「勝者のゲーム」と資産運用入門

待望のインバウンド需要がいよいよ本格化。
中国の動向次第でさらなる盛り上がりも!
小売、観光、陸空運などの銘柄に注目しよう!太田忠の勝者のポートフォリオ 第81回

2023年4月26日公開(2023年4月25日更新)
太田 忠
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

3月の訪日客数は181.7万人。コロナ前2019年3月比66%の水準まで回復

 3月の訪日客数は181万人、前年同月比27倍と急速に増加―。

 コロナ禍の影響で一時はほぼゼロの需要にまで追い詰められていた訪日外国人(インバウンド)が急速に巻き返している。日本政府観光局(JNTO)が4月19日に発表した3月の訪日客数は181.7万人となり前年同月比で27.5倍、コロナ前の2019年3月に比べると66%の水準にまで戻った。このまま順調にいけば2023年の訪日客数は2000万人を超えることは確実だ。

 コロナ前までの訪日客の象徴と言えば、何と言っても中国人であり、「爆買い」という言葉がブームとなった。2007年の中国人観光客は94万人だったがコロナ前の2019年には959万人と12年間で10倍も増加した。2019年の訪日客全体3188万人の30%を占め、この年の消費額は1.77兆円と全体の37%を占めるまさに「お得意様」であった。

訪日客数の上位は韓国や米国が占め、中国はわずか4%。激減した理由は?

 一方、足元の様子はかなり異なる。3月の訪日客の国・地域別の内訳を見ると韓国46.6万人(2019年3月比-20.3%)、台湾、27.8万人(同-30.7%)、米国20.3万人(同+15.0%)となっており、中国は7.5万人(同-89.0%)と全体に占める比率はわずか4%に過ぎない。一方、米国はコロナ前と比べてすでに増加しており対照的である。

 中国の7.5万人も前月(2月)と比べると倍増している。その理由は日本政府が3月1日に中国からの渡航者に対する水際対策を緩和(中国との直行便を成田、羽田、関西、中部の4空港に限定していた措置を撤廃)したためである。とは言え、日本を訪れたい中国人は非常に多いはずなのに、なぜこんなに低水準なのか? それは中国政府が中国人に対して日本への団体旅行を許可していないためである。

インバウンド消費は絶好調。2023年の消費額はコロナ前を超す見方も

 インバウンド消費は好調だ。円安を背景に訪日客1人あたりの消費額は大きく増加している。2023年1~3月期の訪日客1人あたりの旅行支出は21万2000円となっており、2019年の通年実績15万8000円から3割も増えている。オーストラリア(35万8000円)やフランス(30万円)などの訪日客が高額消費し、全体の単価を引き上げている。2023年の消費額はコロナ前を超すとの見方も出てきているほどだ。

 当然、恩恵を受けるのはインバウンド関連である。小売、観光、陸空運などが売上高を伸ばしており、株式市場でも注目されるセクターとなっている。ピンポイントで特に目立つのは、百貨店の免税品の売上高だ。三越伊勢丹、高島屋、大丸松坂屋などでは免税売り場を拡大して需要の取り込みに躍起である。ちなみに大丸松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングでは、2024年2月期の免税売上高を前期比2.3倍の440億円を見込み、過去最高の2020年2月期の601億円に対して7割強の水準まで回復すると予想している。

中国政府が団体旅行を許可すればインバウンド需要の盛り上がりは必至

 ところで、中国政府は外国への団体旅行を全面的に禁止しているわけではない。東南アジアやアフリカ、南米などの新興国を中心に60ヵ国は許可している。一方、日本を含む米国、英国、オーストラリア、韓国など現時点で政治および外交上、門戸を開きたくない先進国は許可しないという態度をとっている。許可が下りるタイミングは読めないが、団体旅行が許可されれば非常に多くの中国人が日本を訪れることは確実だ。インバウンド需要は一層盛り上がりを見せるだろう。

