IPO株の銘柄分析&予想
2018年3月22日 ザイ・オンライン編集部

「ベストワンドットコム」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のネット旅行予約サイト運営企業との比較や予想まで解説!

[2018年4月26日 情報更新]

会社名 ベストワンドットコム
市場・コード/業種 東証マザーズ・6577/サービス業
上場日 4月25日
申込期間(BB期間) 4月10日~4月16日
おすすめ証券会社 SMBC日興証券SBI証券岩井コスモ証券マネックス証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
初値(初値騰落率) 1万4830円(+242.49%)
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】

その他のIPO銘柄の情報はこちら!

【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

ベストワンドットコムのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?
(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 4月9日
ブックビルディング(抽選申込)期間 4月10日~4月16日
公開価格決定 4月17日
購入申込期間 4月18日~4月23日
払込日 4月24日
上場日 4月25日

ベストワンドットコムのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

■取り扱い証券会社(2018年4月10日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
SMBC日興証券(主幹事証券)
[最短3日で取引可能]
92.4
公式サイトはこちら!
SBI証券
[最短翌日に取引可能]
2.2
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券
[最短3日で取引可能]
1.3
公式サイトはこちら!
マネックス証券
[最短2日後に取引可能]
0.8
公式サイトはこちら!
みずほ証券 2.6  
エース証券 0.8%  

ベストワンドットコムのIPOは、いくらで買える? 割安/割高?
(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
想定発行価格(※1) 4130
仮条件
[予想PER(※2)
4130~4330円
[31.9倍~33.4倍]
公募価格 4330円
初値 1万4830円
初値騰落率 +242.49%
予想トレーディングレンジ(※3) 5000円~1万5000円
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
※1 有価証券届出書提出時。※2 予想EPS=今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数、から計算したもの。※3 期間は上場後1年を想定。
■類似会社3社の予想PER(2018年4月6日終値の株価と会社側予想から計算)
会社名 ※クリックで最新チャートへ 予想PER
【3社平均】 88.9倍
オープンドア<3926> 106.8倍(連)
アドベンチャー<6030> 115.9倍(連)
エボラブルA<6191> 44.0倍(連)

 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社3社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は類似会社より割安と判断できる。

ベストワンドットコムの発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時) 60万9000株(予定)
公開株式数 公募7万5000株  売出3万4000株
(オーバーアロットメントによる売出1万6300株)
想定公開規模(※1) 5.2億円(OA含む)
※1 有価証券届出書提出時における想定発行価格で計算。

ベストワンドットコムはクルーズ旅行会社のマザーズ上場案件

「ベストワンドットコム」の公式サイトより

 クルーズ旅行に特化したオンライン旅行予約サイト「ベストワンクルーズ」の運営等を行う。「ベストワンクルーズ」では乗船券、自社企画商品に加え、提携旅行会社のツアーも予約可能で、2月末時点の取り扱いコース数は1万7101コースを誇る。澤田秀太社長はエイチ・アイ・エス<9603>の澤田秀雄会長兼社長の長男。

 団塊世代によるクルーズ船旅行の成長期待が大きいことに加え、訪日外国人客(インバウンド)需要の拡大によって事業環境は良好とみられ、ベンチャースピリッツ溢れる澤田一族の経営戦略に対する期待も大きい。今期業績は売上・利益ともに高い伸びが見込まれており、公開規模も小さいため、初値買い資金が集中する可能性が高い。

 公開規模については5億円強となる見込み。ベンチャーキャピタル保有株は一定程度あるが、公開規模が小さいだけに吸収可能だろう。

◆「ベストワンドットコム」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

ベストワンドットコムの業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2014/7 443
(―)
6
(―)
5
(―)
2015/7 694
(56.7%)
60
(810.9%)
37
(627.1%)
2016/7 937
(34.9%)
5
(-90.6%)
3
(-91.7%)
2017/7 1,179
(25.9%)
51
(804.9%)
34
(988.3%)
2018/7予
(―)

(―)

(―)
■連結業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2016/7 937
(―)
5
(―)
4
(―)
2017/7 1,196
(27.7%)
51
(815.9%)
34
(594.7%)
2018/7予 1,724
(44.1%)
121
(133.6%)
78
(127.8%)
2018/1 2Q 801
(―)
81
(―)
56
(―)
予想EPS(※)
/配当
単独:-円 連結:129.62円/-円
予想EPSは「今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数」で計算したもの

