「勝者のゲーム」と資産運用入門

クレディ・スイスの経営不安で世界の株価が急落。
パニックとは無用な、現在の投資対処法を公開!
今年は「前半は厳しいが、後半はチャンス」太田忠の勝者のポートフォリオ 第76回

2023年3月22日公開(2023年3月21日更新)
太田 忠
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

スイスの金融大手クレディ・スイスの経営不安に世界のマーケットが震撼

  先々週はシリコンバレーバンク(SVB)の経営破綻が世界のマーケットを揺るがしたが、先週は米国の金融ショックが波及する形でスイスの金融大手クレディ・スイスの経営不安が強まり同社の株価が急落。3月15日水曜日には24%安の1.697スイスフランで引けて過去最安値を更新した。

 スイス国立銀行(中央銀行)は「クレディ・スイスは金融システム上重要な銀行における資本や流動性の要件を満たしている」との声明を発表。必要な場合はスイス中銀が流動性を供給すると明らかにし、クレディ・スイスは7.1兆円(500億スイスフラン)の調達が可能になった。3月17日のFT(フィナンシャル・タイムズ)には、スイスの金融大手UBSがクレディ・スイス・グループの買収交渉を進めていると報道。「スイス中銀とスイス金融市場監督機構(FINMA)が買収交渉を後押しし、米英の当局にも2行の統合がクレディの信用力の崩壊を防ぐための最善策であると伝えた」との内容だ。その後、3月19日にスイスの金融大手UBSがクレディ・スイス・グループを4200億円(30億スイス・フラン)で買収することが決定した。

中銀の素早い対応でパニック回避。リーマンショックの教訓が生かされる

 さらに買収合意の直後、米連邦準備理事会(FRB)など日米欧の6中銀が協調してドル供給を強化すると発表。相次ぐ銀行の経営不安に対応し、金融機関が資金繰りで問題を起こさないよう安全網を拡充する。3月20日より開始され、少なくとも4月末まで継続する予定である。

 米国の中堅銀行と比較すると、大手のクレディ・スイスの経営不安はきわめて大きなリスクであるが、スイス中銀による素早い支援策、UBSによる買収決定、世界の中銀が協調してのドル供給策の実施などによってマーケットの混乱は抑えられている。リーマンショックの教訓が生かされていると言える。金融不安はまだ解消されたわけではないが、リーマンショックのような大きな金融危機が起こる可能性はないと私は考えている。 

 まだしばらくマーケットは荒れそうだが、金融不安はいずれ落ち着くとのシナリオを描いている。一方、景気減速がもたらす逆業績相場への移行は想定の範囲内である。今回の件でFRBの利上げが早々に打ち止めになって、利下げへと転じる可能性も強まってきている。もしそのような状況になれば、大きく相場展開が変わってくる可能性も考えられる。

急落に個人投資家はどう対応すべき?投資スタンス別にポイントを整理

 私が投資助言をしているダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ(DFR)の「勝者のポートフォリオ」では実は先々週の木曜日までは連日で過去最高値を更新し順調にパフォーマンスが積み上がっていた。しかしながら、翌日の金曜日から大きく崩れ、先週はマーケット並みに下がって苦戦を強いられている。会員の皆さまから「今回のショック安についてどう思われますか?」「嵐はだいたいどれくらいで収まりますか?」などの質問をいただいた。今回のような急落を初めて経験する…という方もいるので無理もない話だ。

 ここで改めて、どういう投資スタンスを取るべきかを整理してみよう。

ポイント1 金融ショックに直接関係する銘柄を保有している場合

 まずは金融ショックに直接関わっている銘柄を保有している場合。これはもちろん個別銘柄そのものの危機要因がマックスになっているので売却せざるを得ない。下手に希望を抱いてナンピン買いしたり、投機的な反発狙いの買いを入れたりする投資は危険すぎる行為なので絶対にオススメできない。

ポイント2 信用取引などレバレッジをかけて株式投資している場合

 2つ目は、そのような直接的な銘柄は保有していないものの、信用取引などレバレッジをかけて投資しているケースだ。自己資金の何倍もの金額を投資していることになるので、ちょっとした下げでも痛手は大きい。レバレッジ投資は落ち着いた上昇局面では運用資産を増やすのに有利だが、今のような相場だと逆回転してしまう。レバレッジは清算すべきである。

ポイント3 ポイント1と2に当てはまらない現物株投資をしている

 3つ目が、金融ショック銘柄を直接保有していないものの、現物株投資をしているケース。おそらく大多数の投資家がこれに該当すると思われる。もちろん含み損を減らすために投資ウェートを下げるのは問題ないが、無理してまで売却しなくても良いと思う。嵐が去れば、外部要因の解消によって株価は戻ってくる。

ポイント4 積立型投資をしている

 最後に積立型投資をおこなっているケース。これは非常にチャンスだ。マーケットが大きく売られている局面で積み立てをおこなうのは将来の利益の源泉になる。なので、積立型投資をしている投資家は「これはしめしめ、ラッキー」という発想を持つべきだと思う。

大事なことはパニックにならない。ストレスフリーな投資を実践しよう!

