闇株新聞[2018年]

トランプ経済政策は日本経済に良いことなし! 
それでも日本株が低迷しないと言える理由とは!?闇株新聞が「日本株バブル元年」を冷静に予想

2017年1月20日公開(2017年1月21日更新)
闇株新聞編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

ついに米国にトランプ大統領が誕生しました。経済や金融のプロが愛読し、ネタ元にしている刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』ではトランプ氏の当選直後から、株価や為替に及ぼす影響を予想しています。今回はトランプ新大統領の経済政策がもたらす、日本株・日本円への影響について。

「米国至上主義」のトランプ政策は
日本経済に一つとして良いことなし

 前回も解説した通り、トランプの政策は「米国第一主義」です。これまで交渉を積み上げてきたTPPから離脱すること、トヨタなど米国以外に工場を新設する企業を厳しく批判していること、中国鉄鋼メーカーに強硬姿勢で臨む布陣を整えていることなどからも、それは明らかです。

 その結果、米国の貿易赤字は大幅に減少することになるでしょう。一方で、米国を相手に貿易で稼いできた国(中国や日本)にとってはマイナスです。しかしながら、米国経済の「伸びしろ」は賃金と物価の上昇によって相殺され、限定的なものになるだろうというところまで前回解説しました。

参考記事:トランプ相場は新大統領就任でどうなる? 2017年はバブル!急落の可能性は!?(2017年1月12日公開記事)

 2017年に入ってからの金融市場(特に株式相場)は、悪いニュースが出て一時的に価格を下げても、すぐに元の上昇基調に戻る傾向が見られます。この点がトランプ当選前とは異なる点です。

 ということは、ニュースと相場動向の予想は別々に組み立てる必要があります。とはいえ、世界の金融市場が全く無節操に動くこともありませんので、それぞれの市場において「何に対して過剰反応し」「何に対して反応しないのか」は、きちんと見ておくべきです。

悪材料でも株価が下げない相場でも
注目しておくべきニュースはこれだ!

 まず、トランプ税制改革の目玉の1つ「輸出は非課税」「輸入は経費算入させない」件については、原案通りに承認されてしまうと(どうもそうなりそうです)間違いなく米国以外の世界経済に「超弩級」の影響が出ます。しかし、最も影響を受ける中国と日本の株式市場は、今のところあまりこれに反応を示していません。

 次に、1月10日に世界銀行が2017年の世界の実質GDP成長予測を2.8%→2.7%に下方修正、2016年の推定成長率が2.3%とリーマンショック直後の2009年以来の低い伸び率だったことを発表した件です。数字自体は各国政府から提供されるデータが基になっているため当たらないのですが、「希望的観測込み」のデータが下方修正になっていることは気にかけておくべきです。

 それから、2017年1月からFOMCの投票メンバーが一部入れ替わり、明らかなタカ派がいなくなりました。トランプ政権下ではインフレ対策のため利上げの継続が必要ですが、新大統領は難色を示すでしょう。近いうち(本年夏ごろ?)利上げ継続に対する議論が再燃することになるでしょう。

 貿易総額が2年連続減少している中国と、トランプが「どれだけ本気で喧嘩するのか」も注目です。少なくとも仲良くやることは絶対になく、どれだけの反動があるかは見当がつきません。また、トランプは日本とメキシコの対米黒字を中国と同列に見ているようで、厄介な問題であることは確かです。

 英国の金融団体がEU離脱交渉で「単一パスポート制度」(英国の銀行免許があればEU域内すべてで同じ業務ができる)の維持を断念したのは意外でした。短絡的にはシティの地盤低下を意味しますが、大手の金融機関は各国で免許を取っておりこれで一気に崩壊することはありません。それよりもオバマ政権下で目の敵にされていた欧州の銀行を、トランプ政権がどう扱うかがより重要となるでしょう。

