IPO株の銘柄分析&予想

直近「IPO株」で、株価上昇が期待できる2銘柄を紹介!リモートワーク関連の「アイキューブドシステムズ」や決済処理の「GMOフィナンシャルゲート」に注目!

2020年9月6日公開(2022年9月20日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

2020年7月に上場したばかりの直近「IPO株」で、アナリストが「買い」と診断するのは「アイキューブドシステムズ(4495)」と「GMOフィナンシャルゲート(4051)」!

発売中のダイヤモンド・ザイ10月号から、新連載「10倍株を探せ!【IPO株】研究所」がスタート!「IPO」とは、企業が上場して、市場に株式を公開すること。IPO株は公開価格と比較して、初値が大幅に上昇する場合が多いほか、上場してからも値動きがダイナミックで、短期間のうちに急騰することも少なくない。ただし、上場直後に盛り上がった後、すぐさま失速してしまう銘柄もあるため、“玉石混交”な側面もある。

この新連載では、直近で新規上場したIPO株にスポットを当て、IPO株の専門家であるフィスコの小林大純さんが、今後の投資判断を「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価。その中から、今後“10倍高”の可能性を秘めた注目の2銘柄をピックアップして解説する。「成長株」投資に興味がある人は、ぜひ参考にしてほしい!
【※関連記事はこちら!】
IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

コロナ・ショックで2020年前半のIPO株は上場取り消しが続出
6月からは復調し、初値が急騰する銘柄も増加!

 今回から始まる「IPO株研究所」では、上場したばかりの「IPO株」を徹底分析していく。まずは、最近のIPO株の状況を振り返ろう。
【※「IPO(新規公開株)」の最新情報はこちら!】
【IPO(新規公開株)スケジュール一覧(2020年)】IPOの申込日や幹事証券、注目度などの最新情報を随時更新中!

 「新型コロナウイルスの影響で、2020年3月の新規上場企業は24銘柄中、17銘柄の初値が公開価格割れ、4銘柄が上場を取り消しました。また、4月に上場予定だった15銘柄は、1銘柄を除いて上場を取り消すなど、波乱の展開になっています」(フィスコの小林大純さん)

 その後は新規上場が停止状態だったが、6月24日から再開。6月に上場した6銘柄の初値は公開価格の2倍以上に。画像認識ソフトウェアを展開するフィーチャ(4052)は、初値が公開価格の約9倍になった。

 この流れは7月に入ってからも継続。ITエンジニア事業を展開するBranding Engineer(7352)の初値が公開価格の約6倍になるなど、7月に上場した7銘柄はすべて、初値が公開価格よりも70%以上プラスとなった。好調の理由を小林さんは次のように分析する。

 「6月末以降、IPO株の好調が続いているのは、コロナ禍においても成長が加速する事業を展開する企業が多いからです。ECプラットフォーム関連やWEBマーケティング、オンライン資格講座、AI、クラウド型プラットフォーム構築企業など、旬のテーマに合った企業ばかり。厳しい状況下でも上場するのは、自信の表れでもあります」

 初値が高騰した結果、足元ではPERが100倍を超える銘柄も。しかし、高成長が続いていれば、高PER株でも株価数倍を狙うことはできるはずだ。

2020年7月の【IPO株】7銘柄の投資判断とは?

上場日 公開価格 初値(公開価格との騰落率) 株価
(8/4)
今後1年の
上値メド
投資判断
7日  Branding Engineer(7352・東M)予想PER125.9倍/PBR28.07倍
490円 2920円(+496%) 2068円 2500円 中立
【分析コメント】ITエンジニア人材事業を展開。コロナ禍でも需要は根強い。売上高・営業利益とも年20~30%の成長を目指す。株価には過熱感アリ。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
10日  Speee(4499・東J)予想PER78.1倍/PBR26.18倍
2880円 5150円(+79%) 3980円 5000円 強気
【分析コメント】マーケティング活動を支援。企業のマーケティング強化が追い風になり、成長率は高い。右肩上がりの成長軌道に乗るかがポイント。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
15日  アイキューブドシステムズ(4495・東M)
 予想PER129.7倍/PBR51.71倍
3120円 9430円(+202%) 7270円 1万円 買い
【分析コメント】今月の注目株。テレワークが拡大する中、企業が社員のモバイル端末を管理するためのサービスなどを展開。売上高22%増予想。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
15日  GMOフィナンシャルゲート(4051・東M) 
 予想PER144.1倍/PBR9.11倍
2540円 6550円(+158%) 7140円 1万1000円 買い
【分析コメント】今月の注目株。支払い手段の多様化や、コロナ禍を追い風にして、決済端末の販売が好調。売上高は34%増予想と、急成長が続く。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
15日  KIYOラーニング(7353・東M)予想PER88.2倍/PBR305.99倍
2300円 5360円(+133%) 4850円 5500円 中立
【分析コメント】オンライン資格講座などを展開。AIを利用した学習データの活用に特長。今期業績も急伸の見込みだが、株価に過熱感がある。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
31日  日本情報クリエイト(4054・東M)予想PER41.2倍/PBR11.59倍
1300円 2210円(+70%) 2029円 3000円 買い
【分析コメント】不動産事業者向けソフトウェアサービスの導入実績は6000社超。不動産業界でもテレワーク導入などICT利活用の機運が高まる。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)
31日  Sun Asterisk(4053・東M)予想PER90.4倍/PBR20.79倍
700円 1209円(+73%) 1597円 1800円 中立
【分析コメント】スタートアップ支援。マネーフォワードのサービスも開発。ストック型売上比率が8割と高い。期待は高いが株価は過熱ぎみ。
最新の株価はこちら(SBI証券へ)

