IPO株の銘柄分析&予想

2021年9月に新規上場した「IPO株」全14銘柄の中で、
株価上昇に期待の2銘柄! 来期も大幅成長が見込める
「セーフィー」「プロジェクトカンパニー」をチェック!

2021年10月23日公開(2022年6月2日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

2021年9月に新規上場した「IPO株」全14銘柄の中から「セーフィー」と「プロジェクトカンパニー」の2銘柄を詳しく解説!

ダイヤモンド・ザイ12月号の連載「10倍株を探せ!【IPO株】研究所」では、IPO株の専門家であるフィスコの小林大純さんが、2021年9月に新規上場した「IPO株」全14銘柄を「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。今回はその中で小林さんが注目している2銘柄を詳しく紹介!
【※関連記事はこちら!】
IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

【ザイ投信グランプリ2024】を発表!本当にいい投資信託だけ表彰!

2021年9月に新規上場した「IPO株」は全部で14銘柄!
初値はすべて公開価格を上回るも「強気」以上の評価は5銘柄のみ

 9月の新規上場は14銘柄と多め。月の後半に11社が集中し、特に28日は4社同時上場というIPOラッシュだったが、14銘柄すべてで初値が公開価格を上回った。9月中旬まで相場全体が大きく上昇していたのに加え、22日に上場したシンプレクス・ホールディングス(4373)が、初値後ストップ高まで値上がりしたことも投資家の意欲を刺激して、買いはまずまず活発だった。
【※「IPO(新規公開株)」の最新情報はこちら!】
【IPO(新規公開株)スケジュール一覧(2021年)】IPOの申込日や幹事証券、注目度などの最新情報を随時更新中!

 もっとも、多くの銘柄はその後株価が下落し、初値を下回っている。9月下旬に起きた世界株安の影響はもちろん大きいが、フィスコの小林大純さんは「公開価格が強気すぎるケースも目立った」と指摘する。

 背景には、公開価格が安すぎるという批判があるもようだ。公正取引委員会が調査に乗り出したとも報じられている。

 「実際の公開価格の割高・割安感はまちまちですが、明らかに高すぎの銘柄は、その後に公開価格割れとなっています。価格設定が適正かどうかにも注意を払うべきです」(小林さん)

 全体的に初値の上昇率は控えめで、9月後半に上場した銘柄では3~4割程度のプラスが多い。 

 「公開価格から画一的に初値の水準が決まる傾向が強かった印象を受けます。こうした状況は、セカンダリー投資(上場後の株を買う投資)のチャンスでもあります。銘柄の選別をしっかり行えば、初値後の株価上昇を読みやすいといえるでしょう」(小林さん)

2021年9月の【IPO株】14銘柄の投資判断は?

