ふるさと納税おすすめ特産品情報
2015年2月7日 ザイ・オンライン編集部

上限額倍増でチャンス&オススメも紹介!
全員必読のふるさと納税のすべてを伝授

自己負担額が最小の2000円となる
アナタの寄付金額はいくら?

 先に「ふるさと納税は実質負担額が2000円ですむ」と書いたが、2000円の負担ですむのは、寄付金控除という仕組みを使って税の軽減を受けられるからで、寄付者が納税者であることが前提。だから、収入がない専業主婦などは対象外。

 ふるさと納税は寄付だから、好きなだけいくらでも寄付できるが、税金の控除を受けられる上限は決まっており、収入や家族構成などによって異なってくる。表は給与収入だけで暮らす人の実質負担額が2000円で済む寄付金上限の大まかな目安。上限以上の寄付をすると自己負担額が2000円以上になる。

 与党税制改正大綱どおりに税制が変われば、今年度からはこの上限額が2倍になる予定。例えば年収500万円の夫婦(配偶者が無収入)の場合、これまでは3万円が上限だったが、15年度からは6万円になるのだ。

 こうしたオトクな制度を使わないのはもったいない。そこで、今回はオススメの自治体を3つ紹介しよう。アナタもこの中から選んでふるさと納税に挑戦してみてはいかがだろうか。

 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ3月号には、このふるさと納税の申し込みの手順をわかりやすく紹介した記事「特産品ベスト15付き!ふるさと納税の仕組み&メリット完全ガイド」が載っている。これさえ読めば、迷ったり、戸惑ったりすることなくすらすらとふるさと納税ができるようになっている。納税が終われば、あとは特産品が届くのを待って、それをしっかりとたいらげるだけ。もらえる特産品についても、今回紹介したものの他にも12の特産品を写真付きで紹介している。肉、魚、米、フルーツ……。上限額までしっかり納税して、おいしい特産を食べまくってほしい。

>>お米や牛肉、お酒などの「お得なふるさと納税情報」はこちら!