成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト)

私の歩んできた道(3)
アメリカの名門投信会社フィデリティで経験したシクリカル銘柄の見極め方。
銀行株はもう追いかけない方がいい。その理由とは?

2023年1月19日公開(2023年1月31日更新)
ポール・サイ
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
1

米名門投信運用会社、フィデリティ投信の東京オフィスで、日本株、アジア株の株式調査部長、ファンドマネジャーとして活躍した後、40代でFIRE(早期リタイア)したポール・サイ氏。現在は、DFR(ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ)アナリストとして、FIREするためのポートフォリオ作りや銘柄分析、推奨銘柄、投信の見極め方などを有料メルマガなどを通じて発信している。

 前々回の連載から、投資にまつわることを中心として、私が幼い頃よりたどってきた道をご紹介しています。前回はMBAを経て、戦略コンサルティング・ファームで働き、その後、フィデリティに入社したところまでを書きました。今回はフィデリティで経験したこと、シクリカル銘柄(循環株)の分析方法、銀行株の今後について書いてみたいと思います。

[参考記事]
●私の歩んできた道(1)ネットバブルに乗り、バブル崩壊前に株を売り切った! バブルを若いうちに実感できた方がいい理由とは?

●私の歩んできた道(2)9・11同時多発テロで株の暴落を経験し、株の絶好の買い時を学んだ。フィデリティ投信の入社試験でドン・キホーテを分析して合格!

中国スーパーサイクルに乗った海運株。需給バランスを見て、本当のピークを見抜いた!

 フィデリティは投資家を育てる会社と言えます。

 フィデリティのアナリストは数年で担当セクターをローテーションします。さまざまなセクターを経験することで、投資家としての目が磨かれていくのです。

 最初、私は運輸セクターを担当していました。運輸セクターには陸運、海運、空運会社が含まれていました。

 今振り返れば、当時、海運業界は中国スーパーサイクルの真っ只中にありました。私が海運業界を担当するようになった時点で、株価はすでにある程度上昇していました。ですが、PER(株価収益率)は1ケタ台と低いものでした。

 これが海運株のような循環株に対する市場の見方の定番です。循環株は景気循環株、景気敏感株と呼ばれたり、シクリカル銘柄と呼ばれたりします。

 循環株はかなりの好業績となっても、市場はこんなに高い利益水準が続くわけがないとみなし、株価は上昇するものの業績の伸びほどには上昇しないのです。その結果、循環株は利益サイクルのピークでPERが低くなるものなのです。

 しかし、私が海運株を担当していた頃、市場が思った利益のピークは本当のピークではありませんでした。本当のピークはまだ先でした。この時の利益サイクルは普通のサイクルではなく、中国の成長に牽引されたスーパーサイクルだったのです。このことに市場は気づいていませんでした。

 これに気がつくためには、船の需給バランス、鉄鉱石・商品の需給バランスなどを把握する必要がありました。

 スーパーサイクルに乗って海運株は大きく上昇したのですが、その後、需給バランスをよく見ていると、今度は利益が本当のピークにきたことに気がつきました。そこで株を売らなければいけないとわかったのです。

 それから、海運株はほぼ10年お休み状態でした。下落か、横ばいのトレンドが続きました。

 そして、10年以上経った2020~2022年にも同じことが起こりました。今回は海運株が上昇している最中、なんとPERは1倍台という異様な低水準にまでなりました。

日本郵船(9101)チャート/月足・20年日本郵船(9101)チャート/月足・20年(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます

 この経験からの教訓は2つあります。

(1)シクリカル銘柄(循環株)の業績と株価は長いサイクルで動いています。まさに「歴史は繰り返す」ということが起こるのです。なので、過去のサイクルを理解することはとても重要です。

(2)株価が上がったから、これからはもう上がらないとは限らないです。シクリカル銘柄は特にそうです。

(3)シクリカル銘柄は上昇サイクルにあれば保有していていいですが、長期保有してはいけません。いつかは必ず売却しないといけないのです。

 以上のような教訓は、このあと、私が担当した化学セクター、銀行セクターでもうまく使えました。

 

ライバル企業、信越化学工業とSUMCOの株価チャートに表れている特徴とは?

 運輸セクターの次は化学セクターを担当しました。

 日本の化学業界には多様な会社があり、シクリカルなコモディティ・ケミカル(付加価値のそれほど高くない化学品)の会社もある一方、テクノロジーに牽引された成長性の高い会社もあります。

 コモディティ・ケミカルの会社は長期保有に向いていないですが、テクノロジーを持っている会社、強みを持っている会社はある程度のシクリカル性はあっても、長期保有に向いています。

 テクノロジーを持っている有力化学企業はたとえば、信越化学工業(4063)が挙げられます。同社のチャートを見てみると、ある程度のサイクルを描きながらも、強い上昇トレンドが2010年頃からずっと続いているのがわかります。

信越化学工業(4063)チャート/月足・10年信越化学工業(4063)チャート/月足・10年(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます

 信越化学工業の競合、SUMCO(3436)もシリコンウエハーを作っていて、強みは持っていますが、SUMCOにはウエハービジネスしかないので、チャートを見ると、大きな上昇トレンドよりも、サイクルの強さが目立っています。そのため、SUMCOの場合はサイクルを見極めることが重要になってきます。

SUMCO(3436)チャートSUMCO(3436)チャート/月足・10年(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます

※メルマガ「ポール・サイの米国株&世界の株に投資しよう!」募集中! 米国株&世界の株分析毎週届き、珠玉のポートフォリオの提示も! 登録から10日以内の解約無料。


【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新NISAで1億円
投信格付283本
2024年の主役株

4月号2月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭特集
第3四半期決算でわかった!
2024年の主役株40

株主還元策がカギ!人気20銘柄を診断!


◎第1特集
買いの株は55銘柄!
14人の億り人の実例&4人のプロの提案・銘柄!新NISAで1億円

・株で80億円の利益テスタさんからの提言「億り人を目指す心構えとは?」
新NISAで1億円作るには?達成目標年別8つの運用シミュレーション
高配当株で1億円!実例3+買いの株
割安株で1億円!実例2+買いの株
成長株で1億円!実例3+買いの株
米国株で1億円!実例2+買いの株
投信・ETFで1億円!実例4


◎第2特集
NISAは☆☆☆3つ星を買え!
ザイ独自の判断!投信格付283本

新NISAで買う投信の選び方
つみたて投資枠で買える「格安」インデックス型46
・成績のよる格付け&6つの視点で分析!アクティブ型60
・資産配分や運用の効率性を徹底分析!バランス型24
・利回り2ケタの投信が大幅増加!毎月分配型100
・前回のオススメ投信9本の成績は?
・iDeCoで最安投信44
・投信の「買い」「売り」判断の方法
・初心者はココで理解できる!投信のキホン


◎【別冊付録】

株のイメージを変える新しい入門本!
夫婦で親子で一緒に読んで家族円満!
投資にまつわる誤解を撃退!
株の食わず嫌い克服BOOK


◆おカネの本音!医師・作家鎌田實さん「累積赤字4億円の地方病院を再生!海外医療支援も」
◆株入門マンガ恋する株式相場!「夢じゃない!? 日経平均5万5000円」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国「何で解約できない!?ネットに潜むワナと仕掛けに注意」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報