クレジットカード活用術

「ミライノ カード」は銀行系カードでもっともお得な
年会費「実質」無料+高還元+キャッシュバック型の
クレジットカード!住信SBIネット銀行利用者は必携

2018年1月26日公開(2019年12月5日更新)
菊地祟仁
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 今回は、2017年11月に発行が開始された住信SBIネット銀行の「ミライノ カード(MIRAINO CARD)」を紹介したいと思います。

ミライノ カード
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降900円
(年10万円以上の利用で次年度以降も無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「ミライノ カード」の公式サイトはこちら

 2017年7月に「SBIカード」の募集が終了し、住信SBIネット銀行の「スマートプログラム」で特典を受けられるクレジットカードがなくなりました。その特典を補うのが「ミライノ カード」というわけです。
【※関連記事はこちら!】
ミライノカードは、住信SBIネット銀行が発行する「実質」年会費無料&還元率1%の現金還元カード!住信SBIネット銀行の会員ランクも上がってお得!

「ミライノ カード」を保有すれば、住信SBIネット銀行の
振込手数料やATM手数料の無料回数が増えてお得になる!

 まず、「ミライノ カード」の細かいスペックを紹介する前に、住信SBIネット銀行の「スマートプログラム」を紹介したほうがいいと思います。

 「スマートプログラム」とは、住信SBIネット銀行の取引状況に応じて1~4までのランクに分けられ、さまざまな特典が受けられるサービスです。
【※関連記事はこちら!】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリッド預金」なら普通預金金利が10倍に!

 住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
  (※)、以降は142円
【住信SBIネット銀行のメリット】
コンビニATM出金手数料と他行あての振込手数料がそれぞれ最大15回まで無料(ランク4の場合)。さらに、「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」なら普通預金金利が大幅にアップ!
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら

「スマートプログラム」のランクが上がれば上がるほど、ATMの出金手数料が無料になる回数、他行宛ての振込手数料が無料になる回数が増え、ランク4の場合は毎月「50スマプロポイント」も獲得できます。「スマプロポイント」は住信SBIネット銀行のポイントで、500ポイント以上、100ポイント単位で1ポイント=1円として住信SBIネット銀行の口座にキャッシュバックすることが可能です。つまり、ランク4を1年間継続しているだけで、600ポイント貯まるため、600円のキャッシュバックが受けられる、ということです。

■住信SBIネット銀行「スマートプログラム」のランク別の特典内容
  ランク4 ランク3 ランク2 ランク1
 ATM手数料の
 無料回数
入金 無制限
出金 月15回 月7回 月5回 月2回
 同行宛ての
 振込手数料の無料回数
無制限
 他行宛ての
 振込手数料の無料回数
月15回 月7回 月3回 月1回
 ボーナスポイント 50ポイント

 次に、「スマートプログラム」でランクアップできる方法を紹介します。何の条件も満たしていない状態が「ランク1」で、「ランク1」から「ランク2」にアップするには、以下のいずれかの条件をクリアする必要があります。

【ランク1⇒ランク2になるための条件】
A)総預金残高 月末30万円以上
B)総預金残高 月末1000円以上、かつ「対象商品」を2つ以上利用
C)総預金残高 月末1000円以上、かつロボアドバイザー残高合計 月末10万円以上
D)総預金残高 月末1000円以上、かつ30歳未満

 上記「B」の「対象商品」とは以下の商品となります。

・外貨預金月末残高あり
・仕組預金月末残高あり
・SBIハイブリッド預金月末残高あり
・純金積立月末時点で契約あり
・給与・賞与・年金受取月内に入金あり
・目的・不動産ローン月末残高あり
・カードローン月末残高あり(50万円以上は2カウント)
・Visaデビットカード月末確定金額1万円以上(3万円以上は2カウント)
・BIG・toto購入 公営競技入金 月内合計2万円以上

 ランクアップの条件を見ると、年齢が30歳未満であれば、それだけで「D」の条件を満たすので「ランク2」にランクアップが可能。それ以外だと、「A」の「月末の総預金残高30万円以上」が現実的でしょうか。このように、「ランク1」から「ランク2」へのアップでもなかなか難しいです。しかし、「ミライノ カード」を保有していると、ランクアップが簡単になります

「ミライノ カードGOLD」を保有すると、住信SBIネット銀行の
「スマートプログラム」が簡単にランクアップしてお得に!

