世界投資へのパスポート
2018年5月14日公開(2018年5月14日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

GPUメーカーの「エヌビディア」が好決算を発表!
仮想通貨のマイニング向け需要は今後減速するも、
コア市場のゲーミング需要には高成長が期待できる!

GPUメーカーのエヌビディアの決算は
売上高成長率+65.6%の素晴らしい内容

 先週、GPU(リアルタイム画像処理プロセッサ)メーカーのエヌビディア(ティッカーシンボル:NVDA)が、2019年度第1四半期決算を発表しました。素晴らしい内容でした。

 EPSは予想1.66ドルに対し2.05ドル、売上高が予想28.8億ドルに対し32.1億ドル、売上高成長率は前年同期比+65.6%でした。

エヌビディアの売上高の半分はゲーミング需要
仮想通貨のマイニングのための需要も

 下は、エヌビディアのGPUにおける市場別売上動向のチャートです。

 ゲーミングが売上高の54%を占め、最も重要な市場となっています。ゲーミング売上高は、前年同期比で+68%の17.2億ドルでした。

 高い成長を記録している理由は、『フォートナイト』『パブジー(PUBG)』などの新しいゲームがGPUの買い替え需要を促進しているためです。

 なお、第4四半期から第1四半期にかけて売上高が下がっているように見えるのは、通常、第4四半期はクリスマス商戦期間を含んでいるためです。従って第1四半期は例年、前期比ではマイナスになります。

 ゲーム向けGPUは、卸(おろし)市場を経由し消費者へ届けられるのですが、品薄から卸市場における価格が高騰し、ファンが手頃な値段でGPUを買えないという問題が起きました。

 品薄状態は、上記の新しいゲームの登場に加えて仮想通貨をマイニングする目的でGPUが買い漁られたことにより引き起こされました。

仮想通貨向けの重要は冷え込むと予想されるが
コア市場であるゲーミング市場にとってはプラス要因

 今期の決算発表から、エヌビディアは初めて仮想通貨向け需要の数字を開示し始めました。第1四半期の仮想通貨向け売上高は2.89億ドルでした。これはアナリストの予想数字を上回りました。

 しかし、ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨の価格が下落したことに加え、イーサリアムのマイニング専用のASICs(=カスタム半導体)が他社から発表されたことなどの要因により、第2四半期は0.96億ドル前後に落ち込むと会社側は見ています。

 この仮想通貨向けGPU市場の冷却化は、エヌビディアの本来のコア市場であるゲーミング向けGPUの消費には、むしろ好都合だと思われます。なぜなら、上に書いたような卸市場に於ける価格高騰により、いままでGPUを買い替えたくても買い替えることができなかったファンにとって、ようやく手の届く価格に下がってくるからです。

 これが第2四半期の売上高に与える影響ですが、通常、第2四半期は第1四半期と比べると+15%前後で成長するのですが、今回はゲーム・ファン達の待機需要を充足する売上が好調だというと見込まれることから、それより少し高い売上高成長率を出せそうです。

 別の言い方をすると、来期にかけて仮想通貨向けの売上高が3分の1に急減しても、それを補って余りある売上成長をゲーミングから出せるということです。

データセンター向けGPUの市場規模は
2023年までに500億ドルに

 一方、データセンター向けGPU市場は同社の売上高の22%を占めていますが、ここは第1四半期+71%(前年同期比)の成長を記録しました。人工知能(AI)向けGPUの引き合いが、たいへん強いです。

 世界には3000万台のサーバが存在し、それらの大半はディープ・ラーニングが無い時代に購入されました。その多くはCPU(中央処理装置)と呼ばれる半導体により駆動されているのですが、CPUではディープ・ラーニングに必要な演算処理は到底捌き切れません。

 つまり、CPUからGPUへの交換需要が向こう何年にも渡って期待できるのです

 人工知能(AI)には様々な用途(アプリケーション)があるのですが、それらを設計するソフトウェア・デベロッパーは、先ずGPUに基づいた設計の手法を体得する必要があります。いま続々とそのような新しいスキルを身に着けたデベロッパーが誕生していますから、アプリケーションが開花するのはこれからが本番になります。

 具体的にはイメージ認識、ナチュラル・ランゲージによるスピーチ認識などが目先の商機となっていますが、今後、数限りない応用が考えられます。

 つまりアプリケーションの多様化に伴い、さらにGPUの需要が喚起されるという好循環が期待できるのです。エヌビディアでは、2023年までにデータセンター向けGPUの市場規模は500億ドルになると予想しています。

 CPUとGPUを比べると、場合によってはGPUの方が100倍もパワフルです。それは、サーバが少なくて済むうえ配線などデータセンター周りのゴチャゴチャが整理でき、結果として費用削減につながることを意味します。

自動運転者向けの半導体市場は
2035年までに600億円規模に成長!

 第1四半期の自動車関連売上高は、前年同期比+4%の1.45億ドルでした。

 自動運転車向け半導体はまだまだ小さいですが、2035年までには世界で1億台の自動運転車が走り回り、さらに1000万台のロボット・タクシーが登場する、とエヌビディアでは予想しています。その場合、自動運転車向け半導体は600億ドル市場へ成長すると見込まれます。

【今週のまとめ】
エヌビディアは決算発表後に下落したが
ここは「押し目は買い場」と考えよう

 先週、エヌビディアが決算発表した後、「理想買い、現実売り」で同社株は売られました。来期に仮想通貨向け売上高が落ち込むという会社側のコメントもセンチメントを悪くしました。

 しかし今日説明したように、仮想通貨向け需要の一巡はむしろ同社のコア市場であるゲーミング向けGPUにとっては好都合であり、エヌビディア株の押し目は買い場と考えることが出来るでしょう。

■エヌビディア(NVDA)チャート/日足・6カ月
エヌビディア(NVDA)チャート/日足・6カ月エヌビディア(NVDA)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示
【今週のピックアップ記事!】
メルカリのIPO(新規上場)、主幹事は大和証券で、初値予想は+50%値上がり! IPOの専門家であるフィスコのアナリストが「メルカリ」のIPOを分析!
激安株10銘柄を「まとめ買い」して"爆騰"を狙え! 最低投資額が1万円台以下の「日本コークス工業」「RISE」など"大化け候補株"への分散投資術を紹介
【2019年2月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン https://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 株主優待名人・桐谷さんがおすすめする「株主優待」を大公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

高配当株の儲け方
じぶんで作る年金
株主優待123銘柄

4月号2月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【高配当株+Jリートの儲け方】

最強「日本株」の選び方!
利回り4%以上の全221銘柄の辛口
高配当株の投資ワザ9とオススメ銘柄
・とにかく
高い配当収入にこだわる! 
・配当を取りつつ
値上がり益を狙う
米国高配当株で配当&上昇を狙う! 
・Jリートで
4%以上の家賃収入!

毎月収入があるしくみを作れ! 
じぶんで作る
年金ガイド
しくみ作りを計画!
4人の達人のリアル事例集

ZAi読者2018年に買った株を診断!
値下がり株をメッタ斬り! 
・診断1-「IPO株」
ソフトバンクなど
・診断2-「お騒がせ株」
TATERUなど
・診断3-「優待株」
RIZAPグループ
・診断4-「高配当株」日産自動車など
・診断5-「有名株」
楽天など

フリマアプリお小遣い稼ぎ
●毎月分配型投信100本の本当の利回り

【別冊付録】
消費増税から生活を守る株主優待123銘柄

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング