コンサル流「格安セレブ術」

金券ショップのお得な活用術とおすすめ商品を紹介!
新幹線の切符を最も安く買えるエリア、食事代を節約
できる株主優待券など、金券ショップの裏ワザを伝授

2017年11月1日公開(2017年11月3日更新)
鈴木 貴博 [経済エンタテナー]
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 それほどお金をかけなくても優雅に暮らす技術、それが「格安セレブ術」だ。今回のテーマは、「金券ショップ」の活用術である。

 さて、企業のコンサルティングをしているとよくお見かけする「あるある事例」に、こういうものがある。それは、些細なコストをやたらと細かく管理している割には、それよりも大きなコストに無頓着というもの。大企業によくある話だ。

 企業に限らず、個人でもこれに似た話をよく耳にする。クレジットカードのポイント還元率にやたらとうるさい割に、それ以上の割引には無頓着というケースだ。「1%ポイント還元のクレジットカード」よりもお得な「1.2%ポイント還元のクレジットカード」を選ぶまではいいのだが、とにかくそれで何でも買おうとしてしまっているのである。

 しかし、どこで何を買う場合にも常に「還元率1.2%のクレジットカード」を使うより、もっと簡単に得できる裏ワザはある。たとえば、金券ショップで売っている「JCBギフトカード」を使って買い物をする方法だ。

「JCBギフトカード」を金券ショップで購入すれば、
クレジットカードよりお得に買い物できる!

金券ショップ活用術を紹介!金券ショップを上手に活用すれば、クレジットカードよりもお得に買い物することが可能!

 金券ショップで売っている多くの金券には相場があるため、常に価格は変動する。しかし1000円分の「JCBギフトカード」なら、金券ショップで984円~987円程度で購入できる確率がそこそこ高い。もし1000円分の「JCBギフトカード」が984円で買えたら、その時点で値引き率は1.6%還元率1.2%のクレジットカードを使うより0.4%もお得だ。

 「JCBギフトカード」は、百貨店や大手量販店、専門店など、さまざまな小売店と飲食店で使うことができる。たとえば、ユニクロで使える唯一のギフトカードでもある。そんな「JCBギフトカード」が値引き率1.6%で手に入れられれば、ユニクロの店頭でクレジットカード払いをするよりも、ギフトカードで支払いをしたほうがずっとお得になる。

 そのような理由から私は、ユニクロ新宿西口店で買い物をするとき、買うものがだいたい決まったら、お隣にある金券ショップで買い物額相当の「JCBギフトカード」を買って、その足でユニクロのレジに並ぶようにしている。

 このように、コンマ数%のレベルにまでこだわるクレジットカード愛好家の方は、クレジットカードだけでなく、金券ショップも活用して買い物してみてはいかがだろうか。そうすれば、もっとお得な買い物をできるようになるはずだ。

 金券ショップの魅力は、もちろん「ギフトカード」だけではない。以下では、そのほかに金券ショップで買うとお得な金券と、さらに得するための使い方のコツをいくつかご紹介しよう。

新幹線の切符を買うなら、どのエリアの金券ショップがお得?
出張のときに得する切符の買い方とは?

 そもそも金券ショップは、そのお得さの度合いが地域によってかなり違うことをご存知だろうか。たとえば「新幹線の切符」は、目の前に新幹線の改札がある東京駅の八重洲口周辺にある金券ショップよりも、新橋、渋谷、新宿、池袋といった新幹線の駅から離れた場所にある金券ショップの方が安く買える傾向にある。

 さらに名古屋、大阪、京都といった都市よりも、圧倒的に東京の金券ショップの方が安く新幹線の切符を購入することができる。ということは、東京から地方に出張する人は、都内の金券ショップで往復の切符を買ってから出かけるべきだろう。一方で地方から東京に出張する人は、少なくとも帰りの切符は都内で買ったほうがいい。頻繁に東京出張がある人なら、次の出張分の切符も買っておくとずっとお得になるはずだ。

 では、都内の金券ショップで買うと、定価よりもどれくらい得することができるのだろうか。東京-新大阪間の指定席は、「のぞみ」を利用すると、定価で片道1万4450円かかるのだが、新宿の金券ショップだと1万2950円で買えることがある。もし1万2950円なら、およそ1割引であり、往復で3000円のお金が浮く。その分、大阪で「うまいもの」を食べる資金にもなるだろう(ただし、年末年始やゴールデンウィーク、お盆の時期などの繁忙期は使えない可能性が高いので要注意)。

 新幹線と同様に、金券ショップで買うと割引率が大きいお得な商品が「年賀はがき」だ。日本郵便が民営化してからは、年賀はがきの枚数をさばく営業ノルマが厳しくなったのか、結果として金券ショップに大量の年賀はがきが出回るようになった。

 今年はまだシーズン前なので去年の金額で言うと、一枚52円の年賀はがきを46.5円で販売している金券ショップがあった。値引き率は、こちらも1割引強とかなりお得だ。

 2017年6月1日から郵便料金が改定され、通常はがきの料金が52円から62円へと値上がりしたが、年賀はがきについては特別に2017年12月15日から2018年1月7日の間に限り、52円で差し出すことができるそうだ。ただし、2018年1月8日以降には、62円へと値上がりしてしまうという。

 今年は特例が適用されて一枚10円アップの心理的なハードルはなくなったが、来年以降は値上がり必至。特に年賀状をたくさん送る人は、今年から郵便局ではなく、金券ショップで年賀はがきを買って、少しでも得をしておいたほうがいいだろう。

飲食チェーンの「株主優待券」「商品券」もおすすめ!
マクドナルドの株主優待券なら最高級バーガーもお得に

 さて、ほかに金券ショップで買ってお得なものはないだろうか?

