コンサル流「格安セレブ術」

ケンタッキーフライドチキンが30%オフになる日は?
毎月○日に天丼てんや、丸亀製麺で得する方法と
年1回の天下一品、ロッテリアのお得な日にも注目!

2017年12月1日公開(2022年3月29日更新)
鈴木 貴博
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

 それほどお金をかけなくても豪華で優雅な生活をおくる技術が「格安セレブ術」だ。

 私が人生で最初に「セレブ生活のゴージャスさ」を体験したのは、私がまだ12歳のとき。ホームステイでお世話になったロサンゼルスのホストファミリーのお宅での昼食時だった。

 今から考えれば、そのご家庭はアメリカ西海岸の典型的な中流家庭だったのだと思う。ただ1970年代前半、高度成長期の日本とベトナム戦争に入る前のアメリカでは、豊かさのレベルが違った。

 なにしろ驚いたのは普通の昼食を家で食べるのに、テーブルの真ん中に「ケンタッキーフライドチキン」のバーレル(!)が置かれていたことだ。あのバケツみたいな紙容器にフライドチキンが12個ぐらい入っている、今やお馴染みのアレである。

 当時は、まだ昭和の中盤の時代。映画『三丁目の夕日』の時代からは7~8年が経っていたとはいえ、当時の日本では家での昼食にわざわざ高級な(!)レストランから食べ物をケータリングして帰るという習慣はなかった。

 驚いたことに、ホストマザーはそのバーレルのフライドチキンを取り分けることなく、無造作に手でとって食べていいと言うのだ。とにかく、こんなおいしいチキンを食べたことはそれまでの人生でなかった。しかも、いくつ食べてもいいという体験もしたことはなかった。

 さらに子ども時代の私が驚いたのは、この家庭ではオレンジジュースも日常的に飲めて、しかもおかわりは自由だったこと。食べきれなかったチキンは、ホストマザーが、足元で食事が終わるのを待っていた愛犬にひょいと無造作に投げていた。子ども心に「これがセレブ生活というものか!」と驚嘆したものだった。

 日本が豊かになって、食べ放題・飲み放題がむしろ「セレブが手を出さない庶民の楽しみ」になったような今でも、私の豊かさの原点は「ケンタッキーフライドチキン」にある。

毎月28日はケンタッキーがお得!
フライドチキン4ピース+ナゲット5個で1000円!

 さて、(「格安」とはいえ)セレブになった今も、むしょうに「ケンタッキーフライドチキン」をおなかいっぱい食べたいと思うときがある。コンビニチキンではなく、とにかくケンタッキーが食べたいときに、一番お得な価格で購入するにはどうすればよいか?

 正解は「にわとりの日に買いに行く」である。毎月28日は「にわとりの日」ということで、ケンタッキーでは特別メニューの「とりの日パック」を用意している。

 前提としてお伝えしたいのだが、「ケンタッキーフライドチキン」は基本的に大きな割引はしない。1ピース250円(税込)のチキンは4ピース買っても980円(税込)。バーレルに入った12ピースを買っても2940円(税込)という形で1個あたり5円しか安くならない。

ケンタッキーフライドチキンの「とりの日パック」ケンタッキーフライドチキンの「とりの日パック」と筆者。

 しかし、にわとりの日の「とりの日パック」なら、チキン4ピースにナゲットが5個ついて通常価格1380円(税込)のところを、およそ30%オフの1000円(税込)で手に入れることができるのだ。ここで「それってナゲット5個が普段は400円ってこと?そもそもの値段が高くない?」などと思ってはいけない。純粋に「凄く安いぞ、にわとりの日!」と驚いて欲しいところだ。

 このように毎月ある「特別に安い価格でおいしく食べられる日」はぜひとも覚えておきたいものだが、グーグルカレンダーに「繰り返し設定」で記録しておくと、忘れずに格安セレブな食事を食べることができる。この考え方に沿って、グーグルカレンダーに記入すべきお得な日付をチェックしていこう。

1日は丸亀製麺の「釜揚げうどん」が半額以下、
31日と3月1日はサーティワンの「ダブル」が31%引きに!

