クレジットカード活用術
2018年6月15日 菊地祟仁

「MICARD」をつくるなら、三越伊勢丹で1%還元の
「MICARD<スタンダード>」より、5~10%還元の
「MICARD+」「MICARD+ GOLD」がおすすめ!

MICARD(エムアイカード)」が2018年5月30日(水)にリニューアルされました
【※関連記事はこちら!】
新カード「エムアイカードプラス(MICARD+)」や「エムアイカードプラス プラチナ」の詳細を解説!エムアイポイントの交換先が増えて利便性もアップ!

 従来の「三越 M CARD」「MICARD」「伊勢丹アイカード」はすべて「MICARD+(エムアイカード プラス)」に、「JR MICARD」は「JR MICARD+(ジェイアール エムアイカード プラス)」に名称とデザインが変更されました。

MICARD+(エムアイカード プラス)
還元率 0.5~10%
「MICARD+(エムアイカード プラス)」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 即日発行できる、おすすめクレジットカードはコレ!最短即日~翌日発行が可能な上に、年会費無料や海外旅行保険が付帯など、おすすめのカードを公開!
新カード「エムアイカードプラス(MICARD+)」や「エムアイカードプラス プラチナ」の詳細を解説!エムアイポイントの交換先が増えて利便性もアップ!
「エムアイカード(MICARD)」の公式サイトはこちら

 また、新たに「MICARD<スタンダード>」が誕生することになりました。

MICARD<スタンダード>
還元率 0.5~1.0%
「エムアイカード<スタンダード>」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降500円
(Web明細サービス+年1回の利用で、次年度の年会費無料)
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 「エムアイカード<スタンダード>」を詳しく解説!“実質”年会費無料だが、三越伊勢丹の利用者なら、最大還元率10%の「エムアイカード」がおすすめ!
「エムアイカード<スタンダード>」の公式サイトはこちら

 すでに「三越 M CARD」や「伊勢丹アイカード」などを保有している場合は、有効期限の更新時に新しいデザインのカードが送られてきます。ただし、国際ブランドが「American Express」の場合は、有効期限に関わらずICチップが搭載されたカードが2018年秋頃に送られてくる予定です。

 では、「MICARD(エムアイカード)」がどのようにリニューアルされたのかを見ていきましょう。

「MICARD+(エムアイカード プラス)」を利用すると貯まる
「エムアイポイント」の交換先が従来よりも拡大して利便性アップ!

 まず、大きく変更されるのが「MICARD+(エムアイカード プラス)」の利用で貯まるポイント「エムアイポイント」の使い道です。「エムアイポイント」は三越伊勢丹で「1ポイント=1円」として利用するのが基本ですが、従来からANAやJALのマイルとの相互交換のほか、「JTBトラベルポイント」や「VIOROポイント」との相互交換なども可能でした。

 今後は、さらに「エムアイポイント」の交換先が大幅に増えることになります。相互交換可能なポイントとして6月26日(火)から「WAON POINT」が追加され、同日「エムアイポイント」からビックカメラの「ビックポイント」への交換も開始されます。

 また、「一休.com」や「スターバックス」「ニトリ」「紀伊國屋書店」などのポイントへの交換も予定されており、「エステティックサロン ソシエ」や首都圏の「ラシック」、福岡の「天神地下街」などで利用できる商品券「エムアイポイント券」への交換もできるようになります。旅行をするようなアッパー層が利用するマイルやポイントとの交換だけで無く、誰でも利用するようなポイントの交換先が従来よりも増えているように感じます。

年会費「実質」無料での「MICARD<スタンダード>」が誕生するも
肝心の三越伊勢丹での還元率が1.0%で三越伊勢丹ユーザーには魅力が薄い

 なぜ、「エムアイポイント」は誰でも利用しやすいポイント化に舵を切ったのでしょうか? 利用しやすいポイントの筆頭と言えば共通ポイントですが、実は三越伊勢丹では、2015年10月から「Tポイント」を導入していました。しかし、2018年3月で「Tポイント」サービスを終了しているのです。

 三越伊勢丹が「Tポイント」を導入した理由としては、ライトユーザーの来店を期待してのことでしょう。年会費2000円(税抜)の「MICARD(エムアイカード)」を作るような利用者ではなく、「百貨店には行く気はないけど、『Tポイント』が貯まるならちょっと行ってみよう」という利用者を取り込むための「Tポイント」導入だったと思われます。

 しかし、2018年3月の「Tポイント」との提携解除により、「Tポイント」目当てに来ていたライトユーザーの行き場がなくなります。そこで新たに2018年1月に発行されたのが名前に「+(プラス)」がつかないクレジットカード「MICARD<スタンダード>です。
【※関連記事はこちら!】
「エムアイカード<スタンダード>」を詳しく解説!“実質”年会費無料だが、三越伊勢丹の利用者なら、最大還元率10%の「エムアイカード」がおすすめ!

