超成長株投資で資産10倍計画!

KOA(6999)の株価は高値から3分の1も、
EVや自動運転の普及で業績拡大が期待。
短期は厳しいが1年以内に底打ちし、長期で買いか山本潤の超成長株投資の真髄 第49回

2020年2月5日公開(2022年3月29日更新)
山本 潤
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

KOA(6999)は抵抗器で国内シェアを三分、車載向けが強み

 KOA(6999)は、電気・電子回路に欠かせない抵抗器で世界有数のシェアを誇る企業です。抵抗器は電圧を分配したり、電流を一定に流したりする目的で使われます。抵抗器は、コンデンサやコイルなどとともに受動部品と言われます。同社の抵抗器のシェアは、国内ではローム(6963)やパナソニック(6752)と肩を並べてシェアを三分しています。同社の株価は2018年に2950円の高値をつけましたが、2月5日終値は1228円です。

 KOAの特徴は、自動車向けが強いことです。以前は「ウォークマン」などのアナログオーディオ機器やパソコン向けが中心でしたが、過去20年の間に自動車向けを強化する戦略に大きく舵を切りました。厳しい環境で使われる自動車向けの抵抗器は高い信頼性が求められ、安かろう悪かろうでは通用しません。安く作るより、丁寧に作って品質を高める戦略をとったのです。アジア諸国と比べて人件費が比較的高い日本で生き残るための戦略でもありましたが、功を奏しました。現在、同社の売上げの約4割が自動車向けを占め、他の産業機器も含めると売上げの過半は高品質の抵抗器が占めます

EVや自動運転の普及で抵抗器の需要は飛躍的に増加

 今後、電気自動車(EV)や自動運転の普及に伴って、自動車向けの抵抗器の需要はますます高まることが予想されます。EVは電池やモーターなどから構成され、周辺には多くの回路が必要です。自動運転も、例えば、高速走行中に障害物を素早く認識して分析するには、通信速度や情報処理能力を格段に高める必要があり、大量の回路が必要になります。回路が増えるほど、必要な抵抗器は増えます。

 1台の自動車にどれだけの抵抗器が搭載されるのでしょうか。同社によると、伝統的な内燃機関(エンジン)自動車の場合、1台に使われる厚膜抵抗器の数は約3000個とのこと。これがハイブリッド車になると約4700個の厚膜抵抗器が必要になり、エンジン車と比べて使用量は約1.5倍に増えます。EVでは約4000個の厚膜抵抗器が必要で、エンジン車と比べて使用量は約1.3倍に増えます。

短期業績は低迷も1年以内に底打ち、株価も上昇か

 ハイブリット車やEVの普及や、自動車の電動化が進むことで、KOAをはじめとする受動部品メーカーは大きな恩恵を受けることが予想できます。自動車向けの電子部品の技術的課題は発熱で、熱に強い設計ができるかどうかが投資判断する上では重要です。KOAは単品売りではなく、ソリューション志向で顧客に対応しており、特に熱設計には力を入れています。こうしたことから、将来が楽しみな企業と考えています。

 ただ、短期的な業績の見通しは、米中貿易摩擦等によるグローバル自動車販売の低迷で厳しいものがあります。需要の減退とモデルミックスの悪化で製品単価も厳しく利益は今期は急減しています。今後は需要が回復すれば、来期以降の業績は自動車販売の増勢を受けて1年以内に底打つと考えています。

(DFR投資助言者 山本潤)

KOAの投資判断、目標株価はメルマガ会員ページで公表しています。

この連載は、10年で資産10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページでさらに詳しい銘柄分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます。
 

KOA(6999)/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
 

 


ポール・サイ 米国株&世界の株に投資しよう!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&診断
上場3854社理論株価

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株]

◎巻頭特別対談
人生を変える!貯金 節約 投資
投資家/棋士・桐谷広人さん×小説家・原田ひ香さん


◎第1特集
買いの高配当株は84銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマ
上方修正株」「人流復活で注目の株」「値上げが浸透する株
・5大ランキング
「第1四半期の進捗が高い」「ROEが高い」
「高配当利回り株」「少額で買える株」「理論株価で割安な株」

●2022年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株

◎第2特集
上期修正期待の株も!

人気株500以外で買いの株100

●全上場株をランキング!
高配当トップ100&イチオシ&注目株
●第一四半期決算の好発進&復活期待株
●2大テーマ株
●株主優待株

 

◎第3特集
人気の10倍株や利回り8%超 の株も
米国株150オススメ&診断

どうなる米国株
「10月まで上げ渋るが
2023年に最高値を更新する」
●波乱に負けないオススメ株
「大型優良株&高配当株18」
●人気の株を定点観測
GAFAM+α8診断/ナスダック44診断/ニューヨーク証券取引所80診断
●全上場株でランキング!

高配当株全米トップ100
 

◎【別冊付録1】

割安か割高か判明!

最新全上場3854社の理論株価
 

◎【別冊付録2】

3年で100万円が2倍超に!
AI搭載ペットと儲ける3カ月


◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報