 もちろん訪日客の急増は喜ばしい点だけでなく、いろいろ困った問題が起きている。コロナ禍で真っ先に人手を減らされたのはインバウンド関連の業種であり、急激な需要回復によって日本各地の観光現場では人手不足が深刻化している。帝国データバンクが今年1月、全国約1万社に行った調査によると、「正社員の人手が足りない」と回答した旅館・ホテルは78%あり、1年前と比べて9割近く上昇。アルバイトなど非正規社員の人手不足は81%ときわめて高い。インバウンド需要が活況だった2019年以前と比べても過去最高の人手不足の状況だ。訪日客4000万人を目指していたコロナ前と同程度の労働供給力を取り戻すには時間がかかる。

 ところで、マクロ経済の視点で見れば、訪日外国人の日本での消費はサービスの「輸出」であり、一方で日本人の海外での消費はサービスの「輸入」に該当するのをご存知だろうか? 訪日外国人はドルなどを円に換えて日本でモノやサービスにお金を払ったりする…ということは外国で日本製品が売れるのと同じ形になり、日本人の海外での消費は海外製品を買うのと同じことだからだ。日本旅行をする際に円安は外国人にとってはお得感、反対に日本人が海外旅行をするのは割高感になり、旅行収支(輸出から輸入を引いた値)は足元で2000億円の黒字だ。しばらくはこの状況が続くと思われる。さらに外国人がドルを円に換えるのは「円買い・ドル売り」、日本人が円をドルに換えるのは「円売り・ドル買い」に相当し、為替相場にも影響を与えているという点も知っていただきたい。

「勝者のポートフォリオ」の会員数は昨年末比82%増。女性が4割占める

 さて、太田忠投資評価研究所とダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ(DFR)がコラボレーションして投資助言をおこなっている「勝者のポートフォリオ」。先週も週間ベースで過去最高値を更新し、年初来高値も6銘柄と前週の3銘柄より倍増となり、引き続き好調である。今回のテーマであるインバウンド関連の保有銘柄も活躍している。

 「勝者のポートフォリオ」の会員数は昨年末から82%も増加しており、資産運用に対する関心の高さや「勝者のポートフォリオ」への期待を感じる。大きな特徴は女性会員の比率が4割を占めていることだ。有料投資情報サービスでこれだけ女性比率が高いのはほとんどお目にかからない。マーケットや投資戦略レポートの発行、個別銘柄の推奨といった投資助言サービスとどまらず、毎月開催のWebセミナーや投資に重要な知識をピンポイントで解説するスペシャル講義の提供、そして会員からの疑問や質問にすべてお答えするQ&Aコーナーといったきめ細かなサービスが支持されていると考えている。引き続き、良質のサービスを提供していきたいと思う。

●太田 忠 DFR投資助言者。ジャーディン・フレミング証券(現JPモルガン証券)などでおもに中小型株のアナリストとして活躍。国内外で6年間にわたり、ランキングトップを維持した。現在は、中小型株だけではなく、市場全体から割安株を見つけ出す、バリュー株ハンターとしてもメルマガ配信などで活躍。

※この連載は、ワンランク上の投資家を目指す個人のための資産運用メルマガ『太田忠 勝者のポートフォリオ』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、メルマガ配信の他、無料期間終了後には会員専用ページで「勝者のポートフォリオ」や「ウオッチすべき銘柄」など、具体的なポートフォリオの提案銘柄の売買アドバイスなどがご覧いただけます。原則毎月第一水曜夜は、生配信セミナーを開催。

 

国内外で6年連続アナリストランキング1位を獲得した、
トップアナリスト&ファンドマネジャーが
個人投資家だからこそ勝てる

「勝者のポートフォリオ」を提示する、
資産運用メルマガ&サロンが登場!

老後を不安なく過ごすための資産を自助努力で作らざるを得ない時代には資産運用の知識は不可欠。「勝者のポートフォリオ」は、投資の考え方とポートフォリオの提案を行なうメルマガ&会員サービス週1回程度のメルマガ配信+ポートフォリオ提案とQ&Aも。登録後10日間は無料!

太田忠の勝者のポートフォリオ

10日間無料 詳細はこちら※外部サイトに移動します


「勝者のゲーム」と資産運用入門 バックナンバー

»もっと見る

【ザイ投信グランプリ2024】を発表!本当にいい投資信託だけを表彰
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報