ネット銀行比較
2021年12月2日 ザイ・オンライン編集部

定期預金の金利が高い銀行ランキング[2021年12月]
貯金をするなら、メガバンクの175倍以上も高金利な
「SBJ銀行」など、お得な銀行に預けるのがおすすめ!

【2021年12月1日時点の定期預金の金利&キャンペーン情報を公開!】

全国の金融機関の定期預金金利を徹底比較!
「定期預金の金利が高い銀行ランキング」を発表!

 定期預金とは、期日までお金を引き出せない代わりに、普通預金よりも高い金利が設定されている預金のこと(中途解約も可能だが、その場合は一気に金利が下がる)。したがって、しばらく使う予定がないお金は、通常の普通預金ではなく定期預金に預け入れるのもおすすめだ。

 とはいえ、今や「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」といったメガバンクの定期預金の金利は0.002%しかなく、100万円を1年間預けても、わずか20円ほどの利息しか受け取れないという“超低金利の時代”になっている。

 しかし、実は、メガバンクこそ超低金利なものの、ネット銀行や地方銀行、信用金庫などに注目してみると、メガバンクよりも圧倒的に高金利の金融機関がいくつも見つかる。しかも、定期預金の金利がアップするお得なキャンペーンを実施している金融機関もあり、なんと、メガバンクの175倍以上の利息を受け取れる場合もあるのだ。

 そこで今回は「メガバンク」「ネット銀行」「地方銀行」「信用金庫」など、全国のさまざまな金融機関の2021年12月1日時点の定期預金金利を調査して「定期預金の金利が高い銀行ランキング[2021年12月]」を作成した。このランキングを参考にすれば、どの金融機関の定期預金がお得なのか一目瞭然。預け先をしっかり選ぶだけで受け取れる利息の金額が大きく変わってくるので、ぜひ、このランキングを参考にしてほしい。

 ちなみに、ザイ・オンラインでは、普通預金や定期預金の金利のほか、ATM出金手数料や他行あて振込手数料がお得なネット銀行をまとめた記事も掲載している。「総合的な使い勝手のよさ」や「各手数料のお得度」などで銀行を選びたい人は下記の記事が役立つはずなので、こちらも合わせて参考にしてほしい。
【※銀行選びに悩んだら、まずはこの記事!】
【2021年版】ネット銀行人気ランキング!今年に入って口座開設の申し込み数が最も多かった、ザイ・オンライン一番人気のネット銀行はここだ!

金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら!普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!

 なお、今回のランキングでは、預入金額100万円以下、預入期間は1年間、ネットから口座開設および定期預金の申し込みまたは預入が可能なものを条件とした(電話や郵送での口座開設が必要な銀行、定期預金の申し込みが必要な銀行、金利がメガバンクと同じく0.002%の銀行は除外)。

 それではさっそく「定期預金の金利が高い銀行ランキング[2021年12月]」を見ていこう!

