貯金のプロが教えるネット銀行活用術

銀行の金利が上がるボーナスキャンペーン開催中!
ボーナス時期のキャンペーン利用時の注意点と
今年の夏のお得なキャンペーンをピックアップ!

【第2回】 2015年7月6日公開(2018年4月2日更新)
八ツ井慶子
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
2

都銀はボーナスキャンペーンに消極的?
力を入れているのは新規顧客集めを目指す地銀、信金など

 さて、銀行キャンペーンを活用する際の心構えをお話ししたところで、いよいよ具体的なキャンペーンを紹介していきましょう。

 一昔前までは、どこの銀行でもボーナスキャンペーンを6~8月に実施していました。ところが、最近ではキャンペーンを実施していない銀行もあります。正確にいうと、何らかのキャンペーンはどこでも随時行っているのですが、ボーナスに関するキャンペーンは行っていない銀行もある、ということです。

ボーナスキャンペーンを積極的に行っていない銀行の代表例は、都銀です。都銀とは、東京などの大都市に本店を置き、他にも支店を全国に展開している銀行のことです。都銀と呼ばれているのは、以下の銀行です。

●みずほ銀行
●三菱UFJ銀行
●三井住友銀行
●りそな銀行
●埼玉りそな銀行(定義によっては都銀にカウントされないこともあります)


 みなさんもおなじみの銀行ばかりですよね。なぜ、都銀がボーナスキャンペーンに積極的でないかといえば、「預金が集まりすぎても困る」からだと思われます。

 都銀の場合、自分たちが頑張らなくても、それなりに預金者は集まります。好景気の時代なら、預金をガンガン集めて、それを元手に多くの融資を行い、貸出金利で儲けることが可能です。

 しかし、今はアベノミクスで多少テコ入れされているとはいえ、銀行が片っ端から融資できるほどの好景気ではありません。企業の内部留保は高い水準にあり、設備投資を積極的に行うところもそれほど多くありません。

 そのため、都銀からしてみると大量の預金を運用しづらい状況なのです。となると、預金確保に走るより、投資信託や保険を売ったほうが、銀行にとっては手数料収入が期待できます。

 このような理由から、今の都銀はボーナス時期だからといって、一斉にキャンペーンを張るということをしないのだと考えられます。むしろ、投資信託の購入者を呼び込むために、NISAの口座開設者確保のほうに力を割いているように見えます。

 これとは対照的に、地方銀行(地銀)や信金、JAなどは、依然としてボーナスキャンペーンに積極的です。都銀と違い、地方は人口流出の影響もあるためか、積極的に顧客を確保する努力をしています。その分、ボーナスキャンペーンも魅力的なものが多く、注目してみるといいと思います。

元々高金利が売りの地銀・インターネット支店
さらにキャンペーンも行っているところをチェック!

 ここからは、地銀のインターネット支店のボーナスキャンペーンをピックアップします。

 通常、地銀は地元の人が利用します。しかし、それだけでは顧客が少なすぎるので、一部の地銀ではインターネット支店を開き、全国どこからでも預金などができるようにサービスを拡充しています。

 もちろん、何らかの魅力がないと人は集められないので、定期預金金利は全体的に高めです。ここからは、元々高金利のインターネット支店で、さらに魅力的なキャンペーンを行っているところをいくつか取り上げてみましょう。

 とはいえ、地銀のインターネット支店は最初から限界ギリギリまで金利を上げているので、キャンペーンを行っているところはそれほど多くありません。が、キャンペーン終了後も金利水準が高いので、「1回だけ定期預金を作って終わり」とならないところもメリット。探して預ける価値があります。


◆スルガ銀行インターネット支店「定期預金キャンペーン」
⇒https://www.surugabank.co.jp/

 インターネット支店に力を入れているスルガ銀行には、ANA支店、Dバンク支店など、いくつものインターネット支店があります。それぞれの支店で、9月30日まで限定で『スペシャルギフト付き定期預金』特別金利キャンペーン、『ジャンボ宝くじ付き定期預金』宝くじ増量キャンペーンを実施しています(実施キャンペーンは支店ごとに異なります)。

 ギフト付き定期預金は金利が0.32%(預入が300万円未満の場合)。さらに、抽選でホテルペア宿泊券が当たるというユニークなもの。宝くじ付きの定期預金も、実際に同行で宝くじを当てた人もいるということで、楽しみながらお金を預けられます。

金利が0.3%台である上に、豪華ホテルのペア宿泊券が当たるという楽しみもある。
拡大画像表示
仮に300万円預けると、年間3回宝くじが送られて1回にもらえるのは10枚だが、これが15枚ずつになる。
拡大画像表示


◆静岡銀行インターネット支店「ウルトラ金利」
⇒http://shizugin.net/

 静岡銀行のキャンペーンは、8月31日まで限定で、1年もの、3年ものの円定期預金の金利が0.33%になります。都銀の1年もの定期預金金利が0.025%程度であることを考えると、かなり高金利です。

募集金額に到達すると終了となるので、気になる方はお早めに!
拡大画像表示


◆高知銀行インターネット専用よさこいおきゃく支店「土佐からの便り定期」
⇒https://www.kochi-bank.co.jp/yosakoi-okyaku/

7月31日まで限定で、500万円、あるいは1000万円を3年定期で預けます。預入期間中は年2回、高知の特産品をプレゼントしてもらうことができます。ふるさと納税のような感覚で楽しめますね。

 なお、募集枠があるので、上限を超えると募集停止になります。ただ、冬場のボーナスシーズンにも同じキャンペーンが実施されるので、チェックしてみるといいでしょう。

預入金額が500万円以上、期間3年と長いものの、期間中高知の特産品がもらえるのが嬉しい。
拡大画像表示


◆北都銀行あきたびじん支店専用定期預金「美人日和」
⇒http://www.hokutobank.co.jp/akitabizinbranch/

7月31日まで限定の定期預金です。50万円以上1000万円以内の預入で、6カ月もの定期預金が0.4%、1年もの定期預金が0.45%です。特に、1年ものの定期預金金利が高いので注目しておきましょう。

預入金額が500万円以上、期間3年と長いものの、期間中高知の特産品がもらえるのが嬉しい。
拡大画像表示

 次回は、その他の銀行、信金などの注目キャンペーンをチェックします。

(取材・構成/元山夏香)

>>関連記事はこちら!
⇒夏のボーナスはどこの銀行に預けたらお得か?メガバンクの17倍の利息がつく銀行を見つけた!~2015年夏の定期預金金利レポート~

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年9月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報