クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]

プラチナカード&ブラックカードの本当の価値とは?
高い年会費を払ってでも付帯サービスが充実した
クレジットカードを保有すべき人はこんな人だ!

2015年4月9日公開(2019年11月29日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 プラチナカードのインビテーションが届いたが、「これは申し込んだ方がいいのだろうか? 年会費が数万円アップするメリットって何だろう?」と悩むも多いだろう。そこで今回は、

・ブラックカードやプラチナカードといった“プレミアムカード”を
 持つべき人とはどんな人か?
・ブラックカードやプラチナカードを保有するメリット・デメリットは
 どこにあるのか?

について書いていこうと思う。

ブラックカードやプラチナカードのメリットは
意外にわかりにくい

クレジットカードのステータスのイメージ図

 通常のクレジットカードのステータスは、「一般カード」、「ゴールドカード」、「プラチナカード」、「ブラックカード」となっており、ステータスが上がるにつれ年会費はどんどんアップし、保有者はどんどん減っていく。プラチナカードの保有者はクレジットカード保有者全体の3%程度、ブラックカードの保有者にいたっては1%未満となるだろう。

 当然、ブラックカードやプラチナカードを持っていると、周囲から「おっ」っと思われることがあるかもしれない。とはいえ、「見る人が見ればわかる」という話であり、カードフェイスだけで一目置かれることはほとんどない。

 ブラックカードやプラチナカードになると、ショッピング枠が増えるのもメリットだ。プラチナカードなら、初期設定で限度額が300~500万円程度にはなっているだろう。ただし一般カードであっても、数年間保有すればショッピング枠は100万円以上になるし、コールセンターに電話をすれば一時的にショッピング枠を増額することも可能だ。つまり、ショッピング枠が増えたからといって、それほど大きなメリットとは言えないだろう。

 さらに、ブラックカードやプラチナカードだからといって、一般カードやゴールドカードより多くのポイントが貯まる、特別な商品に交換できる、ということはほとんどない。一部のプレミアムカードでは、一般カードの2倍のポイントが貯まったり、マイルの還元率が高かったりする場合もあるが、高額な年会費を考えると2倍のポイントが貯まってもメリットはほとんどない。

 これまで、ブラックカードやプラチナカードのメリットを否定するようなことばかり書いてきた。では、どんな人であればブラックカードやプラチナカードを保有する意味があるのだろうか?

ブラックカードやプラチナカードを保有すべきは
中小企業の代表や個人事業主

 ブラックカードやプラチナカードを保有する大きなメリットは、付帯サービスが一気に増えることだ。

 プレミアムカードには、コンシェルジュサービスやダイニングサービス、旅行&ホテルの優遇、空港ラウンジサービスや海外旅行時の手荷物無料宅配サービスなど、数多くの特典が付帯している。クレジットカードによっては、プレミアムカード保有者専用のラウンジに入室できたり、ホテルの上級会員が付帯していたりと、実に様々な特典を享受することができる。

 しかし大企業の役員などの場合、そもそも海外出張時の飛行機はビジネスクラスであり、そのチケットでラウンジの利用が可能だったり、ホテルはクラブフロアと決まっていたりする。また、出張手配は秘書が行ってくれるため、コンシェルジュサービスを使うこともない。プレミアムカードのサービスで利用できるものは、海外出張時の手荷物宅配サービスくらいだろう。それだけのために数万円の年会費を支払う必要はない。

 したがって、ブラックカードやプラチナカードを保有すべき人は、筆者のような中小企業の代表や個人事業主となるだろう。そうした人たちは秘書がいないため、出張手配などは自分で行う必要がある。しかしブラックカードやプラチナカードを保有していれば、コンシェルジュデスクで日程を説明し、希望する宿泊施設の立地・金額などを伝えるだけで、出張手配は完了だ。