■メガバンク、ネット銀行、地方銀行、信用金庫なども含めた
 2021年12月の定期預金金利ランキング!【100万円預入れ時】

順位 銀行名 1年もの定期預金の金利
(オレンジ色はキャンペーン金利)
10万円 100万円
1位 愛媛銀行 四国八十八カ所支店
※10万円の金利は「四国八十八カ所支店定期預金」(1口1万円以上1000万円未満、1人100口まで)
※100万円の金利は「100万円限定だんだん定期預金」(1人1口限り)
0.20% 0.27%
2位 SBJ銀行
※キャンペーン期間は2022年2月9日まで。
スーパー定期・大口定期(インターネット専用)
0.25% 0.25%
3位 商工組合中央金庫 商工中金ダイレクト
※キャンペーン期間は2022年3月31日まで。
「定期預金 マイハーベスト」(50万円以上)、新規口座開設者の場合の金利。口座保有者は0.20%。
0.22%
3位 島根銀行 インターネットバンキング
※インターネット定期預金「ネットプラス」(10万円以上、店頭+0.218%)
0.22% 0.22%
5位 auじぶん銀行
※キャンペーン期間は2022年1月31日まで。
「冬の特別金利」(1万円以上)
0.20% 0.20%
5位 あおぞら銀行 BANK支店
※「BANK The 定期」(50万円以上)
※普通預金金利が定期預金並みの「0.20%」!
0.20%
5位 高知銀行 よさこいおきゃく支店
※「よさこいおきゃく定期」(10万円以上100万円以下)
0.20% 0.20%
5位 尼崎信用金庫 ウル虎支店
※「ウル虎支店専用定期」(10万円以上1000万円未満)
0.20% 0.20%
5位 しずおか焼津信用金庫 しずしんインターネット支店
※キャンペーン期間は2022年3月31日まで。
「プレミアム定期預金2021 Ⅱ」(10万円以上)、募集総額220億円に達した場合は締め切る可能性あり。
0.20% 0.20%
5位 豊橋信用金庫 インターネット支店
※キャンペーン期間は2022年3月31日まで。
「特別金利定期預金」(10万円以上)、総額100億円に達した場合は締め切る可能性あり。
0.20% 0.20%
順位 銀行名 1年もの定期預金の金利
(オレンジ色はキャンペーン金利)
10万円 100万円
5位 豊田信用金庫 とよしんインターネット支店
※キャンペーン期間は2022年3月31日まで。
「ときめき定期預金」(50万円以上)、総額450億円に達した場合は締め切る可能性あり。
0.20%
12位 オリックス銀行
※「eダイレクト定期預金」(100万円以上)
0.17%
13位 香川銀行 セルフうどん支店
※「超金利トッピング定期」(10万円以上100万円以下)
0.15% 0.15%
13位 清水銀行 清水みなとインターネット支店
※「インターネット支店専用定期」(1万円以上)、新規預入時適用。
0.15% 0.15%
13位 大光銀行 えちご大花火支店
※「正三尺玉定期預金」(1万円以上100万円以下)
0.15% 0.15%
16位 中京銀行 なごやめし支店
※「大盛なごやめし定期」(1万円以上100万円まで)
0.135% 0.135%
17位 ソニー銀行
※キャンペーン期間は2022年2月28日まで。
「円定期特別金利」(金利は期間内でも随時見直し)、1万円以上
0.13% 0.13%
17位 スルガ銀行 Dバンク支店
※キャンペーン期間は2022年3月31日まで。
「スペシャルギフト付き定期預金 特別金利」(10万円以上)10万円を1口として毎月抽せん。ギフトカードが当たる
0.13% 0.13%
19位 伊予銀行 インターネット支店
※「インターネット支店専用定期」(1万円以上、店頭+0.1%)
0.102% 0.102%
20位 播州信用金庫 夢みらい支店
※キャンペーン期間は2021年12月30日まで。
※「ばんしん夢みらい特別金利定期預金」(100万円以上1000万円以下)
0.10%
順位 銀行名 1年もの定期預金の金利
(オレンジ色はキャンペーン金利)
10万円 100万円
21位 北日本銀行 インターネット支店
※キャンペーン期間は2022年1月31日まで。
「インターネット支店専用 特別金利定期預金」(10万円以上300万円以下)
0.08% 0.08%
22位 岡崎信用金庫 おかしんインターネット支店
IB専用定期預金(1件当たり1万円以上500万円以内、店頭+0.05%)
0.052% 0.052%
23位 大和ネクスト銀行
※大和証券の口座開設が必要。10万円以上。
0.05% 0.05%
23位 東日本銀行 お江戸日本橋支店
※「お江戸日本橋支店定期預金」(1口10万円以上1000万円以下、1人30口まで)
0.05% 0.05%
23位 あおぞら銀行
※「あおぞらポケット定期」(100万円以上)
0.05%
23位 鳥取銀行 とっとり砂丘大山支店
※「らくだ定期」(1口100万円、何口でも可)
0.05%
27位 静岡銀行 インターネット支店
※1万円以上
0.032% 0.032%
28位 ローソン銀行
※1万円以上
0.03% 0.03%
28位 GMOあおぞらネット銀行
※1000円以上
0.03% 0.03%
30位 東邦銀行 インターネット支店
※新規預入時の金利で店頭+0.02%(100円以上)
0.022% 0.022%
順位 銀行名 1年もの定期預金の金利
(オレンジ色はキャンペーン金利)
10万円 100万円
31位 楽天銀行
※1000円以上
0.02% 0.02%
31位 住信SBIネット銀行
(1000円以上)
0.02% 0.02%
31位 PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)
※1万円以上
0.02% 0.02%
34位 トマト銀行 ももたろう支店
※「スペシャルきびだんご定期預金」(1万円以上100万円まで)
0.015% 0.015%
35位 イオン銀行
※1万円以上
0.01% 0.01%
35位 新生銀行
※「パワーフレックス円定期預金」(1000円以上)
0.01% 0.01%
35位 セブン銀行
※1万円以上
0.01% 0.01%
38位 荘内銀行 わたしの支店
※12月の金利(1口100万円以上1000万円以下)
0.005%
39位 鹿児島銀行 かぎんネット支店
※初回限定、1000円以上
0.004% 0.004%
参考 三井住友銀行 0.002% 0.002%
参考 三菱UFJ銀行 0.002% 0.002%
参考 りそな銀行 0.002% 0.002%
参考 みずほ銀行 0.002% 0.002%
※ネットで口座開設を申し込める銀行・口座に限定。オレンジ色はキャンペーン金利。金利は2021年12月1日時点、税引前。

