クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2017年4月7日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

海外旅行のお土産を格安で買える裏ワザを解説!
クレジットカード会社の「優待クーポン」を使えば、
買い物はもちろん、レストランやスパでも得する!

海外旅行のお土産を格安で買える裏ワザ

 先日行ってきたグアム旅行では、お得な「優待クーポン」を駆使した。例えば、事前に資料請求したJCBの「JCB優待ガイド」や三菱UFJニコスの「ふらっと・ぷらっと」のほか、ホテルのチェックイン時に受け取った「楽天トラベル」の「スマートパス」をそれぞれ利用した。
(※関連記事はこちら!⇒海外旅行の諸費用が格安になる節約術を伝授!ホテルの宿泊費やWi-Fiルータのレンタル代などは、クレジットカードの特典を使えば安く抑えられる!

 今回は、それぞれの優待ガイドには、どのような特典があるのかを紹介しよう。

【※編集部 追記】
2018年6月30日に「JCB優待ガイド」の冊子の配布が終了しました。現在は無料アプリ「JCBハワイガイド」で同様のサービスを利用できます。詳細は下記のWebサイトをご確認ください。

https://www.jcb.co.jp/service/additional/travel/service/hospitality-guide.html

「楽天トラベル」の「スマートパス」は、
楽天会員もしくは「楽天カード」保有者でも発行できる!

 まず、「楽天トラベル」の「スマートパス」について解説しよう。

 筆者が予約したホテル「アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート」のチェックイン時に、さまざまな書類が入っている袋を受け取った。この袋は、「楽天トラベル」でホテルを予約した人だけが受け取れるものだ。中身を確認すると、名刺より少し大きなカードに「Rakuten Smart Pass」と書かれているものが2枚入っていた。このカードを同封の小冊子に載っている加盟店で提示すると、優待特典を受けられる。

「楽天トラベル」の「スマートパス」

 同封の小冊子によると、例えば、「カプリチョーザ」では「アイスティー、又はソフトドリンク1杯サービス(食事注文時)」のサービスを受けられる。

 また、「アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート」の中にあるバー「バンブーバー」では、「ソーダ1杯サービス(食事注文時)」のサービスを受けられると小冊子に書いてあった。さらに、その右側には「RAKUTEN CREDIT CARD OK」という項目があり、「○」が付いていた。この「RAKUTEN CREDIT CARD OK」の意味がわからなかったので、「楽天トラベルラウンジ」で確認したところ、「スマートパス」の代わりに「楽天カード」を提示すれば特典を利用できるという意味、とのことだった。

 ちなみに、「楽天カード」の保有者または楽天会員は、事前に「楽天トラベル」のWebサイト上にある「スマートパス引換券」を印刷して「楽天グアムラウンジ」で提示すれば「スマートパス」を貰える。
(※関連記事はこちら!⇒海外旅行で便利な「トラベルデスク」を活用しよう!観光に邪魔な手荷物を一時的に預けられるほか、ベビーカーや砂場セットを格安でレンタルできる!

 「スマートパス」は、レストラン特典が多いが、コスメショップやゴルフ、スパなどの優待もある。レストランの優待内容は、ドリンクサービスや一品サービスなどが多く、そのほかの店では、割引やプレゼントなどの優待が多かった。

(※関連記事はこちら!⇒【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(メインカード部門)

(※関連記事はこちら!⇒「楽天プレミアムカード」は付帯サービス充実でコストパフォーマンス抜群のゴールドカード!「プライオリティ・バス」が最安でゲットできる!

 なお、筆者は、「楽天トラベル」経由で「アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート」を予約したため、ホテルのチェックイン時に受け取った袋には、「バンブーバー」でアラカルトサービスを受けられるチケットなども入っていた。

「バンブーバー」のアラカルトサービス。

「JCB優待ガイド」は、
スマートフォンのアプリでも利用できる!