「マクドナルド」の株主優待券「マクドナルド」の株主優待券。「バーガー類、サイドメニュー、飲み物」に引き換えられて、満足度が高い!
拡大画像表示

 実は、金券ショップで売っている「飲食チェーンの株主優待券」には、お得なものが多い。筆頭は「日本マクドナルド(2702)」の株主優待券だろう。これは、「バーガー類、サイドメニュー、飲み物」の3種類の商品の無料引換券がついている株主優待券で、金券ショップなら600円程度で売られていることが多いのだが、それにもかかわらず、ほとんどのバリューセットをポテトやドリンクをサイズアップして注文することができるのだ。

 仮に株主優待券を600円で購入できた場合に、マクドナルドで最高級レベルのハンバーガーである「グランクラブハウス」にLサイズポテトとカフェモカMサイズをセットにして注文したとしよう。すると本来なら合計で900円はかかるところ、約30%オフで楽しめることになる。

マクドナルドの株主優待券を使ってゲットしたハンバーガー類マクドナルドの株主優待券(600円で購入)を使ってゲットしたハンバーガー類。「グランクラブハウス」「Lサイズのポテト」「カフェモカMサイズ」を注文すると、約300円もお得に!
拡大画像表示

 そのほかに、私がよく行くチェーンの株主優待券を新宿の金券ショップで調べてみたところ、マクドナルドほど値引き率は大きくはないが、「すかいらーく(3197)」(ジョナサンやバーミヤン)の株主優待券を使うと14%オフ、「かつや」を展開する「アークランドサービスHD(3085)」の株主優待券なら11%オフ、牛丼の「吉野家(9861)」なら6%オフで食事ができることがわかった。

 株主優待ではないが、焼肉の叙々苑の商品券も券面の価格よりも6%安い価格で売られていた。接待のときなどに活用すると、便利でとてもお得に食事ができる。

 株主優待券には有効期限があるのが欠点ではあるが、よく出かけるお店であれば、安くなっているのを見つけたら、あらかじめ買い占めておくのも悪くはないだろう。

ビックカメラも金券ショップを使えば、還元率アップ!
「商品券」と「株主優待券」を使い分ける裏ワザとは?

 最後に、金券ショップを活用したビックカメラのお得な裏ワザをお知らせしよう。金券ショップで売っているビックカメラの金券には2種類ある。「ビックカメラ商品券」「株主優待券」だ。

 「ビックカメラ商品券」は1000円分が990円程度で売られていることが多い。つまりたった1%オフに過ぎないのだが、これにはきちんとビックカメラのポイントがつくことを忘れてはいけない。つまり、現金なら10%ポイント還元のところ、商品券を使えば実質11%還元を得ることができるのである。

 読者の中には、「高還元率のクレジットカードを使ったほうが、合計のポイント還元率が高くなるのでは?」と思った方もいるかもしれない。しかし、ビックカメラの店舗でクレジットカード払いをすると、通常10%のポイント還元率は8%へとダウンしてしまう。もし「ビックカメラSuicaカード」のようなビックカメラ提携クレジットカードで支払いをすれば、ポイント還元率10%を維持できるが(クレジットカード自体のポイントはつかない)、その場合も金券ショップで「ビックカメラ商品券」を990円で購入して、その商品券で買い物をした際の実質11%還元には及ばないのだ。

 一方、「ビックカメラの株主優待券」は1000円分が975円程度で売られていることが多い。しかし残念なことに、ビックカメラの商品券とは違い、株主優待券で買い物をするときにはビックカメラのポイントがつかない。

 「だったら、株主優待券を使わない方が得じゃないのか?」

 と思う方もいらっしゃるかもしれないが、ここに使い方の裏ワザがある。ビックカメラではアップルのiPadやMac Bookの新製品にはもともとポイントは1%しかつかない。また大幅な値引きをしている特売品の一部にも、1%しかポイントがつかない商品がある。

 そのような商品を買うときこそ、ビックカメラの株主優待券を使うのである。そうすれば、1000円分の株主優待券が金券ショップで975円で買えた場合の値引き率は2.5%だから、ビックカメラの商品券を使ったときの実質的な還元率2%(金券ショップで1000円分の商品を990円で購入し、ビックポイント1%還元)よりも得することができる。

 アップルファンの方は、ぜひこの裏ワザを実行して、ビックカメラでその違いを楽しんでいただきたい。

 さて今回は、金券ショップの活用術をいくつかご紹介した。金券ショップの相場は、場所や時期によって大きく変動するため、皆さんが見かけた店では今回紹介した価格と乖離している場合もあるだろう。そうした相場の動きも楽しみながら金券ショップを活用して、クレジットカードなどと組み合わせて、さらにお得な格安セレブ生活をおくってみてはいかがだろうか。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年9月18日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得!通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報