原宿投資研究所
【第4回】 2012年5月10日 鮎川 健

爆弾低気圧に竜巻、さらに背後に控える空前の特需が
新東(5380)の株価を急騰させる!?

超長期保有でじっくり楽しみたい銘柄

株価(5/8終値):234円 予想PER:17.3倍 PBR:0.29倍 

配当利回り:3.20%

2012年2月9日~5月8日・日足

買い目途:目指すは200円

目標投資期間と目標株価:まずは1年後までに2倍の400円、さらに3~4年の長期保有ならば5倍の1000円(※ただし超小型株だけに大幅な突飛高があれば短期でもいったんは手仕舞いを視野に入れるべき)

「爆弾低気圧」で株価第1弾ロケット点火か

 記憶に新しい4月3日、突如として列島に猛威をふるい、甚大な被害をもたらした暴風、通称「爆弾低気圧」。

 実は我が家もその例外ではなく、爆弾低気圧のせいで見事に屋根瓦がめくれてしまい、馴染みの瓦屋に修理を依頼した。

 「あー、痛い出費だ……」と、ここで思考停止してしまうのが一般市民だが、「では、どういった銘柄が恩恵をこうむるのか?」この発想ができてこそ、個人投資家だ!

 ということで、今回の注目業種は「瓦」。これは地味だ……非常に地味だ……。タッチパネルみたいな最新技術とは100万光年離れた、ギャル受け要素がゼロのジャンル。でも、心配御無用、手にした利益でキャバクラにガンガン通い倒しましょ。

 ということで鮎川健、今回イチオシの低位株は新東(5380

株価指標だけみればフツーの低位株だが……

新東の主力製品のひとつ、CERAM-F3  表面に天然石(シーファー)のデザインを施した平板瓦。防水性・施工性能を備えている。システム工法にも対応

 300年以上の歴史を有し、現在国内最大の生産量を誇る瓦の産地
「三州瓦」の大手企業。ちなみに、基本的な株価指標は先述のとおり
PBRは約0.3倍、PERは約17倍。

 スペックだけ見れば低位銘柄であることに異論はないものの、正直な話、このレベルでの銘柄はいくらでも抽出可能だろう。さらに下方修正もリリースされたばかりで株価下落トレンドモード突入の可能性大……。

 なのになぜ、あえて新東推しなのか?

ココで、冒頭で述べたお話を融合してみることに……。
 
「ただでさえ割安な銘柄+爆弾低気圧特需=業績の上振れ発生」
 
この図式が成立したとすれば、株価に影響を与えることは予想がつくのでは? さらにゴールデンウィーク最終日の5月6日、茨城で突如猛威を振るったクラスF2竜巻! 次から次へと押し寄せる異常気象で屋根瓦の需要に拍車がかかる可能性も十分考えられるだろう。

 しかもまだ、話は終わらない。爆弾低気圧や竜巻が軽く消し飛ぶ材料が背後に存在する。それは……次ページで!