 「定期預金の金利が高い銀行ランキング[2021年12月]」で第1位に輝いたのは、金利0.27%の「愛媛銀行 四国八十八カ所支店」だった。メガバンクの定期預金金利は0.002%なので、たとえば、100万円を1年間預けたとしても20円(税引後16円)しか利息を受け取れないが、「愛媛銀行 四国八十八カ所支店」の定期預金に預ければ2700円(税引後2160円)と、メガバンクの135倍の利息を受け取れることになる。大事なお金を預ける銀行をしっかり選ぶだけで、これだけお得度に違いが出てくるのだ。

 また、このほかの金融機関もメガバンクの50倍以上も高金利なところばかりなので、現在、メガバンクをメインの銀行として利用している人は、乗り換えることも検討してみよう。ただし、金融機関によっては、定期預金の金利は高くても普通預金の金利はメガバンクと同等だったり、ATM出金手数料などの各手数料が高かったりする場合もあるので、メインの銀行を乗り換えるなら慎重に選びたいところだ。

 では、総合的にお得な銀行はどこなのだろうか。そこで、ここからは、定期預金や普通預金の金利が高いだけでなく、コンビニATMの出金手数料や他行あて振込手数料もお得なおすすめの銀行を紹介! 普通預金の金利が0.20%の「あおぞら銀行 BANKや、ATM出金手数料は最大で月11回まで、他行あて振込手数料は最大で月15回まで無料になる「auじぶん銀行など、魅力的な銀行ばかりなので、銀行選びの参考にしてほしい。

「SBJ銀行」は、定期預金の金利が業界トップクラスで、
ATM出金手数料や他行あて振込手数料もお得!

 まずは、2009年9月に韓国の大手銀行「新韓銀行」の日本法人として開業した「SBJ銀行」を紹介しよう。

 「SBJ銀行」は、ザイ・オンラインの「定期預金の金利ランキング」で常に上位にランクインしている実力派のネット銀行。しかも、2022年2月9日までの期間限定で実施している「SOL×ぐでたまサンキューキャンペーン第3弾」によって、1年もの定期預金金利は0.25%、2年もの定期預金金利は0.30%、3年もの・5年もの定期預金金利は0.35%と、驚くほど高金利となっている。3年もの・5年もの定期預金は、メガバンクの175倍も高金利になっているので、長期間、定期預金に預け入れることを考えている人は、まず「SBJ銀行」での口座開設を考えてみよう。

 さらに、オンライン(もしくはアプリ)から「SBJ銀行」の口座開設を申し込むと「普通預金プラス」の口座が開設され、通常の「普通預金」と同じく0.02%分の利息を受け取れるうえに、月内の最低残高(上限1000万円)に対して0.08%分の追加利息も受け取れる。つまり、最大0.10%分の利息を受け取れて、通常の普通預金と同じく好きなタイミングで引き出せるので、生活資金を預けておく銀行としても優秀だ。