 28日の「にわとりの日」の次は、29日の「肉の日」だ。この日は焼肉チェーンからステーキチェーン、そして食べログ上位評価の肉料理の専門店などあらゆる肉業態で超お得なメニューを用意している。

 たとえば、120分で2680円(税別)の食べ放題で有名な「焼肉でん」では、毎月「肉の日」には、時間は90分と短くなるが1980円(税別)で食べ放題になるメニューを用意している。

 すかいらーくグループの「ステーキガスト」も肉の日のスペシャルメニューを用意していることで有名だ。2017年11月は、赤身ステーキ225グラムとハンバーグ200グラムが鉄板にのった「熟成赤身ログステーキ&牛っとこぶしハンバーグ」が2399円(税別)で、29日と30日に提供された。

 ホットペッパーグルメで「肉の日」と検索すると、東京だけで50件の検索結果がヒットする。お店によっては当日予約もできるので、おいしい内容のお店を狙ってお得なコースを選ぶのも楽しいだろう。

 さて、1年で2月だけは29日の「肉の日」が存在しない。いや、4年に一度の夏季オリンピックイヤーだけは毎月「肉の日」が存在する。

 それと同じ原理で1年に7回だけしか存在しない31日と3月1日は、「サーティワンの日」である。つまり「サーティワンアイスクリーム」でダブルのアイスクリームが31%引きで食べられる日になる。

 サーティワンの「ダブル」とは文字通り、2種類のアイスをスクープで球形にすくってコーンないしはカップの上に2個のせるサーティワンの人気メニューだ。サイズはスクープの大きさによってスモールとレギュラーの2サイズがある。

 価格は地域によって若干異なるが、たとえば通常価格が450円(税込)のスモールダブルがこの日は31%引きで310円(税込)に、630円(税込)のレギュラーダブルは31%引きで434円(税込)になる。やはり31日、そして3月1日はサーティワンに行くべし!である。

丸亀製麺の毎月1日は「釜揚げうどんの日」毎月1日は丸亀製麺の「釜揚げうどん」が半額以下!

 日付が変わって毎月1日は丸亀製麺の「釜揚げうどんの日」で、この日は釜揚げうどんが全てのサイズで半額になる。いや、厳密には半額よりもちょっと安くなる(ただし1月1日は除く。2018年は1月5日が「釜揚げうどんの日」になる)。

 通常価格では一玉290円(税込)の「並」がこの日は140円(税込)、うどん三玉の「特」だと490円(税込)が240円(税込)になる。

 これだけ安ければ、天ぷらを増量しても財布を痛めることなく、格安セレブなディナーを楽しむことができるだろう。

 1日以外にも、11月の立冬の日を「夜なきうどんの日」と称して、対象のうどんが半額になるサービスを実施している。2017年は11月7日、8日、9日に「ごろごろ野菜の揚げだしうどん」並620円(税込)が、310円で提供された。次回は忘れないように、こちらもグーグルカレンダーに記入しておこう。

10月1日は「天下一品」でラーメン無料券をゲット!
11月29日は「ロッテリア」で特別なバーガーが食べられる

 そのほか、毎月1回ではなく、年に1回だけお得になるイベントも存在する。

 毎年10月1日は「てんかいちの日」ということで、私が大好きなラーメンチェーン「天下一品」では「天下一品祭り」が開催される。この日は例年、ラーメン(並、大、特大、定食を含む)を注文した人にラーメン(並)の無料券がプレゼントされる。

ロッテリア「はみだしバーガー」ロッテリアの「はみだしバーガー」。2017年も売り切れ店続出で、食べられなかった人も少なくなかった。

「ロッテリア」では年1回、11月29日を「いいにくの日」として、バンズから肉が大きくはみでる特別メニューを販売する(2017年はアメリカ産ビーフステーキ100グラムを挟んだ「はみだしステーキバーガー」(1200円・税込)を11月24日~29日に限定販売した)。

 こういった「年に1回」のイベントは忘れてしまいがちなだが、これもグーグルカレンダーの「毎年」設定にしておけば、決して忘れることはないだろう。

給料日前の18日でも財布にやさしい!
「てんや」なら「サンキュー天丼」が390円に!

