闇株新聞[2018年]

混迷深めるイタリア政局 
波乱がありそうなユーロ
闇株新聞が警戒する「イタリア・ショック襲来」

2018年6月1日公開(2022年3月29日更新)
闇株新聞編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

イタリアの政局に世界の金融市場が動揺しています。バラマキ財政と移民排斥・反EUを掲げる政党が議席を伸ばし、世界同時株安を引き起こしかねない状況です。世界の金融市場に鼻が効く刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が、騒動の背景をわかりやすく解説します。

混迷深めるイタリア政局。波乱がありそうなユーロ(闇株新聞が警戒する「イタリア・ショック襲来」)

ギリシャの二の舞か? 借金まみれの
イタリアがバラマキ政策で泥沼に嵌る!?

 3月4日の総選挙以降、イタリアでは積極財政策など大衆迎合(ポピュリスト)主義を掲げる「五つ星運動」と、EU懐疑派で移民排斥(さらにはEU離脱まで)を掲げる極右「同盟」が連立政権を目指し、法学者のジュセッペ・コンテ氏を首相候補に指名して組閣に取り掛かっていました。

 イタリアでは上下院議員と各州の代表者の投票によって選ばれる大統領が、首相の指名や議会の解散、軍隊の指揮など権限を持ちます。マッタレッラ現大統領は「五つ星運動」が推すユーロ懐疑派のパオロ・サボナ氏の財務相指名を拒否、5月26日に新首相候補を当初のコンテ氏からコッタレッリ氏(IMF財政局長などを歴任)に変えて指名しました。

 しかし親EU派で財政再建派でもあるコッタレッリ氏では「五つ星運動」と「同盟」が多数を占める議会の支持を得られるはずがなく、一気に再選挙に突入しました。積極財政(バラマキ)の「五つ星運動」と反EU・反移民の「同盟」がさらに躍進しそうで、放漫財政が進む警戒感から市場では国債利回りが上昇しています。

 イタリアの公的債務は2兆3000億ユーロ(約300兆円)で、GDPの130%にも上ります。債務の多さはユーロ圏で断トツの1位、世界でも4位です。さらに、2兆3000億ユーロのうち7000億ユーロ(約90兆円)までを、ドイツを始めユーロ圏諸国の非居住者が保有しています。

 あまり知られていませんがユーロ構成国の中央銀行間には「ターゲット2」という決済システムがあって、中央銀行間の資金の過不足を調整しています。このシステムの最大の恩恵を受けているのがイタリアで、イタリア中央銀行はドイツ連邦銀行(中央銀行)などから4430億ユーロ(58兆円)も借り入れているのです。

EUの創設メンバー国で大きくなる
反ユーロ・反移民・EU離脱の世論

 そもそもユーロを統一通貨とするEUとは、1951年にドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、イタリアといった「旧フランク王国」の6か国で発足したECSC(欧州石炭鉄鋼共同体)が原型で、以降この6か国が中心となってEU拡大やユーロ導入が行われてきました。

 そんなEUとユーロの「オリジナルメンバー」であるイタリアで、反ユーロ・放漫財政・反移民・果てはEU離脱まで掲げる政権が誕生する可能性が大きくなっているのです。

 5月29日の世界の金融市場では、イタリア株式(MIB指数)が581ポイント(2.85%)安の21350ポイントと、直近の高値となっていた5月7日の24544ポイントから13.0%も下落しました。DAXなど欧州株式も軒並み急落、NYダウも391ドル(1.58%)安の24361ドルと意外に大きく反応しています。

 為替市場ではユーロが売られ、対ドルでは4月中旬の1ドル=1.24ドル台から1.1510ドルまで下落しました。対円でも4月中旬の1ユーロ=133円台から、やはり一時1ユーロ=124.62円まで下落しています。

 少し前まで、ユーロの下落は米国長期金利の上昇によるドル高・ユーロ安と考えられていましたが、ここで米国長期金利低下・イタリアの財政問題と「材料」が入れ替わってしまいました。

 これからしばらく、イタリアの政治情勢に金融市場が振り回されることになりそうです。

闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

本連載は金融・経済のプロも愛読し”ネタ元”にしていると評判の刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』で配信された記事から、一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、政治経済や金融の話題を中心に歴史文化や娯楽まで他のメディアでは決して読めない濃くて深くてためになる記事が、毎週1回5本程度の本編と付録、番外編、速達便でお読みいただけます。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 


ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
投資信託 激辛分析
ふるさと納税

10月号8月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[最強日本株/投資信託 激辛分析]

◎巻頭特別対談
IT界のBIG2!
米国株投資界の“じっちゃま”広瀬隆雄さん×Web3界のリーダー加納裕三さん


◎第1特集
反撃上昇の波に乗れ!最強日本株

●景気鈍化も米利下げで国内外の投資家が買いへ!日経平均は底打ち反転へ!
●王道株12銘柄
●高配当株12銘柄
福の神桐谷さんのオススメ株主優待
●10万円未満株12銘柄
●インフレ・新消費株12銘柄
●割安株12銘柄
●大出世株12銘柄


◎第2特集
人気の投資信託285本激辛分析
気になる投信の買い×売りを判断できる!
半年に1度の定点観測!iDeCoやつみたてNISAで持つべき投信がわかる!

●インデックス型47
●バランス型24
●アクティブ型65
●毎月分配型100
●コラム:前回のオススメ投資信託9/
iDeCoの最安投資信託40
●投資信託の買い売り判断の方法
●投資信託のキホン

 

◎第3特集
放置はキケン!
円安で儲ける守るの二刀流マネー術

●円安の メリット ・ デメリット を知る
●投資信託や株を通じ ドル資産を持つ
●円安に強い資産vs弱い資産
●iDeCoやNISAで 資産の守備固め
●円安を儲けるチャンスに変える

 

◎【別冊付録】

生活必需の食品&消耗品
家計をレスキュー!ふるさと納税


◎人気連載もお楽しみに!
●ボクの筋肉はふるさと納税でできている
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報