 しかも「SBJ銀行」は、セブン-イレブン(セブン銀行)やファミリーマート(E-net)、ミニストップ(イオン銀行)のATMでは、最低でも月10回まで入出金手数料が無料、他行あて振込手数料も最低でも月5回まで無料(ジャパンネット銀行と楽天銀行あては月3回まで無料)なのもメリット。特に、月々の振り込み回数が多いという人は、「SBJ銀行」を利用すれば振込手数料をかなり節約できるはずだ。

 ちなみに「SBJ銀行」は外国資本とはいえ、他の金融機関と同じように「預金保険制度(ペイオフ)」の対象になっている。仮に経営破綻したとしても、円建ての普通預金や定期預金であれば元本1000万円までは保護してくれるので安心しよう。
【※関連記事はこちら!】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!

SBJ銀行⇒詳細ページはこちら!

【SBJ銀行のおすすめポイント】


 ●定期預金の金利がトップレベル!
 ●ATMの出金手数料が最低でも月10回まで無料!
 ●他行への振込手数料が、月5~20回まで無料!
⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
最大0.10%(※1) 0.25%(※2) 0.35%(※2) 0.35%(※2)
 ※100万円を預けた場合の2021年12月1日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1 通常の0.02%分の利息に加えて、月内の最低残高(上限1000万円)に対して0.08%分の追加利息を受け取れる「普通預金プラス」の場合。※2 2022年2月9日までの「SOL×ぐでたまサンキューキャンペーン第3弾」適用時。
コンビニATM出金手数料(税込) 振込手数料
(ネット取引の場合・税込)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月10回~無制限で無料
以降は110円
(※1)
月10回~無制限で無料
以降は110円
(※1)
 同行あて:無料
 他行あて:
月5~20回まで無料、以降は220円(※1)
 ※1 「SBJプレミアクラブ」のステータスによって、無料出金回数および無料振込回数は異なる。

【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!

SBJ銀行のお申し込みはこちら

「商工中金」の口座を新規開設すると、
定期預金金利が0.22%にアップするキャンペーンが実施中!

 続いて、1936年に政府と中小企業の組合の共同出資で誕生した「商工中金(商工組合中央金庫)」を紹介しよう。基本的に「商工中金」は、中小企業を支援する役割を担った“政府関係金融機関”だが、個人でも通常の銀行と同じように利用でき、スマートフォン向けのアプリから口座開設を申し込むことも可能。もちろん、元本1000万円まで保護してくれる「預金保険制度(ペイオフ)」の対象にもなっているほか、コンビニATMなどでの入出金にも対応している。

 そんな「商工中金」のインターネットバンキング「商工中金ダイレクト」では、2022年3月31日までの期間限定で、定期預金「マイハーベスト(1年・2年・3年)」の金利がアップするキャンペーンを実施中。新規口座開設者の場合は金利0.22%に大幅アップするので、この機会に口座の開設を検討してみよう(※すでに口座を保有している場合は金利0.20%)。

 また、ATMなどの使い勝手も気になるところだが、「商工中金」の場合は、ゆうちょ銀行ATMのほか、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニのATMも利用可能。しかも、コンビニのATMの場合、平日8~18時と土曜9~14時の時間帯は、出金手数料が何回でも無料となっている(それ以外の時間帯は税込110円)。

 時間帯は限られているが、出勤時や仕事の昼休みなどに近くのコンビニで出金すれば手数料無料なので、月に何回も出金する人にとっては、手数料の無料回数に上限がある銀行よりも、何回でも無料になる「商工中金」のほうが使い勝手がいい場合もあるだろう。

 商工組合中央金庫 商工中金ダイレクト

【商工組合中央金庫のおすすめポイント】


●2022年3月31日までは、定期預金金利が0.22~0.20%に!
●平日8~18時と土曜9~14時の時間帯は、コンビニATMで出金手数料が何回でも無料
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.001% 0.22%(※1) 0.22%(※1) 0.007%
 ※100万円を預けた場合の2021年12月1日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1 2022年3月31日までの「インターネットバンキングキャンペーン(新規口座開設者向け)」適用時の金利。すでに口座を保有している人は金利0.20%。
コンビニATM出金手数料(税込) 振込手数料
(ネット取引の場合・税込)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
平日8:00~18:00と
土曜9:00~14:00は無料

それ以外は110円
 同行あて:無料
 他行あて:330円
 ※各コンビニATMの利用可能時間は平日8:00~21:00、土・日・年末9:00~17:00。また、日曜を除いた祝日、振替休日、1月1日~3日は利用不可。

【関連記事】
【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!