米国株はそれほど下げていないのに…
今年に入って日本株が調整した理由

 以上が「ニュース」の側面からの注目ポイントですが、今度は(それとは別に)「市場」の側面から予想していきます。

 米国の株式市場は、大統領選の直後に11.6%も上昇した後、3週間は調整もせずほぼ横ばいです。期待先行の上昇は普通なら「材料出尽くし」でいったん調整するところ、経済政策に期待感が残っているため「高止まり状態」なのでしょう。しかし、長期金利(10年国債利回り)はトランプ氏当選直後の上昇(1.77%→2.60%)から、先週末には2.39%とはっきりと「行き過ぎ訂正」に入っています。 

 ここ数年は実際の経済活動の先行きを反映する10年国債の利回りが低下しても、投資家心理をより強く反映する株式市場は上昇を続け、結果としてギャップが拡大していました。ところがトランプ当選直後には米国10年国債利回りもストレートに上昇してドル高になっていましたので、利回りの上昇が止まるとドル高も止まることになります。

 日本の株式市場は、米国株高と円安という2つの好材料が重なり、当の米国株よりも大幅に上昇していました。ここで米国の10年国債利回りが低下→ドル高調整となったため、日本の株式市場にとっては2つの好材料のうちの1つが失われ(弱まった)たことになります。加えて、米国株も12月半ば以降は株価2万ドルを前に上昇が止まったので、日本株が調整したわけです。

日本経済が低迷しても多少円高に振れても
株価は下がらずやがて調整もしなくなる!?

 ではこれからはどうなるか? トランプの経済政策は米国以外(特に日本)にとっていいことは何もありません。しかし、もともと日本の株式市場は実体経済とはほとんど関係なく、米国株と為替の動向次第で動く安直な動きを繰り返してきました。つまり、トランプの経済政策が日本経済に悪影響を及ぼしたとしても、日本の株式市場が低迷することはないと考えます。

為替市場もドル高が基本路線となりますが、トランプの政治的発言などで円高に振れる場面もあるでしょう。これまで日本株は(米国株と為替の動向次第で動くので)ドル高になると下落する傾向が見られましたが、最近は円安になったときの上昇幅と円高になったときの下落幅が釣り合わなくなってきています。この先は、多少の円高になっても日本株はそれほど調整しないようになるはずです。

だから今年は(特に株式市場は)「バブル元年」なのです。

本連載は金融・経済のプロも愛読し”ネタ元”にしていると評判の刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』で配信された記事から、一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガにご登録いただくと、政治経済や金融の話題を中心に、歴史文化や娯楽まで他のメディアでは決して読めない、濃くて深くてためになる記事が、毎週1回5本程度の本編と付録、番外編、速達便がお読みいただけます。日々のニュースを読み解くセカンドオピニオンとしてご活用いただければ幸甚です。
 

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 


ダイヤモンドZAi(ザイ) 2020年1月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 近江八幡市のふるさと納税はこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

連続増配株&高配当株
年金世代1万人大調査
IPO株 トレード術

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

増配株&高配当株であんしん老後

何歳からでも始められる
増配株&高配当株であんしん老後
[Prologue]目指せ! じぶん年金づくり
[投資先1]日本の高配当株43銘柄
●高利回り株●連続増配株●10年配当株
[投資先2]Jリート5銘柄
[投資先3]米国の高配当株20銘柄
[投資先4]毎月分配型投信13銘柄

仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
儲け方[1]上場前の株の当選を目指す
儲け方[2]上場後の株の再上昇を取る
10倍期待の株は64銘柄!
2018年~2019年上場の全151銘柄の買売を分析

年金生活のリアル
金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!

年末までラストスパート
駆け込み!ふるさと納税72
上限額や災害支援のことなどふるさと納税のキホン
カニ・おせち・温泉など冬の3大返礼品!
おいしいものだけ!返礼品別カタログ

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
毎月配当カレンダー2020年1月⇒12月

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報