 さて、ここまでご覧になってお気づきかどうかわからないが、外食チェーンでは通常月末から月初にかけて「お得な日」が集中する傾向がある。それは「給料日後のゆたかな財布を狙え」という経営セオリーが背景にあるからだ。でも、「むしろ給料日前に財布にやさしい日を用意している飲食店はないのか」と思われる方も少なくないだろう。

 そのような方のために、給料日前の18日にお得になる外食チェーンをご紹介しよう。

 毎月18日は「てんやの日」である。この日、天丼チェーンの「てんや」では通常メニューにはない「サンキュー天丼」を390円(税込)で販売する。通常の天丼並500円(税込)よりもずいぶん安い。

 一応、タテマエ的な理由だろうか、通常は「海老・イカ・キス・かぼちゃ・いんげん」となっている500円の天丼とは「違う」メニューにするために、サンキュー天丼の具は「海老・イカ・野菜三種(かぼちゃ・れんこん・いんげんなど)」になっている。つまり、「キス」が「れんこんなどの野菜」に変更されているのだ。しかし、ボリューム的には通常の天丼と変わらない。給料日前のお財布には、十分おいしいメニューといえないだろうか。

 今回は、特定の日に限って、お得に外食チェーンで食事を楽しむための裏ワザを紹介した。最後に、こうしたお得な食事をより堪能するために、格安セレブ直伝のコツをひとつ伝授しよう。

 グーグルカレンダーに記入する際には、前の日の23時にこの予定が入るようにして、リマインドができるようにしておくのがいい。この方法だと「ああ、明日は『にわとりの日』だ」とわかるので、前の晩のうちに「明日の夕食はケンタッキーブライドチキンだからね!」と家族に念を押すことができる。これをするだけで、「もう!今日は食事の用意をしちゃったわよ!」と言われることなく、家族全員でお得ワザをより堪能できるようになるはず。ぜひ参考にしてほしい。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2023年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2023年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2023年1月4日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
AMEXを
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2022年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天ポイント」が改悪続きでも“最強のポイント”である理由を専門家が解説!「楽天カード」などだけでなく、無料でポイントを獲得できるサービスが魅力!
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード(NL)

0.5~5.0% 永年無料 VISA
Master
iD
三井住友カード(NL)の公式サイトはこちら
【三井住友カード(NL)のおすすめポイント】
2021年2月に申し込み受付が始まった「三井住友カード」の新しいクレジットカードで、券面にカード番号が記載されていない「ナンバーレス(NL)」なのが特徴(カード番号はアプリで確認可能)。通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと、還元率5%に大幅アップ(※)するので、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどを日常的に利用する人におすすめ! さらに、獲得できる「Vポイント」は、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイント、ANAマイルなどに交換できるほか、「1ポイント=1円」としてカード利用額に充当できるなど、ポイントの汎用性が高いのも魅力!
※ 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。
関連記事
「三井住友カード(NL)」は年会費無料+高還元+最短翌日発行の“三拍子”が揃ったおすすめカード!「対象コンビニ&飲食店で最大5%還元」特典は利用価値あり!
「三井住友カード(NL)」は、年会費無料&対象コンビニで最大還元率5%のお得なクレジットカード! カード情報を記載していないのでセキュリティも抜群!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