商工組合中央金庫のお申し込みはこちら

「auじぶん銀行」と「au PAY カード」や「auカブコム証券」を連動させると、普通預金金利が最大0.20%に大幅アップする!

 次に紹介するのは、KDDI(au)と三菱UFJ銀行が共同出資して開業した「auじぶん銀行」だ。

 「auじぶん銀行」は、2022年1月31日までの期間限定で、1年もの定期預金の金利が0.20%に大幅アップするキャンペーン「冬の特別金利」を実施中。1万円から預け入れられるので、少額から定期預金を利用したい人におすすめだ。

 また「auじぶん銀行」の普通預金金利は0.001%でメガバンクと同等だが、ほかのauサービスと口座を連動させることで、普通預金金利が0.20%に大幅アップするのが最大のメリット。具体的には「au PAY アプリ」と口座を連携すると+年0.05%、「au PAY カード」の利用代金がauじぶん銀行の口座から引き落とされると+年0.05%(対象月の普通預金平均残高に対して上乗せの金利分の利息を受け取れる)、「auカブコム証券」と口座を連携する「auマネーコネクト」を設定すると+年0.099%と、すべての条件の達成で普通預金金利が最大0.20%になる。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)

au PAY カード
還元率 1.0~2.0%
「au PAY カード」のカードフェイス
発行元 auフィナンシャルサービス
国際ブランド VISA、Master
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円    
(年一回の利用で次年度無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
東京都の「固定資産税」の納付で、2.5%分も節税する方法!「au PAY ゴールドカード+au PAY」で支払えば、2.5%分のPontaポイントが貯まるのでおすすめ!
詳細はこちら(公式サイトへ)

 ちなみに「auカブコム証券」の口座を連動させる「auマネーコネクト」は、設定さえすればOKなので、特に投資などをする必要はない。メガバンクの普通預金金利は0.001%なのに対して、「auじぶん銀行」はその200倍の金利0.20%まで達するので、口座を開設するなら「au PAY アプリ」「au PAY カード」「auカブコム証券」の利用も検討してみよう。
【※関連記事はこちら!】
【auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)のおすすめポイントを解説】売買手数料は大手ネット証券の中でも最安値水準! 9種類の用途別アプリで、スマホ取引もラクラク!

 また「auじぶん銀行」は、コンビニATMの出金手数料や他行あて振込手数料もお得。「auじぶん銀行」では、商品やサービスの利用状況に応じて「じぶんプラス1~じぶんプラス5」のステージが決まり、そのステージによってお得な特典を利用できるサービスを実施している。たとえば、上から2番目のステージ「じぶんプラス4」になると、コンビニATMの出金手数料と他行あて振込手数料がそれぞれ月8回まで無料になる。

 しかも「じぶんプラス4」は、口座に50万円以上を預金したうえで「月に1度でもクレジットカードなどの引き落としがある」「給与振込による入金額合計が1円以上」「じぶん銀行決済または電子マネーチャージの利用がある」といった簡単な条件をどれか1つでもクリアすれば到達可能。それほど難しくない条件を達成するだけで、コンビニATMの出金手数料と他行あて振込手数料が月8回まで無料になるのはお得だ。
【※関連記事はこちら!】
【auじぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月15回まで無料に!

 auじぶん銀行⇒詳細ページはこちら!

【auじぶん銀行のおすすめポイント】


●「au PAY アプリ」「au PAY カード」「auカブコム証券」と連携させると、普通預金金利が200倍の0.20%に!
●「じぶんプラス」のステージが上がると、ほとんどのコンビニATMの出金手数料が最高で月11回まで無料、他行あて振込み手数料が最高で月15回まで無料!
●「定額自動入金サービス」なら、手数料無料で自分名義の他口座から預金を移動できる!

