クレジットカード活用術
2015年9月3日 菊地祟仁

「P-one Wiz(ピーワン ウィズ)」は、年会費無料で
還元率1.5%の高還元クレジットカードの新定番!
ただし、支払い方法を変更する設定は確実に!

「P-one Wiz」で「リボ金利」を支払わないように設定する方法は、次のような手続きをするだけです。

1)「P-one Wiz」のクレジットカード利用代金の請求が確定したら、
  発行元の「ポケットカード」のネットサービス「ネットカウンター」に
  ログインします
2)ログイン後、「ずっと全額コースの登録」ボタンをクリックして
  設定します。


 この「ずっと全額コースの登録」というのは、「ミニマム・ペイメント(最少支払い金額)」を「全額」に設定するということです。

 普通の「ミニマム・ペイメント方式」のクレジットカードの場合は、初回の支払日以降から「リボ金利」が発生するのですが、「P-one Wiz」の場合は「ずっと全額コース」に登録すると、それ以降はずっと「一括払い」と同じ支払い方法となるので、一度もリボ金利がかかることはありません。

 つまり、最初に一度、「ずっと全額コースの登録」設定をすれば、「リボ金利」を支払うことなく、年会費無料で、還元率1.5%の高還元クレジットカードという「P-one Wiz」のメリットだけを享受することができるようになるのです。

P-one Wiz(ピーワン ウィズ)
 還元率  1.5%
(入会後6カ月は2.5%)
おすすめクレジットカード!P-one Wiz
 発行元  ポケットカード
 国際ブランド  VISA、MasterCard、JCB
 年会費  永年無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 ―

 

ポケットカードのショッピングモール「P-oneモール」を活用すると
「Yahoo!ショッピング」で還元率4.5%の超高還元も実現!

 また、「P-one Wiz」には、「P-one」シリーズを発行するポケットカードが運営するショッピングモール「P-oneモール」でも、他の「P-one」シリーズにはないメリットがあります。

P-oneシリーズを発行する「ポケットカード」が運営する「P-oneモール」。さまざまな店舗で最大30倍のボーナスポイントがゲットできる

 「P-oneモール」では、通常獲得できるポイントのほかに、各店舗ごとに決められた、最大30倍もの「ボーナスポイント」を獲得できます。

「P-oneモール」内の各店舗でのボーナスポイントは、「Yahoo!ショッピング」や「ビックカメラ.com」で4倍、お酒などを宅配してくれる「カクヤス」は6倍、送料無料で即日配送も可能な「ポケットブックストア」なら15倍などとなっています。

P-oneカード<Standard>」や「P-oneカード<G>」の場合、「P-oneモール」で獲得した「ボーナスポイント」は、1ポイントを3円相当でしか交換できませんが、「P-one Wiz」なら1ポイントを5円相当で交換できるというメリットがあるのです。従って、他のポケット・ポイントが貯まるクレジットカードでP-oneモールを利用するよりも、「P-one Wiz」でP-oneモールを利用すると、それだけでお得になるということです。

「P-oneモール」を経由して「Yahoo!ショッピング」で買い物をすれば、1000円につき5ポイント(通常の1ポイント+ボーナスの4ポイント)がもらえる。

 例えば、「Yahoo!ショッピング」を「P-oneモール」経由で利用して1000円分(消費税、配送料などは除く)の買い物をしたとします。

 「P-oneカード<G>」でも「P-one Wiz」でも「P-oneモール」を経由すると1000円につき4ポイント獲得でき、クレジットカード決済時には、1000円につき1ポイントと請求時1.0%が自動的に割り引かれるのはどちらも同じです。

 しかし、「P-one Wiz」が請求時の割引1.0%+通常の1ポイント(0.5%相当)+ボーナスポイント4ポイント(×0.5%=2.0%相当)で合計還元率は3.5%になるのに対し、「P-oneカード<G>」は請求時の割引1.0%+通常の1ポイント(0.3%相当)+ボーナスポイント4ポイント(×0.3%=1.2%相当)で合計還元率は2.5%にしかなないのです。

 どちらも、請求時の1.0%OFF+1000円で5ポイントを獲得できるにも関わらず、1ポイントの価値が3円と5円だと、還元率が2.5%と3.5%というように、実に1.0%もの差が出るのです。

 これに加えて「Yahoo!ショッピング」で付与される1.0%分のポイントを考えると、「P-one Wiz」の「Yahoo!ショッピング」利用時の還元率は「Yahoo! JAPANカード」を上回る4.5%となり、非常にお得だということがわかります。

さらに入会後6カ月間はポイント3倍で還元率2.5%に!
高還元クレジットカードのポイント制度改悪が続く中、
年会費無料+高還元の「P-one Wiz」が乗り換え先の候補に!

 さらに、「P-one Wiz」は入会後6カ月間は、請求時の1.0%OFFはそのままに、ポイントが1000円につき1ポイントから3ポイントにアップする特典もあります。

 つまり、通常の還元率1.5%から2.5%に、還元率が1.0%もアップするので、大きな買い物や旅行を控えている人にはとても魅力的なのではないでしょうか。

 これまでには、年会費が無料で高還元を売りにした「リボ払い専用」のクレジットカードはありました。例えば、三菱UFJニコスが発行する「DCカード Jizile(ジザイル)」は年会費が無料で還元率1.5%です。しかし、「DCカードJizile」は「ずっと全額払い」を設定することができず、請求が確定したら、毎月「全額払い」の設定をする必要があります。

 その点、「P-one Wiz」は最初に一度、「全額払い」の設定をすると、以降、何も設定をする必要がなく、年会費無料で還元率1.5%のクレジットカードとなるので、非常に使い勝手がいい高還元クレジットカードと言えます。

 今年の春以降、これまで高還元クレジットカードとして有名だった「漢方スタイルクラブカード」や「レックスカード」のポイント制度が改悪され、ともに還元率は1.5%まで下がっています。「漢方スタイルクラブカード」の年会費は1500円(税抜)、「レックスカード」の年会費は2500円(税抜。ただし年50万円以上使えば無料)ですから、年会費が完全無料で還元率1.5%の「P-one Wiz」は、新たな高還元クレジットカードとして乗り換え先の候補になる十分なスペックを備えていると言えるでしょう。

(関連記事⇒「P-one Wiz(ピーワン ウィズ)」は、還元率1.5%の高還元&リボ払い専用カード。「全額払い」ならリボ金利を払わずに利用も可能!