 ただし、ランクアップが簡単になるのは一般の「ミライノ カード」ではなく、「ミライノ カードGOLD」と「ミライノ カードPLATINUM」です。

ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら

 「ミライノ カードGOLD」は年会費3000円(税抜)で、年間利用額が100万円以上であれば次年度以降の年会費が無料となるゴールドカード、「ミライノ カードPLATINUM」は年会費2万5000円(税抜)のプラチナカードです。

ミライノ カードGOLD」か「ミライノ カードPLATINUM」を保有し、カード利用代金の引き落とし口座として住信SBIネット銀行を設定すると、それだけで自動的にランクが2つアップします。

 何の条件も満たさない状態で「ランク1」ですから、「ミライノ カードGOLD」か「ミライノ カードPLATINUM」を保有するだけで、最低でも「ランク3」となります。

 もし、月末に30万円以上を入金していれば「ランク2」の条件を満たすので、「ミライノ カードGOLD」か「ミライノ カードPLATINUM」の保有でランクが2つアップすると、「スマートプログラム」の最高位となる「ランク4」が確定します。「ランク4」になれば、他行宛ての振込手数料が毎月15回まで無料、さらにボーナスポイントが毎月50ポイント獲得できるようになります。

 一方、一般カードの「ミライノ カード」の場合、月間利用額によってランクアップの条件「B」の「対象商品」としてカウントされ、月間利用額1万円以上で「対象商品1つ分」、月間利用額5万円以上で「対象商品2つ分」となります。つまり、「ミライノ カードGOLD」や「ミライノ カードPLATINUM」とは異なり、一般カードの「ミライノ カード」は保有するだけではランクアップの対象とならず、カード利用がなければ「ランク2」にアップできません。

 さらに、一般カードの「ミライノ カード」は年会費が初年度は無料となるものの、2年目以降は900円(税抜)となります。年間10万円以上を利用すると次年度が無料になるので、初年度から年間10万円以上を利用し続けると年会費無料で利用できますが、「完全無料」のクレジットカードではありません。

 住信SBIネット銀行を上手に使うのであれば、「ミライノ カードGOLD」以上を保有するのがいいでしょう。筆者も住信SBIネット銀行を利用しているので、すでに「ミライノ カードGOLD」を申し込みました。
【※関連記事はこちら!】
「ミライノカード」を作るなら、“実質”年会費無料で最もお得な「ミライノカード GOLD」がおすすめ!旅行保険が自動付帯で、ATM手数料などもお得に!

ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら

「ミライノ カード」のポイントを、住信SBIネット銀行のポイントに
交換すれば、還元率1.0%でキャッシュバックが可能になる!

 最初に「ミライノ カード」や「ミライノ カードGOLD」「ミライノ カードPLATINUM」の付帯特典を見ていきましたが、ここからは基本的なスペックを紹介していきましょう。

 まずは、還元率を紹介します。「ミライノ カード」「ミライノ カードGOLD」「ミライノ カードPLATINUM」は、どのカードでもポイント還元率は同じです。月間利用額1000円につき「5ミライノ ポイント」が貯まり、貯まった「ミライノ ポイント」は1000ポイント=1000円分としてカード利用代金に充当できます。つまり、「ミライノ ポイント」をカード利用代金に充当した場合の還元率は0.5%となります。

 しかし、「ミライノ ポイント」を住信SBIネット銀行の「スマプロポイント」に交換すると、「1000ミライノ ポイント=2000スマプロポイント」となります。この「スマプロポイント」は500ポイント以上、100ポイント単位で住信SBIネット銀行の口座に「1ポイント=1円」でキャッシュバックできます、つまり、「ミライノ ポイント」を「スマプロポイント」に交換すれば、還元率1%のキャッシュバックカードとして利用することができるようになるのです。

 「ミライノ ポイント」の有効期限は一般カード「ミライノ カード」で2年、「ミライノ カードGOLD」と「ミライノ カードPLATINUM」で3年ですが、利用額に応じたボーナスポイントなどはないため、還元率だけを考えると一般カードの「ミライノ カード」がお得と言えます。

ミライノ カード
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降900円
(年10万円以上の利用で次年度以降も無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「ミライノ カード」の公式サイトはこちら

「ミライノ カードGOLD」は格安ゴールドカードながら
「家族特約」など、旅行保険がプラチナカード並みに充実!