●「KDDI」が親会社なだけあって、スマホアプリが使いやすい!
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
最大0.20%(※1) 0.20%(※2) 0.03% 0.03%
 ※100万円を預けた場合の2021年12月1日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1 以下の①~③の条件をすべて達成した場合の金利。通常は0.001%。①「au PAY アプリ」とauじぶん銀行の口座を連携すると+年0.05%。②「au PAY カード」の利用代金をauじぶん銀行の口座から引き落とされると+年0.05%(対象月の普通預金平均残高が上乗せ対象)。③auカブコム証券とauじぶん銀行の口座を連携する「auマネーコネクト」を設定すると+年0.099%。※2 2022年1月31日までの「冬の特別金利キャンペーン2021」適用時の金利。
コンビニATM出金手数料(税込) 振込手数料
(ネット取引の場合・税込)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月0~11回まで無料
以降は110円
(※1)
 同行あて:無料
 他行あて:月0~15回まで無料
、以降は99円※1)
※1 「じぶんプラス」のステージによって無料出金回数および無料振込回数は異なる。

【関連記事】
【auじぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月15回まで無料に!

「au PAY ゴールドカード」は、au料金の支払いで11%分のポイントが貯まってお得! 料金プランに関わらず還元率11%の高還元なので、auユーザーにおすすめ!

auじぶん銀行のお申し込みはこちら

「あおぞら銀行 BANK」は、普通預金の金利も0.20%のうえに、
ゆうちょ銀行ATMでは出金手数料が無料で、メインの銀行にも最適!

 続いて紹介するのは、「普通預金金利で業界ナンバーワン」という方針を掲げており、今回のランキングの中でも異彩を放っている「あおぞら銀行 BANK」だ。
【※関連記事はこちら!】
定期預金に匹敵する“業界No.1の普通預金金利”を実現する「あおぞら銀行 BANK」に注目! 年0.2%の普通預金金利の高さを実現できる理由が取材で判明!

 「あおぞら銀行 BANK」の最大の特徴は、「定期預金(1年もの)」だけでなく「普通預金」も金利0.20%と好金利なこと。メガバンクの普通預金金利は0.001%なので、あおぞら銀行 BANK」は、なんと200倍も金利が高いことになる。

 しかも、この金利0.20%は、キャンペーンではないうえに、適用の条件も一切なし。普通預金口座にお金を預け入れるだけで“金利0.20%”の好金利が適用されるのは、圧巻の一言に尽きる。定期預金とは異なり、普通預金ならいつでも好きなタイミングで引き出せるというメリットもあるので、金利が同程度の定期預金に預けるくらいなら、「あおぞら銀行 BANK」の普通預金のほうが魅力的だ。

 また「あおぞら銀行 BANK」は、ゆうちょ銀行ATMなら365日いつでも入出金の手数料が無料なのもメリット。ゆうちょ銀行ATMは、全国各地の郵便局に設置されているうえに、最近では、ファミリーマートにも設置され始めているので、郵便局やファミリーマートが近くにある人は不便しないだろう。なんと言っても、普通預金金利が0.20%なのは大きな魅力なので、これを機にメインの銀行を乗り換えることも検討してみてはどうだろうか。
【※関連記事はこちら!】
【あおぞら銀行 BANKの金利・手数料・メリットは?】普通預金なのに「定期預金レベル」のお得な金利! ゆうちょ銀行ATMなら、週末でも出金手数料が無料に

あおぞら銀行 BANK

【あおぞら銀行 BANKのおすすめポイント】


 ●普通預金金利が0.20%で業界トップクラス
 ●1年もの定期預金も業界最高レベル
 ●ゆうちょ銀行ATMなら、入出金手数料が365日いつでも無料
 ●Visaデビットの利用時に一定割合を自動的に積立貯蓄するサービス「BANK The Savings」が便利!

