クレジットカード活用術
【第37回】 2015年6月15日 菊地祟仁

Amazonで得するクレジットカードとして人気の
「Orico Card THE POINT」のゴールドカード登場!
年会費1950円で高還元+限定優待サービスが充実!

昨年登場して「Amazonで得するクレジットカード」として
一躍注目を浴びた「Orico Card THE POINT」のゴールドカード、
「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」の実力は?

 年会費無料でネットショッピングに強いクレジットカード「Orico Card THE POINT」が昨年6月に登場して人気になっています。

 そして1年後の今年の6月、「Orico Card THE POINT」の上位版として「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」が誕生しました。年会費は1950円(税込)なので、通常のゴールドカードではなく「格安ゴールドカード」という位置づけです。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
 (オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)
還元率 1.0~2.5%
発行元 オリコカード
国際ブランド Master、JCB
年会費(税抜) 1806円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、iD、QUICPay、au WALLET
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD公式サイトはこちら

 「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」の基本的なスペックは「Orico Card THE POINT」と同じで、100円につき1オリコポイントを獲得できます。オリコポイントはANAやJALのマイル、楽天スーパーポイント、Tポイントなどに交換可能です。1000オリコポイントは1000楽天スーパーポイントに交換可能ですので、還元率は1.0%です。

「Orico Card THE POINT」は、オリエントコーポレーションが運営するオンラインショッピングモール「オリコモール」サイト画面

 また、「Orico Card THE POINT」は、オリエントコーポレーションが運営するオンラインショッピングモール「オリコモール」を経由するだけで0.5%分のポイントの上乗せがある、というメリットもあります。

 例えば、Yahoo!ショッピングやAmazonなどをオリコモールを経由して利用し、「Orico Card THE POINT」で支払えば通常の1%分のポイントに加え、0.5%分のボーナスポイントを獲得でき、さらに「Orico Card THE POINT」のボーナスポイント0.5%を獲得できます。つまり、Yahoo!ショッピングやAmaoznでは合計で2%もの還元率となるということです。

 しかし、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は「Orico Card THE POINT」のメリットを向上させ、オリコモールを利用した時のボーナスポイントが1.0%となります。つまり、AmazonやYahoo!ショッピングをオリコモール経由で利用すると、還元率は2.5%にもなるということです。

 さらに、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」には「Orico Card THE POINT」と同様、ポストペイ型(後払い型)電子マネー「iD」と「QUICPay」が標準搭載されていますが、iDやQUICPayで支払うと0.5%分の上乗せがあります。

■「Orico Card THE POINT」と「Orico Card THE PREMIUM GOLD」の
 ポイント付与の違いとは?
  Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT
PREMIUM GOLD
年会費 無料 1806円(税抜)
通常還元率 1.0% 1.0%
オリコモール
通常獲得ポイント
0.5% 0.5%
オリコモール
ボーナスポイント
0.5% 1.0%
電子マネー
上乗せポイント
0.5%

 つまり、コンビニで「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」に搭載されている電子マネー(iD、QUICPay)を利用すると合計で1.5%還元、オリコモールを経由してネットショッピングを利用すると2.5%以上の還元となります。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
 (オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)
還元率 1.0~2.5%
発行元 オリコカード
国際ブランド Master、JCB
年会費(税抜) 1806円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、iD、QUICPay、au WALLET
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD公式サイトはこちら

 オリコモール経由でAmazonを利用すると還元率が2.5%というのは最強レベルでしょう。では、実際にAmazonで得すると言われているクレジットカードと比較してみましょう。

「Amazonで一番得するクレジットカード」を検証!
「Orico Card THE POINT」か、「リーダーズカード」か、
それとも「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」か?

 Amazonで得するクレジットカードとしては、Amazonと提携したクレジットカードである「Amazon MasterCardクラシック」があります。年会費は初年度無料、2年目以降は1250円(税抜)ですが、年に1回でも利用があれば無料となるので、実質的には年会費無料のクレジットカードです。通常100円につき10ポイント獲得でき、Amazonでの買い物の場合は100円で15ポイント獲得できます。10ポイントが1円相当ですので、還元率は通常1.0%、Amazonでは1.5%となります。

Amazon MasterCard クラシック
還元率 1.0~1.5%
Amazon MasterCard クラシック
発行元 三井住友カード
国際ブランド MasterCard
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1250円
年1回以上の利用で次年度以降も無料
家族カード なし
ポイント付与対象の
電子マネー
なし
Amazon MasterCard クラシックの公式サイトはこちら!

