原宿投資研究所
【第26回】 2012年8月15日 鮎川 健

黒字で有配で無借金なのに市場価値は超お値打ち!
三井住建道路(1776)は絶賛バーゲンセール中!

年商300億円・キャッシュ47億円保有企業の時価総額はたったの21億円!

株価(8/12終値):113円 予想PER6.5倍 PBR:0.44倍
配当利回り:1.77%

2012年5月14日~8月13日・日足 

買い目途:できればもう一押しキリ番の100円
目標投資期間と目標株価:1年で2倍の200円

企業価値と市場価値のかい離が激しい企業を狙え!

 かつて私は自著『テンバガーを探せ! 10倍儲かる低位株投資術』において、「株券は『有価証券』であり、手形や小切手と同等の高い経済的価値を有するものです。にもかかわらず、本来100万円の価値のある企業の株券が、50万円で平気の平左で売られている」と記しました。まさにその主張を地で行く銘柄をご紹介いたします。

 鮎川健、今回のイチオシ低位株は三井住健道路1776)。名前のとおり、道路建設の中堅企業であります。

 なにせ企業価値に対する市場価値のかい離がスゴイ! 無借金(有利子負債ゼロ)で47億円のキャッシュを保有する黒字有配300億円企業の時価総額は、たったの21億円!

 ザックリ解釈すれば「年商300億円」部分の評価はゼロ、さらに保有するキャッシュの2分の1以下でしか株価は評価されていないということなのです! もうバーゲンプライスにもほどがあります。