「買い」診断の「アイキューブドシステムズ」と
「GMOフィナンシャルゲート」は業績も話題性も高評価

 ここからは、7月に新規上場した銘柄の中で、小林さんが特に注目している2銘柄を紹介していこう。

 まずは、法人向けモバイル管理サービスを展開するアイキューブドシステムズ(4495)だ。

 アイキューブドシステムズは、社員向けスマホなどのモバイル端末の遠隔管理や機能の設定、制限などができるクラウド型サービスを提供。テレワークが拡大する中で、業績の急成長が続いている。リモートワーク関連銘柄ということで上場前から期待は高く、初値は公開価格の3倍に急騰した。

 上場後も株価の上昇が続き、PERは100倍超に。ちなみに、昨年10月に上場した類似企業のHENNGE(4475)は、上場後に株価が初値の3倍まで上昇し、PERが500倍超となっている。アイキューブドシステムズに関しても同水準のPERを想定するなら、今後1年間の目標株価は1万円となり、現在の株価(9月4日時点で7350円)から考えると、まだまだ上値余地がある。

 新型コロナウイルスの感染拡大が収束しても、端末を通じたリモートワークの管理ができるサービスへの需要は長期で続く見通し。さらに、アイキューブドシステムズは利益率も高く、利益の急成長が期待できる。テーマ性や収益モデルが評価されており、高PERでも買われる所以だ。

 続いて、小林さんが注目するもう一つの銘柄は、決済処理サービスを提供するGMOフィナンシャルゲート(4051)だ。

 GMOフィナンシャルゲートは、クレジット決済や、各種電子マネー、ポイントサービス機能を搭載した決済端末を販売する企業。上場前からキャッシュレス決済の拡大を背景に、成長イメージが描きやすく、また公開規模も12億~13億円と小規模だったため、需給面でも初値が急騰しやすかった。実際に、初値は公開価格の2.5倍まで急騰している。

 現状は端末販売の収益割合が高いとみられるが、今後はキャッシュレス決済のプラットフォーマーになる期待も。ウィズコロナ時代の新しい生活様式として、店頭での非接触型決済の需要が増加していることも、GMOフィナンシャルゲートにとってはプラスに働く。

 今期の業績の進捗率は順調で、上方修正を発表する可能性も。年20~30%の1株利益成長が期待でき、高PERを維持しながら、長期で株価上昇が続くポテンシャルがある。三井住友カードで展開する決済プラットフォーム「stera」も株価押し上げの材料になりそうだ。
【※「IPO(新規公開株)」の最新情報はこちら!】
【IPO(新規公開株)スケジュール一覧(2020年)】IPOの申込日や幹事証券、注目度などの最新情報を随時更新中!く解説

先の見えない国難に立ち向かう“最強の日本株”とは?
ダイヤモンド・ザイ10月号をチェック!

ザイ10月号

 ダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は、「最強日本株【2020年・夏の陣】」! 日本株市場には、コロナ禍で不透明な相場環境でも、注目すべき有望株がいくつもある。そこで、この特集では「5万円株」「高配当株」「大出世株」「株主優待株」「国内活躍株」「世界進出株」という6つのジャンル別に、アナリストなどの投資のプロが有望株を紹介! さらに「ウィズコロナ時代を勝ち抜くための戦略」や、「今後の日経平均株価の展望」なども取り上げているので、個人投資家なら必見だ。

 ほかにも、夢の早期リタイアを実現した人に成功の秘訣を聞いた「早くリタイアしたい!」や、「最新決算で見えてきた! いま【買い】の株36銘柄」「スマホ時代のネット証券選びはココを見る!【株アプリ】入門」「【毎月分配型】投資信託100本の本当の利回り」など、盛りだくさんな内容となっているので、ぜひチェックを!