MICARD<スタンダード>
還元率 0.5~1.0%
「エムアイカード<スタンダード>」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降500円
(Web明細サービス+年1回の利用で、次年度の年会費無料)
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 「エムアイカード<スタンダード>」を詳しく解説!“実質”年会費無料だが、三越伊勢丹の利用者なら、最大還元率10%の「エムアイカード」がおすすめ!
「エムアイカード<スタンダード>」の公式サイトはこちら

 「MICARD<スタンダード>」は、年会費が初年度無料、2年目以降は年会費500円(税抜)となっていますが、前年に1回以上の利用があれば翌年の年会費が無料になる、「実質」年会費無料のクレジットカードです。

「Tポイント」利用者の受け皿として発行された「MICARD<スタンダード>」は、「MICARD+(エムアイカード プラス)」のように三越伊勢丹の百貨店で5%や8%のポイント還元はなく、通常のVisa加盟店での還元率が0.5%、三越伊勢丹で利用しても還元率は1.0%で、「エムアイポイント」が貯まります。

 もし、以前のように「エムアイポイント」の交換先が、百貨店やマイレージだけであれば、「Tポイント」の代わりにはなりません。そこで前述のように「エムアイポイント」の交換先を大幅に増やして、「WAON POINT」や「ニトリ」「ビックポイント(ビックカメラ)」などを追加したのでしょう。

 しかし、三越伊勢丹で利用しても還元率が1.0%にしかならないなら、どの加盟店でも還元率が1.0%のクレジットカードを申し込めばいいわけです。例えば、「楽天カード」や「Yahoo! JAPANカード」などは年会費無料+還元率1.0%なので、三越伊勢丹で利用したとしても1.0%の「楽天スーパーポイント」や「Tポイント」などを貯められ、ポイントの使い道も多いです。

 つまり、いくら「MICARD<スタンダード>」がライトユーザーを想定したクレジットカードだとしても、やはり三越伊勢丹でのメリットをもう少し付けなければ、利用者がわざわざ「MICARD<スタンダード>」を選ぶ必要がないのが現状です。そして、三越伊勢丹を利用している人にとっても、年会費無料だとしても三越伊勢丹での還元率が1.0%の「MICARD<スタンダード>」より還元率が5~10%になる「MICARD+(エムアイカード プラス)」を選んだほうがメリットが大きいと言えるでしょう。

MICARD+(エムアイカード プラス)
還元率 0.5~10%
「MICARD+(エムアイカード プラス)」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 即日発行できる、おすすめクレジットカードはコレ!最短即日~翌日発行が可能な上に、年会費無料や海外旅行保険が付帯など、おすすめのカードを公開!
新カード「エムアイカードプラス(MICARD+)」や「エムアイカードプラス プラチナ」の詳細を解説!エムアイポイントの交換先が増えて利便性もアップ!
「エムアイカード(MICARD)」の公式サイトはこちら

「MICARD+(エムアイカード プラス)」にプラチナカードが登場!
招待制の「MICARD+ PLATINUM」は
三越伊勢丹での高還元と充実の旅行保険、豪華な付帯特典が魅力!

 「MICARD+(エムアイカード プラス)」のリニューアルでもう1つ大きく変わった点があります。プラチナカードの「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」が新たに発行された点です。「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」はインビテーションのみでの申し込みとなる、「MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)」の上位カードです。
【※関連記事はこちら!】
「エムアイカードプラス プラチナ」は、三越伊勢丹で最大10%還元で買物できて、プライオリティ・パスや招待日和などの特典も使えるお得なプラチナカード!