  「私が皆さんに申し上げたいのは、パニックにならないことです」「株式市場に参加している以上、このようなことは起こります。私は何度も経験してきました」などと「勝者のポートフォリオ」の会員に回答しているが、投資助言者である私は非常に冷静である。パフォーマンスが一時的に崩れる形になっても、気落ちする必要などない。

 そもそも私の2023年のマーケットの見立ては「前半は厳しいが、後半はチャンス」である。金融システム不安はもちろん想定していなかったが、マーケットは今後確実に逆業績相場から金融相場に向けた流れになる。まだしばらくは大きなボラティリティと付き合う場面も多いと思われるが、日本の金融株や日本株は外部要因に振り回されているだけであり、本質的な割安感や株価上昇の潜在力は何ら変わっていない。なので、このような嵐の中でも常に前向きな姿勢で運用をおこなっていきたいと考えている。

  皆さまにおいても無用なストレスを抱えないようにしていただきたい。心配するのは時間の無駄であり、人生を無為に過ごしていることになる。マーケットの混乱局面は延々に続くわけではない。長期的には経済成長は続くし、企業収益は拡大して株価も上昇する。皆さまには不安にかられることなく、ぜひとも安心していただきたいと思う。

●太田 忠 DFR投資助言者。ジャーディン・フレミング証券(現JPモルガン証券)などでおもに中小型株のアナリストとして活躍。国内外で6年間にわたり、ランキングトップを維持した。現在は、中小型株だけではなく、市場全体から割安株を見つけ出す、バリュー株ハンターとしてもメルマガ配信などで活躍。

※この連載は、ワンランク上の投資家を目指す個人のための資産運用メルマガ『太田忠 勝者のポートフォリオ』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、メルマガ配信の他、無料期間終了後には会員専用ページで「勝者のポートフォリオ」や「ウオッチすべき銘柄」など、具体的なポートフォリオの提案銘柄の売買アドバイスなどがご覧いただけます。原則毎月第一水曜夜は、生配信セミナーを開催。

 

国内外で6年連続アナリストランキング1位を獲得した、
トップアナリスト&ファンドマネジャーが
個人投資家だからこそ勝てる

「勝者のポートフォリオ」を提示する、
資産運用メルマガ&サロンが登場!

老後を不安なく過ごすための資産を自助努力で作らざるを得ない時代には資産運用の知識は不可欠。「勝者のポートフォリオ」は、投資の考え方とポートフォリオの提案を行なうメルマガ&会員サービス週1回程度のメルマガ配信+ポートフォリオ提案とQ&Aも。登録後10日間は無料!

太田忠の勝者のポートフォリオ

10日間無料 詳細はこちら※外部サイトに移動します


【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

NISAの株の学
株500激辛診
米国株150診断

5月号3月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭インタビュー
87歳のデイトレーダーシゲルさん登場
「デイトレより稼げてオモロイもんはない!」

◎第1特集
株・投信 の基礎と誰でもできる10の儲け方
NISAの株&投信の学校

●株の学校
[基礎編]
株の3つの儲け方&NISAのメリット
買いたい人が多いと株価は上がる
・会社の規模で値動きが違う
・株を保有する期間で戦路は変わる
・年4回の決算で株価が動く

[儲け方編]
長く稼ぎ続ける会社を買う
ずっと人気が続く株を買う
・為替で儲かる株を買う
・配当が増える株を買う
・自社の株を買う会社を狙う
・モノがもらえる会社を買う
・情報を隠さない株を買う 
・買いやすくなった株を買う 

●投信の学校
[基礎編]
積立OK! 投信で世界に分散しよう

[儲け方編]
長期で成長してきた指数を買う
・定期的に分配金収入を得る

プロ厳選!儲け方別買いの株+投信付き


◎第2特集
買っていい10万円株は97銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
期待の出遅れ株/来期も増配予想の高配当株/半導体・AI関連株
●儲かる株の見つけ方[2]5大ランキング
来期に営業利益が大きく伸びる株/“稼ぐ力”が強い高ROEの株/
配当利回りが高い株/少額で買える株/理論株価と比べて割安な株
●儲かる株の見つけ方[3]セクター別の指標平均
石油・石炭が配当利回り1位に!
●2024年新春のイチオシ株
10万円株7/高配当株7/株主優待株7
●気になる人気株売り×買い分析
大型株393/新興株86/Jリート10


◎第3特集
人気の米国株150診断
儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
●プロが大予測!大統領選後米国株はどうなる?
●GAFAM+αのBig8中3社が脱落!AIブームに乗る激アツ22社!
●出遅れ超有名株&買いの高配当株
●人気の125銘柄「買い」「売り」診断


◎【別冊付録】

上場全3905社の最新理論株価
増益割安株は1254銘柄


◆芸人がゴミ清掃員に!?富豪と一般人の差ってゴミに出ます!
◆日本株の大幅上昇でIPO株も環境が好転
◆“もしトラ”で世界は地獄に!?
◆高額な負担に見合う?地震保険の誤解本当に必要か再検証
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報