1.875%
(※1)
4万9500円 AMEX
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)の公式サイトはこちら
【Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのおすすめポイント】
2022年2月24日に誕生した「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)」の後継カード。SPGアメックスと同じく、通常100円につき3ポイントが貯まり、「6万ポイント⇒2万5000マイル」の高い交換レート(=還元率1.875%!)でANAやJALなどの航空会社40社以上のマイルに移行可能! しかも、ポイントの有効期限は「最後にポイントが増減した日から2年間」なので“実質”無期限でマイルを貯められるのも大きなメリット。また、世界的ホテルグループ「マリオット・インターナショナル」との提携カードなので、カードを保有するだけで上級会員資格「ゴールドエリート」が手に入り、客室のアップグレードや14時までのレイトチェックアウトなどの特典が利用できる。さらに、年間150万円以上を利用したうえでカードを更新すると、シェラトンやウェスティンなどの同グループのホテルに2名まで無料で1泊できる「無料宿泊特典」(※2)がもらえるほか、年間400万円以上を利用するとワンランク上の会員資格「プラチナエリート」が手に入り、最大でスイートまでの客室アップグレード、朝食無料サービスなどの豪華特典が利用可能に! 家族カード1枚は年会費が無料(2枚目以降は年会費2万4750円・税込)になり、夫婦や家族でポイントが貯めやすくなっている。
※1 6万ポイントを一度にマイルに移行した場合。1マイル=1.5円換算。※2 交換レートで5万ポイントまでのホテルに宿泊可能。追加で最大1万5000ポイントを支払って、6万5000ポイントまでのホテルに宿泊することも可能。
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2023年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード&プラチナカード部門)
「Marriott Bonvoyアメックス」のメリットを解説!「SPGアメックス」の後継の「プレミアム」なら、年400万円の利用で「プラチナエリート」資格を獲得できる!
【アメリカン・エキスプレス・カードを一覧で比較】アメックスが発行する15枚のカードの年会費や特典、還元率を比較して、自分にピッタリの1枚を探そう!(Marriott Bonvoy アメックス・プレミアム編)
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの公式サイトはこちら
還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~5.5% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
39歳以下の人だけが申し込める、年会費無料の高還元クレジットカード!(40歳以降も継続して保有可能)通常還元率は1%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のAmazonやセブン-イレブンなどでは還元率2%、「ポイントップ登録(無料)」をすれば「スターバックスカード」へのチャージで還元率5.5%に
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digital

0.5~2.0% 初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※1)
AMEX Suica
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら
【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalのおすすめポイント】
通常還元率は0.5%だが、QUICPay決済を利用した場合は還元率2%に大幅アップ(※2)セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンといったコンビニはもちろん、マツモトキヨシやツルハグループなどのドラッグストア、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店など、QUICPayを利用できる店舗ではいつでもどこでも還元率2%になるので非常にお得! 貯まるポイントは、有効期限のない「永久不滅ポイント」なので、ポイントの失効を気にする必要がないのもメリット!
※1 2年目以降1100円。ただし、年一回でもクレジットカードの利用があれば次年度以降も無料。※2 2022年10月31日までの利用分が対象で、2022年11月1日以降の還元率は未定。
【関連記事】
「セゾンパール・アメックス・カード Digital」は、QUICPayで2%還元と超お得! 最短5分で発行できる「SAISON CARD Digital」の申し込み方法も解説!
還元率が高い、おすすめのクレジットカードを紹介!クイックペイを利用すれば還元率2%になる「セゾンパール」など、年会費が実質無料で注目の3枚をチェック
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード Digitalの公式サイトはこちら

 ◆三井住友カード ゴールド(NL)

