、一次産業である農業の生産性の改善のペースが追いつきません。そのため、下がる薬価と上がる原材料という状況が続いているのです。

 

将来シナリオが描きにくいリスクも


 漢方薬の将来はどうなるでしょうか。

 医療費削減の対象は、風邪薬や湿布など、OTC(市販薬)で購入できるものは、保険制度の対象とする必要はないという議論が沸き起こるのではないかと思います。つまり、新薬の開発が大きく阻害されている現状を打開するためには、安いものは保険対象外とする動きは出てくる可能性はありそうです(ネガティブ)。あるいは、単価の安いジェネリックや漢方のさらなる普及を推し進める政策がとられるかもしれません(ポジティブ)。このように1.5%しかないから、政策から外れてしまう最悪のサブシナリオもあれば、副作用の低さや価格の安さを武器に順調に伸びるメインのシナリオも考えらえます。

 

中国市場への参入で長期で売上倍増を目指す


 年々薬価が改定されるという難しい状況の中で、ツムラも他の製薬メーカー同様に、いよいよ海外に本格進出します。彼らの定めた戦略市場は中国大陸です。起点となるのは中国の大企業、平安保険グループとツムラとの合弁である平安津村です。2027年年度に100億元(1600億円)の中国事業での売上目標を掲げました

 1500-1600億円という長期の中国市場の売上目標です。いまの同社の売上を凌駕する規模です。とてもスケールの大きな目標です。まだ、足元の中国関連び売上規模は小さいのですが、同社の中国戦略に注目したいところです。ただし、現地にはライバルが2000程度あり、困難を伴う挑戦ではあるのですが。

(DFR投資助言者 山本潤)

 

ツムラの投資判断、目標株価はメルマガ会員ページで公表しています。

この連載は、10年で資産10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページでさらに詳しい銘柄分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます。

ツムラ(4540) /日足・6カ月 (出典:SBI証券公式サイト)

ポール・サイ 米国株&世界の株に投資しよう!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&診断
上場3854社理論株価

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株]

◎巻頭特別対談
人生を変える!貯金 節約 投資
投資家/棋士・桐谷広人さん×小説家・原田ひ香さん


◎第1特集
買いの高配当株は84銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマ
上方修正株」「人流復活で注目の株」「値上げが浸透する株
・5大ランキング
「第1四半期の進捗が高い」「ROEが高い」
「高配当利回り株」「少額で買える株」「理論株価で割安な株」

●2022年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株

◎第2特集
上期修正期待の株も!

人気株500以外で買いの株100

●全上場株をランキング!
高配当トップ100&イチオシ&注目株
●第一四半期決算の好発進&復活期待株
●2大テーマ株
●株主優待株

 

◎第3特集
人気の10倍株や利回り8%超 の株も
米国株150オススメ&診断

どうなる米国株
「10月まで上げ渋るが
2023年に最高値を更新する」
●波乱に負けないオススメ株
「大型優良株&高配当株18」
●人気の株を定点観測
GAFAM+α8診断/ナスダック44診断/ニューヨーク証券取引所80診断
●全上場株でランキング!

高配当株全米トップ100
 

◎【別冊付録1】

割安か割高か判明!

最新全上場3854社の理論株価
 

◎【別冊付録2】

3年で100万円が2倍超に!
AI搭載ペットと儲ける3カ月


◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報