クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]

海外旅行の“質”を格段にアップする裏ワザを解説!
優先チェックインや航空会社の豪華ラウンジなど、
クレジットカードの特典でVIP待遇を味わおう!

2017年2月24日公開(2019年8月6日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
海外旅行で便利なクレジットカードの特典・交通編

 筆者は、子供が生まれてから、家族で海外旅行に行ったことがない。小学1年生の長男は幼い頃から病弱のため、「何かあったら」と思うと、なかなか海外旅行に連れて行けなかった。さらに、長男が少し強くなってきたと思ったら次男が生まれ、次男が成長したら三男が生まれたため、なかなか家族で海外旅行に行く機会がなかった。

 その間、国内旅行は、2016年だけでも仙台、河口湖、青森、京都・大阪、南紀白浜にそれぞれ行っているが、子供3人を連れていると毎回ヘトヘトになってしまう。「国内旅行でもこれだけ疲れるのに、海外旅行となると、どれほど大変なのか想像がつかない」というのも、家族で海外旅行に行かなかった理由の1つだ。

 小学生になった長男から、「夏休みに、周りの友達が海外旅行に行った」という話を聞き、そろそろ筆者家族も海外旅行に行くことにした。

 行き先はグアムに決定。グアムならそれほど遠くなく、日本との時差が1時間ほどなので、子供にもあまり負担はないだろう。

 また、今回は、国内旅行と同様に、さまざまなクレジットカードの特典やポイント、割引を駆使しての海外旅行を計画した。今回は、クレジットカードに付帯する交通関連の特典について解説しよう。

「デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド・カード」なら、
デルタ航空の優先チェックインやラウンジを無料で使える!

 まずは、利用する航空会社について解説しよう。

 JALはJGC会員、ANAはSFC会員と、どちらも上級会員になっており、家族カードも保有しているため、本来であればANAかJALのどちらかを利用したほうがいいのだが、今回はデルタ航空を利用することにした。

 デルタ航空に決めた理由は、航空券の価格が安かったということもあるが、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」のゴールドメダリオン会員の特典を確認したかったからだ。

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
マイル還元率 1.5%
 ※ 1マイル=1.5円換算
「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 2万6000円
家族カード(税抜) あり(1人目は年会費無料。2人目から年会費1万2000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒デルタ航空の「スカイマイル」を効率よく貯められる最強クレジットカードは「JCBテイクオフカード」!無期限のデルタ航空のマイルで得する方法を伝授

ANA、JAL、デルタ航空の上級会員証ANA、JAL、デルタ航空のそれぞれの上級会員証。

 ゴールドメダリオン会員の場合は、ビジネスクラスなどの搭乗者が利用できるチェックインカウンターや優先セキュリティレーンをそれぞれ利用できる。もちろん、空港ラウンジを利用できる特典も付帯し、同伴者1名までは無料で利用できる。ただし、筆者のように、家族5人で利用する場合は、3人分は有料となってしまう。

 そこで用意したのが、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の家族カードだ。「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の保有者は、デルタ航空のラウンジを無料で利用できる。この特典は、家族カードにも付帯する。
(※関連記事はこちら!⇒クレカの家族カードのメリットや発行条件を解説!家族が使った分のポイントまで合算できる上に、旅行保険やラウンジなどの特典も家族で利用可能!

 したがって、筆者家族の場合は、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」と「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の家族カードをそれぞれ保有することで、デルタ航空のラウンジを3人まで無料で利用できる。なお、デルタ航空のラウンジは、1人29米ドルで利用可能だ。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
還元率 0.3~0.4%
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 13万円
家族カード(税抜) あり(4人まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」は海外に行かない人にもお得! 無料宿泊特典など、国内だけでも魅力いっぱいの付帯サービスが満載!

「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」と「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」と「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の家族カードをそれぞれ保有することで、デルタ航空のラウンジを3人まで無料で利用できる。

「楽天ブラックカード」と「アメックス・プラチナ・カード」の
プライオリティ・パスも利用することに

 往路は、デルタ航空のラウンジのレポートをしたいために、2人は有料になってしまうのにもかかわらず、ラウンジを利用することにしたが、復路は、プライオリティ・パスで空港ラウンジを利用することにした。

 今回利用するのは、「楽天ブラックカード」と「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のそれぞれのプライオリティ・パスだ。
(※関連記事はこちら!⇒楽天カードの最上位「楽天ブラックカード」入手!あまり知られていない「楽天ブラックカード」のお得すぎる驚異的なサービス内容を一挙公開!

