FP花輪陽子のシンガポール移住日記

シンガポールや香港など、海外の金融機関に口座を
開設して投資するメリットとは? 日本で取り扱って
いない高利回りの債券など、海外投資の魅力を紹介!

【第31回】 2018年3月2日公開(2018年4月2日更新)
花輪陽子
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 ファイナンシャル・プランナー(FP)の花輪陽子です。これまでも日本の皆さんに向けて、シンガポールにいながらFPの活動をしてきましたが、2018年からはシンガポール在住の方々に向けても、本業の活動を始める予定です。

 その一環で、「IFA(アイエフエー)」と呼ばれる独立系ファイナンシャルアドバイザー、プライベートバンカー、金融機関の方などとミーティングをする機会も増えてきました。今回は、そんな出会いを通じて実感した、シンガポールや香港で取り扱う金融商品の魅力についてお伝えしたいと思います。

日本人の資産は大部分が現金・預金だが、
海外では株や投資信託、投資型の保険を保有する人も多い

 日本銀行が発表している「家計の金融資産構成」(※データは2017年3月末時点)によると、日本人の資産構成は現金・預金が51.5%、債務証券1.4%、投資信託5.4%、株式10%、保険・年金・定型保証28.8%、その他2.9%となっています。

 対して、米国は現金・預金が13.4%、債務証券5.6%、投資信託11%、株式35.8%、保険・年金・定型保証31.2%、その他2.9%。

 ユーロエリアは現金・預金が33.2%、債務証券3.2%、投資信託9.2%、株式18.2%、保険・年金・定型保証34%、その他2.3%です。

 このデータからわかるように、日本人の資産は圧倒的に現金・預金が多くなっています。対照的に、米国では株や投資信託を資産に組み入れている人も少なくありません。また、英国などでは保険の構成割合が非常に高くなっているのですが、保険といっても保障が主目的ではなく、日本の「変額年金保険」のような投資型の商品が一般的です。

 ちなみに、シンガポールでも投資型の保険が人気です。予定利率が3%以上の商品が一般的ですが、これだと大体24年ほどで元本の倍になる計算です。

 日本では保険の予定利率が低下し、保険で資産形成をするのが難しくなっているので、シンガポールで注目されている投資型の保険は、とても魅力的に映ると思います。しかし、日本に住んでいる人は、原則として外国の保険を買うことができません。ただし、海外で働いているなど、日本に居住していない期間は購入できるため、帰国が決まると余ったお金で保険を買う人もいます。

日本にいながら海外投資はできるが、
海外の金融機関にわざわざ口座を開設する投資家も!

 それにしても、日本と異なり、海外では預金・現金以外の金融商品が積極的に買われているのはなぜでしょうか?

 もちろん、「投資教育が日本より徹底されているから」といった理由もあるでしょうが、それに加えて「金融商品のラインナップが日本と異なっている」という事情も、背景にあるはずです。

 先ほど例に挙げた、シンガポールの高利回りが期待できる投資型保険もそうですが、海外には日本にない金融商品がたくさんあります。日本の金融機関を通じて買える海外の金融商品(株や国債、海外ETFなど)もありますが、日本の投資家の中には、日本では買えない金融商品に魅力を感じている人も多いです。なかには、海外の金融商品を買うために、わざわざ海外(主に香港やシンガポールなど)にわたって、現地の金融機関で口座を開く人もいます。

 ちなみに、香港やシンガポールの税制は日本よりも有利だと言われます。たとえば、株式投資の値上がり益や配当収入には税金がかかりません。とはいえ、海外の金融機関で口座開設し、投資をしても、日本に居住している場合は、日本の税制に従わなければならないので、税金のお得さを享受することはできません。

香港やシンガポールの金融機関は、日本で販売されていない
超大型グローバル企業の社債などを取り扱う

 海外の金融商品を現地の口座で取引する場合、個別株に関しては、日本の証券口座を通じて投資しても、現地の口座から投資しても、それほどの差はありません。

 日本の金融機関と、たとえば香港・シンガポールなどの金融機関で大きく異なるのは、外国債券や外国投資信託のラインナップです。日本の金融機関が取り扱う外国債券は、米国債など限られたものだけですが、たとえば香港の金融機関では、「マイクロソフト」や「アップル」の社債なども取り扱っています。

