「勝者のゲーム」と資産運用入門

「本当の東証プライム市場が欲しい!」
海外マネー呼び込みなど市場活性化の目的果たせず。
あまりにも残念な東証再編を一刀両断!太田忠の勝者のポートフォリオ 第69回

2023年1月31日公開(2023年1月30日更新)
太田 忠
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
1

上場基準を満たさない企業の経過措置を2026年3月で終了すると発表

 暫定的な経過措置の期間は2026年3月まで ―。

 先週水曜日、東京証券取引所はプライム市場などの上場基準を満たさなくても暫定的に上場を認める「経過措置」を今後4年で終了する案を発表した。2022年4月に実施した市場再編を起点に3年間は経過措置、そしてその後1年間の改善猶予期間を設ける形となった。それでも基準を満たさなければ監理・整理銘柄に指定され上場廃止となる形だ。特に鳴り物入りでスタートしたプライム市場において、現在基準を満たしていない269社は上場維持に向けた経営改革が急務となってくる。

 東証は2022年4月に従来の市場区分を廃止し、プライム、スタンダード、グロースの3つに市場を再編した。プライムは大株主や役員などの保有分を除く流通株式ベースで時価総額100億円以上、スタンダードは同10億円以上といった基準を設けた。その際に、新市場の基準を満たしていなくても暫定的措置として上場を認めた企業がプライムで269社、スタンダードで200社、グロースで41社あり、各市場の1~2割を占める(2022年12月末時点)。

東証再編で欧米に見劣りする市場活性化という狙いを果たせたのか?

 市場再編の開始時においてプライム基準には遠いが最上位市場にとどまりたいとの思いでプライムを選んだ企業は多数あるが、経過措置期間後プライムに残れない企業はスタンダードに移ることは可能だ。一方、スタンダード企業には救済的措置はない。なぜならグロースはスタートアップなど成長企業を対象にしており、スタンダードの下という位置づけではないからだ。グロースにももちろん救済措置はない。基準を満たしていない企業は、収益改善によって時価総額を高めたり、オーナーの持ち株を放出して流通株式比率を高めたりする必要がある。

 ところで、ここからが本題である。今回の大掛かりな東証再編の狙いは、「世界の主要市場の時価総額を比較すると、東京は欧米に大きく水をあけられている」「プライム市場を新設し、そこに日本有数のグローバル企業を上場させることで、海外投資家を中心に多額のマネーを呼び込み、市場を活性化したい」ということだったはずだが、果たして何の効果があったのだろうか?

最大の問題はプライムという市場名に値しない企業が多数入っていること

 市場再編前の東証1部企業は2185社だった。プライム市場は1838社(2022年12月末)である。当時「東証1部の上場社数は2185社あり、全体の6割が集中している。これは海外の主要市場と比べても企業数が多い」と言っていたはずだが、一体何が変わったのだろうか? 最大の問題は、プライムという市場名に値しない企業が多数入っていることである。プライムは「最良の」を意味する言葉だ。

 さらに非常に残念なのはスタンダード、グロースを設けたことで、従来の東証2部、ジャスダック、マザーズという区分がなくなり、東証2部とジャスダックのベンチマークが消滅したことだ。マザーズ指数はマザーズ先物があるため何とか継続されているが、私のような小型株のスペシャリストとしては小型株を体現する指数がなくなってしまった。東証2部、ジャスダック、マザーズはそれぞれ特徴が異なり、ベンチマークの動きが小型株市場の微妙な動向を伝えてくれていた。それが無くなってしまったのである。

プライム市場1社の時価総額の中央値は600億円程度。欧米はその数倍!

 私の願いは「日本に本当のプライム市場が欲しい!」である。私の手元に2021年末時点の市場別時価総額データがある。プライム市場1社あたりの時価総額の中央値は、再編前の東証1部が446億円、再編後のプライムは599億円。150億円ほど増えたが、中央値はとてつもなく小さい規模だ。ちなみにNY市場の中央値は3269億円、ナスダックのグローバルセレクトは同1999億円、ロンドンのプレミアムは同1948億円だ。いずれも2000億円~3000億円の規模があり、東証プライムの3倍~5倍あるのだ。

 海外投資家に向けて「日本には多くの魅力的な企業があり、株価は割安に放置されているので、注目してほしい!」というコンセプトを明確に打ち出すなら、私なら時価総額5000億円以上の企業をプライムとして定義する。こうすれば対象企業は約250社に絞られ、時価総額の中央値も1兆円近くまで引き上げることができる。もちろん、GAFAMのように100兆円、200兆円を超えるような企業はないにせよ、現在のプライム市場の大所帯に埋もれて低評価に甘んじている企業に光が当たると思う。また銘柄数を250社に絞り込めば、海外投資家への訴求も高まる。

※この連載は、ワンランク上の投資家を目指す個人のための資産運用メルマガ『太田忠 勝者のポートフォリオ』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、メルマガ配信の他、無料期間終了後には会員専用ページで「勝者のポートフォリオ」や「ウオッチすべき銘柄」など、具体的なポートフォリオの提案銘柄の売買アドバイスなどがご覧いただけます。原則毎月第一水曜夜は、生配信セミナーを開催。

 

国内外で6年連続アナリストランキング1位を獲得した、
トップアナリスト&ファンドマネジャーが
個人投資家だからこそ勝てる

「勝者のポートフォリオ」を提示する、
資産運用メルマガ&サロンが登場!

老後を不安なく過ごすための資産を自助努力で作らざるを得ない時代には資産運用の知識は不可欠。「勝者のポートフォリオ」は、投資の考え方とポートフォリオの提案を行なうメルマガ&会員サービス週1回程度のメルマガ配信+ポートフォリオ提案とQ&Aも。登録後10日間は無料!

太田忠の勝者のポートフォリオ

10日間無料 詳細はこちら※外部サイトに移動します


「勝者のゲーム」と資産運用入門 バックナンバー

»もっと見る

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新NISAで1億円
投信格付283本
2024年の主役株

4月号2月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭特集
第3四半期決算でわかった!
2024年の主役株40

株主還元策がカギ!人気20銘柄を診断!


◎第1特集
買いの株は55銘柄!
14人の億り人の実例&4人のプロの提案・銘柄!新NISAで1億円

・株で80億円の利益テスタさんからの提言「億り人を目指す心構えとは?」
新NISAで1億円作るには?達成目標年別8つの運用シミュレーション
高配当株で1億円!実例3+買いの株
割安株で1億円!実例2+買いの株
成長株で1億円!実例3+買いの株
米国株で1億円!実例2+買いの株
投信・ETFで1億円!実例4


◎第2特集
NISAは☆☆☆3つ星を買え!
ザイ独自の判断!投信格付283本

新NISAで買う投信の選び方
つみたて投資枠で買える「格安」インデックス型46
・成績のよる格付け&6つの視点で分析!アクティブ型60
・資産配分や運用の効率性を徹底分析!バランス型24
・利回り2ケタの投信が大幅増加!毎月分配型100
・前回のオススメ投信9本の成績は?
・iDeCoで最安投信44
・投信の「買い」「売り」判断の方法
・初心者はココで理解できる!投信のキホン


◎【別冊付録】

株のイメージを変える新しい入門本!
夫婦で親子で一緒に読んで家族円満!
投資にまつわる誤解を撃退!
株の食わず嫌い克服BOOK


◆おカネの本音!医師・作家鎌田實さん「累積赤字4億円の地方病院を再生!海外医療支援も」
◆株入門マンガ恋する株式相場!「夢じゃない!? 日経平均5万5000円」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国「何で解約できない!?ネットに潜むワナと仕掛けに注意」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報