「楽天ブラックカード」と「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のそれぞれのプライオリティ・パス「楽天ブラックカード」と「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のそれぞれのプライオリティ・パス。

 「楽天ブラックカード」のプライオリティ・パスが優れている点は、空港ラウンジを同伴者2名まで無料で利用できることだ。また、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のプライオリティ・パスは、空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できる。つまり、この2枚のプライオリティ・パスを使うことで、合計5人まで、空港ラウンジを無料で利用できるというわけだ。

 プライオリティ・パスが付帯するクレジットカードは数多く存在するが、同伴者は有料となる場合が多いため、同伴者料金や同伴者の条件などを確認しておこう。同伴者ならば、何人でもラウンジ利用が無料というクレジットカードも存在するが、非常に稀なケースとなる。

 ちなみに、年に何回でもラウンジを無料で利用できる「プレステージ会員」のプライオリティ・パスが付帯するクレジットカードとしては、「楽天プレミアムカード」が年会費1万円(税抜)で最安値となるが、同伴者は1人目から3000円(税抜)必要となる。

楽天プレミアムカード
還元率 1.0~5.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天トラベル利用時は還元率3.0%、楽天市場・楽天ブックス利用時は還元率5.0%に。なお、楽天トラベル、楽天市場・楽天ブックス利用時の+2~3%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
「楽天プレミアムカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 1万円
家族カード(税抜) あり(年5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
「楽天プレミアムカード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「楽天プレミアムカード」は付帯サービス充実でコストパフォーマンス抜群のゴールドカード!「プライオリティ・バス」が最安でゲットできる!

プラチナカードなどに付帯する
「手荷物無料宅配サービス」が便利!

 次に予約したのが、成田空港までのスーツケース無料送迎サービスだ。プラチナカードなどを保有していると、空港または自宅まで無料で手荷物を送付できるサービスがある。

 今回利用するのは、「楽天ブラックカード」に付帯する「国際線手荷物無料宅配サービス」だ。「楽天ブラックカード」の「国際線手荷物無料宅配サービス」は、年間2回まで利用することができる。2回と言っても、往路と復路で1回ずつ利用すれば、1回の旅行で使い切ることになる。

「楽天ブラックカード」の付帯特典である空港宅配無料クーポン「楽天ブラックカード」の付帯特典である空港宅配無料クーポン。

 また、「国際線手荷物無料宅配サービス」は「楽天プレミアムカード」でも利用可能だ。「楽天プレミアムカード」の場合は、クレジットカードの申し込み時に、「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」のいずれかを選ぶことができるが、「トラベルコース」に申し込んでいると、「手荷物無料宅配サービス」を利用できる。

 なお、申し込み時に「楽天市場コース」か「エンタメコース」を選んだ場合でも、半年経つとコースの変更ができるため、旅行の計画をしている場合は「トラベルコース」への変更も検討しよう。
(※関連記事はこちら!⇒「国際線手荷物無料宅配サービス」が付帯しているクレジットカードで、海外旅行の道中を楽ちんに!手ぶらで海外旅行に行けるカードの特典の利用法!

空港までの交通手段として、
往路は電車、復路はハイヤーを使うことに決定

 自宅から空港までは、成田エクスプレスを利用することにした。手荷物宅配サービスを利用するため、手持ちの荷物がほとんどないことを考えると、電車でもそれほど大変ではないと考えたからだ。

 今回は、筆者が新しく取得したブラックカード「ラグジュアリーカード」のトラベルデスクで、成田エクスプレスのチケット手配を行なうことにしたのだが、トラベルデスクの音声にタイムラグがあり、少し話しにくかった。また、JRチケットの予約端末がないようで、深夜の問い合わせの場合はチケット手配ができなかった。
(※関連記事はこちら!⇒富裕層向けクレカ「ラグジュアリーカード」が上陸!日本初のMastercard最高位のクレジットカードで、ゴールドカードは純金メッキが施された豪華仕様!