ベストワンドットコムの業績コメント

 2018年7月期の業績は、売上高が前期比44.1%増の17.2億円、経常利益が同133.6%増の1.2億円と増収増益の見通しとなっている。

 同社グループはクルーズ特化型のオンライン旅行会社として業績を拡大してきた。旅行業におけるインターネットでの取扱高は年々上昇しており、スマートフォンの増加やタブレット端末等のモバイルインターネットの拡大も相まって、ますます存在感を増している。

 また国土交通省の調査「2016年の我が国のクルーズ等の動向」によると、2016年の日本人のクルーズ人口は5年連続の20万人台となる24.8万人(前年比12.4%増)となり、過去最多を記録している。さらに、アジアのクルーズ人口が中国を中心に拡大するのに伴い、クルーズ船による外国人入国者数は2013年の約17.4万人から2017年の約253.3万人へ、外国クルーズ船の日本国内への寄港回数は2013年の373回から2017年の2,014回へ、それぞれ増加している(国土交通省「2017年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数」)。

 このような状況のもと、同社はクルーズ特化型のオンライン旅行会社として、海外クルーズ乗船券の販売を主軸に、引き続き業績を拡大してきた。

 なお、通期計画に対する第2四半期末時点における進捗率は、売上高8.0億円で46.4%、経常利益0.8億円で66.9%となっている。

ベストワンドットコムの詳細情報

■基本情報
所在地 東京都新宿区富久町16番6号西倉LKビル2階
代表者名(生年月日) 代表取締役社長 澤田 秀太(昭和56年11月2日生)
設立 平成17年9月5日
資本金 1億3207万円(平成30年3月22日現在)
従業員数 新規上場会社20人 連結会社20人(平成30年2月28日現在)
事業内容 クルーズ旅行に特化したオンライン旅行予約サイト「ベストワンクルーズ」の運営等
■売上高構成比率(2017/7期 実績)
品目 金額 比率
旅行業 1,196 百万円 100.0%
合計 1,196 百万円 100.0%
■大株主上位8位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 澤田 秀太 22万8000株 42.70%
2 米山 実香 8万4000株 15.73%
2 有限会社秀インター 8万4000株 15.73%
4 MICイノベーション4号投資事業有限責任組合 3万9000株 7.30%
5 SMBCベンチャーキャピタル1号投資事業有限責任組合 3万株 5.62
5 みずほ成長支援投資事業有限責任組合 3万株 5.62%
5 諸藤 周平 3万株 5.62%
8 宮前 幸央 9000株 1.69%
合計   53万4000株 100.00%
■その他情報
手取金の使途 採用に伴う人件費、ブランド認知度の向上のための広告宣伝費、チャータークルーズの催行に係る費用として充当する予定
関係会社 株式会社ファイブスタークルーズ (連結子会社) 旅行業
VC売却可能分(推定) 株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 2017年7月14日
割当先 MICイノベーション4号投資事業有限責任組合、宮前幸央
発行価格 2,023円 ※株式分割を考慮済み
◆「ベストワンドットコム」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

ベストワンドットコムの銘柄紹介

 同社グループは、同社(株式会社ベストワンドットコム)及び同社の連結子会社1社(株式会社ファイブスタークルーズ)によって構成されている。同社グループは、クルーズ旅行に特化したオンライン旅行会社として、主に個人顧客をターゲットに、海外・国内クルーズの乗船券やパッケージ旅行の販売を行っている。

 また、顧客のニーズに応えるべく、クルーズ旅行に必要な航空券、ホテル、送迎、オプショナルツアーなど様々な旅行商品を提供している。

(1)インターネット販売

 同社グループでは、国内を含む世界中のクルーズ乗船券やパッケージ旅行を、同社WEBサイトへの掲載、WEBサイトへの集客によって販売しており、店舗を運営していない。

 販売チャネルをインターネットに限定し、顧客とのやり取りについては、メール及び電話を主な手段とすることで店舗運営にかかる固定費等のコスト削減を図っている。

(2)オンライン予約対応

 同社グループでは、専門スタッフによる顧客のサポートに加え、24時間対応のオンライン予約を強化しており、クルーズ乗船券やパッケージ旅行の空室料金照会と予約が24時間いつでも可能となっている。空室や料金の問い合わせを行い、その回答をもって検討を始める、という従来の検討行動では、営業時間や連絡手段、場所による制約があったが、オンラインでの空室料金照会と予約受付は、曜日や時間を問わず検討、予約したいという顧客のニーズに対応している。