上場日 公開価格 初値
(騰落率)
株価
(10/5)
PER
(PBR)
今後1年の
高値予想
(安値予想)
投資判断
2日  モビルス(4370・東M)
1280円 1830円
(+43.0%)
1400円 53.5倍
(5.77倍)
1800円
(1000円)
中立
【分析コメント】コンタクトセンター向けクラウドソフトなど。チャットボット(自動応答)市場でトップシェア。契約数は順調な伸びだが、今後の増益を見越しても株価の割安感が乏しい
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
2日  メディア総研(9242・東M)
2900円 3105円
(+7.1%)
2367円 20.6倍
(4.32倍)
3000円
(2000円)
中立
【分析コメント】理工系の高専生・大学生向け就活イベントが主力。前期はオンライン開催へのシフトで利益率が上昇したが、今期は 元の水準に。株価も割安感がなく公開価格を下回って推移。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
13日  Geolocation Technology(4018・福Q)
2240円 3550円
(+58.5%)
2830円 25.3倍
(9.45倍)
3200円
(2400円)
中立
【分析コメント】IPアドレスのデータベースを土台にした各種サービスを提 供。地域活性化や不正アクセス防止関連で引合いが強い。上場初日は注目されるも、その後の売買減少が気掛かり。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
22日  コアコンセプト・テクノロジー(4371・東M)
3500円 7040円
(+101.1%)
4975円 77.2倍
(21.86倍)
6500円
(3500円)
強気
【分析コメント】製造業・建設業向けDX支援が中心。初値は公開価格の約2倍でやや過熱感があったが、その後の調整で妥当な株価水準に。顧客数を年2割超のペースで増加させていく計画。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
22日  ユミルリンク(4372・東M)
1000円 1711円
(+71.1%)
1276円 22.4倍
(4.08倍)
1600円
(1000円)
中立
【分析コメント】企業から消費者に向けたメール配信・SMS配信サービス。デジタルマーケティングの普及が追い風。初値後の下落で 過熱感は薄れるも、業績成長のさらなる加速を待ちたい。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
22日  シンプレクス・ホールディングス(4373・東1)
1620円 1660円
(+2.5%)
2041円 26.3倍
(3.03倍)
2300円
(1700円)
中立
【分析コメント】金融システム開発で有名。MBO(自社の経営陣による買収)による上場廃止を経て再上場。大型IPOだったが海外投資家が旺盛な買い。ただ 初値後の上昇で割安感は薄れた。非金融領域の開拓に期待
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
24日  レナサイエンス(4889・東M)
670円 976円
(+45.7%)
785円
(12.54倍)
950円
(600円)
中立
【分析コメント】医薬品や医療機器を研究開発する東北大学発ベンチャー。コロナ治療薬も取組む。腹膜透析用の極細内視鏡が年度内にも承認申請の予定だが、赤字先行で株価の評価が難しい。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
上場日 公開価格 初値
(騰落率)
株価
(10/5)
PER
(PBR)
今後1年の
高値予想
(安値予想)
投資判断
28日  ジィ・シィ企画(4073・東M)
1890円 2560円
(+35.4%)
2250円 33.9倍
(6.59倍)
3000円
(1800円)
強気
【分析コメント】クレジットカードなどキャッシュレス決済システムの開発や保守運用、クラウド型サービスを提供。業績は拡大傾向で、テーマ性もあり株価上昇の余地が大きい。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
28日  ROBOT PAYMENT(4374・東M)
1860円 3725円
(+100.3%)
2965円 108.4倍
(34.23倍)
3500円
(2200円)
中立
【分析コメント】EC黎明期からネット決済代行を手がける。請求業務用のクラウドサービスも。市場の拡大とともに業績が成長。ただ需給面の不安もあり、株価の上昇余地は限られそう。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
28日  デジタリフト(9244・東M)
1570円 2110円
(+34.4%)
1649円 22.1倍
(7.09倍)
2200円
(1400円)
強気
【分析コメント】フリークアウトHD傘下のネット広告代理店。中規模以上の顧客が中心で、小規模事業者の開拓にも注力。22年9月期の業績拡大を視野に入れれば株価は上昇余地あり。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
28日  リベロ(9245・東M)
1400円 1940円
(+38.6%)
1298円 31.0倍
(5.57倍)
1500円
(1000円)
弱気
【分析コメント】部屋探し・引越・ライフライン手配などをワンストップで提供する。不動産会社や法人向けのサービスが主力。業績は堅調も、類似企業に比べ公開価格が強気すぎた。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
29日  セーフィー(4375・東M)
2430円 3350円
(+37.9%)
3750円
(84.65倍)
5500円
(3000円)
買い
【分析コメント】監視カメラ映像システムの有力企業。大型上場ながら海外投資家の買いが旺盛で初値後の株価も堅調。短期的な需給軟化に要注意だが、今期は6割近い増収予想と高成長。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
29日  プロジェクトカンパニー(9246・東M)
2650円 3500円
(+32.1%)
4660円 92.3倍
(39.40倍)
5000円
(3200円)
強気
【分析コメント】DX推進の支援サービスを提供。企業のDX関連投資の増加に伴い業績を大きく伸ばしており、来期も好業績が期待できる。採用の強化でさらなる成長を目指す。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
30日  アスタリスク(6522・東M)
3300円 5760円
(+74.5%)
5450円 51.6倍
(16.92倍)
6500円
(3500円)
中立
【分析コメント】自動認識技術による物品管理システム。ファストリとの特許係争で知名度が高い。多様な分野で活躍が期待できるが、短期的には業績のブレが大きそう。今後の動向に注目。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
※データは10月5日時点。

アナリストのイチオシは、今期だけでなく来期も大幅な成長が
見込まれる「セーフィー」と「プロジェクトカンパニー」!