 結局、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のコンシェルジュデスクで、成田エクスプレスのチケットを手配することにした。しかし、電話が繋がりにくいのがどうも気になる。午前10時頃にかけたときは30秒ほど待ち、16時頃にかけたときは数分待っても繋がらなかったため、時間を空けてから再度電話して、チケットを手配してもらった。

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のコンシェルジュデスクで、成田エクスプレスのチケットを手配「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のコンシェルジュデスクで、成田エクスプレスのチケットを手配。

 復路も「手荷物無料宅配サービス」を利用し、往路と同様に成田エクスプレスを利用しようと思ったが、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」または「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」に付帯する「ハイヤー優遇サービス」を利用することにした。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
還元率 0.5%
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」のカードフェイス
発行元 クレディセゾン
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 2万円(年間200万円以上の利用で翌年は1万円に)
家族カード(税抜) あり(名称は「追加カード」で年会費3000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒法人クレジットカード(法人カード)を保有するならセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスがおすすめ!コンシェルジュを秘書代わりに使えばメリット大!

 「ハイヤー優遇サービス」を利用することにした理由は、成田空港に19時10分に着く便で帰ってくるため、できるだけ子供に負担をかけないように、ハイヤーで自宅まで送ってもらおうと考えたからだ。

 「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のコンシェルジュデスクに電話し、利用日や到着便などを伝えると、ハイヤー送迎会社のエコリムジンに情報が伝わる。手配できるかどうかは、エコリムジンから直接電話がかかってくる。

 「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のコンシェルジュデスク経由でハイヤーを手配すると、成田空港からの場合は8000円割引、羽田空港からの場合は4000円割引で利用できる。さらに、状況に応じては車種のアップグレードもあるとのことだが、ほとんどの場合は、アップグレードはされないとのことだ。

 これで、海外旅行に行くための交通関連の予約は完了だ。実際の使い勝手などは、使用後にそれぞれレポートすることにする。

 以上、今回は、グアムに旅行する際の交通関連の準備について解説した。次回は、宿泊関連の準備について解説したい。
(※関連記事はこちら!⇒海外旅行の諸費用が格安になる節約術を伝授!ホテルの宿泊費やWi-Fiルータのレンタル代などは、クレジットカードの特典を使えば安く抑えられる!

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
マイル還元率 1.5%
 ※ 1マイル=1.5円換算
「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 2万6000円
家族カード(税抜) あり(1人目は年会費無料。2人目から年会費1万2000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒デルタ航空の「スカイマイル」を効率よく貯められる最強クレジットカードは「JCBテイクオフカード」!無期限のデルタ航空のマイルで得する方法を伝授

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
還元率 0.3~0.4%
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」のカードフェイス
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 13万円
家族カード(税抜) あり(4人まで年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」は海外に行かない人にもお得! 無料宿泊特典など、国内だけでも魅力いっぱいの付帯サービスが満載!

楽天プレミアムカード
還元率 1.0~5.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天トラベル利用時は還元率3.0%、楽天市場・楽天ブックス利用時は還元率5.0%に。なお、楽天トラベル、楽天市場・楽天ブックス利用時の+2~3%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
「楽天プレミアムカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 1万円
家族カード(税抜) あり(年5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
「楽天プレミアムカード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「楽天プレミアムカード」は付帯サービス充実でコストパフォーマンス抜群のゴールドカード!「プライオリティ・バス」が最安でゲットできる!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
還元率 0.5%
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」のカードフェイス
発行元 クレディセゾン
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 2万円(年間200万円以上の利用で翌年は1万円に)
家族カード(税抜) あり(名称は「追加カード」で年会費3000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒法人クレジットカード(法人カード)を保有するならセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスがおすすめ!コンシェルジュを秘書代わりに使えばメリット大!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年8月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群! また、2019年7月1日~12月31日の期間に新規入会すると、入会後3カ月間は最大10倍のポイントが貯まる(=還元率5.0%)、お得なキャンペーンを実施中!「JCB CARD W」史上、もっともお得なキャンペーンになっているので、入会するなら今がチャンス!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SPGアメリカン・エキスプレス・カード じぶん銀行住宅ローン 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報