 次に、「JCBカード」の保有者が使える「JCB優待ガイド」について解説しよう。

【※編集部 追記】
2018年6月30日に「JCB優待ガイド」の冊子の配布が終了しました。現在は無料アプリ「JCBハワイガイド」で同様のサービスを利用できます。詳細は下記のWebサイトをご確認ください。

https://www.jcb.co.jp/service/additional/travel/service/hospitality-guide.html

 「JCB優待ガイド」の「グアム・サイパン」を資料請求すると、優待ガイドだけでなく、「JCB空港優待ガイド」「macy’sの割引パス」「JCB海外サービスガイド」「JCBお得クーポングアム」「Free Wi-Fi Guamの案内冊子」などが一式で届いた。

JCB優待ガイド

 「JCB優待ガイド」は、スマートフォンのアプリでも利用できる。このアプリには、スマートフォンの位置情報を使って、近くの優待情報がプッシュ通知される機能が搭載されている。また、アプリをアップデートする際は通信が必要となるが、自動アップデート機能はないので、ネットワークにつながっていなくても優待特典を利用できる。

 優待特典の一式は、「JCBプラザ ラウンジ」または「JCBプラザ」でも配布しているため、旅行までに1週間を切っているような場合やアプリを使いたくない場合は、グアム到着後に「JCBプラザラウンジ」または「JCBプラザ」に行って貰うといいだろう。

 「JCB優待ガイド」の加盟店は、「楽天トラベル」の「スマートパス」と同様に、レストランが多かった。そのほかには、アクセサリーショップ「Folli Follie(フォリフォリ)」で30米ドルオフになる特典やアパレルショップ「GAP」で30%オフ(条件付き)になる特典など、ショッピング優待も多数あった。

JCB ORIGINAL SERIES
還元率 0.5~2.5%
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降1375円
(年50万円以上利用+利用明細Web確認サービス「My Jチェック」登録で次年度以降も無料)
家族カード(税込) あり(初年度無料、2年目以降440円。本会員が年会費無料の条件を満たせば家族会員も無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICKPay
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!

三菱UFJニコスの「ふらっと・ぷらっと」は、
国際ブランドがVisaかMasterのカードでないと使えない

 最後に、三菱UFJニコスの「ふらっと・ぷらっと」について解説しよう。

 「ふらっと・ぷらっと」は、「MUFGカード」「DCカード」「NICOSカード」のいずれかの会員であれば利用できる。しかし、注意しなければならないのが、保有しているクレジットカードの国際ブランドがVisaまたはMastercardでないと使えない点だ。国際ブランドがJCBやAMEX、銀聯の場合は「ふらっと・ぷらっと」の対象外となる。

 筆者は、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のWebサイトで資料請求をしようとしたが、同カードはAMEXブランドのため、資料請求できなかった。

 AMEXブランドの「MUFGカード」を保有している場合、JCB、Visa、Masterのいずれかの同一クラスのカードを格安の年会費で発行できる「デュアルスタイル」というサービスを利用できる。例えば、「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」を保有している場合、「MUFGカード ゴールド(JCB/Visa/Master)」をお得に発行できるというわけだ。

 筆者がデュアルスタイルで保有している「MUFGカード ゴールドプレステージ(Visa)」のWebサイトにログインしたところ、「ふらっと・ぷらっと」の資料請求ができた。

三菱UFJニコスの「ふらっと・ぷらっと」

 「ふらっと・ぷらっと」は、「スマートパス」や「JCB優待ガイド」に比べると、優待特典を使える対象店舗が少なかった。

 また、実際にレストランで「ふらっと・ぷらっと」の優待特典を利用しようと思い、店員に「ふらっと・ぷらっと」を見せたのだが、「???」という反応をされた。説明もしたのだが、何度も優待ガイドを確認されて、最終的には「クーポンを切り取っていいか?」と聞かれた。「ふらっと・ぷらっと」には、「優待を使いたいという旨を伝え、VisaブランドまたはMasterブランドで支払うだけ」と書かれていたため、クーポンを切り取る必要はなかったはずだ。「ふらっと・ぷらっと」を使う人が少ないため、このような事態になってしまったのかもしれない。

MUFGカード ゴールド
還元率 0.5%
「MUFGカード ゴールド」のカードフェイス
発行元 三菱UFJニコス
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降2095円
家族カード(税込) あり(1人目無料、2人目から年会費440円)
ポイント付与対象の
電子マネー
「MUFGカード ゴールド」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「格安ゴールドカード」のサービスの実力は?年会費2000~3000円で、審査も通りやすい、「格安ゴールドカード」の本命カードはコレだ!

それぞれの優待ガイドで対象店舗や特典内容が異なるので、
すべての優待ガイドを用意しておくのがおすすめ!