(3)多様な商品ラインナップとAPI連携

 同社グループでは、顧客が検索できる商品の拡充を図るため、国内外の61社(2018年2月28日時点)の船会社と契約し、同社WEBサイトへのコース登録総数は1万7101コース(同)となっている。

 また、複数の船会社とのAPI連携を行うことにより、従来のコース登録に必要とした作業時間削減と、提携船会社が掲載している全てのコースが同社WEBサイトへ自動で掲載され、リアルタイムな空室状況及び料金の反映が実現しており、API連携によるコース登録数は3,709コース(同)となっている。

 また、同社グループでは、クルーズ乗船券の取扱い(手配旅行)により、価格帯や期間などの顧客の多様なニーズへの対応が可能であり、パッケージツアー(募集型企画旅行)が主体の他社との差別化を図っている。

(4)独自商品

 同社は、旅行業法に基づく第一種旅行業者に登録しており、自社でクルーズツアーを企画している。国内外の多くの船会社との契約を背景にしたコース選択の多様さや、インターネット販売ならではの機動力を生かし、船会社特別料金を反映した期間限定ツアーなどを発表し、多くの顧客に利用されている。

ベストワンドットコムの投資のポイント

 団塊世代によるクルーズ船旅行の成長期待が大きいことに加え、訪日外国人客(インバウンド)需要の拡大によって事業環境は良好とみられ、ベンチャースピリッツ溢れるエイチ・アイ・エス<9603>の澤田一族の経営戦略に対する期待も大きい。今期業績は売上・利益ともに高い伸びが見込まれており、公開規模も小さいため、初値買い資金が集中する可能性が高い。

 昨年来のIPO企業108社のなかで公開規模が6億円未満だった19社の公開価格に対する初値上昇率は平均+248.2%と極めて高い成績を残しており、公開価格の2倍以下の初値を付けた案件は3社にとどまる。

 同社グループはクルーズ旅行に特化したオンライン旅行会社として、主に個人顧客をターゲットに、海外・国内クルーズの乗船券やパッケージ旅行の販売を行っている。また、クルーズ旅行に必要な航空券、ホテル、送迎、オプショナルツアーなど様々な旅行商品を提供している。

 主な運営サイトは、(1)クルーズ乗船券とパッケージツアーをオンラインで検索・予約可能な専門サイト「ベストワンクルーズ」、(2)ハネムーンクルーズ専門サイト「フネムーン」、(3)高級船専門のクルーズ旅行会社として子会社が運営する「ファイブスタークルーズ」。「ベストワンクルーズ」では乗船券、自社企画商品に加え、提携旅行会社のツアーも予約可能で、2月末時点の取り扱いコース数は1万7101コースを誇る。

 API契約先は伊MSCクルーズ(984コース)、米ロイヤルカリビアンインターナショナル(896)、米セレブリティクルーズ(522)など。なお、澤田秀太社長はエイチ・アイ・エスの澤田秀雄会長兼社長の長男である。

 業績面について、2018年7月期は売上高が前期比44.1%増の17.2億円、経常利益が同133.6%増の1.2億円と増収増益の見通しとなっている。直近数期の動向を見ると、増収率の高さが際立っている。なお、欧州発着や日本発着クルーズのオンシーズンは毎年4月から9月であり、特に5月のゴールデンウィーク期間及び7月から9月の夏休み期間に取扱いが集中する傾向にあるという。

 想定仮条件水準の今期予想PERは32倍前後となる。類似企業として連想されるオンライン旅行会社では、業績成長率の高さなどを背景に100倍を超えるケースも散見される。

 公開規模については5億円強となる見込み。ベンチャーキャピタル保有株は9万9000株(上場時発行済株数の16.3%)ある。このうち6万株は上場日後90日経過または公開価格の1.5倍以上でロックアップが解除されるが、公開規模が小さいだけに吸収可能だろう。残る3万株については上場日後6カ月の継続所有の確約がとられている。また、4/25はアイペット損害保険<7323>が同時上場するが、公開規模の軽量感を重視する投資家の買いはベストワンドットコムに向かいやすいだろう。

◆「ベストワンドットコム」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