配当【増配・減配】最新ニュース!
2020年4月28日 ザイ・オンライン編集部

NTTドコモ、2021年3月期の配当予想「1株あたり120
円」で、配当利回り3.6%を維持! 連続増配は「6期」で
ストップの“横ばい”予想も、配当額は20年で60倍に!

【※NTTドコモ、2021年3月期も「増配」で、7期連続増配に!(2020年8月3日公開)】
NTTドコモ(9437)、配当予想を修正(増配)して、配当利回りが4.23%にアップ! 7期連続「増配」となる2021年3月期は前期比5円増の「1株あたり125円」に!


NTTドコモは、2021年3月期の配当を前期比で「横ばい」とする予想を、2020年4月28日の15時に発表した。これにより、NTTドコモ「連続増配期間」は”6期”でストップする見通しとなったが、配当利回り(予想)は3.64%を維持した。
【※関連記事はこちら!】
NTT(日本電信電話)、10期連続の「増配」を発表し、配当利回り4.24%に! 配当額は10年で3.3倍になり、2021年3月期は前期比5円増の「1株あたり100円」に!

NTTドコモは、国内最大手のモバイル通信事業者で、日本電信電話(NTT)の子会社。NTTドコモは、国内最大手のモバイル通信事業者で、日本電信電話(NTT)の子会社。
拡大画像表示

 NTTドコモが発表した2020年3月期の決算短信によると、2021年3月期の予想配当は中間配当(9月)が「60円」、期末配当(3月)が「60円」、合計の年間配当額は「1株あたり120円」となっている。

 NTTドコモの2020年3月期の配当は「1株あたり120円」だったので、前期と同額の「横ばい」予想ということになる。そのため、NTTドコモの配当利回り(予想)は3.64%を維持することとなった。
【※NTTドコモ、2021年3月期も「増配」で、7期連続増配に!(2020年8月3日公開)】
NTTドコモ(9437)、配当予想を修正(増配)して、配当利回りが4.23%にアップ! 7期連続「増配」となる2021年3月期は前期比5円増の「1株あたり125円」に!

 なお、NTTドコモは配当予想を前期比で「横ばい」の「1株あたり120円」と明示しているものの、業績予想については、新型コロナウイルスの影響により「合理的な算定が困難であることから現段階では非開示」としている。今後の開示情報に注意しておくとともに、ほかの通信事業者の決算発表や業績予想、配当予想にも注目しておきたい。
【※関連記事はこちら!】
KDDI(9433)、19期連続「増配」を発表し、配当利回り3.8%にアップ! 配当額は19年で40倍に急増、2021年3月期は前期比5円増の「1株あたり120円」に!
ソフトバンク(9434)、2期連続の「増配」を発表し、配当利回りは5.8%にアップ! 2021年3月期の年間配当額は前期比で「1円」増の「1株あたり86円」に!
沖縄セルラー電話、19期連続となる「増配」を発表、配当利回り3.9%にアップ! 2021年3月期の配当額は19年前の35倍、前期比9円増の「1株あたり154円」に

NTTドコモの過去23期の配当の推移は?

■NTTドコモ(9437)の過去23期の配当の推移
年間配当額   年間配当額
2010/3 52円
1999/3 2円 2011/3 52円
2000/3 2円 2012/3 56円
2001/3 2円 2013/3 60円
2002/3 3円 2014/3 60円
2003/3 5円 2015/3 65円
2004/3 15円 2016/3 70円
2005/3 20円 2017/3 80円
2006/3 40円 2018/3 100円
2007/3 40円 2019/3 110円
2008/3 48円 2020/3 120円
2009/3 48円 2021/3 120円
(予想)

 NTTドコモは2015年3月期から連続増配を継続していたが、2021年3月期の配当が予想通りに「横ばい」となると、連続増配期間は”6期”でストップすることになる。
【※NTTドコモ、2021年3月期も「増配」で、7期連続増配に!(2020年8月3日公開)】
NTTドコモ(9437)、配当予想を修正(増配)して、配当利回りが4.23%にアップ! 7期連続「増配」となる2021年3月期は前期比5円増の「1株あたり125円」に!

 一方で、「減配」ではなく「横ばい」の配当予想のため、上場来となる22期連続の”非減配”は継続する見通しとなっている。このまま「減配」することなく、来期以降に「増配」されるようなら「増配傾向」は維持されることになるだろう。

 また、連続増配はストップしてしまうが、NTTドコモの配当額の伸び具合には注目しておきたい。増配傾向が始まる直前の2001年3月期から2020年3月期までの19年間で、NTTドコモの年間配当額は「1株あたり2円」から「1株あたり120円」まで、なんと60倍に増加している。
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

NTTドコモの配当利回りは?

 NTTドコモの2020年4月28日時点の株価(終値)は3295円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※NTTドコモの配当利回り】
株価:3295円
年間配当額:中間60円+期末60円=120円
配当利回り=120円÷3295円×100=3.64%

 NTTドコモの配当利回りは3.64%。2020年3月の東証1部の平均利回りは2.41%(配当実施企業のみ)なので、NTTドコモの配当利回りは「高め」と言えるだろう。なお、NTTドコモは株主優待を実施していない。

NTTドコモは、国内最大手のモバイル通信事業者で、日本電信電話(NTT)の子会社。動画や音楽などの配信、金融・決済、ショッピングといったサービスも手掛けている。2021年3月期(通期)の連結業績予想は、新型コロナウイルスの影響により「合理的な算定が困難であることから現段階では非開示」としている。
【※NTTドコモ、2021年3月期も「増配」で、7期連続増配に!(2020年8月3日公開)】
NTTドコモ(9437)、配当予想を修正(増配)して、配当利回りが4.23%にアップ! 7期連続「増配」となる2021年3月期は前期比5円増の「1株あたり125円」に!

NTTドコモ
業種 コード 市場 年間配当額(予想)
情報・通信 9437 東証1部 120円
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り(予想)
3295円 100株 32万9500円 3.64%
【※NTTドコモの最新の株価・配当利回りはこちら!】
最新の株価。株主優待内容はこちら!
※株価などのデータは2020年4月28日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。