クレジットカードの達人!ゴールド&プラチナカード比較
【第23回】 2016年2月6日 岩田昭男 [消費生活評論家]

「Sony Bank WALLET」で海外旅行費用を節約!
ソニー銀行から新たに登場したデビットカードは
年会費無料で還元率0.5%、海外での利用に強い!

2016年1月4日から本格スタートした
「Sony Bank WALLET」は申込も維持費も無料!

前回は「キャッシュアウト」が導入される見通しが立ち、「デビットカード」の注目度が高くなっていることを紹介しました。

(前回の記事はこちら!「デビットカード」のメリット増加で普及なるか? スーパーなどのレジがATM代わりに使える「キャッシュアウト(預金引き出し)」解禁の意味

 今回も引き続き、「デビットカード」に関連するトピックを紹介していきたいと思います。

洗練されたデザインが特徴的な「ソニー銀行」の「Sony Bank WALLET」。

 今回、取り上げたいのは「ブランドデビットカード」の一種ですが、他とは一味違うユニークなサービスを展開している「Sony Bank WALLET(ソニーバンクウォレット)」です。「Sony Bank WALLET」は、「ソニー銀行」が2015年末から募集し、2016年1月4日から発行を開始した、新しい「デビットカード」です。

「Sony Bank WALLET」は、「ソニー銀行」のキャッシュカードとブランドデビットカードである「VISAデビットカード」が一体化したもの。ご覧のとおり、洗練されたデザインも魅力です。

 15歳以上の人なら審査なし・年会費無料・新規発行手数料無料で作れるので、すでに「ソニー銀行」に口座を保有している人は、ぜひ普通のキャッシュカードから「Sony Bank WALLET」に切り替えましょう。

 後述しますが、「Sony Bank WALLET」の場合、「デビットカード」として利用しなくても、コストもかかりませんし、持っていて損はありません。もちろん、新規で「ソニー銀行」に口座を開設するのもおすすめで、その際はキャッシュカードを「Sony Bank WALLET」にするといいでしょう。

 ソニー銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日
何回でも無料
月4回まで無料
5回目以降は100円
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:月1回無料
 2回目以降200円
【ソニー銀行のメリット】全国約7万5000台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間365日、何回でも手数料無料で利用可能。毎月決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
ソニー銀行の公式サイトはこちら


「Sony Bank WALLET」はキャッシュカードなので、「ソニー銀行」の提携ATMを使えば、普通預金からの引き出しや預け入れが可能です。「ソニー銀行」はメガバンク、ゆうちょ銀行、コンビニATM全般と提携しているので、日常で不便を感じることは少ないはずです。

 さらに「Sony Bank WALLET」は「VISAデビットカード」でもあるので、国内および海外の200以上の国と地域にあるVISA加盟店で利用可能です。買い物する際に提示すれば、決済金額が「ソニー銀行」の口座から即時(口座稼働時間外の場合は、稼働時間になったらすぐ)引き落とされます。国内で利用したときだけでなく、海外で利用したときも、即時決済される点は同じです。

 

「Sony Bank WALLET」の主なメリットを紹介
特に海外によく行く人には利便性が高い!

 ここまでは他の「VISAデビットカード」と変わりありませんが、「Sony Bank WALLET」には、独自のメリットがいくつかあります。それは、以下のとおりです。

【Sony Bank WALLETの主なメリット】
①海外で利用した場合、「外貨普通預金口座」から決済金額が引き落とされる
②他行宛ての振込手数料が2回まで無料になる
③「デビットカード」の国内ショッピング利用分の0.5~2%が毎月キャッシュバックされる
④外貨両替専門店「トラベレックス」で優遇レートで両替できる
⑤ショッピング保険や不正利用の補償付き


 他行の「VISAデビットカード」と異なる「Sony Bank WALLET」の最大の特徴は、海外で利用する際にお得に使える点です。

 というのも、「Sony Bank WALLET」を海外で使うと、「ソニー銀行」の外貨預金口座に預金している外貨が直接引き落とされるからです(通常は、日本円の普通預金口座から引き落とされます)。外貨の普通預金から即時決済される「デビットカード」は、今のところ「Sony Bank WALLET」以外にはありません。