 例えば、年会費2万円(税抜)の「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」で考えると、1カ月1800円で秘書を雇っているのと同じことになる。年会費が13万円(税抜)の「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」であっても、1カ月にすると1万円ちょっとだ。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
還元率 0.5~1.0%
おすすめクレジットカード!高還元率のMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
発行元 三菱UFJニコス
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 2万2000円
家族カード(税込) あり(1人目は年会費無料、2人目以降は3300円)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 「MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード」は年会費が2万円と高額だが家族カードが1枚無料!付帯サービスも豊富でプラチナカード初心者に最適!
年会費2万円で持てる、お得なプラチナカードは? プラチナカードの年会費と付帯サービスを比較して、コスパ最強の「おすすめプラチナカード」を紹介!
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

(関連記事⇒「MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード」は海外旅行にぜひ持って行きたいコスパの高い1枚! 世界700カ所のVIPラウンジも家族全員で利用可能!

◆インビテーション不要で申し込みが可能!
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
還元率 0.33~1.5%
(※ポイントをマイルに交換した場合。1マイル=1.5円換算)
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 14万3000円
家族カード(税込) あり(4人目まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 「アメックス・プラチナ」は、招待不要で申し込める最強のプラチナカード! 年会費は13万円と高額だが、空港やホテル、コンシェルジュのサービスはピカイチ
アメックスの新規入会キャンペーンをまとめて紹介!「アメリカン・エキスプレス」の入会特典で、ポイントやマイルをお得に獲得しよう!(アメックス・プラチナ編)
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の公式サイトはこちら

家族カードでも本会員とほぼ同等のサービスが受けられる

 では、大企業の役員などには、ブラックカードやプラチナカードを保有するメリットはないのだろうか? 筆者は、彼らにも保有メリットはあると考えている。それは、本会員が受けられる8~9割程度のサービスを、家族カード会員も受けられることだ。

 「プライオリティ・パス」だと家族カードは申し込み不可の場合もあるが、コンシェルジュサービスやラウンジサービスなどは、本会員とまったく同じように使うことができるプラチナカードが大半だ。

 例えば、本会員が出張中に家族だけで帰省する場合、家族は自分たちで旅行の手配をしなければならない。しかしプラチナカードの家族カードを保有していれば、本会員がいなくてもコンシェルジュデスクに電話し、旅行の手配を依頼することが可能となる。

 また、JCBのプラチナカード「ザ・クラス」なら、本会員が忙しくてディズニーリゾートに行く時間がなかったとしても、家族カード会員がラウンジチケットを依頼し、家族カードでラウンジを利用することも可能となっている。
(関連記事⇒JCBのプラチナカード「ザ・クラス」保有者向けにディズニーシー内に設けられた特別ラウンジを公開! 東京ディズニーリゾートの“都市伝説”は本当だった!

JCB ザ・クラス(THE CLASS)
 還元率  0.5~2.5%
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラスの詳細はこちら
 発行元  JCB
 国際ブランド  JCB
 年会費(税抜)  5万円
 家族カード  あり(無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 ―


 ブラックカードやプラチナカードは、仮に本会員に使い道がなくても、家族が同等の付帯サービスを利用できることが最大のメリットではないだろうか。

 もし「プレミアムカードのメリットが感じられない」と考えているのであれば、家族のことを考えてみると良いだろう。それでも「年1回の帰省の手配のためだけに、年会費が高額なプレミアムカードを保有する必要はない」と考えるのであれば、カード会社から来たインビテーションに申し込む必要はない。数万円の年会費をその帰省のために使ったほうが、よっぽど優雅な旅行ができるはずだ。

 逆に「自分はほとんど使わないが、家族が利用できる付帯サービスが多い」と考えるのであれば、ブラックカードやプラチナカードの保有を前向きに考えてみればいいだろう。

 ブラックカードやプラチナカードを保有するには、どれだけの付帯サービスを使えるかが重要だ。本人も家族も決済にしか使わないのであれば、ブラックカードやプラチナカードを保有するメリットはない。しかし付帯サービスを十分に理解し、本人や家族が使い倒すのであれば、高額な年会費を差し引いてもブラックカードやプラチナカードは非常にお得なクレジットカードとなる。