【招待制】
MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)
還元率 1.0~10%
「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) あり(4人まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 「エムアイカードプラス プラチナ」は、三越伊勢丹で最大10%還元で買物できて、プライオリティ・パスや招待日和などの特典も使えるお得なプラチナカード!
「エムアイカードゴールド(MICARD GOLD)」の公式サイトはこちら

MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」の年会費は5万円(税抜)、家族カードは4枚まで無料で発行が可能です。また、「MICARD+(エムアイカード プラス)」「MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)」と大きく異なるのが国際ブランドで、「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」には「American Express」ブランドは発行されず、国際ブランドは「Visa」ブランドのみの発行となり、Visaのタッチ決済(Visa payWave)が搭載されているのが特徴です。

 「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」のカード特典では、24時間365日利用可能なコンシェルジュデスクが利用でき、世界1200カ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス(年会費429米ドルのプレステージ会員資格)」が付帯します。また、特定の店舗で2名のコース料理を予約して利用すると1名分が無料となるレストラン特典「招待日和 by エムアイカード プラチナ」飛行機の国際線利用時に空港⇔自宅間でスーツケース(1個)を無料宅配してもらえるサービスなど、一般的なプラチナカードの特典は利用可能です。

 さらに、「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」の独自の特典としては、「一休.com」の「ダイヤモンドステージ」への招待があります。「一休.com」に掲載されている一部のホテルでアーリーチェックインやレイトチェックアウト、部屋のアップグレードなどの特典を受けられる「ダイヤモンドステージ」に半年間、無料で招待してもらえる特典です。ただし、最近ではさまざまなプラチナカードで同様のキャンペーンを行っているため、それほどメリットはないかもしれません。

 「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」の三越や伊勢丹での特典としては、やはり「エムアイポイント」の高還元率でしょう。通常の「MICARD+(エムアイカード プラス)」の場合、5~10%のポイント還元となりますが、「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」の場合は8~10%のポイント還元となります。

■「MICARD+」3券種の還元率の違いを解説!
  前年度の
三越伊勢丹
グループでの
年間利用額
MICARD+
(エムアイカード プラス)
MICARD+
GOLD

(エムアイカード プラス
ゴールド)
MICARD+
PLATINUM

(エムアイカード プラス
プラチナ)
三越伊勢丹
グループで
1品3000円以上の
商品を購入した
場合の還元率
30万円未満 5% 5%
(初年度は
8%)
8%
(初年度は
10%)
100万円未満 8% 8%
100万円以上 10% 10% 10%
三越伊勢丹
グループでの
利用額に応じて
付与される
ボーナスポイント
200万円以上 +1万ポイント
300万円以上 +1万5000ポイント
500万円以上 +2万5000ポイント
三越伊勢丹グループで
1品3000円未満の商品を
購入した場合の還元率
1.0%
通常のVisa加盟店での還元率 0.5% 1.0% 1.0%

 「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」の場合、初年度は10%、2年目以降は三越伊勢丹グループ百貨店での年間利用額が100万円未満の場合は8%にダウンしますが、100万円以上の場合は10%を継続できます。つまり、MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」なら、三越伊勢丹で年間100万円以上利用する場合は、初年度からずっと10%還元になるということです。

 また、MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)」と大きく変わるのが旅行保険です。「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」はプラチナカードなので、各種の補償金額が大幅にアップするだけでなく、海外航空機遅延保険が付帯し、さらに家族特約、国内旅行傷害保険も付帯します。

■「MICARD+ GOLD」と「MICARD+ PLATINUM」の付帯保険の違い
  MICARD+ GOLD
(エムアイカード プラス ゴールド)
MICARD+ PLATINUM
(エムアイカード プラス プラチナ)
 付帯条件 自動付帯 利用付帯 自動付帯 自動付帯
 対象者 カード会員 カード会員 家族特約
 海外旅行
 傷害保険
 ケガによる
 死亡・後遺障害
5000万円 1億円 1億円 1000万円
 ケガによる
 治療費用
300万円 1000万円 500万円
 病気による
 治療費用
300万円 1000万円 500万円
 賠償責任 5000万円 1億円 1億円
 携行品の損害
(自己負担3000円)
100万円 100万円 50万円
 救援者費用等 400万円 1000万円 1000万円
 海外
 航空機
 遅延保険
 出発遅延
 費用
最高2万円
 乗継遅延
 費用
最高2万円
 寄託手荷物
 遅延費用
最高2万円
 寄託手荷物
 紛失費用
最高4万円
 国内旅行
 傷害保険
 ケガによる
 病死・後遺障害
5000万円 1億円 500万円
 入院保険日額 5000円 5000円 5000円
 通院保険日額 3000円 3000円 3000円