 また、ジャックスが発行している「リーダーズカード」もAmazon利用者にはお得なクレジットカードです。年会費は初年度無料、2年以降は2500円(税抜)です。ただし、前年の年間利用額が50万円を超えると2年目以降も年会費が無料となる実質年会費無料クレジットカードとなります。

リーダーズカード
還元率 1.5~1.8%
おすすめクレジットカード!高還元率のリーダーズカード
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2500円(50万円以上の利用で次年度無料)
家族カード あり(年400円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica

 「リーダーズカード」は、1000円につき15ポイント獲得でき、5000ポイントを5000円分としてクレジットカードの請求書からの割引に利用できるので、還元率は1.5%となります。ただし、Amazonで買い物したものだけに充当する場合は1.2倍、5000ポイントを6000円分として交換可能です。つまり、Amazonの利用額に充当する場合の還元率は1.8%になるということです。また、ジャックスモールを経由して、Amazonを利用すると0.5%のポイントを獲得できるため、Amazonでの還元率は2.3%となります。

 理論上では、Amazonで得するクレジットカードとしては「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は還元率2.5%で、還元率2.3%の「リーダーズカード」を超えていますが、実際はどうでしょうか?

 Amazonで得するクレジットカードを比較するために、Amazonでの利用金額を年間利用額の2割、電子マネー(「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」に搭載されているiDとQUICPay)は年間利用額の1割という条件で計算を行ってみましょう。

 今回、比較するクレジットカードは「Orico Card THE POINT」「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」「Amazon MasterCardクラシック」「リーダーズカード」の4枚です。

 まず、「Amazon MasterCardクラシック」と「Orico Card THE POINT」を比較すると、通常の還元率が1.0%、Amazonでの還元率が「Orico Card THE POINT」が上回るため、いつでも「Orico Card THE POINT」のほうがお得になります。

Orico Card THE POINT」と「リーダーズカード」は、年間利用額39万円で逆転します。さらに年間利用額が50万円を超えると、リーダーズカードの年会費が無料となるため、一気に他のクレジットカードを引き離します。

 さて、Amazonでは「リーダーズカード」よりも還元率が高くなるはずの「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」が出てこないのはどうしてでしょうか?

 これは、「リーダーズカード」は「Amazonで利用するからお得」というわけではなく、どこで使っても高還元のため最強なのです。公共料金を支払っても貯まるポイントは1000円につき15ポイント。このポイントを「Amazonでの利用に充当するとお得ですよ」というのが「リーダーズカード」です。しかし、ほかのクレジットカードは「Amazonで買った場合は還元率が高いですが、それ以外では1.0%です」という仕組みのため、Amazon以外での還元率での差が響いてくるわけです。

 もちろん、年間利用額の100%がAmazonという場合は、「Orico Card THE POINT PREMUM GOLD」が有利になるでしょう。条件によって結果が異なりますが、メインカードとしてさまざまな場所で利用するのであれば、Amazonでお得なクレジットカードは年間利用額が39万円までは「Orico Card THE POINT」、それ以上は「リーダーズカード」となります。

 ただし、「Orico Card THE POINT」も「リーダーズカード」もAmazonギフト券への交換や、Amazon限定デポジットへの交換など、ポイント交換作業が発生します。「ポイントの有効期限などを気にしたくない」という場合は「Amazon MasterCardクラシック」が最適です。「Amazon MasterCardクラシック」なら1000ポイント貯まった時点で、自動的に100円分のAmazonギフト券に交換され、自身のAmazonのアカウントに自動的に登録されます。次回の買い物時には自動的にAmazonギフト券が利用される(利用しないことも可能)ため、ポイントを何かに交換しなければ、と考える必要がありません。面倒くさがり屋さんの場合は「Amazon MasterCardクラシック」が最適です。

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」のメリットは
電子マネーのボーナスポイント+「Orico Club Off」の優待サービス

 では、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」のメリットは何でしょうか?

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」はネットショップに強く、電子マネーの利用でも1.5%還元ですので、メインカードとしても十分に魅力的なクレジットカードです。

 しかも、実はポイント以外の特典として「Orico Club Off」が付帯しています。

「Orico Club Off」サイト画面

 「Orico Club Off」とは、会員限定の優待サービスが受けられるサービスで、「Orico Club Off」を利用すると、例えば109シネマズ&ムービルの映画鑑賞チケット通常1800円が優待価格の1300円で利用できたり、東武動物公園の入園料が通常1700円が優待価格1400円で購入できるなど、さまざまなレジャー施設やホテルや旅館などの宿泊施設、ベビーシッターサービスの割引特典や、登録料が無料になるなどの特典もあります。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」はポイント還元率も十分高いですが、最大のメリットは、この「Orico Club Off」が利用できるという点でしょう。「Orico Club Off」を上手に利用すると、ポイント以上に得することができます。「Orico Card THE POINT」を申し込もうと思っていた方は、一度「Orico Club Off」のサイトで特典を確認してみるといいでしょう。

「Orico Club Off」は「Orico Card THE POINT」に年会費1950円(税込)をプラスするだけの「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」を保有するとサービスが受けられるので、自分が利用できる特典があって、年会費1950円(税込)のモトが取れると思った場合は「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」を検討してもいいと思いますよ。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
 (オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)
還元率 1.0~2.5%
発行元 オリコカード
国際ブランド Master、JCB
年会費(税抜) 1806円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、iD、QUICPay、au WALLET
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD公式サイトはこちら