 ここからは、2021年9月に新規上場した14銘柄の中で、小林さんが特に注目している2銘柄を詳しく紹介していこう。

 まずは、唯一の「買い」推奨となったセーフィー(4375)だ。

 セーフィーは監視カメラ映像のクラウド録画・分析サービスを提供する企業。監視や防犯といった用途にとどまらず、生産性向上や業務改善のための導入が広がっている。有力なクラウドサービス企業と比べても、売上成長率の高さが際立つ。市場予想では来期も5割超の増収で、黒字転換を見込む。来期の業績はまだ株価に織り込みきっておらず、上昇の余地が大きい。

 続いて紹介するのは、プロジェクトカンパニー(9246)だ。

 プロジェクトカンパニーは、新規事業開発や事業変革の支援、SNS運用などのマーケティング支援、スマホアプリなどのユーザーテスト・改善提案が3本柱。一気通貫のサービスを強みとする。企業のDX推進が追い風。顧客数は増加傾向で継続的に入る売上の比率が大きく、安定した高成長が期待できそうだ。PERは高いが、類似企業と比べ割高感はない。

【ザイ投信グランプリ2024】を発表!本当にいい投資信託だけ表彰!

相場環境に振り回されない”地力”が強い株を探せ!
ダイヤモンド・ザイ12月号をチェック!

ザイ12月号

 ダイヤモンド・ザイ12月号の大特集「いま【快進撃の株】87」では、日本株の中でも「利益が過去最高を達成した株」「株価が最高値になった株」「配当が最高額に達した株」を紹介。「業績」「株価」「配当」が伸びている株は、相場環境に振り回されない力強さを持っているので、ちょうど今のように株価の動きが読みづらい局面では狙い目だ。

 そのほか「岸田新政権でどうなる⁉【日本株】」「早く自由になりたい!【FIRE】入門」「【NISA(少額投資非課税制度)】の年末戦略」「景気減速の【中国】は売りか⁉ 日本の中国関連株は大丈夫?」「【早期退職】は得か損か」なども要チェック!

 さらに、別冊付録で「【老後の不安】解消BOOK」も付いてくる! ダイヤモンド・ザイでは、延べ7800人を対象に「老後のお金」に関するアンケートを実施。この別冊付録ではアンケートの結果を紹介するほか、経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説する”老後不安への対処法”も掲載しているので、少しでも老後に不安を感じている人は参考にしてほしい。

■「IPO株が当たらない!」という人は、まずこちらの記事へ!
⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
 
IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2024年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!
【2024年5月1日時点】


【2024年版】本気でIPO当選を狙うなら、真っ先に押さえておきたい!
IPO[主幹事]の多いおすすめ証券会社

◆SMBC日興証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2023 2022 2021
19社
52社
24社
47社
26社
80社
10%:1人1票の平等抽選
最大5%:「ステージ別抽選」
※1
341万
【ポイント】
大手証券の中でもIPOに力を入れており、例年、主幹事数・取り扱い銘柄数ともに全証券会社中でトップクラス! また、国内五大証券会社のひとつだけあり「日本郵政グループ3社」や「JR九州」「ソフトバンク」などの超大型IPOでは、主幹事証券の1社として名を連ねることも多い。10%分の同率抽選では、1人1単元しか申し込めないので資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。さらに、2019年2月からは、預かり資産などによって当選確率が変わる「ステージ別抽選」がスタート。平等抽選に外れた人を対象にした追加抽選で、最高ランクの「プラチナ」だと1人25票が割り当てられて当選確率が大幅にアップする。
※1 預かり資産残高などによって決まる「ステージ」ごとに、別途抽選票数が割り当てられる。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆「日経テレコン」「会社四季報」が閲覧できる証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2023 2022 2021
21社
91社
13社
89社
21社
122社
60%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジポイント」順に配分
10%:知識・経験・資力と取引状況を踏まえて配分
1169万
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。特に取扱銘柄数がダントツで、2023年は全96社中91社と約95%のIPO銘柄を取り扱った。つまり、SBI証券の口座さえ持っていれば、ほとんどのIPO銘柄に申し込めると考えていいだろう。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなる当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」が、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのもメリットだ。また、スマートフォン専用サイトでIPOの申し込みや情報確認ができるのも便利。
※SBIネオモバイル証券、SBIネオトレード証券、FOLIOの口座数を含んだSBIグループ全体の口座数。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら
※ 主幹事数、取扱銘柄数はREITを除く。口座数は2023年12月末時点。
注目の証券会社!

【SMBC日興証券】
IPOの主幹事数が業界トップクラスで
2022年には24社のIPOの主幹事を務める
おすすめ証券会社!関連記事はこちら

IPO株の取扱数が毎年トップクラスのSMBC日興証券公式サイトはこちら!

No.1のSBI證券公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
マネックス証券の公式サイトはこちら 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
SBI証券の公式サイトはこちら! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報