クレジットカードおすすめ最新ニュース[2022年]
2021年2月17日 ポイ探ニュース

ダイナースクラブカードの特典が2021年4月に改悪!
「空港ラウンジ」や「海外手荷物宅配サービス」、ハワイ
で便利な「LeaLeaトロリー」の利用回数が制限付きに!


「ダイナースクラブカード」と「ダイナースクラブ プレミアムカード」

 「ダイナースクラブカード」と「ダイナースクラブ プレミアムカード(招待制)」は、2021年4月以降にサービス内容を変更する。今回は、その変更点を具体的に解説しよう。
【※関連記事はこちら!】
「ダイナースクラブカード」のメリット・デメリットをわかりやすく解説! 年会費以上に得をする特典や手厚い旅行保険など“日本初のカード”の実力を検証!

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円(「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
家族カード(税抜) あり(年会費5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
関連記事 「ダイナースクラブカード」のメリット・デメリットをわかりやすく解説! 年会費以上に得をする特典や手厚い旅行保険など“日本初のカード”の実力を検証!
【ダイナースクラブカードおすすめ比較(2021年版)】ダイナースクラブカードの15種類のメリットや特典、年会費を比較して、おすすめのカードを詳しく紹介!
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら

ハワイの「LeaLeaトロリー」の路線数と利用回数が減り、
ショッピングセンター内にある「LeaLeaラウンジ」も利用不可に!

 まず、ハワイの「LeaLeaトロリー」を利用できる回数が変更される。従来は、7路線が7日間乗り放題になる「1週間券」がもらえたが、4月以降は、1路線が1日だけ乗り放題になる「1日券」を年2回までもらえる。また「Tギャラリア ハワイ by DFS」にある「LeaLeaラウンジ」を利用できなくなる。
【※関連記事はこちら!】
ハワイでクレジットカードを使うならJCBがおすすめ!ワイキキ・トロリーやラウンジを無料で使えるほか、買い物で得する優待割引などの海外特典が利用可能!

無料&無制限で利用できた国際線の「空港ラウンジ」が、
本会員・家族会員のそれぞれで“年間10回”までの利用に変更!

 「ダイナースクラブカード」には、世界1000カ所以上にある空港ラウンジを無料&無制限で利用できる特典が付帯する。しかし、今回の変更により、国際線の空港ラウンジは、本会員・家族会員ごとにそれぞれ年10回までの利用に制限され、11回目からは1回あたり3500円(税込)の利用料が必要になる。カウント対象は4月1日~翌年3月31日までの1年間。

 なお、「ダイナースクラブ プレミアムカード」は変更なく、4月以降も無制限で利用できる。
【※関連記事はこちら!】
「プライオリティ・パス」をもっともお得に使えるクレジットカードは「楽天プレミアムカード」だ!空港ラウンジの使い方や同伴者の利用料金も解説!

「海外手荷物宅配サービス」で送れる手荷物が年2個までに制限!

 「海外手荷物宅配サービス」を利用すると、海外旅行時に「自宅⇔空港」に手荷物を無料で送ってもらえる。「ダイナースクラブ プレミアムカード」の場合は往復で各1個、「ダイナースクラブカード」の場合は帰国時に1個の手荷物を送ることができる。

 従来は年に何回でも利用できたが、今回の変更により、それぞれ年間2個までに制限される(一度に2個を送ることも可能)。ただし「ダイナースクラブ プレミアムカード」に付帯する「コンパニオンカード」で「Taste of Premium特典」を利用すれば往復3個まで無料で送れるので、この制限を回避できる。
【※関連記事はこちら!】
「ダイナースクラブカード」のお得度&利便性が向上!Mastercardブランドの「TRUST CLUBカード」を無料発行できて、付帯特典&海外での利用店舗数が急増!

空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」を
2年間使わなかった場合は、自動継続が解除される!

 「ダイナースクラブ プレミアムカード」に付帯する「プライオリティ・パス」は、従来は自動継続だったが、2021年4月以降は、2年間未使用だと更新されなくなる(再申し込みは可能)。「コンパニオンカード」では、類似サービスの「ラウンジ・キー」を登録できるので、こちらを利用してもいいだろう。
【※関連記事はこちら!】
「ラウンジ・キー」と「プライオリティ・パス」の違いは?「Orico Card THE PLATINUM」に付帯の「ラウンジ・キー」の申し込み方法や使い方も解説!