 「ミライノ カードGOLD」はゴールドカードですが、年会費は3000円(税抜)なので「格安ゴールドカード」ということになります。そのため、年会費1万円程度のゴールドカードとは異なり、「ミライノ カードGOLD」では国内線の空港ラウンジの利用はできません。

 「ミライノ カードGOLD」のような「格安ゴールドカード」を申し込む場合、国内線の空港ラウンジが利用できるかどうかは事前に確認して入会するようにしましょう。「格安ゴールドカード」で国内線の空港ラウンジの利用ができるのは「楽天ゴールドカード」や「MUFGカード ゴールド」「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」程度です(ただし、「MUFGカード ゴールド」と「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は通常よりも使える場所が少ない)。
【※関連記事はこちら!】
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!

 その他、「ミライノ カード」と「ミライノ カードGOLD」の大きな違いは2つです。1つ目が、「クレジットの利用可能枠」です。基本的に「ミライノ カードGOLD」のほうが利用可能枠は大きく、一般カードの「ミライノ カード」の初期利用可能枠は20万~100万円なのに対して、「ミライノ カードGOLD」は70万~300万円となっています。

 2つ目が「旅行保険の補償額」です。一般的なゴールドカードと一般カードと同様、「ミライノ カードGOLD」になると、旅行保険が「ミライノ カード」よりも手厚くなります。また、「ミライノ カード」では旅行代金を「ミライノ カード」で決済しなければ補償されない「利用付帯」ですが、「ミライノ カードGOLD」はカードを持っているだけで補償される「自動付帯」です。

 さらに、クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険には「最高1億円補償」などとありますが、これは死亡時などに支払われるものであり、実際に使うことが多いのは傷害治療や疾病治療、救援者費用、携行品に関するものです。

■「ミライノ カード」3券種の旅行保険の補償内容を比較!
カード種別 ミライノ カード
(一般カード)
ミライノ カードGOLD
(ゴールドカード)
ミライノ カードPLATINUM
(プラチナカード)
対象者 本人 家族特約 本人 家族特約 本人 家族特約
※海外旅行傷害保険の場合
利用条件 利用付帯 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺
障害保険金
最高
2000万円
最高
1000万円
最高
5000万円
最高
1000万円
最高
1億円
最高
1000万円
傷害治療
保険金
最高
200万円
最高
100万円
最高
500万円
最高
250万円
最高
1000万円
最高
500万円
疾病治療
保険金
最高
500万円
最高
250万円
最高
700万円
最高
350万円
賠償責任
保険金
最高
1000万円
最高
500万円
最高
5000万円
最高
2500万円
最高
1億円
最高
5000万円
携行品損害
保険金
最高
50万円
最高
25万円
最高
100万円
最高
50万円
救援者費用
保険金
最高
100万円
最高
50万円
最高
300万円
最高
150万円
最高
500万円
最高
250万円
※国内旅行傷害保険の場合
利用条件 利用付帯 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺
障害保険金
最高
2000万円
最高
1000万円
最高
5000万円
最高
1000万円
最高
1億円
最高
1000万円
入院保険金 日額
3000円
日額
1500円
日額
4000円
日額
2000円
日額
5000円
日額
2500円
通院保険金 日額
2000円
日額
1000円
日額
4000円
日額
2000円
日額
5000円
日額
2500円

 上の表にあるように、ミライノ カードGOLD」は傷害治療や疾病治療、救援者費用、携行品に関する補償が充実しており、傷害治療費用・疾病治療費用は500万円と高額です。傷害治療費用・疾病治療費用が500万円というのは、他社が発行するプラチナカード並み、もしくはそれ以上の補償内容となります。

 また、本人以外の「家族特約」があるのもうれしい点です。通常、家族カード保有者は旅行保険の対象となりますが、家族カードを保有できない18歳未満の子どもなどは対象外となることも多いです。しかし、ミライノ カードGOLD」のように「家族特約」がついているカードの場合は子どもも対象となるので、旅行中の怪我や病気などの不安も軽くなります

ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら

「ミライノ カードPLATINUM」を保有すると、コンシェルジュや
レストラン特典などJCBのプラチナ特典が利用可能に!

 プラチナカードの「ミライノ カードPLATINUM」では、「JCB」のプラチナ特典を利用できるので、「プラチナ・コンシェルジュデスク」で旅行やチケットの手配、調べ物などにも対応してもらえます。

 旅行する際にも、国際線の空港ラウンジの利用、世界1000カ所以上の空港ラウンジを利用できるプレステージ会員の「プライオリティ・パス」の発行、国内の宿泊施設での特典が受けられる「JCBプレミアムステイプラン」、海外の宿泊施設で特典のある「海外ラグジュアリー・ホテル・プラン」の利用が可能です。また、「JCBトラベルデスク」で5万円以上の旅行を手配すると、自宅と空港の間でスーツケースなどの手荷物を無料宅配してくれるサービスも利用できます(従来は片道だったのが往復に変更)。