■「IPO株が当たらない!」という人は、まずこちらの記事へ!
⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
 
IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2024年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!
【2024年7月1日時点】


【2024年版】本気でIPO当選を狙うなら、真っ先に押さえておきたい!
IPO[主幹事]の多いおすすめ証券会社

◆SMBC日興証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2023 2022 2021
19社
52社
24社
47社
26社
80社
10%:1人1票の平等抽選
最大5%:「ステージ別抽選」
※1
345万
【ポイント】
大手証券の中でもIPOに力を入れており、例年、主幹事数・取り扱い銘柄数ともに全証券会社中でトップクラス! また、国内五大証券会社のひとつだけあり「日本郵政グループ3社」や「JR九州」「ソフトバンク」などの超大型IPOでは、主幹事証券の1社として名を連ねることも多い。10%分の同率抽選では、1人1単元しか申し込めないので資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。さらに、2019年2月からは、預かり資産などによって当選確率が変わる「ステージ別抽選」がスタート。平等抽選に外れた人を対象にした追加抽選で、最高ランクの「プラチナ」だと1人25票が割り当てられて当選確率が大幅にアップする。
※1 預かり資産残高などによって決まる「ステージ」ごとに、別途抽選票数が割り当てられる。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆「日経テレコン」「会社四季報」が閲覧できる証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2023 2022 2021
21社
91社
13社
89社
21社
122社
60%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジポイント」順に配分
10%:知識・経験・資力と取引状況を踏まえて配分
1245万
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。特に取扱銘柄数がダントツで、2023年は全96社中91社と約95%のIPO銘柄を取り扱った。つまり、SBI証券の口座さえ持っていれば、ほとんどのIPO銘柄に申し込めると考えていいだろう。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなる当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」が、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのもメリットだ。また、スマートフォン専用サイトでIPOの申し込みや情報確認ができるのも便利。
※SBIネオモバイル証券、SBIネオトレード証券、FOLIOの口座数を含んだSBIグループ全体の口座数。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら
※ 主幹事数、取扱銘柄数はREITを除く。口座数は2023年12月末時点。

注目の証券会社!

【SMBC日興証券】
IPOの主幹事数が業界トップクラスで
2022年には24社のIPOの主幹事を務める
おすすめ証券会社!関連記事はこちら

IPO株の取扱数が毎年トップクラスのSMBC日興証券公式サイトはこちら!

No.1のSBI證券公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
マネックス証券の公式サイトはこちら 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
SBI証券の公式サイトはこちら! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

攻めと守りの高配当株
NISAの攻略法
高配当株トップ300

9月号7月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[攻めと守りの高配当株]
◎巻頭企画
誌上初対談!
優待株で5億円超!桐谷広人さん×累計利益100億円!テスタさん

「どんな相場でも勝てる戦略で年後半に挑む」

◎第1特集
インフレに強い!NISAにもピッタリ!
攻めと守りの高配当株
●守り:持ちっぱなしOK!ド安定高配当株63

・過去最高に稼ぐ高配当株
・減配しない10年配当株

●攻め:配当と値上がり益を両取り!

欲バリ高配当株29
・さらに増配する高配当株
・稼ぐチカラがある高配当株
・中小型の増配株

●高配当株の達人 かんちさんの投資術
●隠れ高配当株に注目!
●武藤十夢のアガる高配当株教えて!


◎第2特集
勝ち組8人のリアルバイ!
8人8色の攻略法を大公開!NISAで何買ってる?
●成長投資枠は投信・ETFメイン
米高配当ETFをスポット購入/高配当株投信を積立など
●成長投資枠は株メイン
割安&高成長の配当株を長期保有/優良IPO株の当選待ち!など


◎第3特集
つみたて投資枠投信の6カ月の通信簿
●積立てた時の成績上位50本ランキング
●好成績で発進した8本を分析!

 

◎第4特集
株主総会2024-37社の突撃レポート!
●桐谷さんも参戦!要注目のお騒がせ株
ダイドーリミテッド/日産自動車/ニデック
●みんなが持ってる人気株
東京エレクトロン/ソフトバンクG/ソニーグループほか
●気になる高配当&金融株
三井住友FG/三菱HCキャピタル/オリックス
●ザイの新人記者がNTTの総会に初参加!
●2024年株主総会の4つの特徴


【別冊付録】
買いか売りかをズバリ判定!
利回り4.1%以上ぜんぶ載せ!
高配当株トップ300大診断

 

◎連載も充実!

◆おカネの本音!VOL.25ジャスティンさん
「働き方の常識を更新 エジプトで暮らせば月収5万円で悠々自適」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年6月編
「新興株市場の底打ちでIPO株も取引が活発化」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.93
「サイバー攻撃でヤりたい放題!?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「困った場合の救済策も!奨学金を人生の重しにしない方法」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報