 その他、「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」なら、よみうりランドグループのゴルフ場の予約が可能です。よみうりゴルフ倶楽部、東京よみうりカントリークラブ、千葉よみうりカントリークラブ、静岡よみうりカントリークラブが対象となっています。また、伊勢丹ゴルフスクール「スイング」でのパーソナルコースレッスン(有料)、伊勢丹ゴルフスクール「スイング」新宿校の新規入会時に割引料金が適用されたり、有料シューズロッカーが期間無料で利用できるなど、いろいろなゴルフ特典も利用できます。

 ここまで「MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)」と「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」の違いを中心に紹介してきましたが、三越伊勢丹のサロンやラウンジを利用できたり、駐車場延長サービスのクーポンなどが毎年配布されたりするなど、「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」では「MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)」で利用できる特典はすべて利用可能です。

 三越伊勢丹の利用者にとって、「MICARD<スタンダード>」は年会費無料でもおすすめしづらいスペックとなっていますが、三越伊勢丹をよく利用する人にとっては「MICARD+(エムアイカード プラス)」は年会費が2000円(税抜)とはいえ検討に値するクレジットカードだと言えるでしょう。

MICARD+(エムアイカード プラス)
還元率 0.5~10%
「MICARD+(エムアイカード プラス)」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 即日発行できる、おすすめクレジットカードはコレ!最短即日~翌日発行が可能な上に、年会費無料や海外旅行保険が付帯など、おすすめのカードを公開!
新カード「エムアイカードプラス(MICARD+)」や「エムアイカードプラス プラチナ」の詳細を解説!エムアイポイントの交換先が増えて利便性もアップ!
「エムアイカード(MICARD)」の公式サイトはこちら

 また、三越伊勢丹に限らず、クレジットカード利用額が多い人にとっては、通常還元率が1.0%の「MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)」も検討する価値があるでしょう。

◆「MICARD+ PLATINUM」は招待制! まずはゴールドカードに申し込もう!
MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)
還元率 1.0~10%
「MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税抜) 1万円
家族カード(税抜) あり(年会費2000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 新カード「エムアイカードプラス(MICARD+)」や「エムアイカードプラス プラチナ」の詳細を解説!エムアイポイントの交換先が増えて利便性もアップ!
「エムアイカードゴールド(MICARD GOLD)」の公式サイトはこちら

 さらに、「MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)」の入会後、「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」のインビテーションが来るようであれば、三越伊勢丹での年間利用額や旅行の頻度などによって「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」に入会するかどうかを検討するといいでしょう。

 以上、今回はリニューアルした「MICARD+(エムアイカード プラス)」と「MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)」「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」、そして「MICARD<スタンダード>」の4枚の「MICARD(エムアイカード)」の特徴や違いを紹介しました。

MICARD+(エムアイカード プラス)
還元率 0.5~10%
「MICARD+(エムアイカード プラス)」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
家族カード(税抜) あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 即日発行できる、おすすめクレジットカードはコレ!最短即日~翌日発行が可能な上に、年会費無料や海外旅行保険が付帯など、おすすめのカードを公開!
新カード「エムアイカードプラス(MICARD+)」や「エムアイカードプラス プラチナ」の詳細を解説!エムアイポイントの交換先が増えて利便性もアップ!
「エムアイカード(MICARD)」の公式サイトはこちら
◆「MICARD+ PLATINUM」は招待制! まずはゴールドカードに申し込もう!
MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)
還元率 1.0~10%
「MICARD+ GOLD(エムアイカード プラス ゴールド)」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税抜) 1万円
家族カード(税抜) あり(年会費2000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 新カード「エムアイカードプラス(MICARD+)」や「エムアイカードプラス プラチナ」の詳細を解説!エムアイポイントの交換先が増えて利便性もアップ!
「エムアイカードゴールド(MICARD GOLD)」の公式サイトはこちら
【招待制】
MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)
還元率 1.0~10%
「MICARD+ PLATINUM(エムアイカード プラス プラチナ)」のカードフェイス
発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) あり(4人まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 「エムアイカードプラス プラチナ」は、三越伊勢丹で最大10%還元で買物できて、プライオリティ・パスや招待日和などの特典も使えるお得なプラチナカード!
「エムアイカードゴールド(MICARD GOLD)」の公式サイトはこちら