 こうした超大型グローバル企業の社債は、購入単位が1000万円~などとなっていて、かなり必要投資金額が大きくなっています。しかし、富裕層はグローバル企業の社債をポートフォリオに組み入れることが多いです。社債の場合、会社が倒産しない限りは元本が保証され、利回りが最低でも3%程度は確保できるからです。日本の低金利な預金や国債に比べると、はるかに魅力的です。

 それでは、なぜ日本の証券会社には、こうした外国債券の取り扱いが少ないのでしょうか? いくつもの理由があると考えられますが、その一つは手間やコストの問題です。

 一般に、債券や投資信託を購入する場合、投資家は事前に目論見書を確認する必要があります。香港やシンガポールなどは英語圏なので、英語の目論見書があればよいのですが、日本だとそうは行きません。英語の開示資料を日本語に翻訳するには、手間やコストがかかります。

 これはほんの一例ですが、こうした言葉の障壁や法制度の違いなどから、日本で取り扱いづらい金融商品も、香港やシンガポールにはたくさんあるのです。また、現地通貨だけでなく、米ドルなど外貨で運用することが可能なところも、魅力の一つと言えるでしょう。

シンガポールの金融機関は非居住者が口座開設しづらい!
これから狙うなら香港の金融機関に注目を

 海外の金融商品に魅力を感じた場合、日本にいながら投資するには、やはり海外の金融機関に口座を開く必要が出てきます。

 しかしながら、現在、シンガポールの金融機関は、非居住者が新規で口座開設をすることを厳しく制限しています。資産を預けて運用の助言をもらったり、運用を一任したりできるプライベートバンクは、非居住者でも利用できるものの、最低預入額が億単位など、かなりハードルが高く、一般の人が利用するのは難しくなっています。

 それよりは比較的ハードルが低く、日本人にとって狙い目なのが「香港の金融機関」です。日本の個人投資家で、日本語での対応を希望する場合は、新生銀行などが出資している「Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB)」、英語でも問題のない人はHSBC香港などを利用していることが多いです。

 もし、こうした金融機関に興味を持ち、口座を開設してみたいという方は、事前にサイトで必要書類を確認してから渡航することをおすすめします。

 私自身も香港で行われるNWBのセミナーに行こうと思っています。旅行も兼ねて、海外でのセミナーや金融機関の視察をしてみるのも、面白いと思います。LCCを利用すれば安価ですし、頑張れば日帰りで帰れなくもない距離です。

 前述のように、今、シンガポールの金融機関は口座開設などのハードルが高くなっていますが、今後も香港やシンガポールを含む海外の金融機関や金融商品で興味深い情報があれば、随時レポートしていきたいと思います。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年10月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得!通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆エポスカード(エポスカード)

0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
エポスカード公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!

◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

ずーっともらえる
株主優待
今から買って大丈夫?

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

改悪・廃止を回避せよ!ずーっともらえる優待

ずーっともらえる株主優待
【スペシャル座談会】
投資歴20年超のツワモノ達が語りつくす
「株主優待のオモテとウラ」
【安心度をスコア化してランキング!】
・10年続く優待株ベスト50銘柄
【桐谷さん&優待の達人15人が推薦!】
ずっと持ちたい優待カタログ90銘柄

●ベストな買い時は?もう売るべき?
今から買って大丈夫?
タイプ1-価格が上がりすぎ!
オリエンタルランド、Jリート、金
タイプ2-価格が下がりすぎ!
ゆうちょ銀、東証マザーズ、串カツ田中
タイプ3-配当の利回り高すぎ!
JT、日産自動車、銀行株
タイプ4-赤丸急上昇の話題沸騰株!
Zホールディングス、ZOZO、楽天

残り2カ月!NISA売買戦略
・高配当株、安定成長株、10倍期待株

スペシャル対談
デヴィ夫人×本田健さん
逆境にめげずにチャンスを活かす!
「豊かな人生をつくるお金の使い方のヒント」

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[番外編]

【別冊付録】
●FXで勝つための自動売買入門


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報