 より詳しく説明していきましょう。普通「VISAデビットカード」を海外で利用した場合、決済金額は日本円の普通預金口座から即時引き落とされます。その際、「VISA」の指定する為替レートに、銀行それぞれの事務手数料(為替処理などの手数料)が数パーセント上乗せされたレートで円貨に換算され、引き落とされる仕組みです。上乗せされる事務手数料は銀行ごとに異なりますが、3%程度のところがほとんどです。

 しかし、「Sony Bank WALLET」を利用すると、海外利用時の決済金額を外貨預金口座から引き落とすことが可能です。もちろん、そのためには事前に「ソニー銀行」で外貨預金をしていることが必要です。

 なお、対象となる外貨は、以下の10種類です。

●米ドル
●ユーロ
●英ポンド
●豪ドル
●NZドル
●スイスフラン
●香港ドル
●カナダドル
●南アランド
●スウェーデンクローナ


 仮に、「ソニー銀行」で豪ドルの普通預金をしていたとしましょう。この場合、オーストラリアを旅行した際に「Sony Bank WALLET」を使えば、豪ドルの預金口座から決済金額が引き落とされます。外貨預金口座の残高が不足していたとしても、円の普通預金口座の残高から換金して引き落とすこともできます(「円からアシスト機能」という「ソニー銀行」独自の機能です)。

 なお、使った金額が直接、豪ドル預金から引き落とされる場合は、為替処理が発生しないので、何も手数料は発生しません。この点が、他の「VISAデビットカード」と異なる魅力なのです。結果として、手数料がかからない分、その他のブランドデビットカードやクレジットカードで買い物をするよりも、コストを浮かすことができます。

 そのため、たとえば何ヵ国も国をまたいで移動するようなビジネスマンや旅行者には、特に便利でしょう。欧州を移動するには、ユーロはもちろん、英ポンド、スイスフラン、スウェーデンクローネと使い分けることができるので、通貨で悩む必要はほとんどありません。

 また、「Sony Bank WALLET」を使って海外のATMから現金を引き出すことも可能です。が、このとき手数料が1.76%かかるので、普通に「Sony Bank WALLET」を使ったほうがお得と言えます。もちろん、どうしても現金が必要になることもあるでしょう。その際も、この手数料率なら低いほうなので、おすすめできます。

 外貨預金をする際には為替手数料がかかりますが、一般的な両替手数料よりも安く設定されています(以下の表組参照)。外貨預金は為替リスクがある商品なので、深く考えずにするべきではありませんが、あくまで“貯蓄ではなく将来使うこと”を前提に、円高局面で外貨を購入しておくのであれば、「Sony Bank WALLET」のメリットを最大限に活かせるのでおすすめです。

ソニー銀行の対円取引の外貨預金手数料一覧。外貨預金残高300万円以上500万円未満だと「優遇ステージ1」、残高500万円以上1000万円未満だと「優遇ステージ2」、残高1000万円以上だと「優遇ステージ3」に該当し、外貨預金手数料が割引される(詳細は次ページでも紹介)。
拡大画像表示

 他にも、「Sony Bank WALLET」は外貨両替専門店「トラベレックス」での両替が優遇レートになるなど、海外で利用することの多いユーザーには嬉しいサービスが充実しています。今後、留学や転勤などで海外に長期滞在、あるいは頻繁に行く予定があるなら、保有する価値は十分にあるでしょう。

 ソニー銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日
何回でも無料
月4回まで無料
5回目以降は100円
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:月1回無料
 2回目以降200円
【ソニー銀行のメリット】全国約7万5000台のATMが利用可能! 中でも、セブン-イレブン、ミニストップ(イオン銀行)のATMなら、24時間365日、何回でも手数料無料で利用可能。毎月決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
ソニー銀行の公式サイトはこちら


 さて、ここまでは「Sony Bank WALLET」の“海外で利用する際の便利さ”を解説してきました。しかし、実際に海外に頻繁に行くという人は、そう多くないものと思われます。

 しかし、「Sony Bank WALLET」を国内で利用する際にもメリットがあるので、次のページで紹介していきましょう。