  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.20% 0.20% 0.15% 0.15%
 ※100万円を預けた場合の2021年12月1日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。
コンビニATM出金手数料(税込) 振込手数料
(ネット取引の場合・税込)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
平日8:00~18:00は110円、
それ以外は220円
平日8:45~18:00は110円、
それ以外は220円
平日8:45~18:00は110〜220円、
それ以外は110〜330円
(※1)
 同行あて:無料
 他行あて:月0~3回無料
、以降は150円(※2)
 ※ ゆうちょ銀行ATMは入出金手数料が365日いつでも無料。ゆうちょ銀行ATMおよび各コンビニATMの利用可能時間は毎日8:00~21:00。あおぞら銀行店舗内のゆうちょ銀行ATMの場合は平日9:00~15:00。 ※1 E-net ATMの管理銀行によって異なる。※2 BANKのVisaデビットを月1回以上利用した場合は、翌々月の他行あて振込手数料が月1回まで無料。月末のBANKの残高合計が500万円以上の場合は、翌々月の他行あて振込手数料が月2回まで無料。それぞれの条件を満たした場合は、翌々月の他行あて振込手数料が月3回まで無料。

【関連記事】
定期預金に匹敵する“業界No.1の普通預金金利”を実現する「あおぞら銀行 BANK」に注目! 年0.2%の普通預金金利の高さを実現できる理由が取材で判明!

【あおぞら銀行 BANKの金利・手数料・メリットは?】普通預金なのに「定期預金レベル」のお得な金利! ゆうちょ銀行ATMなら、週末でも出金手数料が無料に

【普通預金の金利を徹底比較!】普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!

あおぞら銀行 BANK支店のお申し込みはこちら

「東京スター銀行」は、ATM出金手数料が月8回まで、
他行あて振込手数料が月3回まで“無条件”で無料!

 最後に、関東を中心に支店を展開している「東京スター銀行」を紹介しよう。

 「東京スター銀行」の魅力は、給与や年金の振込口座に指定すると普通預金の金利が0.001%⇒0.10%と、100倍にアップすること。取引明細の摘要に「給与振込」と書いてあれば、パートやアルバイトの給与振込も金利アップの対象になるので、これからアルバイトを始める学生などにもおすすめだ。

 また「東京スター銀行」は、コンビニATMの出金手数料は月8回まで無料他行あて振込手数料は月3回まで無料なのも大きなメリット。最近は、取引内容によって会員ステータスが決まり、その会員ステータスによって手数料の無料回数が変動する銀行も多いが、「東京スター銀行」のネットバンキングの場合は、上限回数までなら“無条件”で手数料が無料になるので、コンビニATMで出金することが多い人や、毎月、家賃や習い事の月謝などを振り込んでいる人にピッタリだろう。

 東京スター銀行⇒詳細ページはこちら!
【東京スター銀行のおすすめポイント】
●給与や年金の振込口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップ!
●コンビニATMの出金手数料は無条件で月8回まで無料、他行あて振込手数料も月3回まで無料!
●「スターワン円定期預金+(プラス)」なら、6カ月ものが0.25%の高金利!
年利0.05%の「スターワン1週間円預金」や米ドルで金利15%の「王様金利外貨定期預金」など、ユニークでお得な個人向け商品が豊富!

  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.10%(※1) 0.002% 0.002% 0.002%
 ※100万円を預けた場合の2021年12月1日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1 東京スター銀行を給与または年金の振込口座に指定した場合。
コンビニATM出金手数料(税込) 振込手数料
税込
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月8回まで無料
以降は110~220円
 同行あて:無料
 他行あて:月3回まで無料、以降は330円

【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!

東京スター銀行の詳細はこちら

 以上、今回は「定期預金の金利が高い銀行ランキング[2021年12月]」に加えて、金利や手数料などが総合的にお得なおすすめの銀行を紹介した。

 利用する銀行を変えるだけで、メガバンクの175倍以上の利息を受け取れるだけでなく、ATM出金手数料や振込手数料を節約することもできる。お得に預金するだけなら、今回のランキングの上位の金融機関を選べばいいが、せっかく口座開設するなら、定期預金金利が高いだけでなく、末永く利用できる銀行を選びたいところ。

 「SBJ銀行」や「あおぞら銀行 BANK」などのネット銀行なら、メガバンクよりも金利が高いだけでなく、ATM出金手数料や他行あて振込手数料などもお得で、メインの銀行として使うのにもピッタリ。ぜひ、今回の記事を参考にして、総合的にお得な銀行に乗り換えることも検討してみてほしい。

(データ提供/ストック・リサーチ 大和田智美、記事執筆/ザイ・オンライン編集部)