0.5~5.0%

5500円
(ただし、年100万円以上の
利用で次年度から永年無料
VISA
Master
iD
三井住友カード ゴールド(NL)のカードフェイス
【三井住友カード ゴールド(NL)のおすすめポイント】
2021年7月1日に発行が始まった、券面にカード番号が記載されていない“ナンバーレス(NL)”のゴールドカード。年会費5500円(税込)だが、年間100万円を利用すると(※1)、次年度から年会費が“永年無料”になるうえに、1万ポイントが「継続特典」としてもらえるのが大きな魅力! さらに、通常還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同等だが、セブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなどで「Visaのタッチ決済」または「Mastercardコンタクトレス」で支払うと還元率5%に大幅アップ(※2)するなど、ポイントも貯まりやすくてお得!
※1 対象取引などの詳細は、三井住友カードの公式サイトをご確認ください。※2 一部店舗では還元率5.0%とならない場合あり。また、一部店舗では「Visaのタッチ決済」および「Mastercardコンタクトレス」が利用不可。
関連記事
「三井住友カード ゴールド(NL)」は、年100万円以上を使うと年会費が“永年無料”に! コンビニで5%還元、空港ラウンジや旅行保険などの特典も付帯してお得!
三井住友カード ゴールド(NL)のメリット・デメリットを解説! 同じく“実質”年会費が無料の「エポスゴールドカード」と付帯サービスなどを比較して魅力を解剖!
三井住友カード ゴールド(NL)の公式サイトはこちら

 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料。
【関連記事】
「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると最大5%のPontaポイントが貯まる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!
「au PAY カード」を使って、auカブコム証券で投資信託の積立投資をしてみた! 積立金額の1~5%分のPontaポイントが付与されるタイミングなどを検証!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【Marriott Bonvoyアメックス・プレミアム】
年150万円利用で「無料宿泊特典」+「上級会員資格」が
もらえて得する最強ホテルカード⇒関連記事はこちら

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード公式サイトはこちら

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
ラクラク確定申告
住宅ローンどうする?

3月号1月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!
 

[最強日本株/ラクラク確定申告]
◎巻頭特集

スゴ腕 8人に聞く!2023年に負けないワザ
・資産は60億円超!
テスタさん「投資は才能より努力が大事」
かぶ1000さん、DAIBOUCHOUさん、立川一さん、長田淳司さん、エースさん、ゆうとさん、ショウさん


◎第1特集
2023年の“強者”は97銘柄!最強日本株+投資信託
●プロ24人に聞く!
日経平均は年後半に回復、年末は3万円超へ
●利回り5%超がゴロゴロ!高配当株
●誰もが知る人気大型株!
10万円未満株
桐谷さんがオススメ!株主優待株
●見直される前が狙い目!割安株
●ITと医療がキーワード!高成長株
●日本株型のイチオシ投資信託


◎第2特集
スマホやパソコンでラクチン!
確定申告2023年3月提出分
時短を実現!自動入力が進化中!

●トクする典型例は?提出方法と準備するもの!
●ふるさと納税の自治体の寄附を申告
●株や投信の利益や損失を申告
●投信の分配金や株の配当金を申告
●FXや先物の利益や損失を申告


◎第3特集
銀行が教えてくれない真実を教えます!
住宅ローンのお悩み相談室

借りている人:すでに借りたローンでも最もトクする方法とは?
・今後ローン金利は上がりますか?
・変動の人は固定に借換えるべき?
・借換えはいつ頃すればいい?ほか

これから借りる人:金利が上がったとしても安心な借り方とは?
・借りるなら固定か変動どっち?
・頭金ゼロで買っても大丈夫でしょうか?
・ボーナス返済の割合は?
・元利均等と元金均等のどちらがオトク?
・ガン団信は入るべき?


◎【別冊付録】

桐谷さん流!
勝てる株の管理術&書込みノート

●桐谷さんはノートをこう活用している!
●1年の資産額の推移
●気になる銘柄の管理
●買った株の管理
●2023年の配当・優待権利確定カレンダー


◎人気連載もお楽しみに!

​●10倍株を探せ!IPO株研究所2022年12月編
●株入門マンガ恋する株式相場!
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報