 今回、グアムで使える「スマートパス」「JCB優待ガイド」「ふらっと・ぷらっと」の3つの優待ガイドを紹介したが、それぞれの特典内容に違いはあるのだろうか。

 そこで、それぞれの優待ガイドを確認したところ、対象店舗が被っているのは、アメリカ料理店の「トニーローマ」と化粧品店の「シュガー クッキー ネイルズ&コスメティックス」の2店舗だけだった。それぞれの優待ガイドには、この2店舗の優待特典について、下記のように書かれていた。

■それぞれの優待ガイドの特典内容
  トニーローマ シュガー クッキー
ネイルズ&コスメティックス
スマートパス アイスティーまたはソフトドリンク
1杯サービス(食事注文時)。
60米ドル以上お買上げの方に
パパイヤ石鹸プレゼント。
JCB優待ガイド 28米ドル、38米ドル、48米ドルの
スペシャルメニューを注文可能。
メインディッシュを2品注文の方に
フライドオニオンリングを1つサービス。
利用代金から5%オフ。
60米ドル以上お買上げの方に
プレゼントを進呈。
ふらっと・ぷらっと メインディッシュを2品注文の方に、
ミニデザートをサービス。
利用代金から5%オフ。
60米ドル以上お買上げの方に
プレゼントを進呈。

 同じ店舗でも、優待ガイドによって特典内容が違う場合がある。さらに、上記の2店舗以外は対象店舗が被っていないため、できるだけすべての優待ガイドを資料請求しておいたほうがいいだろう。

「スマートパス」「JCB優待ガイド」「ふらっと・ぷらっと」の被っている店舗

「ふらっと・ぷらっと」よりも、
「JCB優待ガイド」のほうが対応国・対応エリアが多い

 「スマートパス」の場合はグアムでしか使えないが、「JCB優待ガイド」と「ふらっと・ぷらっと」の場合は、それぞれ他の国でも使える。それぞれの優待ガイドの対応国・対応エリアは下記の通りだ。

■「JCB優待ガイド」と「ふらっと・ぷらっと」のそれぞれの対応国
  JCB優待ガイド ふらっと・ぷらっと
ハワイ
グアム/サイパン
アメリカ本土(ロサンゼルス/サンフランシスコ)
アメリカ本土(ニューヨーク/ラスベガス) 
カナダ
イギリス(ロンドン)
ドイツ(フランクフルト/ミュンヘン/ベルリン)
イタリア(ローマ)
イタリア(ミラノ/フィレンチェ)
スイス・オーストリア
(ジュネーブ/グリンデルワルト/インターラーケン/ウィーン) 
フランス(パリ)
シンガポール
台湾(台北)
香港
マカオ
韓国(ソウル)

 両者を比べると、「JCB優待ガイド」のほうが対応国・対応エリアが多い。しかし、前述のように、それぞれの優待ガイドによって優待特典を使える店舗が異なるため、できるだけ両方の優待ガイドを持って行ったほうがいいだろう。なお、「ふらっと・ぷらっと」はアプリがないので、旅行の1カ月ほど前には資料請求しておくことをおすすめする。

【※編集部 追記】
2018年6月30日に「JCB優待ガイド」の冊子の配布が終了しました。現在は無料アプリ「JCBハワイガイド」で同様のサービスを利用できます。詳細は下記のWebサイトをご確認ください。

https://www.jcb.co.jp/service/additional/travel/service/hospitality-guide.html

 以上、今回は、グアムで使える優待クーポンについて解説した。次回は、現地で利用したWi-Fiルータについて解説したい。今回のグアム旅行では、日本でWi-Fiルータを借り、スマートフォン3台、パソコン1台の接続用に使った。実際の使い勝手や本当にWi-Fiルータが必要なのかどうかを検証する。

(※関連記事はこちら!⇒【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(メインカード部門)

(※関連記事はこちら!⇒「楽天プレミアムカード」は付帯サービス充実でコストパフォーマンス抜群のゴールドカード!「プライオリティ・バス」が最安でゲットできる!

JCB ORIGINAL SERIES
還元率 0.5~2.5%
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降1375円
(年50万円以上利用+利用明細Web確認サービス「My Jチェック」登録で次年度以降も無料)
家族カード(税込) あり(初年度無料、2年目以降440円。本会員が年会費無料の条件を満たせば家族会員も無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICKPay
「JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!

MUFGカード ゴールド
還元率 0.5%
「MUFGカード ゴールド」のカードフェイス
発行元 三菱UFJニコス
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降2095円
家族カード(税込) あり(1人目無料、2人目から年会費440円)
ポイント付与対象の
電子マネー
「MUFGカード ゴールド」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「格安ゴールドカード」のサービスの実力は?年会費2000~3000円で、審査も通りやすい、「格安ゴールドカード」の本命カードはコレだ!