海外旅行時に利用できた「海外旅行空港送迎サービス」が終了!

 トラベルデスクで1回の購入金額が50万円以上の海外パッケージツアー、または1回の購入金額が50万円以上の日本発の海外航空券を購入した場合に、タクシー1台での送迎が片道分無料となる「海外旅行空港送迎サービス」があったが、2021年3月末で終了する。また、「ダイナースクラブ プレミアムカード」の場合は、購入代金が100万円以上だと往復分が無料になったが、こちらも終了する。
【※関連記事はこちら!】
自宅⇔空港間の「ハイヤー送迎サービス」を格安で利用する方法を伝授! クレジットカードの特典を活用して、満足度が格別の「ハイヤー」を使おう!

対象のゴルフ場のプレー代金が5000円割引される特典も終了!

 名門ゴルフ場を優待価格で予約できる特典は継続となるが、割引優待の対象コースで、プレー代金が5000円(税込)オフになる特典は終了する。ただし「ダイナースクラブ プレミアムカード」は引き続き利用できる。

2021年4月以降の「ダイナースクラブカード」の変更点をまとめて紹介!

 変更点をまとめると以下の通り。

■「ダイナースクラブカード」と「ダイナースクラブ プレミアムカード」の変更点
特典 対象カード 2021年3月まで 2021年4月以降
海外空港ラウンジ ダイナースクラブ プレミアムカード 海外ラウンジの利用制限なし
ダイナースクラブカード 海外ラウンジの利用制限なし 年10回までに制限
LeaLeaトロリー ダイナースクラブ プレミアムカード 1週間券7路線、同伴者1名無料 1日券1路線、同伴者1名無料(年2回まで)
ダイナースクラブカード 1週間券7路線 1日券1路線、本人のみ(年2回まで)
海外旅行手荷物
無料宅配
ダイナースクラブ プレミアムカード 往復各1回 往復各1回
(年2個まで)
ダイナースクラブカード 帰国時1個 帰国時1個
(年2個まで)
プライオリティ
・パス
ダイナースクラブ プレミアムカード 自動継続 2年未使用で更新なし(再申込は可能)
ハワイラウンジ ダイナースクラブ プレミアムカード カード会員1名につき同伴者4名まで 利用不可
ダイナースクラブカード カード会員本人のみ 利用不可
名門ゴルフ場優待 ダイナースクラブ プレミアムカード 予約時に割引優待対象コースの場合はプレー代金から半額OFF
ダイナースクラブカード 予約時に割引優待対象コースの場合は
プレー代金から5000円OFF
予約可(割引無し)
海外旅行空港送迎サービス ダイナースクラブ プレミアムカード 1回50万円以上の海外パッケージツアー
または海外航空券の購入で片道無料、100万円以上の場合は往復無料
提供終了
ダイナースクラブカード 1回50万円以上の海外パッケージツアーまたは海外航空券の購入で片道無料 提供終了

 いくつかの特典に制限が設けられてしまっているが、「コンパニオンカード」を利用すれば制限を回避できるものもある。新型コロナウイルスの影響で海外向け特典を利用できる機会も減っているが、この状況が落ち着いたときに、明らかに改悪と感じるのは「LeaLeaトロリー」の変更くらいだろうか。
【※関連記事はこちら!】
【ダイナースクラブカードおすすめ比較(2021年版)】ダイナースクラブカードの15種類のメリットや特典、年会費を比較して、おすすめのカードを詳しく紹介!

 以上、今回は「ダイナースクラブカード」と「ダイナースクラブ プレミアムカード」の特典の変更について解説した。

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円(「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
家族カード(税抜) あり(年会費5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
関連記事 「ダイナースクラブカード」のメリット・デメリットをわかりやすく解説! 年会費以上に得をする特典や手厚い旅行保険など“日本初のカード”の実力を検証!
【ダイナースクラブカードおすすめ比較(2021年版)】ダイナースクラブカードの15種類のメリットや特典、年会費を比較して、おすすめのカードを詳しく紹介!
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら