ネット銀行比較
2014年5月2日 ザイ編集部

普通預金金利が5倍になることも!
低コスト&多彩なメニューのネット銀行とは?

24時間、時間を気にすることなく振り込みなどができるネット銀行に、最近は様々な新サービスやポイント還元が加わっている。さらに口座開設も超カンタン。スマホやケータイだけで、いつでもどこでも自由に取引可能なネット銀行の魅力を紹介しよう。

ゴールデンウィークの間にサクッと開設!
便利なことだらけのネット銀行デビューを

 日々の生活の中で、最も付き合いが多い金融機関が銀行だ。給料や年金を受け取ったり、お金を引き出したり、家賃やクレジットカードの引き落としをしたり、旅行会社などに代金を振り込んだりと銀行とのシーンは様々だ。

 このように生活に密着している銀行だが、ここにもネットの波が押し寄せている。その結果、ここ数年でどんどんとサービスを拡大しているのがネット銀行だ。

 ネット銀行のメリットは、まず第1に都銀などに比べて預金金利が高い点だ。さらに、24時間好きなときに残高の確認や振り込みができる上に、振り込み手数料やATMの手数料も安く設定されている。

 ネット銀行をまだ使っていない人の代表的な疑問は、支店も自社ATMもないのに、入出金をどうやってやるのかということ。その答えはカンタン。街のあちこちに点在するコンビニのATMを使えばいいのだ。手数料がかかるのでは、と心配する人もいるだろうが、ネット銀行の場合、預金残高や給与の受け取りなどにより、月数回までは入出金の手数料がゼロになることが多い。

給与受け取りや宝くじでもポイントが貯まり
ATM手数料がゼロもあるネット銀行を発見

 ここからは、様々なサービスを利用するごとに楽天市場などで使える楽天スーパーポイントがもらえる楽天銀行について見ていこう。

楽天銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月0~7回まで無料
(※)、以降は200円
月0~7回まで無料(※)、以降は250円 月0~7回まで無料(※)、以降は200円  同行あて:無料
 他行あて:月0~3回まで無料
(※) 、以降は152~238円
【楽天銀行のメリット】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ! さらに「ハッピープログラム」に無料エントリーすると、ステージに応じてATM出金手数料が最大で月7回まで無料に! 楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設も簡単にできる。
※「ハッピープログラム」のステージにより決定。
【関連記事】【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
楽天証券+楽天銀行の同時口座開設はこちら(公式サイト)楽天銀行の口座開設はこちら(公式サイト)

楽天銀行の特徴は、なんと言ってもほとんどのサービスで楽天スーパーポイントが貯まるということ。しかも、サービスメニューは通常の銀行と比べてみると非常に多彩だ。宝くじのナンバーズも買えれば、JRA競馬などの投票もできる。

 しかも、無料のハッピープログラムというサービスにエントリーすれば、「預け入れ残高」や給与受け取りなどで獲得できる「レベル」に応じて、もらえる楽天スーパーポイントが2~3倍にアップする(詳しいサービスとポイントの内容は図を参照)。

 たとえば、月末時点の残高が50万円以上なら、それだけで会員ステージは「プレミアム」までアップする。また、給与受け取りと自動引き落とし(口座振替)を設定するだけで、会員ステージは「VIP」までアップし、それだけで他行への振り込みについても月3回まで手数料が無料になる(詳しいレベルとそれに必要なメニューは楽天銀行のサイトを参照)。

 会員ステージのアップによるメリットはポイントだけではない。会員ステージのアップにより、1カ月のATM手数料の無料回数も最大7回までアップするのだ。このほか、他行への振り込み手数料を楽天スーパーポイントで支払うことができるのも意外にうれしい。

楽天カードや楽天証券との連携で
ポイント大幅増や普通預金金利5倍も!

 さらに、楽天銀行にはクレジットカードの楽天カード楽天証券との連携で様々なメリットを受けることができるメニューがある。

 まずは、楽天カードとの連携だが、これは楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定し、引き落としがあるだけでOK。これだけで、楽天銀行の普通預金金利が倍になる。そして、さらに楽天スーパーポイントが最大で9ポイントももらえる。楽天カードを使ってポイントをもらい、それを楽天銀行で引き落とすだけでまたポイントをもらい、そしてハッピープログラムでポイントがさらに増える……。これこそが、1粒で何度もオイシイ楽天スーパーポイントの貯めワザだ。

 もう1つが楽天証券との連携だ。これは楽天銀行楽天証券に口座を開いて(楽天銀行に口座を開き楽天銀行のサイトから楽天証券に口座を開けば1000円がもらえる)、マネーブリッジというサービスにエントリーするだけだ(もちろん無料)。

 これにより、なんと楽天銀行の普通預金金利が5倍になる。4月1日現在の楽天銀行の普通預金金利は0.02%なので、これが0.1%になるわけで、これは都銀などの定期預金金利とほぼ同じ水準だ。このほか、楽天証での取引でポイントが貯まるほか、銀行と証券間での入出金やログインもカンタンにできるようになる。

 このように様々なメリットがある楽天銀行に口座を開いて、使い倒すことで楽天ポイントや好金利をゲットしよう。

楽天銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月0~7回まで無料
(※)、以降は200円
月0~7回まで無料(※)、以降は250円 月0~7回まで無料(※)、以降は200円  同行あて:無料
 他行あて:月0~3回まで無料
(※) 、以降は152~238円
【楽天銀行のメリット】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ! さらに「ハッピープログラム」に無料エントリーすると、ステージに応じてATM出金手数料が最大で月7回まで無料に! 楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設も簡単にできる。
※「ハッピープログラム」のステージにより決定。
【関連記事】【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
楽天証券+楽天銀行の同時口座開設はこちら(公式サイト)楽天銀行の口座開設はこちら(公式サイト)

(※各カードの券面デザインは2015年4月時点のものです。現在の券面は変更されて いる可能性があります)拡大画像表示