 以上、ブラックカードやプラチナカードを保有する意味についてまとめてみた。ブラックカードやプラチナカードに憧れる人は多いが、「本当に自分に必要なクレジットカードか」を慎重に考え、申し込むかどうかを決めるようにしよう。


 ザイ・オンラインでは、他にもブラックカードやプラチナカードを紹介する記事を掲載しているので、興味のある方は参照して欲しい。

【ブラックカード・プラチナカードの関連記事】

プラチナカードやブラックカードは本当に得なのか?
 ウワサの「充実した付帯サービス」の内容とインビテーション不要のプラチナカードを徹底比較!

楽天カードの最上位「楽天ブラックカード」入手!
あまり知られていない「楽天ブラックカード」のお得すぎる驚異的なサービス内容を一挙公開!

ゴールドカードやプラチナカードの「旅行保険」は家族特約や航空機の遅延補償などが充実!
 「このカードさえあれば旅行先でも安心」な1枚は?

プラチナカードに付帯の「ダイニングサービス」で超一流店で食事が無料になるサービスを体験!
年会費が割安に思えるプラチナカードの選び方!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2021年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2021年4月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、JALのマイルなどにも交換可能で、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万1000円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 ◆イオンカードセレクト

0.5~1.0%

永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトのカードフェイス
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、「イオンカードセレクト」の保有+月1回のカード(または搭載のWAON)決済+ネットバンキングに登録という3つの条件を満たすだけで「イオン銀行Myステージ」の「シルバーステージ」に到達し、「イオン銀行」の普通預金金利が通常の30倍=0.03%になるこちらの記事を参照)。メガバンクの定期預金金利が0.002%の今、普通預金金利が0.03%になるのはお得!「イオンカードセレクト」以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えよう!
関連記事
イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も!
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
(※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
「au PAY カード」が“ローソンで一番得するクレジットカード”に進化! 年会費“実質”無料、通常還元率1%、ローソンで最大12%還元、auユーザー以外もお得に!
Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードは?「ローソンPontaプラス」や「au PAYカード」「リクルートカード」など4枚の年会費や還元率を比較して検証!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

 
 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

「史上最高」の株
リッチ老後VS貧乏老後
大反響!米国株

6月号4月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[「史上最高」の株/リッチ老後VS貧乏老後]

◎巻頭企画
プロ12人に聞く
いつ? リスクは? きっかけは何?

日経平均は4万円になりますか

◎別冊付録
大反響!米国株入門の第2弾!
安定老後にピッタリだった!!
桐谷さん米国の高配当株でリッチ老後を目指す!

●なぜ高配当&増配株が多いのか
●高配当をもらい続ける銘柄選びポイント
●安定配当&増配が続くオススメ高配当株

◎第1特集
コロナ禍でも自己ベストを更新した
絶好調の厳選株!
最高益など絶好調の「史上最高」の株

●過去最高売上&最高利益を更新!
「史上最高の好業績株」
●増配記録や配当最高額を更新!
「史上最高の高配当株」
●上場来の高値を更新した旬の株!
「史上最高の高値株」

◎第2特集
リッチと貧乏のリアルな数字が見える!
1万人の老後アンケート
リッチ老後VS貧乏老後

●どう違う?老後の天国と地獄
●リッチVS貧乏「現役時代の過ごし方」
●昭和VS令和「おかねの世代間ギャップ」
●リッチVS貧乏「老後の収支を大公開!」
●老後の生活&金ぶっちゃけナマ告白
●豊かな老後を送るための心がけ

◎第3特集
純資産約1兆円のバカ売れ投信
「未来の世界(ESG)」を解剖!!

買って大丈夫? ESG投信
ESGやSDGsがわかる!

◎第4特集
基礎のキソから誰でもわかる金利のQ&A
●金利の決まり方
●長期&短期金利の違い
●住宅ローンは固定か変動か
●株と金利の関係

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報