 レストラン特典としては、対象のレストランでコース料理又は合計金額が30%OFFになる「ダイニング30」の利用が可能。また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの人気アトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」内にある「JCB LOUNGE」を利用できる特典など、「JCB」ブランドのプラチナサービスを利用することができます。

 年会費2万5000円(税抜)で「JCB」のプラチナ特典を利用できるのは、2017年10月に発行が始まった「JCBプラチナ」のほかは「プラチナローズカードJCB」に次いで3枚目となります。その意味では、ほかにプラチナカードを保有していない場合は、「ミライノ カードPLATINUM」を保有するメリットもありますが「ミライノ カードPLATINUM」には家族カードがない、というのが残念なところです。
【※関連記事はこちら!】
JCBプラチナは招待不要の申込制プラチナカードで、JCBの最高峰「ザ・クラス」を目指す最短ルートに!USJのラウンジ利用や充実の旅行保険も大きな魅力!

「ミライノ カード」「GOLD」「PLATINUM」の3枚を比較すると、
「ミライノ カードGOLD」をお得に活用するのがおすすめ!

 さて、ここまで、一般カードの「ミライノ カード」とゴールドカードの「ミライノ カードGOLD」、プラチナカードの「ミライノ カードPLATINUIM」のそれぞれのスペックや特典を紹介してきましたが、はたしてこの3枚のうち、どのクレジットカードを選べばいいのでしょうか?

 住信SBIネット銀行を利用している人なら、「ミライノ カードGOLD」を保有して住信SBIネット銀行の「スマートプログラム」で「ランク3」以上となって振込手数料やATM出金手数料の無料回数が増える特典などを有効活用し、さらに「ミライノ カードGOLD」の手厚い旅行傷害保険と、還元率1.0%のキャッシュバックを使うというのがおすすめです。

ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら

 なお、「ミライノ カード」の3枚は大型キャンペーンを実施中で、2018年3月31日までに入会すると「200ミライノ ポイント」がもらえるのに加えて、2018年3月31日までに国内で1万円以上利用すると「2000ミライノ ポイント」、カードに搭載されている電子マネー「QUICPay」または「Apple Pay」に登録して利用すると「300ミライノ ポイント」の合計「2500ミライノ ポイント」を獲得できます。これは「スマプロポイント」に交換すると5000円分がキャッシュバックできることになります。

 さらに、2018年3月31日までの海外利用分はポイント2倍で還元率2%にアップ。また、2017年8月1日時点で「SBIカード」を保有していた人が「ミライノ カード」に入会した場合、エントリーすると国内ショッピングも3月31日まではポイント2倍、2%還元のクレジットカードとして利用ができます。

 「ミライノ カード」「ミライノ カードGOLD」「ミライノ カードPLATINUIM」のいずれかを検討している人は、3月31日までのキャンペーンを活用してみてはどうでしょうか。

【※関連記事はこちら!】
ミライノカードは、住信SBIネット銀行が発行する「実質」年会費無料&還元率1%の現金還元カード!住信SBIネット銀行の会員ランクも上がってお得!
「ミライノカード」を作るなら、“実質”年会費無料で最もお得な「ミライノカード GOLD」がおすすめ!旅行保険が自動付帯で、ATM手数料などもお得に!

ミライノ カード
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降900円
(年10万円以上の利用で次年度以降も無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「ミライノ カード」の公式サイトはこちら
ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得!通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆エポスカード(エポスカード)

0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
エポスカード公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!

◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! SPGアメリカン・エキスプレス・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

連続増配株&高配当株
年金世代1万人大調査
IPO株 トレード術

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

増配株&高配当株であんしん老後

何歳からでも始められる
増配株&高配当株であんしん老後
[Prologue]目指せ! じぶん年金づくり
[投資先1]日本の高配当株43銘柄
●高利回り株●連続増配株●10年配当株
[投資先2]Jリート5銘柄
[投資先3]米国の高配当株20銘柄
[投資先4]毎月分配型投信13銘柄

仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
儲け方[1]上場前の株の当選を目指す
儲け方[2]上場後の株の再上昇を取る
10倍期待の株は64銘柄!
2018年~2019年上場の全151銘柄の買売を分析

年金生活のリアル
金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!

年末までラストスパート
駆け込み!ふるさと納税72
上限額や災害支援のことなどふるさと納税のキホン
カニ・おせち・温泉など冬の3大返礼品!
おいしいものだけ!返礼品別カタログ

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
毎月配当カレンダー2020年1月⇒12月

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報